『俺のスカート、どこ行った?』6話ネタバレ感想。7話あらすじ。里見先生、財前医師と婚約。明智の父親が犯した罪とは?

 

白い巨塔を見てたので見逃した『俺のスカート、どこ行った?』6話Huluでやっと見ました\(^o^)/

6話は里見先生メイン回で、なんと婚約者は医者の財前先生w
白い巨塔の裏でこんなドラマが繰り広げられているとは‥‥!

それではそんな『俺のスカート、どこ行った?』6話のネタバレあらすじと感想を書いていきます。
(ネタバレだけ感想だけを読みたい人は目次から飛んでください)
 

『俺のスカート、どこ行った?』各話感想一覧1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 最終回(10話)

 

スポンサードサーチ

ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』とは?

原田のぶおという、ゲイで女装家の高校教師を主人公とした学園ドラマ。
日本テレビ系土曜22時枠にて放送。2019年4月20日にスタートした。

トライアル期間中なら完全無料!
 

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

脚本 – 加藤拓也
演出 – 狩山俊輔、水野格

原田のぶお – 古田新太
長井あゆみ – 松下奈緒
里見萌 – 白石麻衣
校長先生 – いとうせいこう
古賀先生 – 荒川良々
庄司先生 – 大倉孝二
広田先生 – じろう
田中先生 – 桐山漣
佐川先生 – 大西礼芳
矢野先生 – 小市慢太郎
岡田先生 – 田野倉雄太
須長先生 – 中川大輔

明智秀一 – 永瀬廉(King & Prince)
東条正義 – 道枝駿佑(なにわ男子 / 関西ジャニーズJr.)
若林優馬 – 長尾謙杜(なにわ男子 / 関西ジャニーズJr.)
光岡慎之介 – 阿久津仁愛
牛久保元 – 須藤蓮
駒井和真 – 堀家一希
高槻蓮 – 眞島秀斗
大鳥春樹 – 富園力也
吉良北斗 – 黒田照龍
一之森純 – 河野紳之介
岩木遊太郎 – 兼高主税
彦根大輝 – 葵揚
姫路隼太 – 次も大塚
唐津天心 – 吉田翔
花沢将吾 – 中西南央

川崎結衣 – 髙橋ひかる
今泉茜 – 竹内愛紗
堀江もも – 箭内夢菜
江口寿美江 – 秋乃ゆに
小田原エマ – 宮野陽名
清武すずめ – 国府田聖那
波賀麻里亜 – 染野有来
山吹琴音 – 西村瑠香
滝山七海 – 前川歌音
長浜むぎ – 宮部のぞみ
湯浅楓 – 松村キサラ
太田茉莉 – 松永有紗
茂木朱里 – 菊池和澄
小松紗綾香 – 宇田彩花
鶴ヶ丘芙実 – 横島ふうか

原田糸 – 片山友希
安岡一道 – 伊藤あさひ

 

スポンサードサーチ

『俺のスカート、どこ行った?』6話あらすじ

豪林館学園高校では、2年生に向けての進路説明会が開かれることに。説明会は生徒と一緒に保護者にも集まってもらい、その後、希望する保護者が授業参観する予定になっていた。

原田(古田新太)と田中(桐山漣)からその話を聞いた2年3組の東条(道枝駿佑)や若林(長尾謙杜)ら生徒は「高校生にもなって親に授業を見られるなんて…と文句を言いながら、それぞれの家族の話をする。

そんな中、里見(白石麻衣)は、父・靖夫(小木茂光)の勧めで見合いをして結婚が決まっていた。結婚相手は、医師の財前(戸塚純貴)。靖夫は自分の病院を継いでもらうため、里見にはどうしても医師と結婚してもらいたいと考えていた。靖夫との約束で、里見は結婚したら学校を辞めなければならない。しかし里見は、結婚もしたくないし、教師を続けたいと思っていた。そんな彼女の思いとは裏腹に、靖夫は挙式の準備を進めていた。
里見は保健室を訪れ、佐川(大西礼芳)に結婚のことを打ち明ける。もう結婚するしかないと諦めている里見の話を、ベッドで昼寝をしていた原田が聞いていた。

