『集団左遷!!』最終回(10話)ネタバレ感想・考察!最後まで綺麗事だけで頑張る片岡!鮫島は横山を裏切ったのか?残る謎。

 

ついに『集団左遷!!』も最終回を迎えました。

最終回では副頭取になった横山の不正を暴くため、片岡と真山が頑張る話でした。
横山と片岡の会話を見ていろいろ思うことはあったけど、最後の片岡と真山の会話は胸アツだった‥‥!!!!

それではそんな『集団左遷!!』最終回(10話)ネタバレあらすじと感想を書いていきます。
(ネタバレあらすじだけ、感想だけ読みたい人は目次から飛んでください。)

『集団左遷!!』各話感想リスト1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 最終回(10話)

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ『集団左遷!!』とは?

2019年4月21日にスタートした日曜劇場。
江波戸哲夫の経済小説『新装版 銀行支店長』『集団左遷』が原作。
窮地に立たされた銀行員たちが巨大組織の理不尽に立ち向かう姿を描く。主演は福山雅治。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スポンサードサーチ

スタッフ・キャスト

原作 – 江波戸哲夫『新装版 銀行支店長』『集団左遷』
脚本 – いずみ吉紘
プロデュース – 飯田和孝
演出 – 平川雄一朗、田中健太、韓哲

片岡洋 – 福山雅治
真山徹 – 香川照之
滝川晃司 – 神木隆之介
木田美恵子 – 中村アン
平正樹 – 井之脇海
花沢浩平 – 高橋和也
横溝厚男 – 迫田孝也
三宅庄司 – 増田修一朗
宮田学 – 谷口翔太
藤枝薫 – 橋本真実
藤田秀樹 – 市村正親
鮫島正義 – 小手伸也
宿利雅史 – 酒向芳
南口優 – 橋爪淳
郷田成道 – 津嘉山正種
梅原尊 – 尾美としのり
横山輝生- 三上博史
青島憲二 – 赤堀雅秋
鈴木将之 – パパイヤ鈴木
片岡かおり – 八木亜希子
真山有里 – 西田尚美

 

スポンサードサーチ

ドラマ『集団左遷!!』最終回(10話)あらすじ

とうとう副頭取の座にまで上り詰めた横山(三上博史)。島津議員(石丸謙二郎)への献金の記録が書かれた手帳を渡せばすべてを水に流すという横山だが、片岡(福山雅治)は突っぱねる。

梅原(尾美としのり)は最後の手段としてマスコミに告発することを片岡に提案。会社の不正を自分たちの世代で断ち切るべく、決意を固めた片岡は、真山(香川照之)とともに手帳の裏取りを進めていく。しかし、それを知った横山の非情な仕打ちが襲いかかる。

果たして自分たちがやろうとしていることは正しいのか、三友の為になるのか、部下の為になるのか、お客様の為になるのか、葛藤する片岡の最後の戦いが始まる。
片岡がたどり着く下克上の形とは…

平成から令和を駆け抜けた諦めない男の物語がついに完結!

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/shudan-sasen/)

ここからネタバレありあらすじ

役員会議の結果、副頭取に昇格した横山は、片岡を呼び出し、島津議員への献金の記録が書かれた手帳を渡せばすべてを水に流すと言う。
しかし片岡はそれを突っぱね、銀行員として最後まで戦うことを決意した。

 

片岡は横山の不正をマスコミに告発することを決め、真山と共に手帳の裏取りを進める。
証拠を掴み、いよいよ新聞社へ向かうという時に、真山が出向されることが決まった。

 

横山の差し金だと感じた片岡は、横山の元へ訴えに行く。
しかし横山は、ダイバーサーチとの新規事業のメンバーに片岡を迎えると言い出した。それと引き換えに、不正の書かれた手帳を渡せと片岡に取引を持ちかける。
「会社を変えたいなら自分のところまで上がってこい」「上役に着けば自らの手で真山を引き戻すこともできる」と言われ、片岡は悩む。

 

そんな折に、梅原の出向も決まった。
じわじわと外堀を埋められていく片岡はますます思い悩む。

 

新聞社に告発をする当日、片岡は隅田に「少し待ってくれ」と言い、姿をくらましてしまう。

 

翌日、新聞を読んだ真山は、不正の記事が載っていないことに驚き、片岡に連絡をする。
しかし片岡とは連絡がつかず、隅田や梅原も片岡の居場所が分からないと言う。
真山は片岡が行きそうな場所に心当たりがあり、急いでその場所へ向かう。

 

真山は元・蒲田支店の前でたそがれている片岡を発見する。
片岡は「会社を変えたいなら自分のところまで上がってこい」と横山に言われたことで、横山の不正を暴くことが本当に三友のためになるのか、部下の為になるのか、と思い悩んでいた。
そんな片岡に真山は「あんまり私を見くびらないでくださいね。出世すれば私を引き戻せるとか横山さんから言われたんでしょ。そんなの大きなお世話ですよ。どこに行こうがどんな仕事につこうが私は正しく働きたいと思ってるし納得して入った会社だと思ってるし最後まで銀行員として全うしたいと思ってます。片岡さん、会社の不正や隠蔽を知って毎日納得して出社できますか?当然告発をしたら混乱するでしょうし出向とかリストラとか増えるかもしれません。そっからまた頑張ればいいと思ってます。不正のことを知らない行員たちも口には出さないけど健全な会社であって欲しいと思ってるはずです。『いつか自分が銀行員最後の日を迎える時、今日を振り返って後悔しなくてすみました。』蒲田支店最後の日に片岡さんそうおっしゃいましたよね。今はどうですか?後悔しませんか?片岡さん。決着をつけましょうよと言葉をかける。
真山の言葉を聞いた片岡は思い直し、再び銀行員として最後まで戦う決意を固める。

