「先生を消す方程式。」3話ネタバレあらすじ感想考察!胸糞シーンが多すぎw首吊りは酷い!4話あらすじも!

成瀬
こんにちは。成瀬です。

「先生を消す方程式。」2話を見たのでネタバレと感想を書きます。

ネタバレだけ感想だけ読みたい人はそれぞれ目次から飛んでください!

「先生を消す方程式。」感想一覧
1話 2話 3話 4話

 

スポンサードサーチ

「先生を消す方程式。」基本情報

2020年10月31日からテレビ朝日の「土曜ナイトドラマ」枠で放送開始したテレビドラマ。
鈴木おさむによるオリジナル脚本作品で主演は田中圭。
キャッチコピーは「私を殺したいですか? そういうの嫌いじゃないです」

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

脚本 – 鈴木おさむ
監督 – 小松隆志
音楽 – HAL
主題歌 – 秋山黄色 「サーチライト」

義澤経男 – 田中圭
頼田朝日 – 山田裕貴
藤原刀矢 – 高橋文哉
長井弓- 久保田紗友
大木薙 – 森田想
剣力 – 高橋侃
伊吹命 – 秋谷郁甫
宮下加奈 – 榊原有那
早川京子 – 川瀬莉子
玉木譲 – 田中亨
安田町子 – 奥山かずさ
佐倉清 – 手塚とおる
前野静 – 松本まりか

 

スポンサードサーチ

ドラマ「先生を消す方程式。」3話 あらすじ

担任教師・義澤経男(田中圭)を“消す方程式”を立てる――そう決めたものの、剣力(高橋侃)に続いて大木薙(森田想)まで失敗してしまったことに、藤原刀矢(高橋文哉)は激しく苛立ち、「僕が頼れるのは君だけだ」と長井弓(久保田紗友)に甘く語りかける。
実は2年前、弓は有名医師の母・華(青山倫子)の“裏切り”に傷ついたところを刀矢にやさしくなぐさめられ、以来、彼に恋心を抱いていたのだ。刀矢に認められたい一心で弓は実行を決意するが、そこへ副担任・頼田朝日(山田裕貴)が出現。義澤を消すのに、とてもいい方法があると弓を焚きつける。
実行当日、弓たちはなぜか”能面”をつけて義澤の前に現れるが、いったいそれはどんな計画なのか…!? そして、恋のために暴走した弓の策略により、義澤の命の灯火はついに消えてしまうのか…!?
そんな中、朝日は薙にも接近。朝日から義澤の弱みを握るよう促された薙は、義澤の恋人・前野静(松本まりか)の入院先を調べる。それは奇しくも、華が勤める病院で…!?

(公式HP引用 https://www.tv-asahi.co.jp/houteishiki/)

ここからネタバレあらすじ

刀矢(高橋文哉)に恋をしている弓(久保田紗友)は、刀矢のために義経(田中圭)を消す方程式を思いつく。
それは首吊り自殺に見せかけて義経を殺害する方法だった。
弓は、力(高橋侃)薙(森田想)にも協力してもらい、義経を木から吊るすことに成功。

 

次の日。
教室で朝日(山田裕貴)は、義経の死を発表する。
義経は病院に運ばれた時にはすでに死んでいたという。
何人かの生徒はすでに義経の自殺を知っていた。

 

しかし・・・・死んだはずの義経が登場!
昨日、病院に運ばれた義経は仮死状態だったが、医師たちの必死の治療のおかげで蘇生したらしいw
そして説教をはじめる義経。
本日の説教相手はもちろん弓。

 

《恋(人生ー自分)=》

 

「この答えがわかる人はいるかな?」

 

義経は弓を名指し。

 

「分かりません」
「人は恋をすると人生がトキメクと言いますが、本当にそうでしょうか?」

 

弓の自慢の母親は、弓が恋心を抱いていた家庭教師の男とデキていた。
弓はショックを受けて母親を嫌いになった。
しかし、母親は仕事も忙しく日々忙しい中、若い男性と恋ができたわけだ。
だが相手は娘の家庭教師。娘が好きなことも知っている。
では、母親は娘が好きなことをなぜ好きになったか?

