『まだ結婚できない男』5話ネタバレ感想!まどか(吉田羊)がめんどくさいw次週やっくんの正体が明かされる!6話あらすじも!

 

成瀬
『まだ結婚できない男』5話を見たので感想を書く。

(ネタバレだけ感想だけを読みたい人は目次から飛んでね!)

『まだ結婚できない男』感想一覧
1話感想  2話感想  3話感想  4話感想  5話感想

 

スポンサードサーチ

ドラマ『まだ結婚できない男』基本情報

2019年10月期の関テレ火9ドラマ。10月8日に放送スタートした。
2006年に放送された大人気ドラマ『結婚できない男』の続編にあたる。
主人公・桑野信介(阿部寛)は50歳を過ぎても未だ“結婚できない男”のままである。

スッタフ・キャスト

脚本 – 尾崎将也
音楽 – 仲西匡
主題歌 – 持田香織「まだスイミー」
演出 – 三宅喜重、小松隆志、植田尚

桑野信介 – 阿部寛
吉山まどか – 吉田羊
戸波早紀 – 深川麻衣
岡野有希江 – 稲森いずみ
村上英治 – 塚本高史
中川良雄 – 尾美としのり
中川圭子 – 三浦理恵子
桑野育代 – 草笛光子
中川ゆみ – 平岡映美
棟梁 – 不破万作
森山桜子 – 咲妃みゆ
沢村映子 – 阿南敦子
横田詩織 – 奈緒
丸山裕太 – 荒井敦史
山下香織 – 小野寺ずる
太田留美 – 美音

 

スポンサードサーチ

『まだ結婚できない男』5話 あらすじ

かねてから鎌倉の仏像を愛してやまない、まどか(吉田羊)は、1泊2日の鎌倉旅行に有希江(稲森いずみ)と早紀(深川麻衣)を誘う。縁結びにご利益がある神社に参拝し、おいしいものを食べようと盛り上がる3人。しかし桑野(阿部寛)に知られると皮肉の一つも言われかねないと、女子旅は桑野に内緒で決行することに。
ところが、現地に着いた3人が楽しく観光していると、とある神社で“一人鎌倉”に来ている桑野の姿が!何とか気づかれないようその場を去ることに成功した3人だが、宿泊先の旅館の廊下で、なぜか一人不気味に写真を撮りまくる桑野と出くわしてしまう。縁結びのために来ていることを見透かされた上に、皮肉とウンチクをさんざん浴びせられ楽しい女子旅は台無しに。

翌日、まどかは偶然、高校時代の後輩・エリカ(野波麻帆)と再会する。絶賛婚活中だと言うエリカが好みの男性のタイプを熱弁し始めると、まどかたちは、ふとある男の顔を思い出し、顔を見合わせる。意外にも、桑野がその条件に当てはまっていたのだ!そうは言っても相手はあの桑野。紹介することに迷いを感じつつも、エリカの婚活への熱意に負けたまどかは思い切って桑野を紹介してみることに。

そんなこととはつゆ知らず、桑野は英治(塚本高史)たちを巻き込んで、ブログに桑野の悪口を書きつづっている“やっくん”の正体を暴こうと躍起になっていた。するとそこへ、まどかから電話がかかってきて…。

(公式ホームページ引用 https://www.ktv.jp/kekkondekinaiotoko/index.html)

ここからネタバレあらすじ

後輩のエリカに桑野を紹介したまどか。

 

エリカは桑野が結婚していないことに驚く。
「仕事が忙しくてそれどころじゃなかったんですか?」
「必要を感じなかったんですよ」

 

支えてくれるパートナーがいれば仕事に張り合いが出るのではないか?と言うエリカに、桑野は「1人でも張り合いは出ている」と話す。
そして人間の番い関係は4年で崩壊するようにプログラムされている、過去の偉人たちは皆、結婚の愚かさを語っていると熱弁する。
論破されたエリカは泣きながら去ってしまった。

 

結婚に対する夢を打ち砕かれたエリカのため、まどかは桑野に意見する!

