『ルパンの娘』4話ネタバレ感想!まんぷくファン胸アツ!タカちゃんと神部さん。静ちゃんの迫真の演技に涙!5話あらすじも!

『ルパンの娘』4話。
面白かったんですけどいつにも増してツッコミどころが多かったですw

とりあえず『まんぷく』好きとしては岸井ゆきのちゃんの登場に胸アツでした。
喫茶店のシーンは神部さんとタカちゃんにしか見えなかった🤔

それではそんな『ルパンの娘』4話のネタバレあらすじと感想・レビューを書いていきます〜!
(ネタバレあらすじだけ感想だけを読みたい人は目次から飛んでね)

『ルパンの娘』を無料で見る方法!
FODプレミアムの無料トライアル期間なら『ルパンの娘』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません。Amazonアカウントを持っていれば簡単に無料トライアルできちゃいます!

ドラマ『ルパンの娘』各話感想リスト
1話 2話 3話 4話 5話 6話

 
↓あわせて読みたい↓

【日本国内】本当におもしろいオススメドラマ50選!ラブコメからミステリーまで一気見間違いナシ!【白い巨塔/逃げ恥など】

2019.07.02

ドラマ『ルパンの娘』とは?

横関大原作小説『ルパンの娘』を深田恭子主演でドラマ化。
フジテレビ系「木曜劇場」にて2019年7月11日にスタートした。
泥棒一家の娘と警察一家の息子が恋に落ちるラブコメディである。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スタッフ・キャスト

原作 – 横関大 『ルパンの娘』
脚本 – 徳永友一
プロデュース – 稲葉直人
演出 – 武内英樹
音楽 – Face 2 fAKE
主題歌 – サカナクション『モス』

三雲華 – 深田恭子
桜庭和馬 – 瀬戸康史
三雲悦子 – 小沢真珠
三雲渉 – 栗原類
三雲マツ – どんぐり
三雲巌 – 麿赤兒
三雲尊 – 渡部篤郎
桜庭典和 – 信太昌之
桜庭美佐子 – マルシア
桜庭和一 – 藤岡弘、(特別出演)
巻栄一 – 加藤諒
円城寺輝 – 大貫勇輔
新谷香 – さとうほなみ

 

ドラマ「ルパンの娘」4話 あらすじ

三雲華(深田恭子)は、桜庭和馬(瀬戸康史)の母、美佐子(マルシア)の信頼を得た。しかし、和馬から“Lの一族”逮捕の手柄を立てて捜査一課に入ることが華との結婚条件と聞いてしまい胸中の複雑さは拭えない。

そんな折、和馬の父、典和(信太昌之)が見合い話を持って来た。相手は元警視総監の孫娘、橋元エミリ(岸井ゆきの)。華を気に入った美佐子は反対するが、典和は見合いを断れば和馬の昇進はなくなり、捜査一課への異動も出来ないため、華との結婚も無くなると言う。途方に暮れる和馬に、美佐子はとりあえず見合いをするよう勧める。見合いをしてエミリから断ってくれれば良いと言う美佐子に、和馬は勇気づけられる。だが、見合いの結果、和馬はエミリに気に入られてしまう。

華は円城寺輝(大貫勇輔)の協力で、和馬とエミリのデート現場へ潜入。円城寺が仕掛けた盗聴器で二人の会話を聞く華だが、聞こえて来たのは和馬からエミリへの愛の告白。実は、断片的な会話に過ぎず、和馬はエミリとの結婚を断っていたのだが、華は誤解してしまう。

傷心の華が家に帰ると、尊(渡部篤郎)たちが騒いでいる。ニュースで“Lの一族”の似顔絵が公開されていたのだ。泥棒コスチュームの華だが、本人と見比べた尊たちはこの似顔絵では分からないだろうと一安心。そんな尊たちの新たなターゲットは国際ロマンス詐欺師。この男が女性たちから騙し取った金で集めた金塊を奪い取ろうというものだった。

(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/index.html)

ここからネタバレあらすじ

「華に確認したいことがあるんだ。昨日捕まえた犯人が自供を始めたんだ。この女にやられたって。本当のことを聞かせてくれないか、華」

 

3話で華がボコボコにしたSNS強盗の犯人が、華について自供を始めたらしい。
和馬の問いかけに華は焦る。

 

「ごめんなさい」
「やっぱり嘘をついてたんだね・・・・分かるよ。いきなり母さんから犯人を倒したのは華かって言われて思わず頷いちゃったんだろ

 