里見は、校長(いとうせいこう)と長井(松下奈緒)に結婚と退職を報告する。結婚と退職を受け入れようとしている里見に対して、本当にそれでいいのかと諭す原田。そんな原田の言葉を聞いた里見は、結婚の段取りを進める靖夫に抵抗するが、挙式の日を迎えてしまう…。
一方、明智(永瀬廉)の元にも、父親・純一(板尾創路)が突然やってきて…。

(公式ホームページ引用 https://www.ntv.co.jp/oresuka/)

ここからネタバレあらすじ

事業参観日、明智の父親が息子の様子を見にきていた。
「やたらガン付けてくる父親いなかった?」と原田と田中は話すが、校庭で明智がそのガンを飛ばしてきた父親と話していたところを目撃する。

 

一方、里見は原田のアドバイスを受けて婚姻届を真っ黒に塗りつぶすなど抵抗を試みる。
しかし婚姻届のハンコは父親が勝手に押していて、そのまま結婚式の日がやってきてしまう。

 

そんな里見の結婚式に、花嫁ドレスに身を包んだのぶおが現れた。
「お父さんに勝手に婚姻届にハンコ押されちゃったヒロインを助けにきました。私。」
バージンロードを歩いていた里見と里見の父親は唖然とする。

 

のぶおは「あんた娘の幸せ全部用意するって何?うぬぼれるのもたいがいにして。あんたが用意するのはこいつが見つけた幸せを認める気持ちよ」と里見の父親に物申す。
しかし里見の父親は「好きな人と結婚しなくても幸せになれる!」と反論。
好きじゃない人と結婚しても、そこあらそこそこ好きになれば、そこそこの幸せは得られる。世の中の大半は妥協して結婚している。結婚してからどうやって幸せになれるかが重要だと主張する。

 

のぶおはそんな里見の父親に「そこそこのでしょ?そこそこなんて諦めたこと言ってるからダメなのよ!もっと極上の幸せ求めなさいよ!1回きりの人生で幸せ遠慮してどうするのよ!‥‥つうか親がそこそこの幸せしか用意できないんだったらほっといてくれる?子供が極上の幸せつかむ道必死で探すから。子どもの幸せくらい子どもに任せやがれ!」と言葉を返し、里見に「さぁ あんたこの結婚どうする?このまま式続ける?それとも逃げ出す?もう諦めて式続ける?私はこの格好でバージンロード歩くってやりたいことやったからあんたが諦めるなら私も帰るね」と選択を迫る。

 

里見は「諦めです。わたしはこの結婚をやめたいです」と自分の意見を通した。
結婚相手の財前は「そっか。大丈夫だよ。言ったよね萌が書きたくなったら提出するって。本当に俺のことは気にしなくていいから」と里見に優しい言葉をかける。
最後にいい人感を出した財前だったが、里見は財前のことはこれっぽちも好きじゃなかったらしい。

 

結婚を辞めることにした里見は、のぶおに連れられ学校へ向かう。
「里見先生今学校が楽しんだって。あんたも娘を幸せにしたいなら娘が今何が楽しいから知っとくべきよ。パパりんもついて来て!」とのぶおに促され里見の父親もついてくる。

 

里見は2年3組の教室に入り「私の授業をします」と話をはじめる。
里見は、今まで親が用意してくれた幸せになるための道を歩んできて、里見自身も親を安心させることが幸せだった、しかし徐々に親のいう幸せが幸せだと感じなくなったことを話す。
幸せと感じなくなっても諦めて親のいう通りに進んで来た、そこで芽生えた感情は「まあいいや」だった。諦めていれば両親は喜んでくれる顔をする。自分の手で幸せにしたい親と、親のために幸せになりたい子ども。里見はどちらも悪くないと言う。

 

「私は今回のことで用意してもらわなくても諦めなければ、そこそこ以上の極上の幸せは自分の手で掴めるんじゃないかと思いました。‥‥お父さん、今までたくさん幸せを用意してくれてありがとう。これから私は自分の手で幸せになろうと思っています。だからみんなも幸せはそこそこじゃなくて極上の道を自分の手で掴みとりましょう。以上です」
里見はこう授業を締めくくった。

 

こうして里見の結婚はキャンセルされ、里見は教師を続けられることになった。

 

里見の件は一件落着したが、翌日、明智が学校を休んでいた。
実は明智は長井に退学届を渡していてーーーー。

成瀬
こんな感じでした。

里見先生からこれっぽちも好かれていなかった財前先生はかわいそうでしたが、今週ものぶおかっこよかったです!
説教はまあフツーだったけど、登場の仕方がヒーローすぎて痺れた!

