「タリオ復讐代行の2人」3話ネタバレあらすじ感想レビュー!復讐って虚しいね。4話あらすじも!

 

成瀬
こんにちは。成瀬です。

「タリオ 復讐代行の2人」3話を見たのでネタバレと感想を書きます。

ネタバレだけ感想だけを読みたい人はそれぞれ目次から飛んでね!

ドラマ「タリオ復讐代行の2人」各話感想リスト
1話 2話 3話 4話 5話

 

スポンサードサーチ

「タリオ 復讐代行の2人」基本情報

蒔田光治作、木村ひさし演出によるオリジナルドラマ。
NHK「ドラマ10」枠で2020年10月9日から放送されている。
元弁護士の女性と男性詐欺師が手を組み、悪事を働きつつも罰せられず平然と生きる卑劣な悪人たちに被害者に代わって執行する復讐劇。

スッタフ・キャスト

作 – 蒔田光治、瀧本智行、渡辺雄介、徳永富彦
演出 – 木村ひさし、山本透
メインビジュアル – 永井博
OP曲 – 流線形/一十三十一「金曜日のヴィーナス feat. 堀込泰行」
主題歌 – 流線形/一十三十一「悲しいくらいダイヤモンド」

白沢真実 – 浜辺美波
黒岩賢介 – 岡田将生
白沢正弘 – 遠藤憲一
橘道三 – 殺陣剛太

3話ゲスト

山村晴香(隆也の娘・小学生) – 古川凛
山村隆也(晴香の父親・故人) – 三浦誠己
上川太一(山村の上司) – 神保悟志
長谷部智成(IT企業の創業者) – 唐橋充

 

 

スポンサードサーチ

「タリオ 復讐代行の2人」3話 あらすじ

真実(浜辺美波)と黒岩(岡田将生)の元に9歳の少女が訪ねてくる。彼女の父親は、3カ月前に自ら命を絶っていた。父親は転職して新たに就いた仕事を楽しんでいたが、徐々に笑わなくなり、「大人になってもいじめはなくならない」とつぶやいたという。彼女は、父親をいじめた大人たちを懲らしめてほしいと依頼する。

(引用元 https://thetv.jp/program/0000987704/)

ここからネタバレあらすじ

晴香(古川凛)は、自殺した父親・山村隆也(三浦誠己)が会社でパワハラを受けていたのではないかと疑う。
小学生の依頼を受ける気のない黒岩(岡田将生)だったが、真実(浜辺美波)は晴香を助けたい。

 

真実は単独で山村が勤めていたIT会社に就活へ向かう。
面接を受けに行ったはずだが、あれこれ質問をして疑われてしまった真実。
しかしなんとか山村の上司・上川太一(神保悟志)を紹介してもらえた。
真実は山村に「確かな証拠がある」とカマをかけてみる。
山村は真実の言葉に動揺していた。

 

一方、黒岩は一流IT会社でのパワハラを突き止めれば金になることに気がつく。
女性社員をナンパして話を聞くことにした。
女性社員によると山村は誰もいない窓際部署に追いやられていたそうだ。
上川と山村は前の会社からの顔なじみだった。
転職当初はうまく行っていたが、半年ほど前からぶつかるようになったと言う。
山村の前任者も上川とぶつかって辞めている。

 

これは上川が怪しい!
山村の前任者に聞き込みを行う黒岩と真実。
前任者は「辞めた後も職務上仕入れた情報を公言しないサインをした」と言っていた。
これはただのパワハラではなさそうだ。

 

続いて真実たちは、山村の家をたずねる。
山村の妻は、山村が仕事の悩んでいたとしても上川がパワハラをしていたことはないと言い張る。
上川は山村が自殺した後、山村の妻に親身になって正社員の仕事まで紹介してくれたらしい。
山村の妻は完全に上川に取り込まれていた。
だから晴香も母親に内緒で依頼にきたのだろう。

 

山村は遺書を残していなかった。
残されたノートパソコンに何か残されているかもしれない。
真実たちは、山村の妻に頼んでパソコンを持ち帰らせてもらった。
上川も仕事の書類を見るためにパソコンを持ち出したらしいが、パスワードが分からなかったらしい。

 

山村の家からの帰り道。
学校帰りの晴香と帰った。
真実は晴香から山村との思い出を聞く。
晴香はよく母親に内緒で父親とクレープを食べた。
父親は「晴香クレープ」と呼んでいた。

