「35歳の少女」5話ネタバレあらすじ感想レビュー!誰が死ぬのかソワソワしてる。6話あらすじも!

成瀬
こんにちは。成瀬です。

「35歳の少女」5話を見たのでネタバレと感想を書きます\(^o^)/

ネタバレだけ感想だけ読みたい人は目次から飛んでね!

『三十五歳の少女』感想一覧
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話

 

スポンサードサーチ

ドラマ「35歳の少女」基本情報

2020年10月10日から日本テレビ系「土曜ドラマ」枠にて放送開始されたテレビドラマ。
『家政婦のミタ』や『同期のサクラ』などの制作チームが再集結し、遊川和彦が脚本を手がける。
主演は柴咲コウで、遊川和彦とは『〇〇妻』以来5年ぶりにタックを組む。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

脚本 – 遊川和彦
演出 – 猪股隆一、明石広人、伊藤彰記
チーフプロデューサー – 池田健司
プロデューサー – 大平太、諸田景子
音楽 – 平井真美子
主題歌 – King Gnu「三文小説」

時岡望美 – 柴咲コウ
広瀬結人 – 坂口健太郎
時岡愛美 – 橋本愛
今村達也 – 竜星涼
相沢秀男 – 細田善彦
林田藤子 – 大友花恋
今村加奈 – 富田靖子
今村進次 – 田中哲司
時岡多恵- 鈴木保奈美

 

スポンサードサーチ

ドラマ「35歳の少女」5話 あらすじ

望美(柴咲コウ)は子供時代の記憶を懐かしく感じ始めていた。多恵(鈴木保奈美)は、急速に大人びて来た思春期のような望美と、家庭教師の結人(坂口健太郎)の関係を不安げに見守るが……。

一方、愛美(橋本愛)は実力を認めてくれない職場に不満を抱えつつ、困った時だけ優しくしてくる相沢(細田善彦)への思いを断ち切れずにいた。そして進次(田中哲司)の家では達也(竜星涼)が荒れ、加奈かな(富田靖子)が怪我をする事態に。加奈は、2日後に迫った達也の誕生日に、要求された整形費用100万円を渡すつもりだと進次に告げる……。

そんな中、結人への気持ちがますます募る望美は、いちいち心配してくる多恵に“もう結人と付き合っている”とフライング交際宣言!結人は積極的に気持ちをぶつけてくる望美に戸惑いを隠せない。その一方で望美は、生徒が自殺した過去を持つ結人が、本当は教師に戻りたい気持ちを誤魔化していると感じていた。相変わらず代行業でその日暮らしを続ける結人が恋人代行の仕事に向かうと聞いた望美は、心配で後を尾ける。しかし結人に恋人役を頼んだ相手は愛美だった…。

(公式HP引用 https://www.ntv.co.jp/shojo35/story/05.html)

ここからネタバレあらすじ

恋人代行の仕事に向かう結人(坂口健太郎)を追いかける望美(柴咲コウ)
結人に恋人代行を依頼したのは愛美(橋本愛)だった。

 

愛美が元カレ・相沢(細田善彦)のことで悩んでいることを知った望美は、お姉ちゃんとして愛美の相談に乗る。
しかし姉妹喧嘩勃発。
「マナちゃんこそ25年ぶりに会ったら何でそんな風になっちゃったの?今のマナちゃん全然幸せそうじゃない」

 

昔の愛美は画家になりたいと言っていた。
今の仕事は本当にやりたいことなのか?
愛美の仕事のことまで口を出す望美。
「夢とかいつまでも追ってるわけにはいかないのよ、ガキじゃないんだらかこっちは」
「とか言って。今、自分の気持ち誤魔化したよね?マナちゃん」

 

ヒートアップする姉妹喧嘩は結人の仲裁で終了。

 

帰宅した望美は、帰りが遅いとママ(鈴木保奈美)に叱られる。
ママは望美と結人の交際には反対している。
「結人くんとのことを反対してるわけじゃない。もう少し心が大人になるまで待ったほうがいいって言ってるの」

 

望美は、パパ・進次(田中哲司)を呼び出して結人くんと付き合おうとしていることを告げる。
ママと愛美には反対されているけどパパには応援してほしいと頼む望美。
しかしパパはそれどころじゃなかった。
会社から早期退職を勧められていた。
辞めるつもりはないと伝えると、地方に転勤の辞令が出た。
その上、家庭では義理の息子のニートに100万円を要求されている。

 

