『TWO WEEKS』3話ネタバレあらすじ・感想!サトル死す!倍賞美津子さんとのやりとりに涙!4話あらすじも!

 

『TWO WEEKS』3話見ました。

倍賞美津子さんの登場でグッと面白くなった。
匿う系の話にはありがちな展開でしたがフツーに泣けた。

それでは、そんな『TWO WEEKS』3話を見たネタバレ感想を書いていきます。
(ネタバレだけ感想・レビューだけを読みたい人は目次から飛んでね!)

ドラマ『TWO WEEKS』各話感想
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話(最終回)
 

スポンサードサーチ

ドラマ『TWO WEEKS』とは?

殺人容疑の濡れ衣を着せられた男が、白血病を患った娘の骨髄移植手術までの2週間に及ぶ逃亡劇を繰り広げる姿を描くタイムリミットサスペンス。
カンテレ・フジテレビ系火曜21時枠にて2019年7月16日に放送スタートした。
原作は韓国MBCで放送された韓国のテレビドラマ。主演を三浦春馬が務める。

 

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

原作 – 『TWO WEEKS』(韓国ドラマ)
脚本 – 山浦雅大
演出 – 本橋圭太、木内健人
オープニング – 04 Limited Sazabys「Montage」
エンディング – 三浦春馬「Fight for your heart」

結城大地 – 三浦春馬
月島楓 – 芳根京子
青柳すみれ – 比嘉愛未
有馬海忠 – 三浦貴大
青柳はな – 稲垣来泉
角田智一 – 近藤公園
乾大輝 – 鈴木仁
葛城茂 – バッファロー吾郎A
岩崎恭二 – 神尾佑
間宮裕 – 久保田悠来
ホンダ – 玉置玲央
灰谷 – 磯村勇斗
相良サトル – 森永悠希
小池夏美 – 原沙知絵
久留和保 – 池田鉄洋
柴崎要 – 高嶋政伸
久我早穂子 – 黒木瞳

 

スポンサードサーチ

ドラマ『TWO WEEKS』3話 あらすじ

雑木林で警察に追い詰められた結城大地(三浦春馬)は、謎の男・灰谷(磯村勇斗)に窮地を救われる。傷を負いながらも、なんとかその場から逃げ出した結城は、やがて一人暮らしの老女・北村義江(倍賞美津子)の家にたどり着く。結城の顔を見て、世間を騒がせている逃亡犯だと気づいた義江は……。

そのころ、結城の行方を追っていた月島楓(芳根京子)は、雑木林で灰谷に遭遇し、見覚えのあるその顔に表情が凍りつく。一方で警察は、何者かに結城の捜索を妨害されたことから、逃亡を手助けする協力者の存在を疑い始める。

移植手術を控える結城の娘・青柳はな(稲垣来泉)の看病をしていた青柳すみれ(比嘉愛未)は、結城が殺人を犯し、そのうえ護送車から脱走したというニュースを知り、がくぜんとしていた。助かるはずだった娘の命が再び死の危機にさらされ、絶望の淵に沈むすみれ。するとそこへ、警察の追手から逃げる結城から電話が。憤りを抑えきれないすみれに対し、結城は「俺の無実を証明する証拠を必ず見つける」と約束。

今回の事件の鍵が、殺された柏木愛(立花恵理)のデジカメに隠されていると悟った結城は、同居人のサトル(森永悠希)に連絡をし、受け渡しのために会う約束をするがー。

(公式ホームページ引用 https://www.ktv.jp/twoweeks/index.html)

ここからネタバレあらすじ

「助けてくれたのか?」
結城の問いに、謎の男・灰谷は答えず、いきなりナイフで攻撃してくる。
「デジカメはどこだ?柏木愛のデジカメはどこにある?言わなければ・・」
灰谷はデジカメを探しているらしい。結城は喉元にナイフを突きつけられる。

 

しかし運よく寄りかかっていた木が倒れ、2人は転げ落ちる・・・。
灰谷が気絶しているうちに、結城は逃亡する。

 

