『トレース〜科捜研の男〜』7話ネタバレ感想・考察と8話あらすじ。早川先生の参戦も全く明らかにならない真野の過去を予想!

 

 

ドラマ感想リストはこちら1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話

 

スポンサードサーチ

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』とは?

1月7日にスタートしたフジテレビ系列・月曜9時のドラマ。
原作は「月刊コミックゼノン」で連載中の古賀慶による「トレース~科捜研法医研究員の追想~」
タイトル通り科捜研の男が主人公のドラマである。

見逃し分はFOD
トライアル期間中は無料で見れます!

 

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

原作 – 古賀慶「トレース~科捜研法医研究員の追想~」
脚本 – 相沢友子
演出 – 松山博昭、相沢秀幸、三橋利行
プロデューサー – 草ヶ谷大輔
主題歌 – 関ジャニ∞「crystal」

キャスト
真野礼二 – 錦戸亮
沢口ノンナ – 新木優子
虎丸良平 – 船越英一郎
海塚律子 – 小雪
相楽一臣 – 山崎樹範
水沢英里 – 岡崎紗絵
市原浩 – 遠山俊也
猪瀬祐人 – 矢本悠馬
沖田徹 – 加藤虎ノ介
江畑清志 – 篠井英介
沢口カンナ – 山谷花純
江波清志 – 篠井英介
壇 浩輝 – 千原ジュニア

 

スポンサードサーチ

『トレース〜科捜研の男〜』7話のあらすじ

真野(錦戸 亮)は、25年前に殺害された当時高校生の姉・仁美(夏子)が妊娠していたことを知る。真野は、兄の義一(倉悠貴)も通っていた高校の教師・早川(萩原聖人)に会い、姉に関する情報を求めた。

ノンナ(新木優子)は、 英里(岡崎紗絵)と科捜研物理科の坂上亜希(木原実優)に誘われ、合コンに参加する。その帰り道、ノンナたちは、公園で女性が男たちに絡まれているのを目撃し、助けに行く。男たちは、ノンナが科捜研の研究員だと知ると逃げ去ったが、そのときにはすでに女性の姿はなかった。

一方、虎丸(船越英一郎)は、捜査一課長の江波(篠井英介)から、都議会議員・伊集院和明(徳重聡)の秘書が起こした交通事故の捜査を手伝うよう命じられる。事故は、真夜中に徘徊していた認知症の高齢男性が、伊集院の秘書・住井葉子(河井青葉)が運転する車にはねられて死亡したというもので、車には伊集院も同乗していた。

所轄の刑事・柏原依子(宇野実彩子)とともに捜査を始めた虎丸は、真野たちに事故車の調査を依頼する。虎丸は、運転をしていたのは葉子ではなく、飲酒していた伊集院ではないかと疑っていた。実は、事故発生から通報までに約1時間のタイムラグがあったが、その間、伊集院と葉子は事故の衝撃で意識を失っていたというのだ。

そんな折、ノンナと一緒に合コンをした亜希が階段から突き落とされ、バッグを奪われるという事件が起きる。さらにそのすぐ後、今度は英里がひったくりに襲われ…。

(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/introduction/index.html )

 

スポンサードサーチ

『トレース〜科捜研の男〜』7話感想・考察

真野さんとノンナちゃんがいい感じになってきて癒されるし、虎丸刑事も徐々に丸くなってきていて微笑ましい。
他のドラマにも言えますが、7話になると人間関係も出来上がってきていい感じですね・:*+.\(( °ω° ))/.:+

