【けもなれ】ドラマ『獣になれない私たち』8話感想・考察と9話あらすじ。晶が恒星にお姫抱っこされる‥!橘カイジの誰?

 

『けもなれ』各話感想はこちら。

けもなれ8話、やっと面白くなってきました。
6話、7話とグダグダ同じことの繰り返しで全く話が進まず正直つまんないと思ってましたが(主に7話)8話で全て吹っ飛んだ。

ドラマ『獣になれない私たち』とは

10/10にスタートした日本テレビ系のドラマ。毎週水曜午後10:00〜11:00放送。
気配り上手で誰からも愛されるが本音が言えない新垣結衣演じる深海晶が、行きつけのクラフトビール店で松田龍平演じる根元恒星と出会ったことで始まるラブスかもしれないトーリー。

 

 

 

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

脚本 – 野木亜紀子
主題歌 – あいみょん「今夜このまま」

キャスト
深海晶- 新垣結衣
根元恒星-松田龍平
花井京谷- 田中圭
長門朱里- 黒木華
橘呉羽- 菊地凛子
花井千春- 田中美佐子
九十九剣児-山内圭哉
松任谷夢子- 伊藤沙莉
上野発- 犬飼貴丈
タクラマカン斎藤-一ノ瀬ワタル

 

 

スポンサードサーチ

『けもなれ』8話のあらすじ

恒星(松田龍平)は、呉羽(菊地凛子)の夫でヒットゲームクリエイター・橘カイジの会社の上場を手伝うことを決めるが、打ち合わせを何回も直前にキャンセルされていた。
それを聞いた晶(新垣結衣)は、「呉羽が乗り気なだけで、本当はカイジは恒星を意識していて会いたくないのではないか?」という仮説をたてる。

遂に晶は、ツクモ・クリエイト・ジャパンの業務改善に向けて積極的に動き出した。
社長の九十九(山内圭哉)にスタッフを増やすことを提案すると思いの外あっさりと採用を任され、はりきる晶。
そして…面談の日にあらわれた応募者は、京谷(田中圭)の元彼女・朱里(黒木華)だった!

一方、会計監査の仕事中の恒星に一本の電話が。
それは、行方不明中の兄・陽太(安井順平)が酔っ払いの財布から金を盗もうとして警察に捕まったという連絡だった。
処分が決まるまで自分の事務所に連れてきた恒星だったが、目を離した隙に陽太が事務所から逃走!
恒星は晶に、自分がなぜ兄のことが大嫌いなのか、2人の間に起こった過去の出来事を話しはじめる…(公式ホームページ引用

 

 

ネタバレを含みますので未視聴の方は注意してください。

『けもなれ』8話感想・考察

8話は今まで全話通して1番テンポよかったかも。
ずっと気になってた恒星と兄の問題や橘カイジの登場など待ち望んでいたシーンを一気に公開。そして前半の晶と朱里のやり取りも面白かった。大満足でした。

晶と朱里問題

予告映像で朱里が晶の会社へ面接に来たのを見て大丈夫かこいつと思ってました。
ですが思ったよりうまくいってる様子で安心した。

出勤初日から遅刻など普通の会社だったら即クビであろう行動をする朱里へ親身に寄り添ってサポートする晶はさすが特別チーフクリエイターでした。
上野くんの口から「僕よりダメな人がいるってホッとしましたよ」なんて言葉が出るなんて朱里さん手怖すぎる。

朱里が京谷にお土産を渡すシーンは爽快でした。
驚く京谷の顔を見た直後、晶と朱里が顔を見合わせて笑う姿は微笑ましかった。

色々あったし視聴者として朱里のこと「頭おかしい人」「厄介な女」としか思えませんでしたが全て吹っ飛んで『よかったね』という感情が湧いてきた。
朱里にはこの機会を活かして社会復帰頑張ってほしいです。晶には迷惑かけたし感謝しかないけどこれからも朱里をよろしく。

監視カメラ前で踊り狂う松任谷さんと上野さん

晶の会社内では社長の一存でオフィスに監視カメラを付けられています。
オフィス内を監視されるので社員からは不満の声が上がっていますが松任谷さんは「私、もう慣れた」と。

監視カメラで踊り狂うシーンはお腹よじれそうなくらい笑った。
松任谷さんの真似して一緒に踊る上野も面白いしこの2人のコンビ好きすぎる。

橘カイジついに登場!

橘カイジがやっと登場しました。

え‥‥
想像してたのとだいぶ違う

演じてたのはお笑い芸人のずん・飯尾和樹さんでした。

もう少しスタイリッシュでモード系想像してたので飯尾さん出てきた瞬間面食らった。
でもまあゲームの開発者ってこんな感じか。
呉羽が好きになった相手だからハードル上げすぎてたわ。

呉羽のことを「くれちん」って呼んでるところもイメージと違いすぎて衝撃でした。
でも一緒にいたら楽しそうな人ですね!