 

事務所に帰り。
真実はパソコンを開くためにパスワードを探る。
あてずっぽうに試してみても開けるはずもなく・・・苦戦。

 

「山村の大切なものはなんだ?」
黒岩のアドバイスで真実は閃いた。
山村の好きなものは晴香。
晴香に関する文字をひたすら入力。
パスワードは【晴香クレープ】だった。

 

パソコンを開いた真実たちは、文書を持って上川をたずねる。
それは山村が晴香に書いた遺書だった。

 

半年前、山村は会社の不正に気がついた。
子会社が新規で行った事業が失敗し、多額の損失を出した。
株価の暴落を恐れた経営陣は架空循環取引を行う。
それに気がついた山村は上川に意見する。
しかし上川は不正を知っていながら、黙っていた。
「この歳で職を失ったらどうする。みんな薄々気づいている。誰だって家族を路頭に迷わすわけにはいかないんだ。お前も同じだろう」

 

“最大の悲劇は悪人の圧政や残酷さではなく善人の沈黙である。”
これはマーティン・ルーサー・キングという偉い牧師さんの言葉だ。
晴香。お父さんは不正を見て見ぬフリをする卑怯な人間なんだ。
決して許されることじゃない。

 

上川は長谷部社長(唐橋充)に真実たちが山村の遺書を思ってきたことを知らせる。
社長は激怒。
しかしこの遺書が表に出たところで社長に捜査の手は及ばない。
そういうスキームになってる。

 

「腹を立ててるのはお前の無能さだ!自分の子飼いの部下を手なずけることもできずに挙句こんな面倒までかけさせて、何ぼーっと突っ立てる。土下座しろぉ!!!」

 

そこに真実と黒岩登場!
「今の話、すべて聞かせていただきました!」
上川を怒鳴るパワハラ会話は全て録音していた!
「裏切ったのか上川!!!」

 

社長は逮捕。
上川が真実たちに協力したのは、復讐の依頼人が晴香だと知ったからだった。
「あの世に行った時、少しは山村に顔向けできます」

 

結果的に上川は山村にパワハラはしていなかった。
山村は不正を見て見ぬしている罪悪感から自殺をしてしまった。
誰もいない窓際部署への移動を希望したのは山村本人だった。

 

真実は晴香に、山村をいじめていたのは長谷部社長と上川と見て見ぬフリをしていた人たちだと伝えることにした。
山村自身の見て見ぬフリをしていたわけだが、ついていい嘘もある。

 

 

スポンサードサーチ

「タリオ 復讐代行の2人」3話 感想・レビュー

いろいろ考えさせられたけど、なんともない話だったな。
前回みたいに惹きつけられる世界観でもなかったし(´・ω・`)
ちょっとトーンダウン。

美波ちゃんと黒岩のやりとりは相変わらず楽しんだけどさ、マジでなんともない話だったよね(΄◉◞౪◟◉`)
上川の寝返りとか唐突すぎてビックリした😂
山村の嫁が警察でもない2人にパソコン貸しちゃうところにもビックリ。
リアリティが全然ないんだよね🙄

1話から爽快感のなさに驚いていたんだけど、このドラマは復讐してスッキリするドラマではないんだろうね。
晴香ちゃんの言っていた「あの人もいじめられてるみたい」という言葉が物語っている。
前回もそうだったし、復讐の虚しさを伝えるドラマなのかもしれないなぁ😢

でもまあ、どうせなら2話レベルにぶっ飛んだ世界観希望ですね。
あれくらいぶっ飛んでたらリアリティとかどうでもいいしw
パワハラの話とかされたらスッキリ爽快の復讐劇を期待してしまうよね🙄

 

スポンサードサーチ

「タリオ 復讐代行の2人」4話 あらすじ

真実(浜辺美波)と黒岩(岡田将生)の元に26歳のOLが現れる。女性は大学の奨学金600万円の借金を抱え、生活のため“パパ活”をしていたが、デートを重ねるうち相手に恋愛感情を抱いた。しかし、デート中に男性は彼女のかばんと共に姿を消す。女性は、気持ちをもてあそんで裏切った男性への仕返しを依頼する。

(引用元 https://thetv.jp/program/0000987704/)