虎丸さんが真野の態度に驚く柏原に「気にするな。あいつはいつもあんな調子なんだ」と言ったのには笑いましたw

※以下、視聴後の感想になります。未視聴の方はネタバレご注意ください。

7話の内容

  • ノンナは、 英里と科捜研物理科の坂上亜希(木原実優)に誘われ、合コンに参加する。その帰り道、ノンナたちは公園で女性が男たちに絡まれているところを目撃。助けに行くと、男たちはノンナが科捜研の研究員だと知り逃げ去った。女性はノンナが男たちと話している隙にいなくなっていた。
  • 一方、虎丸は、捜査一課長の江波から、都議会議員・伊集院和明(徳重聡)の秘書が起こした交通事故の捜査を手伝うよう命じられ、所轄の刑事・柏原依子(宇野実彩子)とともに捜査を始めた。
  • 事故は、真夜中に徘徊していた認知症の高齢男性が、伊集院の秘書・住井葉子(河井青葉)が運転する車にはねられて死亡したというもので、車には伊集院も同乗していた。世間からは伊集院自信が起こした事故ではないのに公になることに同情の声が寄せられた。
  • 虎丸は、運転をしていたのは葉子ではなく、飲酒していた伊集院ではないかと疑っていた。実は、事故発生から通報までに約1時間のタイムラグがあったが、その間、伊集院と葉子は事故の衝撃で意識を失っていたというのだ。そして口裏を合わせたかの様な完璧な事情聴取が虎丸の疑いを一層強くした。虎丸は真野たちに事故車の調査を依頼する。
  • 伊集院の車内から検出されたのはマスクの繊維片のみ。運転手を特定することはできなかった。
  • そんな折、ノンナと一緒に合コンをした亜希が階段から突き落とされ、バッグを奪われるという事件が起きる。さらにそのすぐ後、今度は英里がひったくりに襲われた。そしてノンナの自宅にも空き巣が入るという偶然とは思えない事件が発生。
  • 現場近くの防犯カメラの映像、車両の変形状況、被害者の傷と飛翔距離、現場地近くのブレーキ痕とスリット痕から事故当時どれくらいのスピードで走っていたのかが分かった。このスピードで人間と衝突すれば負荷がかかり、肩にシートベルトの痣がつくと、真野は突き止める。
  • 早速、虎丸たちは伊集院と住井のシートベルトの痣を調べに行く。伊集院には助手席側に乗っている証拠となる左側にシートベルトの痣が残っていた。しかし、住井には左右どちらにもシートベルトの痣は残っておらず、本人は「シートベルトをしていなかった」と証言している。
  • 運転席の足元に残っていた成分を検出すると香水の成分だということが分かった。このことから虎丸は、運転していたのは女性で、その女性を庇うために秘書を身代わりにしたのではないかと、推測する。
  • 柏原の調査の結果、伊集院にはパワハラ疑惑があった。更に、伊集院が不倫をしていたことが浮上。伊集院は女癖が悪く、女性に香水をプレゼントすることが常套手段だった。
  • そんな折、ノンナは合コンの日に公園で絡まれていた女性を助けた際、どさくさに紛れてパスケースが入れ替わっていたことに気がつく
  • 真野とノンナは、車内に残った香水を調べるため、伊集院が愛用していたブランドのローズ系香水を調べる。とある香水を嗅いだノンナは合コンの帰り道で絡まれていた女性と同じ匂いだということに気がづいた。
  • 真野は【空き巣が探していたのはパスケース。パスケースの持ち主が絡まれていた公園は事故現場のすぐ近く。時間も事故発生直後。さらに女性がつけていた香水が車内に残ってるものと同じものだとすると単なる偶然だとは思えない】と主張。
  • パスケースに入っているパスカの利用履歴を調べ「取り返したかったのはパスケースではなくパスカだった」と気づいた真野は、利用履歴にあったコインロッカーへと走った。パスカでロッカーを開けると、そこには違法薬物が入っていた。
  • 事故当時、運転をしていたのは伊集院の愛人で、ノンナが絡まれたのを助けた女性だった。伊集院は秘書に全てなすりつけ愛人と薬物を隠したということだった。
  • パスカが入れ替わったことに気づいた伊集院はパスカを取り返そうと、入れ替わった可能性のある英里と亜希のバッグを奪い、ノンナの家に空き巣に入った。最後まで白を切る伊集院に真野が突きつけたのは【ノンナは空き巣と出くわしてもみ合いになった際、相手の腕を引っ掻いた。彼女の爪の間に残った皮膚片からDNA型が検出された。それを伊集院のDNA型と照合すれば答えは出る】ということ。こうして伊集院は逮捕された。

