『俺のスカート、どこ行った?』9話ネタバレ感想!のぶおは病状の悪化で教師を辞める?涙の最終回(10話)あらすじも!

 

俺スカ9話見ました!
9話では、のぶおが明智に暴力を振るっているように見えるデマ動画がネットで拡散されて炎上。
そしてのぶおの過去も明らかになりました‥‥!!!

それではそんな『俺のスカート、どこ行った?』9話のネタバレあらすじと感想を書いていきます。
(ネタバレだけ感想だけを読みたい人は目次から飛んでください)

 

『俺のスカート、どこ行った?』各話感想一覧1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 最終回(10話)

2019年7月スタートのドラマ情報はこちら!→【朝顔/凪のお暇】2019年夏ドラマ一覧!キャスト情報や期待値など。【7月スタート連続ドラマ】

ドラマ『俺のスカート、どこ行った?』とは?

原田のぶおという、ゲイで女装家の高校教師を主人公とした学園ドラマ。
日本テレビ系土曜22時枠にて放送。2019年4月20日にスタートした。

トライアル期間中なら完全無料!
 

スッタフ・キャスト

脚本 – 加藤拓也
演出 – 狩山俊輔、水野格

原田のぶお – 古田新太
長井あゆみ – 松下奈緒
里見萌 – 白石麻衣
校長先生 – いとうせいこう
古賀先生 – 荒川良々
庄司先生 – 大倉孝二
広田先生 – じろう
田中先生 – 桐山漣
佐川先生 – 大西礼芳
矢野先生 – 小市慢太郎
岡田先生 – 田野倉雄太
須長先生 – 中川大輔

明智秀一 – 永瀬廉(King & Prince)
東条正義 – 道枝駿佑(なにわ男子 / 関西ジャニーズJr.)
若林優馬 – 長尾謙杜(なにわ男子 / 関西ジャニーズJr.)
光岡慎之介 – 阿久津仁愛
牛久保元 – 須藤蓮
駒井和真 – 堀家一希
高槻蓮 – 眞島秀斗
大鳥春樹 – 富園力也
吉良北斗 – 黒田照龍
一之森純 – 河野紳之介
岩木遊太郎 – 兼高主税
彦根大輝 – 葵揚
姫路隼太 – 次も大塚
唐津天心 – 吉田翔
花沢将吾 – 中西南央

川崎結衣 – 髙橋ひかる
今泉茜 – 竹内愛紗
堀江もも – 箭内夢菜
江口寿美江 – 秋乃ゆに
小田原エマ – 宮野陽名
清武すずめ – 国府田聖那
波賀麻里亜 – 染野有来
山吹琴音 – 西村瑠香
滝山七海 – 前川歌音
長浜むぎ – 宮部のぞみ
湯浅楓 – 松村キサラ
太田茉莉 – 松永有紗
茂木朱里 – 菊池和澄
小松紗綾香 – 宇田彩花
鶴ヶ丘芙実 – 横島ふうか

原田糸 – 片山友希
安岡一道 – 伊藤あさひ

 

『俺のスカート、どこ行った?』9話あらすじ

原田(古田新太)が生徒に暴力をふるったという動画がネットで拡散されて炎上。しかし、その動画は、いかにも原田が明智(永瀬廉)に暴力を振るっているように映像が切り取られたものだった。女装した教師が暴力を振るうという映像は、興味本位でマスコミにも取り上げられる。世間の反応の大きさから、原田は、しばらく謹慎することに。

騒ぎは大きくなるばかりで、マスコミが学校の前を取り囲むようになる。事態の収束のため、寺尾校長(いとうせいこう)と長井(松下奈緒)が記者会見を行う。校長は、責任を取って辞任を発表。記者たちからは、原田の女装やゲイバーから連れてきたことに関する偏見に満ちた質問が飛ぶ。

2年3組の生徒たちは、原田がクビになるかもしれないと心配する。彼らは、自分たちが原田のために何かできないかと考えるが、良い案が浮かばない。
校長は教師たちに、自分が辞めた後のことを矢野(小市慢太郎)に任せると告げる。そして、校長の辞職だけでは済まないという声も上がる。

一方、謹慎中の原田は、家でのんびり過ごしていた。そんな中、長井が原田を訪ねてくる。長井は、校長が辞めることも、原田が辞めさせられそうになっていることも納得がいかないと訴える。長井に「なんで先生になりたかったんですか?」と聞かれた原田は、話をはぐらかそうとする。それでも、食い下がる長井。すると原田は「長いわよ。40年分の話だから」と言って、40年前の中学時代に起こった出来事から語り始める…。原田のぶおがなぜ、ゲイで女装家の高校教師になったのかが明らかに―――。

(公式ホームページ引用 https://www.ntv.co.jp/oresuka/)

