『DIVER-組対潜入班-』1話ネタバレあらすじ感想!よく見る潜入捜査系ドラマだった。2話あらすじも!

 

成瀬
こんにちは。成瀬です。

遅くなりましたが、『DIVER-組対潜入班-』1話を見たのでネタバレと感想を書きます!

ドラマ『DIVER-組対潜入班-』感想一覧
1話感想  2話感想  3話感想  4話感想  5話(最終回)

 

スポンサードサーチ

ドラマ 『DIVER-組対潜入班-』基本情報

大沢俊太郎による漫画『DIVER-組対潜入班-』を福士蒼汰主演でドラマ化。
2020年9月22日からフジテレビ系「火曜21時枠」にて全5回予定で放送されている。

トライアル期間中は無料で見れます!

スッタフ・キャスト

原作 – 大沢俊太郎 『DIVER-組対潜入班-』
脚本 – 宇田学
演出 – 宝来忠昭、木村弥寿彦、西片友樹
主題歌 – コブクロ 『灯ル祈リ』

黒沢兵悟 – 福士蒼汰
佐根村将 – 野村周平
伊達直哉 – 安藤政信
上島哲哉 – 正門良規(Aぇ! group / 関西ジャニーズJr.)
阿久津洋子 – りょう
永宮壮一 – 浜野謙太
皆本麗子 – 片瀬那奈
鏡光一 – 正名僕蔵
大山崇 – 中山義紘

1話ゲスト

海藤武史 – 杉本哲太

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ 『DIVER-組対潜入班-』1話 あらすじ

かつて窃盗や暴力事件の常習犯だった黒沢兵悟(福士蒼汰)は、警察も手を焼くほどの高いIQと判断力、身体能力が認められ、兵庫県警本部長の阿久津洋子(りょう)のもと、秘密裏に結成された潜入捜査官チーム、通称“D班”の一員に。その任務は、暴力団や詐欺集団など、さまざまな犯罪組織に潜入して情報や犯罪の証拠をつかむこと。兵悟は、組織犯罪対策課で捜査の指揮をとる伊達直哉(安藤政信)、闇医者の皆本麗子(片瀬那奈)、ホワイトハッカーの宮永壮一(浜野謙太)らD班のメンバーとともに、多少の犠牲はいとわない、冷酷非道ともいえるやり方で、悪の根源を駆逐すべく、常に命の危険と隣り合わせの潜入捜査を行う。

このところ、兵庫県警の管轄内では、年間被害総額390億円ともいわれる特殊詐欺が多発していた。兵悟は、事件に何らかの形で関与していると思われる闇金会社に潜入。組織の実態をつかむため、闇金会社の社長の海藤武史(杉本哲太)に接触するが……。

その頃、阿久津のもとには、幼い頃から成績優秀、文武両道で防衛大学を首席で卒業し、海上自衛官としてエリートコースを歩んできた佐根村将(野村周平)が訪ねてくる。阿久津からD班に誘われていた将は、ある真相をつかむために自衛官を辞める決意を固める。

(公式HP引用 https://www.ktv.jp/diver/story/01.html)

ここからネタバレあらすじ

黒沢兵悟(福士蒼汰)は、事件になんらかの形で関与していると思われる人物・海藤武史(杉本哲太)の闇金会社に潜入する。

 

海藤は兵悟を警察の回し者ではないかと疑っていたが、次第に信頼し、柏田という男が経営する別会社に紹介。
そこは超一流の大学卒のエリート達を集めた会社で、特殊詐欺のグループだった。
表向けは経営コンサルト会社を装っているが、裏では日本中の闇組織に個人情報を売る名簿屋。

 

名簿は個人情報を扱っている会社の社員に大学時代のコネを使って接触し、裏金や美人局で脅すなどあらゆる手段を使って手に入れた。
手に入れた名簿はアップデート。
銀行員を装い融資の話を持ちかける。
この会話の中でターゲットの家族構成や資産などさらに細かい情報を手に入れる。
アップデートした情報を必要としている闇業者に高額で売りさばく。
これが柏田たちの手口。

 

しかしトップは柏田ではないだろう。
この集団にはカネ主というスポンサーがいる。
カネ主が金を出すことで詐欺をする奴らが集まる仕組みだ。
下っ端を捕まえたところでトップを逃せば、二ヶ月で再生することになる・・・。

 

兵悟は、組織犯罪対策課で捜査の指揮をとる伊達直哉(安藤政信)にガサ入れをするように連絡。
エリート達のオフィスにガサ入れを決行!