7話はこんな感じでした。

とりあえず、ノンナの嗅覚と記憶力には驚きましたw
一瞬しか近くにいなかった人の香水の匂いを「あの時嗅いだ匂い!」とか思い出せますかね?
ノンナさん、何気にすごい能力を持っている。

あと気になったのが
パスカの利用履歴を調べてロッカーの使用履歴に目をつけたのが真野さんだけだということ。
虎丸さんと柏原さん、言われるまで気づかないってポンコツですか?
真野さんも真野さんで気づいた途端、1人で走り出すって・・・協調性なさすぎw
ここは怒っていいとこでしょ、虎丸さん

成瀬
そういった細かいところ以外はだいぶストレスなしに見れるようになりました・:*+.\(( °ω° ))/.:+
相楽さんが丸くなり、科捜研のメンバーの雰囲気もよくなったし、虎丸も徐々にいい奴と化している。

虎丸刑事が丸くなっている件

今回は猪瀬くんとではなく、宇野実彩子演じる柏原依子とコンビを組んだ虎丸刑事。
宇野実彩子ちゃんもっと見せ場あるかと思ってましたが、ただ猪瀬が美人に変わっただけだったね〜🙄

相棒の話は置いておいて、最初はただのパワハラ野郎だった虎丸さんが、回を追うごとに変わってきている・・!
以前は真野の意見にいちいち噛み付いていた虎丸刑事の口から「確かにそうだな」なんて言葉を聞く日がくるなんて。

成瀬
ラストでの真野さんと虎丸刑事のやり取りを見て、心が温かくなった😌

真野と早川先生の接触

6話で、亡くなった兄の義一(倉悠貴)が通っていた高校の教師・早川と接触することのできた真野さん。
今回も冒頭とラストで接触して事件について2人で探っているようです。

姉・仁美(夏子)が妊娠していたことを知った真野は、早川に「学校内で姉と付き合ってる生徒はいましたか」と探っていました。
「当時の生徒に聞けば知ってる人がいるかもしれない」と先生は調べてくれるようですが、調べ終えた後であろうラストシーンでの先生の顔が意味深だったこともあり、来週はものすごい事実が明かされるかもですね!

成瀬
わたしは原作を読んで、お姉ちゃんの彼氏(お腹の子の父親)は先生説推してるんだけどどうなんだろ🤔

 

スポンサードサーチ

『トレース〜科捜研の男〜』8話のあらすじ

真野(錦戸 亮)は、友人を刺殺した男の事件を担当する。「同居している友人を刺殺した」と警視庁に通報が入った。自首してきた御手洗治(渋谷謙人)によれば、夜9時半に帰宅後、口論をきっかけに同居する友人・根岸秀司(落合モトキ)をナイフで刺したという。死亡推定時刻は夜9時から11時ごろ。死因は出血性ショックで、凶器には御手洗の指紋が残っていた。

事件から2日後、 ノンナ(新木優子)は、妹の カンナ(山谷花純)から、高校時代からの友人だという人気女優・橋本梨央(石井杏奈)を紹介される。実は梨央は、御手洗や根岸とは同じ児童養護施設で育った幼なじみだという。梨央は、家族同然で暮らしたふたりが殺人事件に至る理由がわからず、事件を調べ直してほしいとノンナに懇願する。

ノンナから話を聞いた真野が捜査資料を見直すと、夜11時ごろに根岸を刺し、すぐに警察に通報したという御手洗の供述に不審を抱く。鑑識が事件現場の写真を撮影したのは、通報から1時間ほど後の深夜0時ごろ。にもかかわらず、現場の血液は完全に乾いていた。血液の量から推測すると、乾くまでには最低2時間は必要だという真野。つまり、殺害してから通報するまでに1時間以上の空白の時間がある、というのだ。真野は虎丸(船越英一郎)と共に捜査を始める。

殺害現場に臨場した真野は、珍しい種類のネコの毛を発見する。都内のペットショップを当たると、フリーライターの益山英彰(弓削智久)という男が最近そのネコを購入していた。だが、虎丸が益山のマンションを訪れると、益山は何者かに殺害されていて…。

(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/introduction/index.html )