ここからネタバレありあらすじ

中学生時代ののぶおは、女子生徒からラブレターをもらうほどにモテていたが、陸上部の顧問の男性教師・松坂先生に思いを寄せていた。
ちょうどその頃、のぶおは怪我をして陸上を辞めることになり、腐っていた‥‥。
その先生は、のぶおを元気付けるため、将棋や茶道などのぶおの新しい楽しみを一緒に探してくれた。
のぶお曰く「いつの間にか俺の心の中に勝手に椅子作って座ってやがったんだよね」のぶおは男が男を好きだという葛藤から、先生を心の椅子から追い出そうとするが、気持ちを変えられず告白をする。告白は断られてしまった。
弱気になったのぶおは、男を好きだということは変でダメだと自嘲する。
そんなのぶおに松坂先生は「おかしくない。おかしくないよ。俺が断ることでお前にそんな風に思わせてしまったなら謝る。でもお前はお前のまま自分の生きたいように生きればいいと俺は思う。男が好きなら男が好きでいいじゃないか。何が悪いんだそれの。だって好きなんだろ。好きって気持ちをなんで否定されないといけな」と言葉をかける。
のぶおは松坂先生の言葉に救われ、自分が男を好きだということを受け入れることができた。それからしばらくして、のぶおが27、28歳くらいの頃。
やりたいこともなく、当時の彼氏とダラダラ過ごしていた頃のこと。のぶおの元に松坂先生が死んだと連絡が入った。
のぶおは好きなものを好きだと言えるようになったのは先生のおかげであると、松坂先生に線香をあげに自宅へ向かう。 

先生に手を合わせに行ったのぶおは、仏壇の横に【死ぬまでに成すべきこと】ノートを見つける。
先生のご家族に了承を得て中を開くと、そこには先生がやりたかったことが書かれており、やり終えた欄には済のスタンプが押されていた。
のぶおは【生徒は必ず卒業させる】という項目に、まだ済のスタンプが押されていないことに気がつく。
ご家族は「それだけずーっとそのまんまなんですよ。そりゃそうですよね。教師続けてたらずっと教え子は増えてくだけなんだから」と話す。

 

「自分と同じように悩んでる若い子がいるんじゃないかな。先生からもらったもの伝えた方がいいんじゃないかな。」ノートを見てそう感じたのぶおは、教師になることを決意した。

 

しかし、教師になったのぶおは、彼氏とデート中の写真を隠し撮りされてしまう。
それを黒板に張り出されて生徒達からからかわれ、保護者から猛バッシングを受ける。
当時は、ゲイへの風当たりは今以上に強く、世間では認められていなかった。
そのため、のぶおはゲイでないフリをするしかなかった。

 

親からも結婚を急かされていたため、レズビアンの親友に頼んで偽装結婚をした。
松坂先生が教えてくれた自分の好きなものを信じる気持ちをないがしろにして‥‥。
のぶおは次第にそんな自分が嫌になり、教師はすぐに辞めてしまう。

 

もう一度自分らしく生きたいと思ったのぶおは、親友と相談して、施設から糸を養子にもらう。
その後、ゲイバーを開いたりしているうちに病気が発覚したのだ‥‥。

 

これがのぶおが教師を志した理由。
のぶおの40年分の出来事だ。(ちなみにのぶおが偽装結婚した親友の女性は、8年前に亡くなっている。)

 

のぶおから一連の話を聞いた長井は「話していただいてありがとうございました」と言って帰ろうとする。
長井がクビを宣告に来たのだと思っているのぶおは「退職届けを書く」と言うが、長井は「辞めさせませんよ。私が原田先生と辞めさせません!原田先生言いましたよね。このやりたいことノートでみんなが卒業するまで生きるって。いいんですか。このまま学校辞めたら目標達成できませんよ!わたしは原田先生の目標を達成させるために、絶対それまでは学校を辞めさせません!それが私の目標になったからです!今!」と、のぶおを辞めさせないと宣言!

 

一方、2年3組では、高槻蓮(眞嶋秀斗)が炎上動画を見てあることに気がついた。
動画の中に何かが反射しているように見える‥‥。
コントラストを弄ると、みるみる人が現れてーーーーーその人物は矢野先生だった‥‥。

 

真実にたどり着いた2年3組の生徒たちは、職員室へと向かう。
動画を撮影していた犯人は分かったが、それだけではのぶおの処分は免れない。
長井は「校長と原田先生、2人の処分の撤回を求めるにはマスコミに事情を説明してこの処分が本当にふさわしいかどうか、署名を集めたいと思います。」提案する。

 

明智は拡散動画の被害者として、記者会見を開き、のぶおに殴られた事実はないと経緯を説明した。
そして、先生たちと2年3組の生徒たちは力を合わせて、署名活動を行った。

 

しばらくして長井たちは、矢野へ、集めた署名を見せる。
「世間が賛同してくれた」と、校長とのぶおを復帰させることを要求。矢野は渋々了承する。
続いて長井は「それからあの動画をネットにあげたのも矢野先生だったんですね」と事実を突きつける。

 

