『DIVER-組対潜入班-』2話ネタバレあらすじ感想レビュー!安藤政信が出てるから見てる。3話あらすじも!

成瀬
こんにちは。成瀬です。

遅くなりましたが、ドラマダイバー2話を見たのでネタバレと感想を書きます!

ドラマ『DIVER-組対潜入班-』感想一覧
1話感想  2話感想  3話感想  4話感想  5話(最終回)

 

スポンサードサーチ

ドラマ 『DIVER-組対潜入班-』基本情報

大沢俊太郎による漫画『DIVER-組対潜入班-』を福士蒼汰主演でドラマ化。
2020年9月22日からフジテレビ系「火曜21時枠」にて全5回予定で放送されている。

トライアル期間中は無料で見れます!

スッタフ・キャスト

原作 – 大沢俊太郎 『DIVER-組対潜入班-』
脚本 – 宇田学
演出 – 宝来忠昭、木村弥寿彦、西片友樹
主題歌 – コブクロ 『灯ル祈リ』

黒沢兵悟 – 福士蒼汰
佐根村将 – 野村周平
伊達直哉 – 安藤政信
上島哲哉 – 正門良規(Aぇ! group / 関西ジャニーズJr.)
阿久津洋子 – りょう
永宮壮一 – 浜野謙太
皆本麗子 – 片瀬那奈
鏡光一 – 正名僕蔵
大山崇 – 中山義紘

2話ゲスト

小野原光生 – 鈴木仁
井川エリ – 山口真帆

 

スポンサードサーチ

ドラマ 『DIVER-組対潜入班-』2話 あらすじ

5人の女子大生が相次いで自殺した。匿名の通報により、全員が烏鷺谷(うろや)大学の学生・小野原光生(鈴木仁)が主宰するグルメサークルに所属していたことが分かり、兵庫県警本部長の阿久津(りょう)が伊達(安藤政信)に潜入捜査チーム「D班」での捜査を命じる。兵悟(福士蒼汰)が学生に扮(ふん)して構内を偵察していると、グルメサークルに興味があるという井川エリ(山口真帆)が声をかけてくる。早速、兵悟はエリと一緒にサークルの会合に参加するが、サークルでは、一見、その名のとおり食に関する健全な活動が行われている様子。裏で主宰メンバーたちが暗示にかかりやすい人物を選別していることを突き止めた兵悟だが、小野原の狙いまでは分からない—。 さらに、ある男が兵悟の動きを探っていた。

それは、身勝手な行動が多い兵悟を監視するため、伊達がひそかに送り込んだD班の新メンバー・将(野村周平)だった。このサークルの実態とは…。

(公式HP引用 https://www.ktv.jp/diver/story/01.html)

ここからネタバレあらすじ

グルメサークルでは、所属した学生たちを薬漬けにして風俗へ斡旋していた。
首謀者は主催者の小野原光生(鈴木仁)とその仲間たち。
小野原の親は政治家のため、サークルから5人の自殺者が出ても大学側は問題にしない。

 

潜入した兵悟(福士蒼汰)に声をかけてきた井川エリ(山口真帆)は小野原の仲間。
新メンバー・将(野村周平)も大学に潜入。
井川エリは兵悟をターゲットに絞っていたが、将は兵悟から強引に井川エリを奪って飲みに行く。

 

将はぼったくりバーに連れて行かれてボコボコにされて帰ってきた。
ボコられながらも、将はぼったくりバーの様子を観察していた。
小野原とサークルの女の子がぼーっとした様子でバーに入って行ったという。

 

サークルは暗示にかかりやすい人間を選別する場所だった。
そしてぼったくりバーに連れて行き、払えなかれば男はボコボコに。女は風俗に沈める。
女性を紹介すればマージンが発生する。その上、薬漬けにすれば女性は警察に通報できない。

 

ボコられながらも、ぼったくりバーの様子を録音していた将。
これでガサ入れができる!
小野原に連れていたかれた女の子もバーに監禁されていた。

 

大学の非常勤講師・橘(山中崇)が協力してくれることになり、兵悟と将はサークル幹部しか入れない部室に潜入することができた。
現金とコカイン入りの飴を入手し、部室を出る。
逮捕状はとれた。

 

翌日。サークルの会合に突入する伊達(安藤政信)たち。
会合では参加者たちが飴を舐めている最中だった。
しかし主催者たちは次々に倒れる。

 

兵悟は会合前に会場に来て、小野原たちの手伝いをしていた。
その時に主催者たちが舐める飴にコカインを塗ったのではないか・・・?
兵悟を疑う将!