 

 

 

スポンサードサーチ

『俺のスカート、どこ行った?』6話感想・考察

安定に面白かったです。
里見パパが絵に描いたような毒親だったので、のぶおの説教にはスッキリ!

娘の幸せを勝手に決めつけて結婚を決めてしまうなんて時代錯誤すぎですよね。
『俺のスカート、どこ行った?』では倒すべき敵がだいたい悪いやつなので爽快感があっていいです😌

のぶおが里見先生を式場から連れ出して2年3組の教室で授業をさせたのには「え?なぜ?」とは思いましたが、ぶっ飛んでるのがこのドラマのテイスト。つっこまないことにしておこう。
それにしても里見の授業をちゃんと聞いて感動してる2年3組の生徒たちいい子たちすぎるでしょ。

明智の父親が怖すぎた件

やはり明智には家庭の事情がありました。

明智は1人暮らしで、母親からもらったお金とアルバイトで生活しているようですね。
そしてそんな明智の前に父親が現れます。

出所してからはじめて喋ると言っていたこともあり、明智の父親は犯罪を犯して刑務所に入っていたと見られます。
見るからに胡散臭い容姿だし‥‥怖い‥‥。詐欺でもしたのかなあ😭

この毒親のせいで明智は退学届を提出したのでしょう
明智自身、ちょっと感じの悪い生徒でしたが、こんな家庭事情があるのならあの態度も頷けます。
のぶおを辞めさせるゲームをはじめるほどストレスも溜まってるわけだ😩

 

スポンサードサーチ

『俺のスカート、どこ行った?』7話あらすじ

明智(永瀬廉)が学校に来なくなり、退学届を提出した。寺尾校長(いとうせいこう)、長井(松下奈緒)、原田(古田新太)は、明智と話し合うことに。校長たちが明智の父・純一(板尾創路)と話したいと言うと、「呼んでも絶対来ないですよ」と答える明智。原田がなぜ辞めたいのかと尋ねても、明智は答えようとしない。2年3組の生徒たちにも、明智が退学届を出したことが知れ渡る。

長井は純一に会うため、明智の家を訪ねる。明智は家を出て、父とは暮らしていなかった。純一は自らの過ちをきっかけに仕事を失って以来荒れてしまい、家族に暴力を振るうように。明智の母は家を出ていき、明智は母が彼のために残した200万円を使って生活するしかなかった。そのことを知った純一は、200万円は自分の金だから返せと明智に要求していた。純一は長井に向かって、金を稼いで返してもらうために明智には学校を辞めさせると言い放つ。

原田と田中(桐山漣)は、東条(道枝駿佑)と若林(長尾謙杜)から明智の家庭事情を聞く。明智が父親のせいで学校を辞めるかもしれないと聞いた東条は、自分が明智を誤解していたと気付く。そんな東条に原田は、仲直りを手伝ってもいいと提案。一方、若林は、自分をいじめた明智をまだ許すことができないでいた。明智の居場所を突き止めた原田は東条たちに、明智を迎えに行ってほしいと頼む。

東条たちは、明智のアルバイト先へ向かう。東条が「一緒に来てほしい」と言うと、明智は拒絶。その時、原田から田中に電話がかかってくる。原田は明智に向けて「お前の父親は預かった!」と誘拐犯のようなセリフを言って電話を切る。
明智たちが原田の指定した場所へ向かうと、原田と純一、さらには2年3組の生徒たちが待っていて…。

(公式ホームページ引用 https://www.ntv.co.jp/oresuka/)

成瀬
次週は明智メイン回のようです。
引っ張り続けられた明智のバックグラウンドがついに明らかに!!!!