【はじこい 】『初めて恋をした日に読む話』10話(最終回)ネタバレ感想・考察。ハッピーエンドでロス確定!

 

はじこい感想一覧はこちら。1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話

 
ついに『はじこい』最終回でした😭😭😭

見てるだけで幸せだったはじこいがついに終わってしまった……。
これから先何を楽しみに生きていけばいいのか😩

paraviさん雅志のスピンオフ作ってくれないかな〜🤔💕

 

ドラマ『初めて恋をした日に読む話』とは?

持田あきによる漫画『初めて恋をした日に読む話』を深田恭子主演でドラマ化。
TBS系列で火曜午後10時から放送。1月15日にスタートした。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スタッフ・キャスト

原作 – 持田あき 『初めて恋をした日に読む話 』
脚本 – 吉澤智子
演出 – 福田亮介
主題歌 – back number「HAPPY BIRTHDAY」

キャスト
春見順子 – 深田恭子
八雲雅志 – 永山絢斗
由利匡平 – 横浜流星
山下一真 – 中村倫也

勅使河原勉 – 髙橋 洋
西大井司 – 浜中文一
江藤美香 – 吉川 愛

エンドー – 永田崇人
ナラ – 堀家一希
カブ – 櫻井圭佑
木佐 – 若林拓也
今井桃 – 加藤小夏
田島さくら – 黒崎レイナ
春見 正 – 石丸謙二郎
由利菖次郎 – 鶴見辰吾
松岡 美和 – 安達祐実
ゴリさん – 皆川猿時
梅岡 道真 – 生瀬勝久
春見しのぶ – 檀ふみ

 

『はじこい』10話(最終回)あらすじ

匡平(横浜流星)の東大二次試験当日、交通事故に遭ってしまった順子(深田恭子)。
雅志(永山絢斗)は順子の事故を知り、ロシア行きが決定する大事なレセプションを投げ出して順子の元へ…。
匡平は、美和(安達祐実)からの電話で順子の状況を知り激しく動揺するが、目の前の試験に挑む道を選ぶ。

果たして順子の運命は…。そして東大受験と恋の結末は!?

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/hajikoi_tbs/)

 

 

