『監察医朝顔2』1話ネタバレあらすじ感想レビュー!初っ端から死亡フラグか?佐藤さんは大丈夫?2話あらすじも!

 

成瀬
こんにちは。成瀬です。
『監察医朝顔』第2シリーズ1話を見たのでネタバレと感想を書きます\(^o^)/

ネタバレだけ感想だけ読みたい人は目次から飛んでね!

『監察医朝顔』を無料視聴する方法!
FODプレミアムなら2週間無料で『監察医朝顔』が見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません。

『監察医朝顔』第1シーリズ 各話感想
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話(最終回) 特別編
『監察医朝顔』第2シーリズ 各話感想
1話 2話 3話 4話

 

スポンサードサーチ

「監察医 朝顔」第2シリーズ 基本情報

2019年7月8日から「月9」枠で放送されていた『監察医 朝顔』の続編。
新型コロナウイルスの影響で放送遅延が生じたのを受け、2020年11月2日から年を跨いでの放送に変更となった。
法医学者の娘が発見された遺体の生きた証を見出すために、ベテラン刑事の父親とともに遺体の謎を解明していく物語。

無料トライアル期間中なら無料で見れちゃいます!
 

スッタフ・キャスト

原作 – 香川まさひと(原作)、木村直巳(画)、佐藤喜宣(監修) 『監察医 朝顔』
脚本 – 根本ノンジ
演出 – 平野眞、澤田鎌作
音楽 – 得田真裕
エンディング – 折坂悠太 「朝顔」

万木朝顔 – 上野樹里
万木平 – 時任三郎
桑原真也 – 風間俊介
安岡光子 – 志田未来
高橋涼介 – 中尾明慶
森本琢磨 – 森本慎太郎
沖田宗徳 – 藤原季節
岡島 – 斉藤陽一郎
愛川江梨花 – 坂ノ上茜
小野佳代 – 喜多乃愛
浅井三郎 – きづき
渡辺英子 – 宮本茉由
山倉伸彦 – 戸次重幸
藤堂絵美 – 平岩紙
万木里子 – 石田ひかり
伊東純 – 三宅弘城
藤堂雅史 – 板尾創路
夏目茶子 – 山口智子
嶋田浩之 – 柄本明
忍 – ともさかりえ
若林 – 大谷亮平
奥寺美幸 – 大竹しのぶ

1話ゲスト

松本オリビア由美子(興雲大学 社会心理学教授) – 片桐はいり
佐藤祐樹 – 松田元太(Travis Japan / ジャニーズJr.)

 

スポンサードサーチ

「監察医 朝顔」第2シリーズ 1話 あらすじ

 万木朝顔(上野樹里)は、神奈川県にある興雲大学法医学教室に勤める法医学者。野毛山署強行犯係の刑事である父親の平(時任三郎)、夫で、平の元部下だった神奈川県警捜査一課の刑事・桑原真也(風間俊介)、そして5歳になる娘のつぐみ(加藤柚凪)と一家四人、笑顔が絶えない幸せな日々を送っている。ある朝、朝顔たちが朝食をとりながら話をしていると、ふいにつぐみが「弟が欲しい」と言い出す。気まずい空気の中、仕事に出かける平と桑原……。

朝顔もつぐみを保育園に送り届けると、いつものように興雲大学へと向かった。するとその途中で朝顔は、立体歩道橋で発生した群衆雪崩の事故現場に遭遇する。大きなイベントが予定されていた近くのスタジアムで突然火災報知器が作動し、逃げようとしてパニックになった人々が立体歩道橋に殺到したために起きた事故だった。

朝顔が興雲大学へと急ぐと、法医学教室では安岡光子(志田未来)、高橋涼介(中尾明慶)、藤堂絵美(平岩紙)、藤堂雅史(板尾創路)らもテレビのニュースで群衆雪崩の現場映像を見ていた。20名が病院に搬送され、うち死者4名、意識不明の重体1名の大参事だった。主任教授の夏目茶子(山口智子)は海外出張で不在だったが、法医学教室にはすぐに解剖の依頼が入った。

同じころ、平は、野毛山署強行犯係の森本琢磨(森本慎太郎)や山倉伸彦(戸次重幸)ら同僚や、県警の桑原、検視官の丸屋大作(杉本哲太)らと連携して、事故の原因を調べ始める。だが、奇妙なことにスタジアムでは火災が発生していなかった上、現場では異臭がしたという証言もあり、実際に被害者の中にはけいれんや意識障害など、化学薬品を吸引したと思われる症状を訴える者もあった。また、事故が起きる直前、金髪の男性が騒いでいたという複数の証言も得られていた。

あくる日、群衆雪崩で妻を失ったという金髪の男・佐藤祐樹(松田元太)が、事故現場でマスコミの取材に応じる。そこで祐樹は、これは事故ではなく殺人だ、と訴え……。

(公式HP引用 https://www.fujitv.co.jp/asagao2/index.html)

ここからネタバレあらすじ

妻を失ったという金髪の男・佐藤祐樹(松田元太)は、群衆雪崩の事故で亡くなった佐々木拓郎という男が妻を痴漢していたと主張する。

 

佐々木の手の平からは痴漢をしていた形跡が採取された。
佐々木が痴漢をしていたとなると、今回の群衆雪崩は過失致死傷罪の可能性が出てきた。

 

だが、現場では異臭がしたという証言もあり、実際に被害者の中にはけいれんや意識障害など、化学薬品を吸引したと思われる症状を訴える者もあった。
テロの可能性もある。
ネット上にはデマや憶測が飛び回る。
警察は群衆雪崩事故の原因を早く発表したい。
佐々木の手の平から痴漢した証拠が採取されたのらと発表を急ぐ。

