「七人の秘書」7話ネタバレあらすじ感想レビュー!木村文乃は1000倍返し出来るのか?8話(最終回)あらすじも!

成瀬
こんにちは。成瀬です。

かなり更新遅れました。
「七人の秘書」7話を見たのでネタバレと感想を書きます。

ネタバレだけ感想だけを読みたい人は目次から飛んでね!

 

スポンサードサーチ

ドラマ「七人の秘書」基本情報

2020年10月22日から放送スタートするテレビ朝日系「木曜ドラマ」枠の連続ドラマ。
様々な組織に溶け込み目立たぬことを信条とする秘書たちと元締めが社会的に理不尽な目に遭っている弱者を救うべく、あらゆるネットワークを駆使してお金や権力に溺れた非情な権力者たちを一掃し、理不尽だらけの日本社会を影で操りながら変えていく姿を描く。
主演は木村文乃。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

脚本 – 中園ミホ、香坂隆史、林誠人
演出 – 田村直己
音楽 – 沢田完
主題歌 – milet 『Who I am』『The Hardest』

望月千代 – 木村文乃
照井七菜 – 広瀬アリス
長谷不二子 – 菜々緒
朴四朗(パク・サラン) – シム・ウンギョン
風間三和 – 大島優子
鰐淵五月 – 室井滋
萬敬太郎 – 江口洋介
霧島和夫 – 小林隆
鈴木二葉 – 杉田かおる
安田英司 – 藤本隆宏
安田幸世 – とよた真帆
一原福造 – 橋爪功
北島剛次 – 木下ほう
西尾忠彦 – 大和田伸也
三好麻里 – 松本若菜
南勝子 – 萬田久子
望月一男 – マキタスポーツ
白鳥六郎 – リリー・フランキ
小杉映子 – 永瀬莉子
粟田口十三 – 岸部一徳

 

スポンサードサーチ

ドラマ「七人の秘書」7話 あらすじ

慶西大学病院 病院長秘書のパク・サラン(シム・ウンギョン)がラーメン店「萬」に姿を見せなくなった。連絡すら取れない状況が続き、東都銀行 常務秘書・望月千代(木村文乃)は心配でたまらない…。
そんなある日、東都銀行 頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)が、「萬」に大学の後輩・中川由加里(伊原六花)を連れてくる。何の前触れもなく突然、東都銀行の内定を取り消されてしまったとうなだれる由加里に、千代はその経緯を調査することを約束する。

するとそこに東京都知事秘書・風間三和(大島優子)が現れ、衝撃の事実を告げる…。知事のことで病院に連絡したら、サランが退職していたというのだ。さらに、心配になってアパートに行ってみたところ、すでに引っ越した後だったという。サランが恩人の萬敬太郎(江口洋介)にも黙って姿を消したことに、千代は大きなショックを受ける…。

翌日、人事部に探りを入れた千代は、人事担当常務・高松新(相島一之)のトップダウンで由加里の内定取り消しが決定したことを知る。さらに、由加里が父親から紹介され、衆議院議員で内閣府特命担当大臣・椎名七津子(凰稀かなめ)の選挙運動でウグイス嬢のアルバイトをしていたことが発覚。高松、七津子ともに財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の秘蔵っ子であることに気づいた千代は、この内定取り消しには、政治が絡んだ裏があるとにらむ。

そんな折り、頭取・霧島和夫(小林隆)と高松から、粟田口との会食をセッティングするよう指示された千代は、裏で糸を引いているのは粟田口に違いない、と確信。萬に「このままだと犠牲者が増えるばかりだから、決着をつけよう」と訴える。しかし、人を人とも思わない粟田口の非情な手口によって奈落の底に突き落とされた過去をもつ萬は、千代を制止して…?

