『ノーサイド・ゲーム』8話ネタバレ感想・考察!黒幕は上川隆也ではない!本当の敵とは?9話あらすじも!

 

『ノーサイド・ゲーム』8話 見ました!

ラストのスポ根魂には泣かされたなあ〜!
浜畑かっこよすぎる。

それではそんな『ノーサイド・ゲーム』8話のネタバレあらすじと感想・レビューを書いていきます!
(ネタバレあらすしだけ感想・レビューだけを読みたい人は目次から飛んでください)

『ノーサイド・ゲーム』を無料で全話見る方法!
Paraviの30日間無料体験期間なら無料で『ノーサイド・ゲーム』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません!

『ノーサイド・ゲーム』各話感想
1話 2話 3話 4話 5話 7話 8話 9話 10話

 

スポンサードサーチ

ドラマ『ノーサイド・ゲーム』とは?

TBS系列・日曜劇場枠にて2019年7月7日放送スタートされた。
原作は、池井戸潤の新作書き下ろし小説『ノーサイド・ゲーム』で、大泉洋が主演を務める。
左遷された男が、低迷するラグビー部とともに再起を目指す物語である。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

原作 – 池井戸潤「ノーサイド・ゲーム」
脚本 – 丑尾健太郎
演出 – 福澤克雄
主題歌 – 米津玄師『馬と鹿』

君嶋隼人 – 大泉洋
君嶋真希 – 松たか子
岸和田徹 – 高橋光臣
七尾圭太 – 眞栄田郷敦
佐倉多英 – 笹本玲奈
星野信輝 – 入江甚儀
鍵原誠 – 松尾諭
脇坂賢治 – 石川禅
吉原欣二 – 村田雄浩
新堂智也 – 藤原光博(リットン調査団)
富野賢作 – 佐伯大地
藤島レナ – 阿部純子
中本理彩 – 山崎紘菜
吉田夏帆 – 南端まいな
本波寛人 – 天野義久
浜畑譲 – 廣瀬俊朗
安西信彦 – 齊藤祐也
佐々一 – 林家たま平
友部祐規 – コージ(ブリリアン)
里村亮太 – 佳久創
有馬真吾 – 村田琳
笠原豪 – 笠原ゴーフォワード
柴門シオリ – 川田裕美
青野宏 – 濱津隆之
「多むら」の女将 – 鳳稀かなめ
島本博 – 西郷輝彦
柴門琢磨 – 大谷亮平
津田三郎 – 渡辺裕之
風間有也 – 中村芝翫
滝川桂一郎 – 上川隆也

中本元気 – 勝山翔
玉木俊太 – 榎本鉄平
高輪祐太 – 眞弓葉詩
飯野雄貴 – 飯野雄貴
西荻崇 – 田沼広之
岬洋 – 鶴ケ﨑好昭
林田公一 – 株木孝行
立川悟 – 水本竜弥
端本太郎 – 端本太郎
大和航平 – 北川勇次
仲村慎祐 – 仲村慎祐
伊吹誠介 – 伊吹誠介
森本竜馬 – 森本竜馬
石川悠太 – 石川悠太
秋元太一 – 板垣悠太
小野勘太 – 邉津勘太
小西大樹 – 小西大樹
戸村銀太郎 – 髙橋銀太郎
岩爪航 – 岩爪航
井上卓哉 – 井上卓哉
新井龍一 – 新井龍一
阿久根潤 – 阿久根潤
工藤元気 – 工藤元気

 

スポンサードサーチ

『ノーサイド・ゲーム』8話あらすじ

里村(佳久創)が抜けたアストロズは落胆するどころか開幕戦に向けて激しいレギュラー争いが繰り広げられていた。中でも新加入した期待の七尾(眞栄田郷敦)はスタミナ不足を露呈し、スタンドオフのポジション争いは浜畑(廣瀬俊朗)がリードしていると思われた。しかし浜畑は七尾のスタミナ不足の原因を見抜き、解決策を伝える。
そんな頃、ゴルフ場建設反対派が再び府中工場前に集まるようになった。君嶋(大泉洋)は総務部長として反対派の声を聞こうとリーダーの苗場(金山一彦)に声をかけ懇親会を開催する。するとある疑問が浮かび、君嶋はトキワ自動車研究所の星野(入江甚儀)に自らの考えを打ち明ける。その一方、ゴルフ場の責任者・青野(濱津隆之)とも君嶋は会話を続ける。青野は熱い夢を語るのだが…。