『はじこい』10話(最終回)感想・考察

とりあえず、もしかして順子死ぬんじゃね?という心配は杞憂だったようだ。
まあフツーに考えてはじこいで誰か死ぬはわけがないよね〜

※感想を書く上で重要なことをポイントでネタバレしてます。
ドラマをまだ見てない人はネタバレ注意してください。

ざっくりネタバレ

  • 順子は視聴者の心配をよそに、ドラマ開始5分で意識を取り戻す。
    「もう死ぬかも」と思ったときに浮かんだのはユリユリだったと、ユリユリの存在の大きさに気づく。
  • 一方、交通事故に遭った順子のもとに駆けつけるよりも、受験を受けることを優先したユリユリ。
    「春見じゃなくて受験を選んだ。選ぶってことは捨てるってことだ、って前に晴見が言ってた。そう思われてるかもしれない。電話もないし」と、受験の合否並みに順子のことで頭がいっぱいの様子だった。
    ズルズル入院中の順子に連絡できじまいでいた。
  • 雅志は、ロシア行きが決定する大事なレセプションを投げ出して順子の元へ向かったため、ロシア行きはおじゃん。部署も異動になるかもということ。
    しかし本人は「後悔せずに済んだからよかった」と全く後悔していない。その上「順子とのこと考えたらロシア行き無くなってよかったかもな、これで何ヶ月でも何年でも返事待てるし」といきなりポジティブに。
  • 順子の退院前、お見舞いに来た雅志。
    順子「いつだってどんな時だって雅志は私の味方でいてくれた。
    雅志がいたからやってこれた。
    受験の時は、雅志も頑張ってるんだって、お母さんとのことも、雅志だけはわかってくれてたから、それで救われた。受験に失敗しても、就活失敗しても、婚活に失敗しても、雅志はずっと変わらないでいてくれた。
    ……変わらずそばにいてくれることがどんなにすごいことなのか、私いま、やっと分かった。」
    雅志「好きな人ができたからか?」
    順子「私、雅志のこと好きだよ。
    けど、恋とか結婚とかの好きじゃない。ごめん。本当にごめんなさい。」
    雅志「分かってたよ、そんなの。
    けど、きちんとフラれないと踏ん切りつかないから。
    ごめんな、困らせて。よかった、初めて好きになったのが順子で。
    二十年間ずーっと順子の近くで笑ったり泣いたりできてよかった
    順子のいうトキメクやつ、し放題でチョー幸せだった」
    こうして雅志はフラれた。
  • 東大合格発表日。
    塾で生徒たちの合格報告を待つ順子だったが、ユリユリは現れなかった。
    その帰り道で、ユリユリが全速力で走ってくる。
    「俺!東大に合格した!」
    どうやら、順子が退院をしたことを知らなかったらしい。
    「結婚なんかすんな、しないでくれ。俺は」
    ユリユリはそのまま順子に思いを伝えようとするが、順子はユリユリのことを思い、雅志と結婚すると嘘をつく。
    「私、あの時試験を選んだユリユリのこと…ユリユリのこと、誇りに思う」
  • ユリユリは順子にフラれたと思い、虚脱した日々を送っていた。
    そんな時、ユリユリの元に山下から連絡が入り、順子が雅志と結婚していないことを知る。
    急いで順子の元に走るユリユリ。
    ユリ「真剣に答えて。俺のこと好きか?はいかいいかで。はぐらかすな嘘もつくな」
    順子「はい…でも、つき合うことはできない」
    順子は年齢のことやこれからのユリユリのことを考えて、交際を拒否。
    ユリユリは涙ながらに順子へ「さよなら、春見先生」と別れを告げる。
  • 西大井と美和の婚約パーティーが開かれた。
    順子や雅志、エトミカや梅岡塾長も集まった。
    そこで、元気のない順子。ユリユリのことで悩んでいるのだと悟られ、雅志や塾長、そして遅れて登場した山下に後押しされ、順子はユリユリの元へ。
    「ごめん、やっぱ間違えてた。わたし、カラオケは小室ファミリーから昭和に遡るけどいいの?腰弱いし、傷跡なかなか治らないし寝不足だと老けるけどいいの?卒業する頃、わたしアラフォーだよ。ユリ・ゲラーとか知らないでしょ。ていうか、結婚するなら1つなる早でお願いしたいんですけど」
    と逆に告白。
    順子「確認だけど、本当に本当にわたしでいいの?」
    ユリ「春見がいい。春見じゃなきゃダメだ。何回言わせるんだよ」
    こうして2人は結ばれて、ハッピーエンドで終わった。

こんな感じだった。

順子は、全てを投げ出してまで順子の危機に駆けてつけた雅志よりも、ユリユリをとりました。
予想通りだけど雅志さん最後まで報われなかったね

でも雅志推しのみなさんも満足な結果なのではないでしょうか。
雅志ってこんな扱いだからこそ魅力があるんだよ😌😌💕💕

まあちょっと雅志ルートも見てみたくはあるけど。
乙女ゲームみたいにアナザーストーリー作ってくれないかな〜😌
paraviさんお願いします💕
(まるで雅志推しを代表するかのような書き方ですけど、わたし山下推しなんだけどね)

やっぱりユリユリエンド

2話あたりからすでにユリユリエンドしか見えてませんでしたが、案の定ユリユリエンドだった。

山下推しを公言しているわたしですが、もちろんユリユリのことも大好き。
今まで書いてきた各話感想を読んでもらえればお分かりかと思いますが、もはや3人とも推してました。

ということで、ユリユリエンドも大満足。
このハッピーエンドには、胸キュンの嵐だった。

雅志と結婚をすると嘘をついてまで、ユリユリを遠ざけていた順子。
年齢のこともあって自分に自信がなかったんだと思う。
そんな順子が、最後に勇気を出して自ら決断をしたことが、意味のある最終回だったんじゃないかと思う。
「大人になったら迎えに行くぜ」的な最終回より満足な終わり方でした😌💕

成瀬
「ユリユリがわたしの歳の時、わたし50だよ」には吹いた😂

けど、50歳でも深キョンなら絶対可愛いから大丈夫!

『初めて恋をした日に読む話』全話通しての感想

全話を見終えての感想や個人的な満足度を書きます。

評価 100点満点中85点

毎週楽しみに見させてもらいました。
ドラマとは肩の力を抜いて深く考えずに見るドラマとしては最高だった。
事件解決モノが多い今期の中では癒しと言える火曜10時でした😌

まず、逆ハーレムドラマで全員推せるという幸せ。
誰とくっついても満足という幸せ。
見ているだけで幸せという幸せ。
とにかく幸せの3ヶ月だった😭😭😭💕💕💕💕

「はじこい」を産んだ原作者の持田あきさん、神キャストの皆さんには感謝です😌💕

成瀬
順子とユリユリはもちろんのこと、雅志の幸せもわたしは祈っています😌