 

兵悟たちの舐めていた飴には細工がしてあった。
検査でも出ないような新ドラッグだ。
「だからちゃんと出るようにしないとなぁ」
「お前は人を殺すために潜入をやってるのか」
「お前は何もわかってない。俺らがやってる仕事は危ない仕事なんだよ。狩るか狩られるか。一歩間違えれば死ぬ」
「逮捕だけでよかったはずだ」
「いい家庭に育ったんだな。あいにく俺はそういう家庭には育っちゃいねーよ」

 

兵悟の記憶がフラッシュバック。
「騙す奴と騙される奴。お前はどっちになる?」
幼い兵悟に厳つい男がたずねる。
「俺は騙す側の人間になる!」

 

「命の天秤は何で測る。奴らは何も知らない女性をヤク漬けにし風俗に沈めて、自殺まで追い込んだ。お前は彼女たちの命よりあいつらの命の方が重いと言うのか。お坊ちゃん」
「何がお坊ちゃんだ。勝手に想像してんじゃねーぞ」

 

伊達も兵悟を疑っていた。
しかし兵悟は伊達に聞きたいことがある。
協力者の非常勤講師の橘は小野原たちの共犯だと言う兵悟。
部室に入ったとき、飴は無造作に置かれていた。
あんなに堂々とコカインを置くはずがない。
おそらく、飴をおいたのは橘だろう。

 

化学講師の橘なら検査に引っかからず数時間だけ反応する新しい薬を作れる。
小野原たちに薬を提供していたのは橘。
しかし女子大生が自殺したことを知った橘は、サークルから抜けたかった。

 

だけどそう簡単に抜けれるはずもなく、橘は伊達に通報。
そして自分が怪しまれないために捜査に協力するフリをした。
だが、怪しまれないように咲いたところで、小野原たちが捕まって喋ってしまえばおしまい。
橘は小野原たちを殺そうとした。

 

主催者たちはいつも黄色い飴をなめていた。
彼らは黄色い飴には薬物が含まれていないと知っていたからだ。
あの日。橘は黄色い飴玉に致死量のコカインを入れた。

 

「小野原たちが死ななかったことで橘は戦々恐々かもな」

 

兵悟は小野原たちを殺したのではなく救っていた・・・!!!!

 

兵悟が伊達に知りたいのは、橘の動機。
なんのために小野原たちに協力し薬物を提供していのか?

 

橘の娘は心臓病だった。
海外での移植しか生きる道はない。
治療費は莫大。

 

橘を逮捕しに行く伊達。
橘は言い訳はしなかった。

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ 『DIVER-組対潜入班-』2話 感想・レビュー

1話よりおもしろかった。
ハマケンさんや片瀬那奈さんの本格参入でコミカル度がアップしたね!

まあでも相変わらずツッコミどころだらけだだったよね。
化学講師なら新ドラッグ作れるとかマジかwww
そんな能力あるんなら悪ガキの手下やるよりもっと効率いい仕事ありそうだけど(΄◉◞౪◟◉`)

オイオイって思うところはあるけど、テンポとノリでなんとか見れそう。
というか安藤政信が出てるから見続けようと思う。
なんかよく分からんけど安藤政信出てるから見ようと思うって感じの人多いんじゃないかな😳
わたしのお母さんもそう言ってたわw
ここ最近のドラマでは「あな番」「テセウスの船」とふざけた役ばっかだったんで、まともな安藤さんが見れて嬉しいです。

あと。ゲストの山口真帆ちゃん。棒演技すぎてびっくりしちゃった。
でも顔は結構好きなんだよな(´・ω・`)
これからの成長に期待です←

あ、野村周平くんは好きな感じの野村周平でした♪( ´θ`)ノ
さすが海外で学んだ甲斐があるね!
もともと同年代の中では実力派のイメージだけど🤔

残りあと3話しかないけど・・・福士蒼汰の過去や野村周平や安藤政信の関係などなど全て回収できるのだろうか。
ハマケンさんと片瀬那奈さんのバックグラウンドまでは流石に掘り下げれないだろうね・・・。

 

スポンサードサーチ

ドラマ 『DIVER-組対潜入班-』3話 あらすじ

神戸の中華街で、男が背後から何者かに刺されて死亡した。被害者の飯島洋介(梅原勇輝)は、8年前、遊ぶ金欲しさに高級住宅街に住む女性と幼い子どもを殺害。当時、警視庁で捜査の指揮をとっていた伊達(安藤政信)が飯島を逮捕したが、飯島の親族が警察関係者の天下り先企業の重役であることから、警察は殺人の証拠を捏造(ねつぞう)。飯島は減刑されていた。 飯島がなぜ殺されたのか、一抹の不安を抱いている伊達のもとに、「8年前の事件関係者の家族が相次いで誘拐されている」と情報が入る。

D班のホワイトハッカー・宮永壮一(浜野謙太)が調べたところ、判決を下した裁判官、減刑に導いた弁護士、そして真実を隠蔽(いんぺい)した警察に対し、闇サイトで高額な懸賞金がかかっているという。そして、ターゲットとして伊達の名前も挙げられていた。ひとり娘の亜紀(宮野陽名)の身にも危険が迫っていると伊達が警察による警護を望むも、阿久津(りょう)は、「証拠がない」と非協力的な態度を見せる。警察が事件の捜査に動き出すだけの証拠を見つけるようD班に命じるが、兵悟(福士蒼汰)は、「あんたの個人的な騒動に巻き込まれるなんてごめんだ」と協力を拒否。そんな中、覆面男たちが伊達の家を襲い…。

(公式HP引用 https://www.ktv.jp/diver/story/01.html)