 

「それは恋をしているからです。
恋の前ではあらゆる判断基準が鈍るわけです。
モラルを無くす人もいる。ねえ、弓さん」

 

母親と家庭教師の件でショックを受けている弓を慰めてくれたのは刀矢だった。
弓は刀矢に恋心を抱くようになった。
弓は刀矢に自分を見て欲しくて、好きになって欲しくなってなんでもするようになった。

 

「さぁ、ここで方程式の答えです。
恋をして自分の人生から本来の自分を捨てるような恋をした結果、そこにあるのは”無様”だ!」

 

弓は恋をして娘を捨てた母親を無様に見えていたはずなのに、今度は自分が同じこと繰り返している。

 

「人気インフルエンサー?ふざけないでくさい!恋をする君は無様だ!」
「先生だってそうじゃないですか!無様じゃないですか!いつまでも恋人を殺しかけた犯人を探して無様じゃないんですか?」
「無様だよ!俺も無様だよ!俺は自分を無様だと思ってる!だから俺を無様にしたやつを探してる!」

 

1番許せないのは、弓を振り回し、薙と力を権力で押さえつけているやつだ。
それはこのクラスにいる!

 

そこで挙手する刀矢。
「僕、見ちゃったんです・・・力と薙と弓が義澤先生の首に紐をかけて殺そうとしたところ!」

 

義経は授業を続ける。
《賢い人と賢いと思ってる人の違い》

 

「もう疲れたって言ってるんだよ!!!!」

 

刀矢発狂。

 

「刀矢くんのその顔、嫌いじゃないです」

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「先生を消す方程式。」3話 感想・レビュー

内容は意味分かんないし、
首吊りシーンがえぐかった(΄◉◞౪◟◉`)

死ななかったとはいえ、これ見たくない人たくさんいたんじゃないかな。
今年は自さつした芸能人がたくさんいるのに・・・わざわざハッキリ映す必要あったんだろうか。
なんだか気分悪かったなー。

で、内容も回を追うごとに意味わかんなくなってきてる。
1話、2話で説教された力くんと薙さんは改心するどころか先生殺しに協力してるし、この授業は意味あるの?
力も薙も心の中では義経派なのに、刀矢が怖くてイヤイヤ言うこと聞いてるってこと?
んー。何なんでしょうね。

ぶっちゃけ全然おもしろくないけど、ここまで不思議なドラマだと最終回は気なりますw
30分ドラマだし流し見で完走しようかな\(^o^)/
もう納得できる展開は期待しないので気軽に見ますー!
胸糞シーンが多くて楽な気持ちでは見れないかもだけどw

 

スポンサードサーチ

ドラマ「先生を消す方程式。」4話 あらすじ

“賢い人”と“賢いと思っている人”の違いについての授業をはじめた担任・義澤経男(田中圭)に、自尊心をえぐられた藤原刀矢(高橋文哉)の怒りは頂点へ。我慢できず、隠し持ったナイフで義澤を刺そうとするが、誰にも気づかれないようにそれを阻止したのは副担任・頼田朝日(山田裕貴)だった。
朝日は「キミこそが“賢い人”なんだから…」と刀矢をなだめながら、もっと頭を使って義澤を追い詰めるよう促す。そんなとき、大木薙(森田想)から前野静(松本まりか)の入院先を聞いた刀矢は、静こそが義澤の弱点だと考え、深夜、長井弓(久保田紗友)とともに病院に潜入。静を誘拐しようとするが、そのとき病室に現れたのは…!?
その後、刀矢はついに自分の手で確実に義澤を消すことを決意。朝日が考案した“義澤を消す方程式”を実行しようと決める。朝日が企てた、その大掛かりな作戦とはいったい…!? そして、ついに静を襲った朝日への復讐が達成する!? 第1章が完結する、衝撃のクライマックスへ…!!

(公式HP引用 https://www.tv-asahi.co.jp/houteishiki/)