帰宅したパパ・進次。
100万円をニート息子・達也(竜星涼)に渡せないと言うと、妻・加奈(富田靖子)はもう渡してしまったと言う。
さらに加奈は、進次が今まで望美と会っていたと聞くと大激怒。
進次は結局、自分たちより前の家庭が大事なのだと暴れ出した。

 

次の日。
望美は結人の家庭教師を受ける。
結人の電話に結婚式代行の依頼が入る。
望美は結人に代行業をやめてほしい。
どうして教師に戻らないからと聞かれら結人は言い訳を述べる。

 

「いい加減やめてごまかすの!結人くんは自分をさらけだす勇気がないだけじゃない!私とつき合うことから教師に戻ることから逃げてるだけじゃない!いつまでそんなことして時間を無駄にするの?卑怯だよ!」

 

結人は望美を押し倒す。
驚く望美。

 

「ママもいないしいいだろ?」

 

望美は暴れる。
結人は、男と女がつき合うということはこういうことなのだと言う。

 

「お前はまだガキだから好きだとかずっと一緒にいたいとか言えばいいだけだと思ってるけど、それだけでやっていけるほど現実は甘くないんだよ!それなのに卑怯だとか、逃げるなとか、人のことばっかり責めてるんじゃねぇよ!」

 

その頃、愛美は、会社で元カレ・相沢が愛美ののアイデアを自分の手柄にしているのを目撃。
会社を辞める踏ん切りがついた。

 

望美は過去のカセットテープを聴いていた。
昔のママは、パパとつき合うことになった経緯を話していた。
ママは「パパのことが好きだからつき合って」と言うばかりでパパの気持ちを考えようともしなかった。
だからパパの話を聞くことにした。
話を聞いているうちに、パパはママのことを必要だと思うようになった。
相手の話を聞くことが大切だとママは言う。

 

「望美もいつか大好きな人ができる。そしたら、その人の話をたくさん聞いてあげなさい。そうすればきっと、あなたがどんなに相手の人を大切に思ってるかわかってくれるから」

 

望美は、結人に恋人代行を依頼する。
望美は結人の話を聞くつもりだった。

 

「モモになる。モモの特技は一切何も言わずにじーっと相手の話を聞くことなの。そしたら相手は悩んでる問題の答えが見つかったり生きていく勇気が湧いてきたりするの。結人くんは私にどうして欲しい?私が眠ってる間にどんなことがあったの?好きなものは何?行きたいところある?」

 

結人はずっと行きたかった場所があると言う。
結人が担任していた自殺した子どものお墓参りだった。
ちょうど、ご遺族が墓参りに来ていた。
手を合わせる結人。

 

「ごめんな、君が苦しんでる時にちゃんと話を聞いてあげれなくて。それが1番大切なのに」

 

あれからいろんなことから逃げて来た。
自分を誤魔化してきた。
もう夢や希望なんて持っていたって仕方ないとやけになっていた。
だけど望美と出会って怒られた。

 

「そんなことしていいのか?君が喜びのかって・・・だから俺・・・」
「先生がもう1度教師やること許してくれないかな?学くん!」

 

代わりに望美が話しはじめた。
自分が25年間眠っていたこと、そんな自分に結人が勇気をくれたこと。
結人のおかげでどんなに怖くても成長しようと思えた。
結人が教師になればきっと望美みたいにたくさんの子を救ってくれるはずだ。

 

「だから、応援してくれないかな?学くん!お願いします」

 

手を合わせる望美と結人。
その帰り道。結人は代行業を辞めると登録会社に電話。
そして望美の家に行き、ママに望美との交際の許しを得に行く。

 

「僕には望美さんが必要です。代行業もやめて、もう1度教師に戻ろうと思っています。だから交際を許してもらえませんか?」

 

頭を下げる結人。
望美も、25年時間を無駄にしてしまったからもう時間を無駄にしたくない、ずっと結人君といたいと言う。

 

「なら、どっちか選びなさい望美。ママかこの人か」

 

ママは、今、結人とつき合っても望美のためにならない。
ママの方が結人より望美を愛していると言う。

 

「たとえこの先どんなことが起きようとママは一生望美の側にいる。死ぬまで離れない。命を落としても構わない。でもこの人は違う。きっとあなたの元を逃げ出す。ママみたいな覚悟がないから」

 

たとえ望美に嫌われようと、反対することが望美のためになる。
ママはそう信じている。
だけど望美は結人くんを取った。

 

「ママは自分しか信用してないからそんなこと言うんだよ。もう人を愛せなくなったからそんなこと言うだよ。私はママとは違う。周りの人も信じて生きて行く!一生、1人の人を愛して生きていく!」
「じゃあ出て行きなさい」