SNS強盗の男は闇格闘技のチャンピオンだった。
いくら合気道をやっていたからといって華が倒せるわけがない。
和馬はそう思っていたらしい。

 

そして和馬は、華に『“Lの一族”逮捕の手柄を立てて捜査一課に入ることが華との結婚条件』だと告げ、Lの一族逮捕することを意気込む。

 

そんな折、和馬の父・典和が、見合い話を持って来る
相手は元警視総監の孫娘・橋元エミリ(岸井ゆきの)
このお見合いを断りエミリの泥を塗れば警察組織の中で退官するまでずっと冷や飯を食うことになる。一課の刑事など夢のまた夢だ。どちらにしても華とは結婚できなくなる・・・。

 

途方に暮れる和馬に、母・美佐子はとりあえず見合いをするよう勧める。

 

「昔から近づいてくる女性は結局向こうから逃げて行ったじゃない。馬鹿真面目で馬鹿正直でなんの面白みもない男。会って話せばすぐにエミリさんだって飽きるわよ。とっととお見合いしてフラれてきなさい」

 

見合いをすればエミリの方から断ってくれるだろうと言う美佐子に、和馬は勇気づけられる。

 

だが、見合いの結果、エミリは和馬を気にいってしまった。
「お見合いだ あなたとわたし お似合いだ」
エミリは異性に見られるとまともに会話ができない恥ずかしがり屋だったが、得意の俳句で和馬への好意を伝える。
そんな2人の様子を円城寺が目撃していて・・・。

 

円城寺の協力で和馬とエミリのデート現場へ潜入した華。
円城寺が仕掛けた盗聴器で、和馬とエミリの会話を聞く華だが、聞こえて来たのは和馬からエミリへの愛の告白!
実は華には断片的にしか聞こえておらず、和馬はエミリとの結婚を断っていた。
華は誤解をしてしまう・・・。

 

エミリはお見合いを自分から断ったことにする代わりに、友達になってほしいと和馬へお願いする。
実はエミリは、同性からも異性からも「つまらない」と言われ、そんな自分を変えたいと思っていたのだ。
そんなこんなで、和馬はエミリと友達になることでお見合いを円満に断ることに成功した。

 

しかし華には誤解されている。
そうとは知らずに華に電話をかける和馬だが、何やら華は怒っている。
「今まで何してたの?聞かれたら困ることなんだ」という華の態度に和馬は違和感を覚える。

 

一方、“Lの一族”はターゲットが決まり、いよいよ実行に移るというところだった。
「嘘つき男をコテンパンにしにいく」という言葉に華は人事ではないと反応する。

 

次のターゲットは国際ロマンス詐欺を働く蛭沼隆
蛭沼はウィリアムというイケメン外国人になりすましてSNSで女性に声をかけ、甘い言葉をかけて金銭を騙し取る嘘つき男だった。
華は被害者の女の中に、先日図書館で出会った女性・木口智子がいることに気がつく。

 

和馬に騙された(と思っている)華は、被害者・智子の気持ちが痛いほど分かった。
もう泥棒はやらないと誓っていた華だが、自分も蛭沼を懲らしめに行くと名乗りをあげる。

 

「待って。私も行く!」

 

蛭沼は女性からだまし取ったお金を金塊に変えて金庫に保管している。
今回狙うのはその金塊だ。
蛭沼についてはすでに警察も突き止めているため、華たちは急いで蛭沼のアジトへと向かう。

 

その頃、騙されたことで精神的に追い詰められていた木口智子は、ウィリアムとのチャットで蛭沼の家を突き止め、蛭沼の家に押しかけていた。
智子は蛭沼を人質にとり、蛭沼の住むアパートに立てこもり、警察沙汰となる。

 

金塊を奪うために駆けつけた“Lの一族”は、大勢の警察に驚き、今回の泥棒はやめておこうと話し合う。
だが、華は嘘つき男・蛭沼のために智子を殺人犯にさせるわけにはいかないと、このまま計画を実行すると宣言する。

 

尊や渉たちの協力の元、華は蛭沼宅に潜入することに成功した。
乱心する智子を気絶させ、華は蛭沼を成敗する。
あんなたは1番大事なものを盗んだんだよ。恋する女のハートをね。
ここで会った運のツキ。あんたが犯した罪、悔い改めな。

 