(公式HP引用 https://www.tv-asahi.co.jp/7-hisho/)

ここからネタバレあらすじ

7年前まで萬(江口洋介)は、粟田口(岸部一徳)の元秘書だった。
萬は東京で粟田口の秘書をやっていたが、地元の京都にも同行するようになった。
後援会長は鰐淵五月(室井滋)の旦那がやっていて、五月も粟田口の秘書をしていた。
ある日、商社の社長から賄賂が届いた。
それに気づいた萬は、金を突き返す。
しかし粟田口は五月の旦那にアイコンタクト。
五月の旦那はお菓子の箱の中に賄賂を入れて、萬に渡した。

 

次の日。捜索差押え令状が出て、萬の車が調べられた。
お菓子の箱の中から金が出てきた・・・。
「何かの間違い」だと訴える萬。
しかし粟田口は「全て秘書がやったことです」と記者たちに話した。

 

萬が逮捕されたすぐ後に、五月の旦那は自殺。
萬の無実を証言する人はいなくなった。
萬を嵌めるために五月の旦那は利用された。
五月は、粟田口を刺して自分も死のうとした。
包丁を持って粟田口に襲い掛かるが、他の秘書が粟田口を庇い復讐は未遂に終わった。

 

そんなことがあり、萬と五月は粟田口の怖さをよく理解している。
しかし千代(木村文乃)は、萬と五月、そして兄のためにも粟田口と戦う決意をする。
もちろん由加里(伊原六花)も助ける!

 

まずは、五月が内閣府特命担当大臣・椎名七津子(凰稀かなめ)の事務所に掃除のおばちゃんとして潜入。
領収書と裏金のリストは簡単に手に入った。
続けて不二子(菜々緒)が、地検特捜部の後輩に裏金リストをプレゼント。

 

七菜(広瀬アリス)三和(大島優子)は、由加里の父親で朝日区議会議員・中川を説得。
千代は、説得した中川と共に、椎名七津子議員を告発するメンバーを集める。
しかし大臣を敵に回したくない議員だち。
そこへ萬さん登場!

 

「不正の選挙のせいで犠牲になった就活生がいます。彼女は救われるべきです」
「粟田口大臣に勝てると思っているのか?」
「そのために私は地獄から舞い戻ってきました」

 

千代と萬は、粟田口の秘書になったサラン(シム・ウンギョン)と会う。
サランは粟田口の秘書になった理由は「報酬がいいから」と話す。
そして「負け犬が何匹集まってもライオンには勝てないでしょう」と千代に言い放つ。

 

「望月さん。勝った方が正義です。だから私は粟田口大臣について行くことにしたんです」
「サラン。あんたのこと仲間だと思ってたよ。情けないなぁ・・・そう思ってた自分が。もう二度と顔も見たくない」

 

萬さんはサランを説得しようとするが、千代とサランは別々に歩き出した。

 

次の日。
秘書たちは、椎名七津子への告発動画をネットにばら撒くことにした。
いつもサランがやってくれていたので、これだけでも一苦労。
ネットに投稿する直前・・・PCから動画が消去されてしまった!

 

「アイツの仕業だな」

 

サランが秘書たちの邪魔をしているのか?
違った。
サランは秘書たちのパソコンから告発動画を入手して拡散していた。
ネットニュースに速報がアップされ始める。

 

「サランがどっかから拡散してる!」

 

サランはビルの非常階段でパソコンをいじっていた。
粟田口に付けられた盗聴器を投げ捨て、次々に動画を拡散して行く。

 

萬はラーメン屋を飛び出して走りながらサランに電話。
だけどサランは必死で拡散しているので電話に出ない。
そんなサランの前にフリーライター・黒木(坂口拓)が現れた。

 

もみ合いになるサランと黒木。
その様子を粟田口の運転手をしていた千代の兄・一男(マキタスポーツ)が見ていた。
サランは黒木に階段から突き落とされてしまう。
駆け寄る一男!

 

一男は鳴っているサランのスマホの電話に出る。
萬にサランの容態を説明する一男。
サランは病院に運ばれた。

 

萬は千代にサランが病院に運ばれたことを伝える。
サランは薬で眠っていた。
大怪我をしたが命に別状はない。
「こうなるんじゃないかと思ってた。危険を顧みずにあの証拠をばらまいたから」
千代はサランを信じてあげられなかったことを後悔。

 

「信じてあげられなくてごめんね・・・」
「守ってやれなかった俺のせいだ。一男がいなかったら?」
「え?」
「実はサランを病院に連れて来たのは一男なんだ」

 

一男は粟田口のところへ潜入していた。
きっとまだ遠くにいない。
千代は病院を飛び出しお兄ちゃんを追いかける!