(公式ホームページ https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/story/s7.html)

ここからネタバレあらすじ

君嶋は、ゴルフ場建設反対派のリーダー・苗場の話から、森下教授の存在を知る。
森下教授は工事が一時延期となる5ヶ月前まで先頭に立って反対運動を行っていたが、それから急に運動に参加しなくなったらしい。 

森下教授は、イギリスで起きた座礁した船のオイル調査を行なっていた教授だ。
この座礁事故の原因はカザマ商事のオイルだという噂が流れていた。しかし、調査結果はシロ。
しかもその後、教授は反対運動からも手を引いている。何かがおかしい。

 

教授の娘はアメリカでの移植手術が必要の難病を患っていた。
教授は、カザマ商事から娘の手術費用を負担してもらう代わりに、調査の結果を偽装していたのだ!!!!!

 

君嶋は、森下教授を問い詰めるが、正直に話すわけがない。
教授は明日にもアメリカに行くと言う・・・。

 

君嶋は青野をアストロズの部内マッチに誘う。
この試合で、アストロズのレギュラー選手が決まる大事な部内マッチだ。

 

実は、青野も元ラガーマンだった。
大学時代にライバル選手から膝を潰され、ラグビー選手になる夢を諦めたのだと言う。

 

そんな青野は、膝に爆弾を欠けた七尾の様子を見て「他の選手に潰される」と・・・。
しかしアストロズ内には、七尾の足を狙う選手はいなかった。
それどころか、ポジション争いをする浜畑が、七尾が弱点を克服するためのアドバイスまでしていた・・・。

 

試合後、青野をクラブハウスに案内する君嶋。
そして、名探偵のごとく語り出す。

 

君嶋は、カザマ商事がどうやって森下教授がカザマのオイルを分析していることを知ったのか疑問に思っていた。
反対派のリーダー・苗場が、ゴルフ場の担当責任者・青野(カメ止めの濱津隆之)に漏らしたことを知り、全ての疑問が一本の線で繋がった。
青野はカザマ社長にこのことを報告。社長の指示で教授にデータ偽装を持ちかけた。
教授は、娘の手術代のためにデータ偽装を受け入れた。ゴルフ場建設の反対運動に参加してまで残したかったイチョウの木もコースに残すことで、話はまとまった。

 

君嶋は、この件を告発し、もう一度カザマのオイルを調べてもらうつもりだと言う。
「でも、それでは遅いんです。
うちが買収した後にこの事実が発覚すれば、トキワ自動車は莫大な責務を負うことになります。
ラグビー部もただでは済まないでしょう・・・
リーグ戦に向けて彼らが積み重ねた努力は無駄になるかもしれない。
この買収を食い止めるには、あなたに証言してもらうしかないんです!
あなたとこんな話をしたくなかった。
今日あなたを試合に誘ったのは、私が守りたいと思ったものを見てもらいたかったからです。
わたしはトキワ自動車を守りたい!アストロズを守りたい!
・・・今彼らを守れるのはあなただけなんです!」

 

そして、紫門監督によってレギュラー選手が発表される。
次々とレギュラーが発表され、佐々も選ばれた。
そして15番・・・・七尾が呼ばれた!

 

選ばれなかった浜畑を見て涙ぐむ紫門。
そんな浜畑は七尾と抱き合い「頼んだぞ」と声をかける。
アストロズはそんな2人に拍手を送る。

 

「彼らに恥じない自分でいたい。
わたしの知っている全てをお話しします」
青野はアストロズのスポーツマンシップを目の当たりにして、全てを証言すると約束をした。

成瀬
こんな感じでした。

今日も浜畑さんかっこよかったぁ😩
初回では棒すぎて違和感しかなかったのに・・・・慣れなのか、うまくなってるのか、味が出てきているw

 

スポンサードサーチ

『ノーサイド・ゲーム』8話 感想・レビュー

浜畑の心意気には泣いたが、鍼灸師を紹介しただけで七尾の足の調子がよくなったっていう展開には笑った。

「オーストラリアには針がないから知らんやろ」で片付けられる怪我。
うまくいきすぎてワロタ・・・・!

