『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』6話ネタバレ感想・考察。7話あらすじ。IVRで放射線科の絆が深まる!

 

 

『ラジーションハウス』6話見ました\(^o^)/
ついに鏑木が動き出しましたね〜。(まあ毎回ギャーギャー言ってたけど)
唯織共々大森院長を追い出そうとしている感じがするし、絵に描いたような小賢しいヤツですね〜

それでは『ラジーションハウス』6話のネタバレあらすじと感想を書いていきます。
 

ドラマ『ラジエーションハウス』各話感想リスト1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話

 

スポンサードサーチ

ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』とは?

2019年4月8日から放送されたフジテレビの月9。
レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師である主人公【五十嵐唯織】が、患者の視えない病を診つけ出し、命を救っていくストーリー。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

 

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

脚本 – 大北はるか
原作 – 横幕智裕(原作)、モリタイシ(漫画)『ラジエーションハウス』
プロデュース – 中野利幸
演出 – 鈴木雅之
主題歌 – MAN WITH A MISSION『Remember Me』

五十嵐唯織 – 窪田正孝
甘春杏 – 本田翼
広瀬裕乃 – 広瀬アリス
軒下五郎 – 浜野謙太
威能圭 – 丸山智己
悠木倫 – 矢野聖人
黒羽たまき – 山口紗弥加
小野寺俊夫 – 遠藤憲一
辻村駿太郎 – 鈴木伸之(劇団EXILE)
鏑木安富 – 浅野和之
大森渚 – 和久井映見

 

スポンサードサーチ

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』6話あらすじ

唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)と辻村(鈴木伸之)がある小説の話で盛り上がっているところを目撃する。その小説とは、鏑木(浅野和之)が取材協力した医療小説だった。さっそくその小説を読み始める唯織。

同じころ、鏑木は、院長の渚(和久井映見)に会い、放射線技師の役割を超えた唯織の行為は医師法に抵触する可能性があり、憂慮すべき事態だと告げる。それに対して、唯織は技師としての所見を述べているに過ぎない、と返す渚。そこで、問題が起きた場合は渚が責任を取るという言質を得た鏑木は、軒下(浜野謙太)に接触し、唯織の行動を監視するよう命じる。

そんな折、公園で遊んでいて手すりから落下し、腹部を強打した女の子・沙里が救急搬送されてくる。腹部CTの依頼を受ける小野寺(遠藤憲一)や、たまき(山口紗弥加)たちラジエーションハウスの面々。CT画像を見た杏は、脾臓の出血を確認し、将来、傷口が目立たなくて済むように画像診断装置で患者の体の中を透かして見ながら治療を行うIVR<画像下治療>による止血を提案する。裕乃(広瀬アリス)達も沙里への負担が少ないIVRを期待していた。ところが鏑木は、IVRではなく開腹手術をするよう命じ……。

(公式ホームページ引用https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/index.html)

ここからネタバレあらすじ

鏑木が下した沙里の開腹手術は患者の命を優先した、間違っていない決断だった。
しかし、杏はどこかでIVRを行うべきだと思っていた。だが、自分がIVRを1人で行ったことがないために強気に出れず、鏑木の指示に従う。

 

杏の決断に、心なしかがっかりする裕乃やたまき。
取り繕うかのように杏は接する。
そんな杏を唯織は心配そうに見ていた……。

 

そんな折に、大腸ガンで治療中の患者が倒れて、放射線科に運ばれてくる。
造影CT後、患者は腫瘍から出血していることが分かった。患者は心筋症を合併しているため大きな手術には耐えられない。
IVRをするしか方法はないが、鏑木は講演会のため不在だ。

 

大腸ガンの主治医は経験の浅い杏1人でIVRをすることに反対するが、放射線科の技師たちに後押しされた杏は手術を決意する。
唯織がサポートに回り、小野寺とたまきが助手に着く。

 

腫瘍まで到達し、コイルを詰めるところまで上手くいった。
どうやら出血が止まっていないようだ。

 

出血箇所が他に見当たらないことで、慌てる杏。
考える唯織は、鏑木が取材協力した医療小説からヒントを得る。
「多くの人々が金閣寺の壮麗さに目を奪われ、その参道の脇にある陸舟の松を見過ごしてしまうように、大腸ガンというファクトに囚われて本当の原因が見えていなかったんです。この場合、陸舟の松とは小腸です。」

 

