「妖怪シェアハウス」8話(最終回)ネタバレあらすじ感想レビュー!成功よりも楽しもんだ勝ち!個人的評価も!

成瀬
こんにちは。成瀬です。

「妖怪シェアハウス」8話(最終回)を見たのでネタバレと感想を書きます。

ネタバレだけ感想だけ読みたい人はそれぞれ目次から飛んでください!

『妖怪シェアハウス』感想一覧
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話(最終回)
「妖怪シェアハウス」を無料で全話視聴する方法!
TELASA(テラサ)なら「妖怪シェアハウス」が月額562円(税別)で全話見放題!

ただ今、30日間無料お試しキャンペーン実施中!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません。

 

スポンサードサーチ

「妖怪シェアハウス」基本情報

2020年8月1日からテレビ朝日の「土曜ナイトドラマ」枠で放送されている小芝風花主演のテレビドラマ。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

脚本 – 西荻弓絵、ブラジリィー・アン・山田、綿種アヤ
監督 – 豊島圭介、山本大輔
主題歌 – miwa 「DAITAN!」

目黒澪 – 小芝風花
四谷伊和/ お岩さん- 松本まりか
酒井涼 / 酒呑童子- 毎熊克哉
沼田飛世/ ぬらりひょん – 大倉孝二
和良部詩子 / 座敷童子 – 池谷のぶえ
水岡譲 – 味方良介
原島響人 – 大東駿介
山中美雪 – 内藤理沙
柳沙羅 – 宮本茉由

 

スポンサードサーチ

「妖怪シェアハウス」8話(最終回) あらすじ

どんどん妖怪化が進む澪(小芝風花)は、妖怪たちのテレパシーでの会話も聞こえるまでに。水岡譲(味方良介)の父・衛(福田転球)に、このままでは妖怪になってしまうと言われ、それを止めるためには一つの方法を取るしかないと告げられる。その矢先、譲と原島(大東駿介)から驚きの告白を受けてある選択肢を迫られることになり、澪は悩み苦しむことに。

そんな澪を見かねた座敷童子(池谷のぶえ)は妖怪たちに声をかけ、意を決して井戸の奥にある大鳥居に鎮座する天狗大王(声・福田転球)の元へ向かう。妖怪たちはそこである物と引き換えにお札を手に入れ、出かけようとする澪にお守りとして渡す。

そのお札を持って外出した澪は、歩きながら悩み考えているうちに突然カラスの大群が襲ってきて、真っ暗な場所に迷い込んでしまい、黒い煙に巻き込まれる。体が自由に動かず、息苦しくなった澪は、ある人の名前を叫びながら助けを求め…。

(公式HP引用 https://www.tv-asahi.co.jp/youkai/)

ここからネタバレあらすじ

澪(小芝風花)が助けを求めたのは、水岡譲(味方良介)だった。
(陰陽師の力を求めただけだったけど・・・w)

 

「俺が一生守る」
「はい」

 

ってことで結婚。
すぐに祝言もあげた。
結婚生活も順風満帆。

 

結婚から1年。
旦那とのペアルックで買い物から帰る途中、澪は原島(大東駿介)を見かける。
原島は新刊を手売りで販売していた。

 

その夜、澪は原島が売っていた本を読んで感動。
自分もこんな本を書きたいと願う・・・が、譲はそれもいいけど、まずは神社の仕事と子作りを優先させるべきだと言う。
頷きつつ澪は、結婚記念日のカレンダーの印を見てモヤモヤ。
《この日付。結婚記念日だけじゃなかった気が・・・思い出せない・・・》

 

そんな澪は箪笥の中にお札を発見。
すると・・・1番最初に陰陽師に助けを求めた真っ暗な場所に戻ってきてしまった。

 

そして今度は陰陽師じゃなくて原島に助けを求める!

 

澪を助けた原島。
「全く。面白い奴だ、お前は」

 

そして結婚w
すぐに祝言もあげて楽しい結婚生活がはじまった。

 

結婚して1年が経った。
澪が書いた本の映画化が決まった。
大喜びの澪。
「これが、俺の思い描いた澪のあるべき姿なんだ。澪が書きたいものを書いて俺が世間の求める形にして出版する。次は児童文学じゃなくて直木賞目指そう」

 

澪は幸せを感じる。
しかし次回作がなかなか書けない。
本当に書きたいことじゃない気がする。

 

「基本に戻って考えてみるんだ。プロなら読者が読みたいもの読みやすいものを書く。恋愛モノ歴史モノサスペンス。何か枠にハマるもの」
「それは売れるものを書けってこと?」
「ビジネスとしては当然だろ。澪ももっと大きくなりたいだろ?2人ならもう、成功は夢じゃない」

 

息が苦しくなる澪。
目の前には例のお札が!