 

望美は結人くんと家を出て行く。
「望美。好きだよ」
「今・・・生まれて1番不安だけど、1番幸せ」

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「35歳の少女」5話 感想・レビュー

みんな情緒不安定だな(΄◉◞౪◟◉`)
4話で毒親卒業したと思ったママは攻略できてなかったし
結人もキレると手がつけられないw

ママは娘の成長を見守ることに決めたんじゃなかったの!?
せっかく毒親から卒業したと思ったのに、まだ言ってるよ😩

まぁ・・・・普通の娘じゃないしママの気持ちも分からんでもない。
娘が捨てられて傷つくのを見たくないのも分かる。

でもさ、事情を抱える娘を受け入れてくれる男なんてそうそう現れないと思うよ\(^o^)/
ここは結人に一生娘の面倒を見させるつもりで、交際を応援するべきでは?
ママの方が先に死ぬんだから娘の今後も考えなきゃ。

結人も結人で相変わらず情緒不安定。
スイッチ入ったら怒鳴り出す癖があるなぁ😂
1話でいきなりカミングアウトしたり、2話では精神年齢小学生の望美にキツイことを言ったり。
安定しているときはめちゃくちゃ頼りになるし優しいのに🙄
ちょっとDV気質あるかもしれんw

だけど、結人の魅力は不安定なところにあると思うんですよね。
このドラマは望美の成長物語だけど、結人やママ、愛美も成長していくわけで。
まあ何が言いたいかと言うと、人間らしい結人くんが好きです(´・ω・`)←

ずーっと言ってるけど、結人ってカホコのハジメくんと被るよね。
特に5話は、ハジメくんがカホコに支えられて母親に会いに行った「過保護のカホコ」8話を思い出した。
近年の遊川さんのドラマでは「過保護のカホコ」が1番好き。
このまま望美と結人は、カホコとハジメくんパターンで行ってほしいなぁ😳

しかし、遊川ドラマではだいたい誰か死ぬ。
流石に〇〇妻で死んだので、主役の柴咲コウを殺すことはないと思いますが・・・ママが死ぬ可能性はある気がする(´・ω・`)
望美を成長させるためにやりかねん🙄

5話は神回だった

個人的に5話は神回だったと思ってる。
4話もなかなかよかったけど、望美の成長に感動😭

序盤では結人やマナちゃんに理想ばっかりを押しつける姿にイライラしていたのですが、カセットテープを聞いて考えを改める望美。素晴らしくないですか?

サクラやアタルのような理想論正論押し付け説教パターンが来たのかと思いきや、自ら成長。
んで、ママへの反論も的確正論。

やっぱり子どもの成長は早いね(´・ω・`)
知らないところでどんどん成長していく。
大人たちはなかなか成長しないのにね😂

「同期のサクラ」「弥生、三月-君を愛した30年-」で嫌いになりかけてた遊川さんへの認識を改めています。
まだ5話なので、最終回で裏切られる可能性もありますがw
油断は禁物\(^o^)/

 

スポンサードサーチ

ドラマ「35歳の少女」6話 あらすじ

望美(柴咲コウ)は、初めて多恵(鈴木保奈美)から離れることに不安を隠しながらも、結人(坂口健太郎)との「幼い同棲」を始める。周囲に交際を認めてもらうために真面目に生きようと誓う結人と望美。代行業をやめて教師の職を探す結人は、望美がアナウンサーの夢を諦めていないことを知るが、現実の厳しさを伝えられずにいた。一方多恵は、望美のいない寂しさを紛らわせように仕事に没頭する……。

勢いで会社を辞めた愛美(橋本愛)は、夢だったグラフィックデザイナーを目指すも就活は難航。お酒のトラブルで会社をクビになった進次(田中哲司)は行き場をなくし、酔って時岡家を訪ねる。望美が出て行ったことを知り、つい多恵に勝ち誇ったような態度をとるが、一蹴される。

一方、理想の教師像を掲げる結人は、採用してくれる小学校が見つからず次第に追い込まれていく。そんな結人を励まし、自分もアナウンサーになる努力を続ける。

そんな中、愛美が二人のアパートを訪れる。無邪気に夢を追う望美から“本当は多恵の元に帰りたいのでは?”と本質をつかれついカッとなる愛美。さらに家族の幸せを心から願う望美は、思いがけない行動に出る。

(公式HP引用 https://www.ntv.co.jp/shojo35/story/05.html)