出血箇所は小腸だった。
S状結腸の腫瘍は大きく、血流が多いため造影剤が染まってしまい出血しているかのように見えた。
逆に小腸出血は出血が完結的に起きるのでタイミングによってはしっかりと映らず見つからないケースがある。

 

しかし、今の患者の状態を考えると時間がない。
不安がる杏をたまきが励まし、唯織や放射線科のメンバーのサポートのもと止血は成功する。

 

一方、鏑木は、軒下からの連絡で、講演会の打ち上げを切り上げてまで甘春病院へと戻ってきた。
杏だけではIVRは無理だと思っていた鏑木は、自分の存在意義を見せつけるチャンスだと思っていたが、IVRは既に成功していた。
「唯織が来てから散々だ。絶対に許さんぞ」と逆恨みをする鏑木だったが、唯織はそんな鏑木へ「患者の出血の原因に気づけたのは鏑木先生が下さったこの本のおかげです!」とお礼を言う。

成瀬
個人的解釈を含みますが、こんな感じでした。

ほんとに放射線科のみんな、いい感じにまとまってきたな〜🤔
もともとチームワーク0ってほどバラバラだった訳ではないけど回を追うごとに雰囲気がよくなってる😭

 

スポンサードサーチ

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』6話感想・考察

6話も面白かったです〜。
ラジーションハウスのメンバーのチームワークがどんどん深まってきて、見ていて心地よかったです😌
特に杏ちゃんとたまきさんの関係性好き。

ただ、本当に個人的なうっすらっとした思いですが、若干中だるみを感じている。
2話、3話がよかったので何だか物足りなく感じてますー。

あと、IVRって患者さん起きてるんですね🙄🙄
あんなに慌てられたらビビるわw

鏑木先生は嫌な奴だが間違ったことは言っていない

鏑木先生、すんごい嫌なヤツに描かれてますが、間違ったことは言ってないんですよね〜。

「医師は医師、技師には技師の役割があり、それは責任という観点からも不可侵であると考えています」

これはその通りである。
技師である(実際には医師免許を持っている)唯織が診断に口を出すのは、事情を知らない人から見れば異常。
そして違法行為に見えるのも仕方ない。

この点に関しては本当のことを言っていない唯織が悪いので、鏑木先生に対してどうこう言えないですね。
どうこう言えないんですが!
「五十嵐が来てから全て上手くいかない」発言や、五十嵐の違法行為の責任を全て大森院長に押しつけようとしているところを見ると、本当に小賢しくて嫌なヤツです!!!!

成瀬
技師をバカにした言い方など偉そうな鏑木を見てると、能ある鷹は爪を隠すスタンスの唯織がより一層かっこよく見えます。

 

スポンサードサーチ

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』7話あらすじ

唯織(窪田正孝)がきてから変わりつつあるラジエーションハウスのメンバー。その日は、初めてひとりで当直をすることになり、不安で一杯の裕乃(広瀬アリス)。しかも、緊急時に備えて待機するオンコール担当は軒下(浜野謙太)。頼りにならない軒下にさらに不安を覚える裕乃で……。

そんな折、乳腺外科に、軒下と中学時代の同級生だった蛭田真貴(松本若菜)と志朗(篠原篤)夫妻がやってくる。人間ドックで真貴の胸にしこりが見つかり、マンモグラフィ検査を受けに来たのだ。軒下と再会した真貴は、彼が卒業アルバムに将来の夢は医者と書いていたのを覚えていた。初恋の相手の真貴から、「夢を叶えたんだね」と言われ、本当のことが言えない軒下。

真貴のマンモ画像を読影した杏(本田翼)は、唯織にも意見を求め、悪性の疑いがあるため超音波検査が必要との診断を下す。それを見ていた鏑木(浅野和之)は、杏は技師に甘えていると指摘する。技師には技師の役割があり、一線を越えることは、唯織の首を絞めることになる、というのだ。

再検査が2ヵ月後になると知った志朗は軒下に医者として検査を何とか早められないか、泣きつく。しかし、特別扱いはできないと答えるしかない軒下。それでも諦めきれない志朗は、通りかかった唯織に声をかけ、事情を説明した。真貴は自分の人生のすべて、という志朗の言葉に強く共感した唯織は、杏に相談。だが、鏑木の言葉を思い出した杏は、患者を救うのは医者の仕事だと返し……。

(公式ホームページ引用https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/index.html)

成瀬
最近の松本若菜さんの連ドラゲスト率すげえ。