『まだ結婚できない男』3話ネタバレ感想!第3の女・早紀(深川麻衣)登場!パグのタツオの演技力がすごい。4話あらすじも!

 

成瀬
どうも。成瀬です。
『まだ結婚できない男』3話を見たので感想を書く。
今週も大爆笑しながら見させてもらいましたw
『まだ結婚できない男』感想一覧
1話感想  2話感想  3話感想  4話感想  5話感想  6話感想  7話感想  8話感想  10話感想(最終回)

 

スポンサードサーチ

ドラマ『まだ結婚できない男』基本情報

2019年10月期の関テレ火9ドラマ。10月8日に放送スタートした。
2006年に放送された大人気ドラマ『結婚できない男』の続編にあたる。
主人公・桑野信介(阿部寛)は50歳を過ぎても未だ“結婚できない男”のままである。

スッタフ・キャスト

脚本 – 尾崎将也
音楽 – 仲西匡
主題歌 – 持田香織「まだスイミー」
演出 – 三宅喜重、小松隆志、植田尚

桑野信介 – 阿部寛
吉山まどか – 吉田羊
戸波早紀 – 深川麻衣
岡野有希江 – 稲森いずみ
村上英治 – 塚本高史
中川良雄 – 尾美としのり
中川圭子 – 三浦理恵子
桑野育代 – 草笛光子
中川ゆみ – 平岡映美
棟梁 – 不破万作
森山桜子 – 咲妃みゆ
沢村映子 – 阿南敦子
横田詩織 – 奈緒
丸山裕太 – 荒井敦史
山下香織 – 小野寺ずる
太田留美 – 美音

 

スポンサードサーチ

『まだ結婚できない男』3話 あらすじ

深夜の路上で三角関係のもつれ!?桑野(阿部寛)が早紀(深川麻衣)の新恋人として写真週刊誌に!ベテラン建築家と女優のタマゴの間にまさかの恋の予感!?

ある日の晩、隣人で女優の早紀(深川麻衣)の部屋から、かすかに聞こえる声を聞いていた桑野(阿部寛)。早紀が女優だと気がつきながらも、イタズラ心に火がついた桑野は、“隣人が殺人計画を立てているのを聞いてしまった”と、からかうつもりでまどか(吉田羊)に相談。慌てたまどかは知り合いの刑事に相談するが、桑野が自分をからかったと分かって大激怒!

そんな桑野とまどかは、いなくなったパグ犬のタツオを探す早紀に出くわす。パグのことになると、内心気になって仕方のない桑野は、何食わぬ顔で一緒に探しまわる。そしてついに桑野がタツオを発見!「タツオ!」と呼びかけても応じないので、桑野は思わず「ケン!」と呼びかける。すると、タツオは振り返り、両者は見つめ合うのであった…。

それから数日後、桑野は夜道でタツオを散歩させている早紀と出会う。するとそこへ、早紀が別れを告げた元恋人で、人気俳優の野村信吾(平田雄也)がヨリを戻したいとやってくる。2人はとっさに恋人のふりをして、しつこく迫る野村を追い払うが、後日、3人が口論している写真が週刊誌に掲載されてしまう。思わぬ桑野のスキャンダルに、周囲は大盛り上がり。英治(塚本高史)や詩織(奈緒)、圭子(三浦理恵子)らの質問攻めと冷やかしにうんざりした桑野は、肖像権の侵害だと憤慨し再びまどかに相談するものの「訴えたところで勝ち目はない」と一蹴(いっしゅう)され…?

(公式ホームページ引用 https://www.ktv.jp/kekkondekinaiotoko/index.html)

ここからネタバレあらすじ

桑野(阿部寛)はなぜか早紀(深川麻衣)の台本の読み合わせ付き合うことになったw
スキャンダルされたばかりなので人目につかないように有希江(稲森いずみ)の店で合わせることに。

 

そこにタイミング悪く、まどか(吉田羊)と英治(塚本高史)と桜子(咲妃みゆ)がやってくる。
英治たちは弁護士であるまどかに仕事のトラブルを相談する予定だった。
だが、まどかと英治は台本の読み合わせに興味津々!見学することにw

 

読み合わせをはじめた桑野と早紀。
何と桑野は脚本にダメ出しをはじめたwww

 

そして早紀の演技についても意見する!
ついに早紀は「わたしいつになったら一人前になれますかね?
辞めた方がいいのかな」と泣き出してしまう。

 

だが桑野は
「なら辞めろ。辞めた方がいい。
簡単に夢を捨てられるくらいだったら
辞めた方がいい。
どんな仕事にだって必ず辞めたいという時がくる。
でもそこで踏みとどまれたら、それこそ本当の第一歩なんだ。
俺は若いときそうだったから。
と言って出て行ってしまう。

 

追いかけるまどか。
店内では桑野の名言にそれぞれグッときていたw
英治はトラブル解決のためにもう一度お客さんと話し合うと決意。
早紀ももう一度頑張ってみると心に決める。

