『監察医 朝顔』8話ネタバレ感想!もやもや病でモヤモヤのラスト!結衣を殺したのはさぶちゃんなのか!?9話あらすじも!

 

『監察医 朝顔』8話見ました!

8話もホームドラマパートがメインで、事件解決パートは薄いなぁ、と思っていて見ていたら・・・ラストにすごいものをブッ込まれた・・・・!!!!!
まさかの人が亡くなり、衝撃的でした。
そして予告も衝撃的で・・・・ここにきて本格ミステリーへ・・・・!

それではそんな『監察医 朝顔』8話のネタバレありあらすじと感想・考察を書いていきます!
(ネタバレあらすじだけ感想だけを読みたい人は目次から飛んでください。)

『監察医朝顔』を無料視聴する方法!
FODプレミアムなら1ヶ月無料で『監察医朝顔』が見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません。

ドラマ『監察医朝顔』各話感想
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話

↓あわせて読みたい↓

【2019年秋ドラマ】10月期スタートドラマ一覧!【ニッポンノワール-刑事Yの反乱/同期のサクラ/シャーロック】

2019.08.12

 

スポンサードサーチ

ドラマ『監察医 朝顔』

2019年7月8日から「月9」枠で放送される。
主演は上野樹里で、「のだめカンタービレ」以来の月9主演となる。
法医学者の娘が発見された遺体の生きた証を見出すために、ベテラン刑事の父親とともに遺体の謎を解明していく物語。

無料トライアル期間中なら無料で見れちゃいます!
 

スッタフ・キャスト

原作 – 香川まさひと(原作)、木村直巳(画)、佐藤喜宣(監修) 『監察医 朝顔』
脚本 – 根本ノンジ
演出 – 平野眞、澤田鎌作
音楽 – 得田真裕
エンディング – 折坂悠太 「朝顔」

万木朝顔 – 上野樹里
万木平 – 時任三郎
桑原真也 – 風間俊介
安岡光子 – 志田未来
高橋涼介 – 中尾明慶
森本琢磨 – 森本慎太郎
沖田宗徳 – 藤原季節
岡島 – 斉藤陽一郎
愛川江梨花 – 坂ノ上茜
小野佳代 – 喜多乃愛
浅井三郎 – きづき
渡辺英子 – 宮本茉由
山倉伸彦 – 戸次重幸
藤堂絵美 – 平岩紙
万木里子 – 石田ひかり
伊東純 – 三宅弘城
藤堂雅史 – 板尾創路
夏目茶子 – 山口智子
嶋田浩之 – 柄本明

 

スポンサードサーチ

ドラマ『監察医 朝顔』8話 あらすじ

朝顔(上野樹里)は、東北から戻って以来、働き詰めの日々を送っている父・平(時任三郎)を心配していた。桑原(風間俊介)によれば、野毛山署強行犯係の他の署員の捜査も手伝っているのだという。

朝顔が興雲大学法医学教室に出勤すると、藤堂(板尾創路)が、高橋(中尾明慶)や熊田(田川隼嗣)に息子の夏休みの宿題を手伝わせていた。それを知った絵美(平岩紙)は、息子に甘い藤堂を叱りつけ、「全部自分でやらせるの!」と言い放つ。

するとそこに、解剖の依頼が入る。茶子(山口智子)は、朝顔と光子(志田未来)に執刀を指示した。

遺体は23歳の主婦・山本莉奈(小林由依)。自宅で倒れているところを夫の達哉(渡辺翔太)が発見したもので、その時にはすでに死んでいたという。朝顔たちは丹念に遺体を調べ、死因を特定しようとした。だが、脳底部の内頸動脈が細くなっていたものの、外傷や病変は発見できなかった。莉奈は、亡くなる前に貧血とめまいで倒れ、入院していた。病院側は、続けて検査入院をするよう勧めたが、3歳の娘がいることや、入院費が払えないことを理由に通院を希望したらしい。

一方、桑原は、神奈川県警への初出勤の日を迎える。そこで桑原が出会ったのは、かつて平とコンビを組んでいた捜査一課の刑事・神崎譲治(市川右團次)だった。

そんな折、法医学教師にやってきた達哉は、莉奈は医療ミスで死んだ、と言い出し……。

(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/asagao/index.html)

ここからネタバレあらすじ

若くして亡くなった主婦・山本莉奈の解剖結果は特に異常は見つからなかった。

 

莉奈の旦那・達哉は医療ミスを疑っていた・・・。
何度も解剖してみるが死因は分からなかった。
疑われるのはもやもや病のみ。

 

もやもや病とは、脳の血管に生じる病気で、脳の血液不足が起こりやすくなる病気である。
難病指定もされていて、詳しい解明はされていない。
このもやもや病が、めまいなど、莉奈の体には影響を与えていた可能性がある。

 

詳しい死因は分からないと言われた達哉はぼう然とする。

 

「あいつが、何で死んだのかわからないってことですよね。」

 

そんな達也に、朝顔は更なる事実を突きつける。

 

莉奈の母親も若くして亡くなっていた。
亡くなった母親のカルテを見ると、彼女ももやもや病だったことが分かった。
もやもや病は遺伝することがある。

 