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「七人の秘書」7話 感想・レビュー

粟田口が極悪人すぎて🙄
1000倍返し希望!!!!

このドラマ、勧善懲悪成敗パターンから脱出した5話あたりから、おもしろくなって来たと感じていたんだけど、この感じだと1000倍返ししてくれないと収集つかないよ?
成敗シーンで1度もスッキリしたことないんだけど、大丈夫かな(΄◉◞౪◟◉`)

ですが7話は、最終話直前回としては面白かった。
相変わらずよく分からない部分も多いけど、盛り上がりも最高潮だと思う。

何よりシム・ウンギョンさんのお芝居がすごかったなぁ😌
本心じゃないのに酷いことを言わないといけないっていうあの切ない表情。
あれは視聴者を泣かせにかかってる😢

シム・ウンギョンさん。
未だになぜこのドラマに出てくれたのかわかんないけど、感動させられっぱなしです😭
「新聞記者」でしか知らないかと思っていたけど、「サニー」のナミ役もシム・ウンギョンさんだった・・・。
まじ気づかなかった\(^o^)/
これはなかなかカメレオン女優。
今後も注目したいです😳

てか、サランの気持ちに気づかなかった千代にはビックリ😂
萬さんだけじゃなく、視聴者全員がサランの本心に気づいてましたよw

そんで萬さんが嵌められたってのもイマイチよくわかんなかった。
あれって萬さんを嵌めるための計画だったの?
それとも賄賂貰おうとしたらたまたまバレたから萬さんに罪を擦りつけたの?

後者だったら小物過ぎて震えるんですけど・・・五月は「旦那は萬さんを嵌めるために利用された」って言ってよね🤔
萬さんを嵌めるためにわざわざ計画したことなのだとしたら秘書を嵌めるような理由ってなに!?😂
色々とよく分からない。最終回で明らかになることを祈ります!

そんな感じで、多少の違和感はあったものの7話は楽しめました。
肝心なのは最終回!
秘書たちはきちんと粟田口を成敗できるのでしょうか\(^o^)/

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「七人の秘書」8話(最終回) あらすじ

病院を辞め、財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の秘書になったパク・サラン(シム・ウンギョン)が、裏で自分の悪事をかぎ回っていることに気づいた粟田口は、手下として丸め込んだフリーライター・黒木瞬介(坂口拓)を使ってサランを襲う。階段から突き落とされ負傷したサランを救ったのは、運転手として粟田口のもとに潜入している東都銀行 常務秘書・望月千代(木村文乃)の兄・一男(マキタスポーツ)だった。

翌朝、お見舞いに来た家政婦・鰐淵五月(室井滋)とサランの前に、警視庁 警務部長秘書・長谷不二子(菜々緒)、東京都知事秘書・風間三和(大島優子)が現れ、仕事をクビになったと告げる。そのころ東都銀行では、千代も頭取・霧島和夫(小林隆)からクビを宣告されていた…。突然解雇された理由が、何者かが裏仕事中の秘書軍団の写真をそれぞれのボスに送り付けていたことだと知ったラーメン店「萬」の店主・萬敬太郎(江口洋介)は、自分たちの存在が完全にバレていて、動きを封じるために先手を打たれたと考える。

そんな中、ニュース画面を見つめる千代の目に飛び込んできたのは、粟田口のもとに駆け寄る一男の姿! SPに取り押さえられ、粟田口襲撃の罪で留置場に入れられた一男に面会しに行った千代と萬は事件の真相を聞かされて…?
粟田口への怒りに燃える七人だが、クビを免れた東都銀行 頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)以外の秘書たちは、職探しのため裏稼業の解散を決意。千代は銀座の高級クラブに返り咲くのだが…?

七人の秘書VS最凶の黒幕・粟田口――。最終決戦の幕が上がる!

(公式HP引用 https://www.tv-asahi.co.jp/7-hisho/)