恒星のお兄さん問題

3話で「大っ嫌いな兄貴と似てるから晶が嫌い」と言っていた恒星さんですが
そのお兄さんがやっーと出演でやっとの伏線回収。ここまでが長くて途中見るの止めようかと思った。

恒星は小さい頃から優等生の兄にコンプレックスを抱いていた。

その兄が継いだ実家の会社が震災の影響で潰れて借金を負ってしまう。

「俺に助けられた兄貴の顔みたい」という理由で兄の借金を肩代わり。

兄はプライドが傷付き嫁と子供おいて失踪。

と、根元兄弟の間にはこういう確執がありました。

行方不明中の兄が酔っ払いの財布から金を盗もうとして警察に捕まり恒星が身元引き受け人になることに。
このことをきっかけに恒星は兄との出来事考えることになります。
内部告発をしてきた大隈、橘カイジとの件、そして晶のおかげでこじらせた兄弟間を改善できたんじゃないかなと思います。

「誰に怒ったらいいかわかんないからお互いに向き合って怒るしかないんだって」
と恒星なりに結論を出しました。

兄と互いに言いたいことを言い合って喧嘩する姿は子供みたいで本当にこの兄弟喧嘩したことなかったんだな、と思った。
あと「話飛ばしてんじゃねぇ。次は高校の時の話だろ」「オヤジ繋がりだ」には笑いました。

恒星は3話で晶にお兄さんのことを
「嫌い嫌いも好きのうちとは言うけど本当にこの世で1番大っ嫌いだった」
と言っていましたがそこまでじゃなくて安心した。

恒星の言葉のセンスが好きすぎる

前から思ってたけど恒星さんの言葉のセンス好き。
8話は光ってたよ。

「オオカミ?むしろひつじでしょ」

「旧消費税くらいの確率はある」

などの発言にはジワジワきた。

晶と恒星

兄の件がひと段落ついた恒星。
『兄弟対決』のためにボードゲームを差し入れに持っていた晶に
恒星は兄貴はもういないから「恒星と晶対決しよう」と誘います。

え、これって普通にいい感じじゃない?
晶のおかげでお兄さんとのこと考え直せた部分もあるし‥。

と思ってたら晶は酔っ払って寝てしまい、恒星にお姫様抱っこされてベッドに寝かされます。
こ、これは‥!

恒星は橘カイジと会った感想を晶に「あれは呉羽と気が合うわ」「俺呉羽のこと好きだったんだな」と言ってました。
直接カイジと会ったことで呉羽とのことを過去のことだと折り合いをつけれたんじゃないかなーと感じました。

晶は7話で京谷と別れてるし、そろそろラブが始まる感じが‥。

 

 

スポンサードサーチ

『けもなれ』9話のあらすじ

晶(新垣結衣)が業務改善を進めた結果が出始め、ツクモクリエイトジャパンの雰囲気はどんどん良くなっていた。
松任谷(伊藤沙莉)と上野(犬飼貴丈)も仕事の結果がだせるようになり、
入社した朱里(黒木華)もSEチームとなじんでいる。
そんな中、社長の九十九(山内圭哉)が今度は晶を『営業部の特別チーフクリエイター部長』に昇進させることを発表。
その代わり、今まで晶がやっていた細々とした業務は全て新人の朱里が「社長秘書」としてやることになり、驚く社員一同。
晶と朱里はとまどう。

恒星(松田龍平)と呉羽(菊地凛子)の5tap前でのハグ写真が週刊誌に掲載された。
橘カイジの妻として話題の呉羽の過去の恋愛関係がどんどんほじくり返され、
みんなのオアシスだった5tap前にも記者が張り込むようになってしまう。

夫の葬儀などがようやく落ち着いた千春(田中美佐子)が京谷(田中圭)のマンションに突如遊びに来る。
そこで鉢合わせたのはとっくに別れたと聞いていた朱里!
朱里はなんとかマンションを抜け出し晶の部屋に逃げ込むが、そこにも千春が訪ねてきて…。(公式ホームページ引用)

晶と恒星がいい感じになってきたと思ったら恒星と呉羽がスキャンダルされちゃうみたいです。
『橘カイジの妻として話題の呉羽』って‥橘カイジってそんなに有名人なんですね。
週刊誌に乗るほど有名だとは思わなかった。

そして千春さんと朱里が鉢合わせとか京谷さん引っ越したって伝えときなよ‥。
と、9話もあらすじ読むだけで楽しみな展開なので今からワクワクです。