朝顔は、莉奈と達哉の娘にももやもや病が遺伝している可能性があることを話す。
もし娘に遺伝していた場合、非常に危険である・・・。
朝顔は莉奈と達哉の娘に検査を受けることを勧める。

 

「早期発見をして、バイパス手術を受ければ、治ります。
娘さんの命を救えることにつながるかもしれないんです。
ですが、私たちの力が及ばなかったことは事実です。
死因が特定できず、本当に申し訳ありませんでした」

 

頭を下げる朝顔たち。

 

一方で、平は東北に移住し、里子(石田ひかり)を探すことを決意した。
つぐみと桑原が寝た後、父娘水入らずで話す2人。

 

「お父さん、お母さん探すのやめないよ。
お母さん見つかるまで探すことにした。
いずれは向こうに住んで探すことになると思う。」
「わかった。お父さんのやりたいことやってほしい」

 

後日、解剖依頼があり、朝顔と光子が執刀する。
運ばれてきたご遺体は・・・・朝顔の幼なじみの三郎(きづき)の妻、結衣(松長ゆり子)だった・・・!
ショックを受ける朝顔。

 

そんな朝顔を見て「代わりましょう」と茶子。
朝顔は解剖を始めようとするが、震えてメスが握れなかった・・・。

成瀬
こんな感じだった。

ご遺体と対面するまで、誰を解剖するのか分からないものなの?
家族や知り合いの可能性もあるわけだし、事前にカルテとか見ないのかな?
というか、平お父さんいるんだから事前に知らせてやれよ・・・。

 

スポンサードサーチ

ドラマ『監察医 朝顔』8話 感想・レビュー

ラストに全て持って行かれましたが、8話も朝顔と平さんの会話でウルウル。

「お母さん見つかるまで探すことにした。いずれは向こうに住んで探すことになると思う。」
「わかった。お父さんのやりたいことやってほしい。」

この会話だけで伝わってくる平さんの気持ちと朝顔ちゃんの気持ち。
そして2人の絆・・・・。泣けた😭

医学は万能ではない。

8話で解剖した女性・山本莉奈の詳しい死因は分からず、彼女がもやもや病を患っていたという事実だけが分かりました。

もやもや病は脳の血管の病気で、めまいなどの症状のある病気のようです。
詳しい解明はされていない難病で、このもやもや病が莉奈さんの死因に直接影響したのか分からず終い。

結果もモヤモヤしたまま終わったのだが(遺族からしたらモヤモヤどころではない)、医学が万能ではないという事実がリアルで、このドラマらしい展開だったと思ってます。

これまでの解剖医ドラマなら事件解決に重点を置くだろうし、こういった解剖現場のリアルな様子は見れなかった気がしてる。
現実的な話で突きつけられました😭

結衣さんを殺したのはさぶちゃんなのか?

ラストにものすごいものをブッ込まれた。

朝顔の表情から、まさかの桑原かつぐみちゃんのご遺体!?
と思ったら結衣さん。

たまに現れるほのぼの要因かと思ったら、まさかお亡くなりになるなんて・・・。

つぐみが結衣に手の甲にラクガキしたマークでご遺体が結衣だと気がついた朝顔。
このラクガキが事件を解く鍵になりそう。

予告を見る限り、さぶちゃんは自首するみたいんなんだけど、
さぶちゃんは奥さんを殺していないって信じてるよ・・・・😭

何か事情があって死因を隠そうとしているのでは?と考えてます。

ここまでヒューマンストーリーがメインだった『監察医 朝顔』でしたが、次回は事件解決パートがメインになりそう。
トントン拍子で解決ってことはなさそうですね!

成瀬
ちょっと鳥肌立ったし、ミステリー好きにはおいしい展開でした!
結衣さんには悪いけど次回が楽しみ!

 

スポンサードサーチ

ドラマ『監察医 朝顔』9話 あらすじ

朝顔は、気を落ち着かせて解剖を始めようとするが、手が震えてしまい、メスを落としてしまう。その姿を見た茶子(山口智子)は、邪魔だから解剖室から出ていくよう朝顔に命じた。

結衣は、自宅の階段前で頭を打って死亡していた。背中から落ちたようで、仰向けの状態だったという。第一発見者は三郎だった。解剖の結果、重篤な損傷は、頭蓋骨と頸椎の骨折。2階から落ちたにも関わらず背中の傷が少なく、上腕にはまったく傷がなかったのは、1歳の次男・陽斗(遠藤千空)を抱いたまま転落したからではないかと考えられた。
検視官の丸屋(杉本哲太)は、誰かに突き落とされた可能性はないか、と茶子に尋ねた。事件性があれば現場を調べる必要があるからだ。すると朝顔は、他殺なんてあり得ない、三郎が結衣を殺すはずがない、と訴え……。

同じころ、平(時任三郎)と森本(森本慎太郎)は、三郎から事情を聞いていた。三郎は、前夜、団体客が入って忙しかったため、帰宅後すぐに寝てしまったが、朝6時くらいに大きな物音がして目を覚ましたら階段の下で結衣が倒れており、横で陽斗が泣いていた、と証言するが……。

(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/asagao/index.html)