こうして足の怪我を克服した七尾は、互角のプレイで浜畑からレギュラーを勝ち取った・・・。

怪我を克服した方法は置いておいて、ライバルである七尾にアドバイスする浜畑には感動した。

わたしなら若い才能に嫉妬して、絶対にアドバイスなんてしてやんない。
ラストで七尾と抱き合い「頼んだで」とチームを託す浜畑さん、本当にかっこよかった😭😭😭

7話ではチームを去る里村の気持ちを1番に理解し、寄り添い、チームのみんなに呼びかけるほどの人格者であった浜畑。
なぜ初回であんなに感じが悪かったのか謎である。
優しくて頼り甲斐があって・・・・めちゃくちゃかっこいい😭😭😭

ガチのラガーマンである廣瀬俊朗さんの棒読み具合もだんだん味のあるものになってきたし、このドラマは浜畑ナシでは語れないね!

敵は上川隆也なのか?本当の黒幕は脇坂?

トキワ自動車が買収する予定のカザマ商事が、ヤバい会社だということが分かった8話。

カザマが作っているオイルがタンカー座礁事故の原因だったのだが、カザマは金で分析結果を偽り、誤魔化そうとしていた。最低な会社である。

社長(中村芝翫)からして胡散臭そうだったので納得なのだが・・・敵は本当に滝川・上川隆也なのか?

滝川の目的は会社を乗っ取って成り上がること。
とてもカザマのオイルの件を知っているようには思えない。

そして8話で滝川は、大学時代にカザマ社長に恨みがあったことが分かった。
貧乏大学生だった滝川は、親が社長であるボンボンのカザマから「貧乏人」と見下されていた。

「いつか成り上がってカザマを見下してやる!」
滝川はそう思っていたようだ。

そんな私怨で動いている滝川なので、更に裏がある可能性は低い。

ここで新たに浮上するのが真の黒幕。

これはおそらく君嶋の元上司・脇坂(石川禅)だな!
(他に黒幕っぽいヤツいないし、滝川のことを嫌っているので)

脇坂はカザマのタンカーオイルの件を知っていて、滝川を失脚させるため、滝川がカザマ商事を買収するように仕向けたのでないかと予想してます。

どうやって滝川が買収をすすめるように仕向けたのかは謎ですが、普通に考えればカザマ商事の社長と脇坂が知り合いだったというオチが妥当かと!

脇坂は滝川と同期入社のため、自然とカザマ商事の社長とも歳が近いことになります。
幼馴染とか小中高のどれかで一緒だったとか何らかの関わりがあったんじゃないかな〜。

成瀬
この線でいけば、上川隆也は咬ませ役ということになる。
贅沢なキャスティングだ・・・・。

 

スポンサードサーチ

『ノーサイド・ゲーム』9話 あらすじ

トキワ自動車本社では滝川常務(上川隆也)を中心としたカザマ商事買収に関する会議が行われていた。経営戦略室長の脇坂(石川禅)は会議のメンバーではない君嶋(大泉洋)をこの会議に臨席させる。君嶋はある資料を用意していた。
一方、今年こそ優勝を目指すアストロズでは七尾(眞栄田郷敦)がレギュラー入りし、浜畑(廣瀬俊朗)は控えに回った。しかし浜畑が控え組をまとめたおかげで控え組のレベルも上がり、全体的な戦力アップがなされていた。そんな中、柴門(大谷亮平)は七尾の弱点を発見し…。

(公式ホームページ https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/story/s7.html)

成瀬
予告あらすじを読んだだけで伝わる浜畑さんの人間力。
浜畑さん・・・本当に好き・・・!