結城は傷を負いながらも一人暮らしの老女・北村義江(倍賞美津子)の家にたどり着いた。
義江は結城が世間を騒がせている殺人犯の逃亡者と気がつき怯えるが、心臓に病のある義江を気遣ってくれたことで心を開き始める・・・。
義江は結城の行方を追っている警察を追い払い、結城をかくまった。

 

しかしその夜、義江の心臓の病が悪化。発作が起こる。
結城は追われている身にも関わらず、義江をおぶって近所のクリニックへと駆け込んだ。

 

結城の行いを見てきた義江は、結城の「殺していない」という言葉を信じて、結城に逃げるように告げる。

 

「息子の洋服があるからそれを持ってくといい。捨てられなくてとっといたんだ。息子はちょうどあんたと同じくらいだ。それと、タンスの奥に少しだけ蓄えがある。・・・やってないんだろ?信じるよ。あんたは生きるんだ。生きてさえすればどうにかなるさ

 

義江の息子は亡くなっていた・・・。
結城は義江の息子に線香を供え、【お金は、必ず返します】という書き置きを残し、逃亡を続ける。

 

一方、楓は雑木林で遭遇した灰谷の顔に見覚えがあった。
柴崎のデータを調べると、灰谷は柴崎に関わりがある人物だと分かった。
楓は、デジカメを奪うために灰谷は結城に近づいたのだと考える・・・。

 

結城はすみれに電話をかけて、
逮捕されたままだとドナーになれない。もう一度逮捕されたら病院にいけなくなることを伝える。

 

「俺は確かにクズだけど、娘と呼べなくても父親だと認められなくても俺がいないと、手術が受けられないのに、はなを見殺しにすると思うか?・・・これだけは信じてほしい。俺は殺してない・・俺が無実だっていう証拠を必ず見つける・・・心配するな、手術の日には病院に行くから

 

結城はそう告げて電話を切る。

 

有馬は、結城が店長を務めていた質屋の店員から、結城が事件前に女性と会っていたことを聞く。
その女性の服装から、有馬は結城が会っていたのはすみれなのではないかと勘づく・・・。

 

その頃、楓は事務官の隅田に過去の出来事を話していた。
8年前、楓の父親は楓の目の前で柴崎に刺された。
しかし自首して裁かれたのは柴崎でなく、結城大地だった・・・!

 

楓は事実を訴えたが、父が刺されたショックで頭がおかしくなったと誰も信じてくれなかった。
楓の父は刺された二年後に意識を取り戻すことなく亡くなり、母もふさぎ込むようになった。
楓は柴崎によって家族を壊されたのだと、柴崎を恨んでいる。

 

そして楓は、法を味方につけて柴崎の悪事を暴くため、検事となった。
しばらくは独自で柴崎を追っていたが、そんな時に柏木愛が殺されたのだ・・・。

 

相棒である事務官に事情を話し、楓は「あいつらを裁く!」と決意を固める。

 

楓は柴崎に接触し「柏木愛のデジカメ私が持ってます。必要でしたら証拠の映像コピーして差し上げましょうか?」と持ちかける。
しかし柴崎には通用せず「じゃあ教えてもらおうか?証拠ってなんだ?俺にカマかけようってか。お前も持ってない。ご苦労さん」と。

 

楓は柴崎の言葉を聞き逃さなかった。
「お前も持っていない。柴崎も持っていない」
柴崎がまだデジカメを取り戻してないことが分かった。

 

一方、結城は灰谷との一件で、今回の事件の鍵は殺された柏木愛のデジカメに隠されていると悟った。
同居人のサトルに連絡をし、受け渡しのために会う約束をする。
「待ち合わせはあの場所。それとデジカメの他に持ってきてほしいものがあるんだ」

 

結城はサトルを自分たちが育った養護施設に呼び出した。
しかしサトルは有馬たち警察にマークされていて、後をつけれていて・・・。

 

養護施設に着いた結城はサトルを探すが、サトルは血を流して倒れていたーーーーー!
そして結城の背後に人影が忍び寄る。灰谷だ。

 

「サトル!!!」

 

結城の叫び声を聞いて、警察が中の様子を伺いにやってきた。

 

灰谷はサトルに寄り添う結城を襲おうとしていたが、警察の来る気配を察知し、一旦身を引くことに。
結城も警察が来るのを恐れ、サトルの持ってきてくれたぬいぐるみを持って逃げる・・・。
だが、結城は逃げる途中に有馬とぶつかってしまい・・・・!!!!