 

「それ以前に愛がないんです。
そんな人がいくら神社にお参りしたって
ご利益なんてありませんよ」

 

後日、エリカはまどかの事務所を訪れる。
なんとエリカは、桑野の話を聞いてから憑き物が取れたような気分になって感謝しているという。
だがしかし桑野には2度と会いたくないらしいw

 

鎌倉で縁結びにご利益がある神社のご利益を期待するまどか、有希江、早紀だったが、新しい出会いは訪れる気配はなかった。
だがしかし、まどかの事務所には大きな仕事の依頼が、早紀にはテレビのSPドラマの出演依頼が、有希江のカフェの近くには専門学校が出来たとのことで新しい顧客がついていた。

 

そんで同じ神社を参拝した桑野も、大きな仕事のコンペに受かった!
4人が参拝したのは、縁結びではなく、商売繁盛の神様の神社だったのだ!!!!

成瀬
私、吉田羊さん大好きなんですけど今日のまどかはムカついたわw
若い子に対する態度がめっちゃダメなやつw

 

スポンサードサーチ

『まだ結婚できない男』5話 感想・レビュー

5話もおもしろかった〜。
軽い気持ちで楽しく見れるので火曜日の癒しとなっている。

まどかの後輩・エリカが調べた言葉
「急いで結婚する必要はない。
結婚は果物と違っていくら遅くても季節はずれになることはない」

これは独身に響く名言!!!!
結婚願望はあるけどうまくいかない女子は『まだ結婚できない男』5話のこのシーンを見るべき!

わたしはエリカの気持ちも桑野の気持ちもなんとなくわかるので今回の話は染みた。
結婚=権利は半分になるけど責任は倍になるっていうのは考えたことがある。

やっくん=やくまるはミスリード

先週から桑野がやっくんらしい人物と目星をつけている男・薬丸(デビット伊東)。
桑野と同じスポーツジムの会員なのですが、なんとブログをやってるらしいです!

これ絶対ミスリードでしょう!!!!

ブログも絶対、筋トレについて書いてるブログな気がする🤔

これでマジでやっくん=やくまるだったらビックリするw

 

スポンサードサーチ

『まだ結婚できない男』6話 あらすじ

桑野(阿部寛)を悩ませる“やっくんのブログ”が、ついに検索ランキングの3位に浮上。いまだ正体が分からず、このままでは1位になる日も近いと焦る桑野は、まどか(吉田羊)にいら立ちをぶつける。2人がいつものように言い争っていると、そこへまどかのいとこ・亮介(磯村勇斗)が現れる。亮介は弁護士を目指して勉強中で、忙しいまどかを手伝うために長野から上京してきたという。しかし実は、同じく弁護士で、娘に自分の事務所を継いでほしいと願うまどかの母から、まどかが地元に戻らない理由を探ってくるよう、密命を受けていた。

そんな母の魂胆を見抜いたまどかは、かつて母親との間に何があったのか、自分の過去を亮介に打ち明けることに。しかし、亮介を連れて有希江(稲森いずみ)の店に向かうと、間が悪いことに、そこには桑野の姿が。案の定、まどかの話を聞いた桑野は黙っていられず、いつものように皮肉を連発してまどかを怒らせてしまう。しかし、そんな2人のやり取りを見ていた亮介は、あることを思いついて……。

一方、以前から、同じジムに通う薬丸(デビット伊東)こそが“やっくん”ではないかとにらんでいた桑野は、英治(塚本高史)の手を借りて証拠集めに奔走する。やがて、疑惑が確信へと変わった桑野は、ジムのサウナで薬丸を追いつめて…。

(公式ホームページ引用 https://www.ktv.jp/kekkondekinaiotoko/index.html)

成瀬
6話ではまどかのいとことして磯村勇斗が登場!