 

兵悟は海藤のもとへ走る!
警察のガサ入れで柏田が捕まったことを報告。
すると・・・・海藤は自分があの組織のトップだと打ち明けた。

 

お飾りの柏田が捕まったところで何も痛くない。すぐに再生できる。
海藤は、兵悟に特殊詐欺のグループを再建しないかと誘う。
兵悟を柏田のポジションに据えてやると約束する海藤。

 

海藤が席を外した隙に、兵悟は金庫の金を奪う。
戻ってきた海藤から手荷物も預かる。
「アンタは必要な人だよ。アンタがいなければ俺は存在しない。アンタみたいな悪こそ俺の唯一の存在理由なんだ」
そして窓からダイブ!
同時に警察がやってくる。
海藤逮捕!

 

しかし海藤はすぐに釈放。
現場から何も証拠が見つからなかった。
強力な弁護団もやってきた。
しかし海藤は罪を自白するから釈放して欲しいと刑事達に懇願。

 

釈放後、海藤は何者かに拉致されてしまった。
数日後。海藤は死体で見つかった。

 

伊達は兵悟を問い詰める。
兵悟は現場から証拠を持ち去り、海藤が釈放されるように仕向けた。
海藤が釈放されれば、海藤を雇ったカネ主達が海藤を消しにくる。

 

「俺のおかげで裁判拘置にかかる莫大な金を節約できた」
「お前、心底悪党だな」
「俺は・・・俺は騙す奴を騙して葬るだけだ」

 

昔の記憶を思い出す兵悟。
兵悟の家族は幼い頃に詐欺の被害に遭った・・・?

 

海藤の金庫から奪った金は、被害者に全て返した。
そんな兵悟を粋なことをすると言う阿久津(りょう)
でもやっぱり伊達は兵悟のやり方が気に入らない。

 

阿久津は伊達に、佐根村将(野村周平)を潜入捜査課D班の新メンバーだと紹介する。
元・自衛官のエリートで幹部候補生だった。
「アンタの狙いは何なんだ?」
「現実社会における悪とは何?警察組織は腐敗している。海藤が殺害されようと海藤を使った奴らを逮捕できない。世の中には警察が踏み込めない闇が横行している。そこを潰し強い警察を取り戻す。それが私の使命」

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ 『DIVER-組対潜入班-』1話 感想・レビュー

すごい面白いってわけでもないけど、フツーに楽しめそう。
テンポもいいし軽く見る予定(´・ω・`)

キャストは全員好きなので見続けます。
福士蒼汰くんも『4分間のマリーゴールド』よりいい演技してた。
わたしは彼の大ファンってわけじゃないんですけど、「カイジファイナルゲーム」を見てからゲスい役をじゃんじゃんやればいいと思ってたんですよね。

でもなぜか、福士くんを褒めるとブログに苦情がくるんですよ・・・。
トラウマなのでこれ以上、キャスティングや演技については言わないでおきます😂

内容的には本当にフツーだったw
今までの潜入捜査系ドラマと比べて特に目新しい部分はないし、かと言って面白くないってこともないし・・・🤔
そんな感じで1話の時点ではまだまだ未知です。
放送は全5回ってことなので、風呂敷を広げすぎるってことはなさそうですね😌

そうそう、安藤政信さんの役は今回は普通の人っぽいね!
またサイコ野郎かと思っていたけど、めっちゃまともな警察官だった。
でもまだ油断できない。未満警察の伊勢谷さんパターンもありうる。

まあ、5回しかないし、2話で急におもんなくなっても最後まで見るだろうなぁ😩
わたしは福士蒼汰くん好きだしさ😳←結局w
留学から帰ってきた野村周平くんの成長にも期待\(^o^)/

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ 『DIVER-組対潜入班-』2話 あらすじ

5人の女子大生が相次いで自殺した。匿名の通報により、全員が烏鷺谷(うろや)大学の学生・小野原光生(鈴木仁)が主宰するグルメサークルに所属していたことが分かり、兵庫県警本部長の阿久津(りょう)が伊達(安藤政信)に潜入捜査チーム「D班」での捜査を命じる。兵悟(福士蒼汰)が学生に扮(ふん)して構内を偵察していると、グルメサークルに興味があるという井川エリ(山口真帆)が声をかけてくる。早速、兵悟はエリと一緒にサークルの会合に参加するが、サークルでは、一見、その名のとおり食に関する健全な活動が行われている様子。裏で主宰メンバーたちが暗示にかかりやすい人物を選別していることを突き止めた兵悟だが、小野原の狙いまでは分からない—。 さらに、ある男が兵悟の動きを探っていた。

それは、身勝手な行動が多い兵悟を監視するため、伊達がひそかに送り込んだD班の新メンバー・将(野村周平)だった。このサークルの実態とは…。

(公式HP引用 https://www.ktv.jp/diver/story/01.html)