華が蛭沼を気絶させると、マツが金庫の鍵を開け、金塊を盗む。
悦子は何個か金塊をいただこうとするが、華は「そいつは全部騙された女たちに返す」と静止した。

 

蛭沼を成敗し、金塊を盗んだLの一族は撤退する。
華が最後の仕上げとして蛭沼を拘束している時に、蛭沼宅に入ってくる男の姿があった・・!!和馬だ。

 

今回の事件は二課の仕事で和馬は関係なかったが、蛭沼のSNSに警察ではない何者かが不正アクセスしていたと聞いて、Lの一族がやってくると考えたのだ。

 

「見つけたぞ!Lの一族!」

 

部屋に飛び込んできた和馬に驚く華。
驚いているのは和馬の方もだった。

 

「華・・・・」
「和くん・・・」

成瀬
こんな感じでした。

和くんに華がLの一族とバレてしまうのか・・・?

 

ドラマ『ルパンの娘』4話 感想・レビュー

今回のターゲットは女たちの心を弄んで金を貢がせる悪党・蛭沼。(国際ロマンス詐欺という名称がついてるようです)
しかもイケメン外国人の写真を使ってネット上で詐欺を働く卑怯さ。そんな蛭沼自身はゴリラ面。
こういう色恋沙汰の詐欺ってイケメンにしかできないはずだったのに文明の進化はすごいですね。

そんな国際ロマンス詐欺の被害者・木口智子(南海キャンディーズのシズちゃん)と知り合いだったこともあり、華は蛭沼を懲らしめる今回の計画に乗ります。

そんな感じで華は蛭沼をボコボコにするんだけど
スッキリ爽快だった!!!

女の敵である蛭沼をボコボコにしてくれて本当にスッキリ。
シズちゃんの迫真の演技で被害者側に感情移入できたこともあり、昼沼は『ルパンの娘』史上1番視聴者から憎まれた悪党なんじゃないかな?🤔
3話のトルンダワ王国の秘宝を脱税しているIT企業の社長とか極悪具合が弱すぎたしなあ・・そもそも三雲家の皆さんも税金納めてないでしょ。

成瀬
怪盗スーツに着替えると性格もしゃべり方も変わっちゃう華さんかっこよすぎました😭

まんぷくファンにとっては胸熱なキャスティンング

朝ドラ「まんぷく」で、瀬戸くんと夫婦役を演じた岸井ゆきのちゃん。

神部さんとタカちゃんというラブラブお似合い夫婦だったのですが、そんな2人がお見合いする姿を見て胸アツだった。

2人とも演技うまいから別人なんだけど
和くんが交際をお断りした喫茶店とか・・・まんぷくに出てきそうじゃない?

こういった胸熱キャスティング好きなので、配役決めてくれたスタッフさんに感謝です😌

 

ドラマ「ルパンの娘」5話 あらすじ

金塊を盗み出した時、三雲華(深田恭子)は桜庭和馬(瀬戸康史)と顔を合わせた。ついに自分が“Lの一族”だとバレてしまったのではないかと不安になる華は、和馬に呼び出される。正体を偽っていたことを謝ろうとする華だが、先に頭を下げたのは和馬。和馬は橋元エミリ(岸井ゆきの)とお見合いしたことを正直に話して華に詫びる。断ったと聞いてホッとする華だが、和馬は昨日の18時ごろにどこにいたのか尋ねて来た。それは、華が和馬と顔を合わせた時間。華は明日、結婚記念日を迎える両親への動画を撮影していたと和馬に見せる。撮影時間を見た和馬は華を抱きしめた。和馬の胸の中で、華はまたウソを重ねたことを嘆く。

華が帰ると、尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)、マツ(どんぐり)は次のターゲットを決めていた。世界各国の男にすり寄り、金品を奪う女泥棒から200億円はするという伝説のダイヤモンドを奪う計画。しかし、まだ女泥棒のアジトがつかめていない。渉(栗原類)はタブレットから、女泥棒には男二人の強面の手下がいると警告。華はもう泥棒はしないと断った。

マツは和馬と何かあったのかと華に聞く。アリバイ動画はマツと作ったものだった。信じてもらえたようだと華が話していると、和馬からメッセージが着信。和馬の両親の結婚記念日も明日なので、合同結婚記念パーティーを桜庭家でやろうとの誘いだ。マツがうっかりメッセージを読み上げると尊たちに聞かれ、桜庭家へ出向くことに…。

(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume/index.html)