矢野は、のぶおが若林を飛び降りさせた時、のぶおはいつか問題を起こすと思って常に監視をしていた。いつか校長が責任を取る羽目になると。
矢野は校長のことを妬んでいた。
ずっと真面目にやって来た矢野は無能扱いされ、いつも中心にいて校長まで上がった彼を気に入らなかったそうだ。
校長が困ればいいと思って軽い気持ちでやっただけで、ここまでの大騒ぎになることを予想しなかったと言う。

 

そんな矢野を、生徒達は「反射といいSNSといいネットを甘く見過ぎじゃね?」「先生の時代にあったらもっと炎上してたんじゃない?」と冷ややかな目で見る。
長井は校長席に座る矢野に「その席どいてください。じゃないと私たち全員やめます」と宣言し、矢野を退かせた。

 

一件落着し、校長とのぶおは豪林間学園高校に復帰した。
2年3組の教室に入るなり早々、のぶおは宣言をする。
「帰って来て一発目で悪いんですけど、原田のぶお学校辞めます!」

成瀬
こんな感じでした!

矢野先生の犯行理由がしょうもなさすぎてびっくりでしたw

『俺のスカート、どこ行った?』9話感想・考察

のぶおの過去はおおよそ予想通りでしたが、溢れる昭和感がよかった!
画面の暗さに昭和を彷彿とさせられました。

先生の言葉に救われて人生を変えられたから自分も教師を目指す。
ってなかなかシンプルな話だけど、フツーに感動した!!!

のぶおの場合、理解してくれる人が少なかっただろうし、時代的にも生きづらかったろうから、先生の言葉には救われただろうなって当事者じゃなくとも思う。
のぶおにとって松坂先生はすごく大きな存在なんだな〜と見ていて感じました。

成瀬
あと、27歳くらいの頃ののぶおがイケメンだったw
のぶの絶頂期だね🙄

矢野先生がネット初心者だった件

矢野先生の犯行理由が子どもすぎて驚きました。
いい人感溢れる矢野先生の行動だったので、何かとんどもない裏が隠されてるのかと思いきや、校長への妬みでした。
ムカついたから捏造動画アップするとか今時の中学生でもしないよ(中学生に失礼か)

でも、案外大人の方が妬みでこういうことしちゃうんでしょうね。
妬むこと自体は人間なので仕方ないですが、妬みから嫌がらせまでしちゃうのはいただけない😩
しかものぶおからしたら巻き込まれていい迷惑だよねー。

そしてそんな矢野先生。
ネット初心者でした!
自分が反射している動画をアップするなんて初歩中の初歩のミス!!!!!
たまに彼氏を反射させた写真を載せて匂わせてる女子もいますが矢野先生は匂わせじゃないでしょうw

矢野先生の件はいろんな面で拍子抜けしましたが、9話はのぶおの過去を知る回だったので細かいことは気にしないでおきますー。

原田のぶお、教師辞めます。

長井先生がのぶお宅にやってきた時も退職届を書こうとしていたいし、「だからその身体が大変なのって言ってるの」というつぶやきもあったので、だいぶのぶお身体弱ってるのかな?

わたしは、のぶおは教師を続けたいと思ってるけど、弱っていく姿を見せたくなくて教師を辞めたがってるんじゃないかなあと思ってます😭

 

『俺のスカート、どこ行った?』10話(最終回)あらすじ

原田(古田新太)が「他にやりたいことがあるから」と言って、豪林館学園高校を辞めた。その後、古賀(荒川良々)や田中(桐山漣)をはじめ男性教師たちが女装して授業をするように。それは、原田と交わした約束だった。

原田の不在に寂しさを感じる2年3組の生徒たち。彼らは、原田がやりたいことは何だったのか、今頃何をしているのかと話し合う。明智(永瀬廉)は、原田がやりたいと言っていた卒業式をやろうと提案。他の生徒たちも明智のアイデアに賛成し、2年3組だけの早めの“卒業式”をやることに。若林(長尾謙杜)らみんなが盛り上がる中、東条(道枝駿佑)は複雑な思いを抱えていた。

東条が屋上で昼食を食べていると、明智と若林がやってくる。明智は、東条の様子が気になっていた。東条は、原田に対する複雑な感情を打ち明ける。東条は、原田が学校を辞めた本当の理由は体の具合が悪いからではないかと思っていた。原田に卒業式のことを伝えるため、東条は長井(松下奈緒)に原田の家を教えてほしいと頼む。長井は、東条を連れて病院へ向かう。東条が心配した通り、原田は入院していた。

東条から「卒業式に来てほしい」と言われ、「行ってあげる」と原田は「卒業式」に行くことに。そして、2年3組と原田のための“卒業式”当日を迎え……。

(公式ホームページ引用 https://www.ntv.co.jp/oresuka/)

成瀬
やっぱりのぶおは身体の具合が悪くて教師を辞めたようです😭

そして次週最終回!!!!!
絶対泣く!!!!!
あらすじ読んだだけで泣きそうなんだけど。