 

翌日、新規事業説明会に片岡は現れた。
片岡が新規事業のメンバーになることを受け入れたと思った横山は引き換えに帳簿を求めるが、片岡は帳簿を新聞社に渡したと言う。
更に片岡はダイバーサーチのCEOに不正の事実を話したと告げ、「横山さん、あなたが今去らなきゃ、これまでの三友銀行の隠蔽体質は変えられない。これからの三友に未来はないと私は思いました。負の連鎖はどこかで断ち切るべきなんです。それが今なんです。」と訴えかける。

 

だが、横山は「わたしの不正はあくまで疑惑であって確かな証拠はありません」と言い切った。
そんな片岡と横山のやり取りを見ていた藤田頭取が声をあげる。
「わたしが横山くんの不正の証拠を隠蔽した。横山くんの方針こそが三友を次の世代に渡せるものと信じて全てを託した。だがわたしは間違った判断を下したようだ。全ての責任は私にある」と横山を見限った。

 

その後、この告発は政界を巻き込んだ大スキャンダルに発展。それにより三友銀行の株価は大暴落。ダイバーサーチとの資本提携も白紙になった。
隅田が頭取となり、片岡は人材育成研修センターのセンター長に任命された。
人材育成研修センターとは、新しくできた部署で、三友が生き残るために銀行の枠にとらわれない強い人材を育てるのが目的だ。

 

そして真山は銀行員を辞め、妻・有里の実家の建設会社で働くことになった。
一分一秒でも妻と一緒にいたいのだと言う。
「片岡さん。わたしはあなたに会えてよかったです。仕事が楽しかったです」
「僕も真山さんとの一緒の仕事は楽しかったです」
「まだまだお互い頑張っていきましょう」
「はい!」
2人はそう言葉を交わし、それぞれの道に進むのだった。

成瀬
こんな感じでした!

最後は駆け足すぎてよくわからなかったです。
これから先、三友銀行は大変かと思いますが、隅田新頭取、立て直し頑張ってください😭

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ『集団左遷!!』10話感想・考察

予想通りの最終回だったので物語に文句はないですけど、やっぱり片岡さんのことは支持できないです。
なんだかんだ片岡のことは応援してましたが、何の打開策も出さずに横山さんを論破しようとしていたところを見てガッカリ😩

まあはじめからずーっとそんな人だったけどね、片岡さんは。
1話から「がんばる!」だけで突き進んじゃうような人でした😩
最後くらいスッキリするような解決策を提案してくれるかと期待したわたしがバカだった😩

Q「三友銀行を生き残らせる方法は?」 A「正しくあるべきだと思います」

最後まで片岡は綺麗事しか言わなかった。

横山「三友銀行を生き残らせる方法は?」
片岡「正しくあるべきだと思います」

わたし会話成立してなくない?

この後、片岡は『三友銀行が変わっていくことを否定しているわけでない』『不正をして手に入れた未来だからダメなんだ』という感じのことを述べてましたが‥‥三友を生き残らせる具体的な方法は述べていない。

片岡さんが言っていることは理解できるし気持ちは分かるんだけど、あまりに綺麗事すぎて心に響かなかった😩
「不正をする横山は許せないので追い出すけど、三友が生き残る方法は不正をしない役員の人たちで頑張ばりましょう!」と言った感じがしてならなかった‥‥。
結局、横山と藤田が去った後は頭取になった隅田さんが頑張ってて片岡は新部署のセンター長だしな〜。

藤田頭取もよくあんな綺麗事に心動かされたなと感じましたが、頭取はもともといい人だったので横山のやり方について行けなかったんでしょうね。
でもまあ、頭取が横山の不正を隠蔽しなければこんなに苦労はしなかったので、今更感は感じましたが。どちらにしても意思の弱い頭取だったな😩

とにかく、横山さんがかわいそうな最終回でした。
横山さんは、ただの悪人ではなく三友銀行の未来を思って不正に手を染めていたダークヒーローですよ😩それがなんの具体的な策もない理想だけの男に負けて銀行を追われるなんて😩そりゃあ悔しくて泣くわ🙄

鮫島とは一体何だったのか?

ところで横山は、鮫島に対して「わざと梅原に帳簿を渡したのではないか」と疑っていましたが、本当のところはどうなんでしょう?
鮫島は否定し、その後この事については触れられませんでした。

え!?!?ほんとにわざと渡したわけじゃなかったの?
だったらこの探りのシーンいる?

ちなみにわたしも鮫島はわざと渡したんじゃないかと思ってたよ🤔
実は鮫島自身も横山にはつき合いきれずにいて、でも自分で不正を告発するなんて危ない橋を渡りたくない。なのでバカ片岡に近い人間である梅原に不正の証拠を渡した。って感じなのかと思ってました。

成瀬
結局本当のところはわからないまま終わりました。が、鮫島の喋り方はツボだった。

 

スポンサードサーチ

『集団左遷!!』全話を通しての感想

ドラマ『集団左遷!!』全話を通しての満足度を書いておきます。

満足度100点満点中60点

全体的に綺麗事しか描かれていないドラマでした。
がむしゃらに頑張り続けた片岡がどう横山を倒すのか楽しみに見ていましたが、まさかの最後までただ理想論で押し通すとはw
スカッとする打開案を提案してくれたら片岡さんを見直したのになあ〜😩

最終回で、片岡が横山がぐうの音も出ないほどの三友銀行を生き残らせる方法を思いつていれば満足度も上がったんだけどなあ😭