 

帰路につく桑野にまどかは声をかける。
まどかはたまにはいいことを言うと桑野を見直したようだ。
「わたしも仕事辞めようと思ったことあるんです。
未熟さに打ちのめされることありますよね
桑野さんはいつ頃ですか?
仕事を辞めようと思ったの。」

 

なんと桑野は仕事を辞めようと思ったことはなかった。
早紀に作り話しをしたらしい。

 

「この年になると知識と経済力だけは若い奴には負けない。
そのうちの知識をちょっと使っただけですよ。
若者をたきつける言葉を脳内で検索してアウトプットしてみたんです。
・・・弁護士を辞めようと思ったんですか(笑)」

 

感心した話が作り話だと知ってげんなりするまどか。
しかも桑野は弁護士を辞めるという選択肢もあったのになぜ辞めなかったのか、結婚できたかもしれない。などと言い出した。

 

「可能性の話をしただけすよw」
「わたしは辞めなくてよかったと思っています」
「まあw人生にたらればはありませんからねw」
「やっぱりあなたは悪意があって言ってる。
じゃあわたしもこの年齢なりの知識として一言申し上げます。
桑野さん、人しての価値はお金でも知識でもありません。
デリカシーがあるかないかです!

 

まどかは怒って去って行く。
そんでゲーセンでモグラ叩きをしてストレス発散。

 

帰宅した桑野はベランダへ出て一息つく。
すると隣の部屋のベランダからパグのタツオが顔出す。

 

ペットを飼う度、死なせている飼い主・早紀。
タツオの身を案じて桑野は「死ぬなよ」と声をかける。

 

スポンサードサーチ

『まだ結婚できない男』3話 感想・レビュー

毎週楽しみにしているやっくん探し!
今週は新たな怪しい人物は見当たりませんでしたがやっくんが運営しているブログは海外サーバーを経由していることが判明!

やっくん、なかなか用意周到ですね🤔
桑野が金掛けて探ってくる可能性も考えてたんかな?
これは桑野へのなかなかの恨みがありそう🙄

どうでもいいけど、大工の棟梁のおっさんが毎週ツボ。

3話は早紀ちゃん回

3話は深川麻衣演じる桑野の隣人・早紀を紹介する回だった。

女優として芽が出ずに悩んでいるという問題は割とアッサリ解決。
まさかの桑野の嘘の言葉でひとまず前向きにw

もちろん完璧に解決した訳ではないんだけど
「若者をたきつける言葉を脳内で検索してアウトプットしてみた」
とかいう桑野のマジでうざい理論の説教で前向きになるとはね😂

それにしても桑野は喋るたびに語尾に「w」がついてる感じがしてマジでムカつきますね🤔
本当にデリカシーがない!

そんで今週のまどか先生も可愛かった。
夏美ぽい演技をしてる吉田羊さんもすごい😌

パグのタツオが可愛すぎる件

早紀ちゃんが飼い始めたパグのタツオが可愛すぎた。

桑野がタツオを前シリーズのケンの生まれ変わりだと確信し再会を果たすシーンでは双方とも可愛すぎて胸キュンでした😌

あとタツオは縁起がうまいね。
些細な表情とかすごいw

 

スポンサードサーチ

『まだ結婚できない男』4話 あらすじ

水漏れした自宅から避難し、娘の圭子(三浦理恵子)の家に泊まっていた育代(草笛光子)が、ささいなことで圭子とケンカをして桑野(阿部寛)の部屋に転がり込んでくる。部屋に人を入れない主義の息子のことなどお構いなしの母親を何とか追い返したい桑野は、仮住まいを用意させるべく、水漏れの原因を作ったリフォーム会社と交渉してほしいと、育代を連れてまどか(吉田羊)に依頼する。

その後、まどかから有希江(稲森いずみ)を紹介され、英治(塚本高史)とも久しぶりに再会した育代は、まどかに、息子のまわりにたくさんの人がいて安心したと胸の内を明かす。その言葉に母親の愛情を感じ、桑野と育代の母子関係にどこかうらやましさを感じたまどかは、「お母さんといると、自分の母親といるより落ち着きます」と、育代にある悩みを打ち明ける。

一方、桑野の元には圭子から電話が。意地を張って素直になれない圭子は、数日後に誕生日を迎える育代のために、今年は自分に代わって桑野に誕生日会を開いてほしいという。さらに、必ずプレゼントを渡すよう命じられ、困り果てた桑野は渋々まどかに相談しに行く。まどかから「要するに照れくさいという事ですね」と指摘され、痛いところを突かれた桑野が、思わず「自分はどうなんですか」とムキになると、まどかは「私は親不孝な娘なんです…」とポツリ。それを聞いた桑野は、いつもと違うまどかの様子に動揺してしまい…?

(公式ホームページ引用 https://www.ktv.jp/kekkondekinaiotoko/index.html)