 

警察が群衆雪崩についての会見を行う直前。
朝顔(上野樹里)たちが佐々木の解剖を終えた。

 

佐々木は事故の前に、エコノミー症候群で亡くなっていた。
エコノミー症候群は飛行機に乗っていなくても長時間家で寝ていたりしても発症することがある。
佐々木は心臓の一部に穴が開いてある持病を持っていた。
持病の悪化と久々に外へ出て身体を動かしたことでエコノミー症候群を発症。そして死亡した。
佐々木の手には引っ掻かれた傷が残っていた。
傷は亡くなった後についたものだった。

佐々木は職を失い、引きこもり生活を送っていた。
あの日、佐々木は田舎に帰るつもりだった。
母親に持って帰るはずの手土産を取りに戻るために人ゴミに戻った。

 

倒れた佐々木は、佐藤の妻に覆いかぶさる形になった。
それが痴漢のように見えた。
そしてタイミング悪く突然火災報知器が作動し、パニックになった人々が立体歩道橋に殺到して群衆雪崩が起こったのだった。

 

群衆雪崩現場で起こった被害者たちのけいれんや意識障害は、集団心理によるものではないかと興雲大学社会心理学教授・松本オリビア由美子(片桐はいり)は言う。
佐々木のけいれんが周りの人に連鎖した可能性がある。
歩道橋の上でみんな苦しくて逃げたくてパニックになったのではないか、ということだった。
一方、平(時任三郎)は孫との遊びでケガをしてしまう。
次の休日には里子(石田ひかり)を探しに東北へ行きたかった。
亡くなった人がたくさん集まっていた沼が埋められることになったという。

 

しかしケガをしている平が行っても捜索できそうにない。
急きょ、朝顔が平の代わりに東北へ向かうことになった。

 

久々に祖父・浩之(柄本明)と再会した朝顔は昔のことを思い出しながら、沼を捜索。

 

《今日、普通に生活していることがどれだけ幸せなことか。
そのことを私はちゃんと分かっていると思っていた。
それなのに、この時の私はまだ気付いていなかった。
私たち家族に残された時間がそう長くはないことをーーー》

 

 

スポンサードサーチ

「監察医 朝顔」1話 感想・レビュー

監察医って素晴らしい仕事だよね(´・ω・`)
亡くなった佐々木さんの名誉が守られてよかった。

本当は病死なのに世間からは痴漢だと思われて総叩きにされるなんて、こんな不名誉なことはない。
犯罪者として死ぬのか病気で死ぬのか。
遺族としては大きな違いだよね。

息子が痴漢じゃないと分かったお母さんの気持ちを考えると・・・😭
改めて朝顔たち監察医の偉大さを実感した。

だけど、痴漢なのか具合が悪いのかくらいすぐに分かるような気がするけどね🤔
そういう状況になったことがないのでなんとも言えませんが。
すぐに火災報知器がなってパニックになっちゃったのかな?

佐々木さんのお母さんは救われたけど、妻をなくした金髪の佐藤さんは大丈夫だろうか?
佐藤さん的には恨む相手がいた方が救われたかもしれないなぁ😢
どちらにしても大切な人の死ほど運命を狂わすものはないですね。

そしてラストのモノローグなに!?
死亡フラグなの?
家族だれか死ぬのか!?!?

前クールでは桑原が華麗に死亡フラグを回避した。
どうか今回も匂わせで終わって欲しい。
朝顔家族になにかあるのは確かだろうけど、家族が死ぬとかはやめてね😭

 

スポンサードサーチ

「監察医 朝顔」第2シリーズ 2話 あらすじ

 野毛山署管内のひと気のない空き地で、男子中学生の遺体が発見される。

休日だった朝顔(上野樹里)は、興雲大学法医学教室からの電話で目を覚ます。朝顔が1階へ降りると、すでに平(時任三郎)が支度を終えていた。ただちに現場に向かう平。被害者は、14歳の矢野諒(池田優斗)で、死亡推定時刻は午前5時から6時ころ。午前7時ころ、散歩中だった近隣住民が発見し通報したという。遺体のみぞおち付近には、大きな皮下出血があった。また、諒は野球のユニフォーム姿で、遺体の横にはグローブがあり、ボールが金網の上部に挟まっていた。

一方、桑原(風間俊介)は、朝顔に代わって娘のつぐみ(加藤柚凪)の面倒を見ることになった。しかし、朝顔と遊ぶ約束をしていたつぐみはご機嫌斜めで……。

朝顔は、藤堂(板尾創路)らとともに諒の解剖を行う。諒は、みぞおち付近の内出血以外、目立った外傷はなかった。解剖後のミーティングで、藤堂は、諒がみぞおち付近に強い衝撃を受けて心臓震盪を起こし、心停止に至った可能性を検視官の丸屋(杉本哲太)や、強行犯係長の山倉(戸次重幸)らに伝えた。捜査の方向性を決めるために、殴られたかどうかだけでも断定してほしい、と強く主張する丸屋と、この段階では難しいとする朝顔たちとの議論がヒートアップする中、思わぬ知らせが入る。連絡を受けて駆けつけようとしていた諒の父親が、階段から落ちて意識不明状態になってしまったというのだ。諒には母親がいなかったため、身元の確認には祖母の咲江(柳谷ユカ)と、諒の双子の兄・一馬が立ち会うが……。

(公式HP引用 https://www.fujitv.co.jp/asagao2/index.html)