成瀬
こんな感じだった。

まさかのサトル死す。
2話でちょっと疑っちゃってごめんね。
サトルは最後までアニキを信じてくれてたんだね。
灰谷まじ許さん。

 

スポンサードサーチ

ドラマ『TWO WEEKS』3話 感想・考察

結城が逃亡中に出会った義江さん(倍賞美津子さん)とのやりとりが素敵で、心温まった3話でした。
やっぱり分かる人には分かるんだな〜と。
身近い間でも結城とのやりとりで「この子はやってない」と思ってくれたことが嬉しい😭

「俺は確かにクズだけど」と、自分のことをクズだと思ってる結城くんのことを信じてくれてわたしは嬉しいよ。
義江さん本当にありがとう。
誰目線って感じだけど本当にありがと。

こういう話には弱いんだよね・・・匿う系の話にはよくある展開ですよね。

サトル死す

「サトルどっかで見た顔だな〜」と思ってましたが、ボイスでサイコパス彼氏を演じてた森永悠希くんじゃないか!
ボイスでは悪いヤツでしたが、サトルはいい子でした。

最後までアニキを助けようとしてくれてたのに殺されちゃうなんて・・・かわいそすぎる。

まじで有馬たちは役立たずだな。
なんのためにそこで見張ってたんだよ。

灰谷が1番悪いけど、警察もクソ!
磯村勇斗は好きだけど灰谷は簡単に人殺しちゃうからダメ。

成瀬
と、まあ3話も面白かったです。
次週も春馬くんが怪我せず逃げれることを応援します!

 

スポンサードサーチ

ドラマ『TWO WEEKS』4話 あらすじ

唯一の証拠は柴崎(高嶋政伸)の手の中に!? 楓(芳根京子)は結城(三浦春馬)が逃亡を続ける真の理由に近づくが、はな(稲垣来泉)には魔の手が忍び寄り……!?

8年前と同じように、柴崎(高嶋政伸)が自分に殺人の罪を着せたのだと確信した結城(三浦春馬)は、自らの濡れ衣を晴らすために、殺された愛(立花恵理)が持っていたデジカメをサトル(森永悠希)から回収しようと考える。しかし、待ち合わせ場所で目にしたのは、幼いころから兄弟のように育ったサトルの変わり果てた姿だった――。 第4話
灰谷(磯村勇斗)がサトルを殺してデジカメを奪ったと考えた結城は、柴崎を追い詰めるための手立てを失い、途方に暮れる。そんな中、一夜を過ごした公園で、結城は若者たちに絡まれている春川(柿澤勇人)を助ける。住居を転々としながら生活をする春川の手助けを受けた結城は、はな(稲垣来泉)のために何とか逃げ切ろうと、手術の日まで人目につかない離島に身を潜めようと考えるが……。

そのころ、結城が8年前に結婚を考えていたことを知った楓(芳根京子)は、婚約者だったすみれ(比嘉愛未)の存在にたどり着く。さらに、入院中の娘の年齢が8歳だと聞き、父親が刺殺された事件との因縁を感じた楓は、真実にたどり着けそうだと早穂子(黒木瞳)に報告。しかし同じころ、柴崎もまた、すみれの居場所を突き止めていた。

一方、結城の身辺を調べていた有馬(三浦貴大)は、結城に接触したという女性がすみれで、結城こそが、はなのドナーなのではないかと疑いを抱き始め……。

(公式ホームページ引用 https://www.ktv.jp/twoweeks/index.html)