 

またはじまりの真っ暗な場所に戻ってきた。
目を覚ました澪の前には妖怪シェアハウスのみんなが!
澪は今までパラレルワールドを実体験していた。

 

妖怪たちは、狗大王(声・福田転球)から自分たちの宝物と引き換えにこのお札を借りてきたのだった。
陰陽師と原島。どちらを選ぶか問う妖怪たち。
そんな時に澪のスマホが鳴る。原島から電話だった。

 

「懸賞の小説できた?」

 

すっかり忘れていた!
カレンダーの印は懸賞の締め切り日だったのだ!
とりあえず小説執筆に勤しむことにした澪。

 

《食べたいものを食べて何が悪い。
結婚できなくて何が悪い。
家族が作れなくて何が悪い。
常識なんてクソ食らえ。
生きたいように生きて何が悪い。》

 

人生の岐路に立った澪には次々にアイデアが浮かんで来た。

 

《枠になんてハマってたまるか!
書きたいものを書いて何が悪い!
ビジネスにならなくて何が悪い!
成功しなくて何が悪い!》

 

小説完成。
タイトルは『喜界島女子の不幸自慢』

 

翌朝。
澪は陰陽師のプロポーズを断る。
「私にとって妖怪化は悪いことじゃなくて自分を解放することだったの。だから・・・ごめんなさい。あなたとの結婚生活とっても楽しかった」

 

ハグする澪。
陰陽師にもパラレルワールドの記憶が流れる。
「いつも助けてくれてありがとう。私のこと心配してくれてありがとう」

 

出勤した澪は原島にも思いを告げる。
原島は澪の小説を読んだと言う。
修正点をあげて手直しするように言う原島だったが、澪はすでに懸賞に応募していた。

 

澪は思った通りに書きたい。
どの枠にもハマらない小説は、みんながビックリしてワクワクするものだと思う。
「世の中の常識とか価値観とか、枠とか売れる法則とか全部取っ払って自由に書いて生きていきたいんです。だから・・ごめんなさい。原島さんの言う通りには書けません。結婚もできません」
「売れて成功した方がよっぽどワクワクすると思わないか?」
「成功するために生きるなんて嫌なんです」

 

澪は原島にハグ。
原島にもパラレルワールドの記憶が流れる。
「原島さん。本当にありがとうございました。私、たとえ売れなくても未知のものを書いてみます」
「それじゃあ賞は取れないぞ。食ってけねぇぞ。仙人にでもなるつもりか?」
「いえ、妖怪になります!」

 

帰宅した澪は、シェアハウスのみんなに「妖怪になる!」と宣言。
まずは、取材して特別の力を手に入れると言い出す澪w
澪は誰に止められてもやる気!

 

「よきせぬ事が起こることに魅了されてしまったんです!みなさんのせいですよ」

 

こうして澪は、取材の旅に出ることになった。
嫁に出せると思ってたいのに修行に出すことになったシェアハウスの面々は複雑そうw
だけど澪にお礼を言われて涙ぐむ・・・。

 

「みなさんは私を変えてくれた恩人です。それじゃあ、行ってきてます。みなさんもお元気で」

 

1年後。
こんじゃくプロダクションに本が届く。
タイトルは【妖怪シェアハウス】

 

 

スポンサードサーチ

「妖怪シェアハウス」8話(最終回) 感想・レビュー

いい終わり方だった(´・ω・`)

原島と陰陽師。澪にはどちらともくっつかずにシェアハウスで生活して欲しかったけど、まさかの旅立😭
感動しちゃったよ😭

結婚して女の幸せを掴むんじゃなくて、生きたいように生きるラストってのは、今の時代らしい終わり方だったんじゃないでしょうか。
まあ、唐突すぎてどっちともくっつかないだろうとは思っていたけど🙄
原島はまだしも、陰陽師とのラブ展開は唐突すぎたもんなぁ。
パラレルワールドでも、陰陽師よりも原島との方が幸せそうに見えたしw

妖怪たちの愉快さは終始通して安定してた。
最終回でも、そろばんやドアノブを宝物と言い張るぬらりと座敷童子にはクスッときました😂
妖怪たちと澪のぬらり弄りも安定。
驚いた時のリアクションが「シェー」なのも安定w
最先端のギャグが昭和ってのが可愛すぎる😳

だけど半沢ネタも盛り込んでくる座敷童子には驚いた😎
「さぁさぁさぁ」って最先端すぎではwww
パラレルワールドではBGの「誤差なし」も盛り込んでくるし、遊び心がありすぎる🤔

やっぱり『妖怪シェアハウス』のいいところは、そういう遊び心だよ😳
楽しいから少々ストーリーがグダグダでも許せてしまう。

ってことで、最終回も楽しく見れました\(^o^)/
ずっと見てたかったなぁ😌
シリーズ化してほしい(´・ω・`)

 

スポンサードサーチ

ドラマ「妖怪シェアハウス」 個人的評価&満足度

毎回恒例。ドラマ最終回を終えての満足度を書いておきます。
あくまで個人の意見です。

個人的満足度 100点満点中80点

妖怪たちが可愛くておもしろかったので大満足。
個人的には、3話までの勧善懲悪の成敗展開が好きだったのだけど、4話以降もそれなりに楽しかった。
妖怪コメディドラマってことで、少々のことは大目に見れたのがよかったかな😌

あと、妖怪紙芝居。
毎回アレを見るのも楽しみだった。
絵柄と池谷のぶえさんの声のマッチがいい!

そんなこんなで、『妖怪シェアハウス』
今期では竜の道とおんなじくらい面白かったな〜。
どっちも松本まりかちゃん出演😳
シリアスとコメディだけど、根っ子の部分は似ているキャラだと思うんだよね。
松本まりかちゃんは、悲しい思いを抱えている女の役がとても似合う(´・ω・`)

まあ何がいいたいかと言うと、この2ヶ月で松本まりかさんをさらに好きになった!
松本まりかちゃんの次回出演作に期待!←