【らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜】1話ネタバレあらすじ感想レビュー!ストーリーと犯人が分かりやすいw2話あらすじも

 

成瀬
どうもこんにちは。成瀬です。

やっと【らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜】1話を見たのでネタバレと感想を書きます!

ネタバレだけ感想だけを読みた人は目次から飛んでください☆

【らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜】各話感想
1話 2話 3話 4話

 

スポンサードサーチ

【らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜】基本情報

『ビッグコミック増刊号』にて2012年6月17日号から2015年10月17日号まで連載されていた『らせんの迷宮-遺伝子捜査-』を田中圭主演で連続ドラマ化。

放送開始日 2021年10月15日
放送枠 テレビ東京系列「金曜8時のドラマ」
公式HP https://www.tv-tokyo.co.jp/rasen/
配信 U-NEXTティーバー

スタッフ・キャスト

原作 – 夏緑(原作)、菊田洋之(漫画)『らせんの迷宮-遺伝子捜査-』
脚本 – 黒岩勉、酒井雅秋、福田哲平
監督 – 岩本仁志、西村了、松永洋一
オープニングテーマ – TOMORROW X TOGETHER「Ito」
主題歌 – BTS 「Stay Gold」

神保仁 – 田中圭
安堂源次 – 安田顕
乱原流奈 – 倉科カナ
瓜生夏樹 – 中田圭祐
安堂瑞希 – 古川凛
栗原四郎 – 渡辺いっけい
馬場ゆかり – 松坂慶子

 

スポンサードサーチ

【らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜】1話 あらすじ

都内で、遺体に「X」の痕跡を遺す殺人事件が発生する。事件を担当するはずだった刑事・安堂源次(安田顕)は捜査から外された。かつて自身の妻が被害者となった連続殺人と同じ犯人の可能性が高いからだ。そこで捜査本部には内密に、天才科学者と云われる神保仁(田中圭)に捜査の協力を要請する。事件の解決に全く興味を示さない神保。何よりその奇想天外な行動と言動に源次は振り回される。しかし徐々に息の合い始める二人。そして二人の孤独なDNA捜査は、捜査本部も気づかなかった「ある痕跡」を見出す。そんな中、「殺人鬼X」による更なる殺人が起きてしまう…。

(公式HP引用 https://www.tv-tokyo.co.jp/rasen/)

ここからネタバレあらすじ

神保(田中圭)は、10年前の連続「X」殺人事件のうち、女子大生が被害者のもののみ模倣犯の可能性を指摘する。

 

そんな中、乱原(倉科カナ)が最新の分析装置で検査し直した結果、10年前の連続X殺人事件すべての証拠品から新たなDNAを検出することに成功した。しかもそれらのDNAがすべて一致した。

 

不自然な捜査進展を疑問に思う神保は、安堂(安田顕)、乱原、医療機器メーカー社員・楠田綾香(小野ゆり子)を食事に誘う。
スナック「ゲ呑ム」のママ・馬場ゆかり(松坂慶子)に頼んで、神保はコッソリ楠田のDNAを採取した。

 

女子大生殺人事件の犯人は楠田だった。
楠田のDNAと被害者の女子大生の爪に残されたDNAが一致した。
楠田と女子大生はバイト先が一緒だった。
ある日、楠田は被害者の女子大生が援助交際をしているところを目撃してしまう。
内緒にしておくこと約束したが、そのあと大学で噂が広まった。
被害者は楠田が噂を広めたと勘違いして公園に呼び出した。
もみ合いになった結果、女子大生は絶命。
パニックになった楠田は当時話題になっていた「X」殺人事件を模倣した。

 

当時からDNAの知識があった楠田は、任意で提出したDNAを他人のものとすり替えた。
楠田は大学を卒業後、医療機器を扱う仕事に就職し、科捜研に出入りするようになった。
女子大の爪に残されたDNAはまだ残っている。機会があればデータ改ざんを試みようと思っていた。

 

ところが、乱原が10年前の事件を再び調べはじめているのを知って慌てて対処しないといけなくなった。
そこで検査中の増幅キッドに全く赤の他人のDNAを混入させたのだ。

 

神保は楠田に自首を勧める。
安堂に自首をすると連絡して欲しいと言って出て行く楠田。
しかしその直後、楠田は殺害されてしまう。
亡くなった楠田の手には神保の髪の毛が握られていた。

 

事情聴取後、神保はすぐに帰れたが、これはXからの宣戦布告だ。
DNAを悪用するなんて許せない。
神保は「他のDNAから必ず犯人を見つけてみせます」と安堂に意気込む。

 

根気強くDNAを解析した結果、ついに犯人を突き止めた神保。
しかし神保に拉致されてしまう。
真犯人ーーーXの正体は連続殺人事件の被害者遺族・弓塚明紀(平岡祐太)だった!!!

 

現場のドロから検出したDNAと弓塚の家のキノコの成分が一致したことから、神保は弓塚を真犯人だと突き止めた。

 

弓塚が最初に殺したのは父親。
殺害理由は怨恨と遺産目当て。
父親は親の遺産がたっぷりあり金は持っていたが、DVで母親にも逃げられ、弓塚にも暴力を振るっていた。
幼い頃から「ダメだ」と言われ続けていた弓塚は、最後にバツのつもりで父親に「X」を刻んだ。
父親を殺した後は、その興奮がやみつきとなり殺人を続けた。

 

被害者遺族として出会った刑事の安堂は、弓塚を励ましてくれた。
「気持ちが分かる」と言われたので、本当に分からせるために、安堂の妻も殺した。
その直後に模倣犯が出て女のDNAが検出された。
これで弓塚は安全圏となった。それから10年間、海外でテキトーに暮らして、金がなくなったので帰国。

 

帰国した弓塚は、テレビで「DNAは嘘をつきません」と言っている神保を見た。
神保の言葉で火がついた弓塚はもう一度殺人をはじめた。
女装して殺人をすると女の目撃情報が出た。
いいタイミングで模倣犯もシッポを出した。
10年前の事件のDNAが検出されたと安堂に聞いてすぐに嘘だと分かった。
真相を探ろうと神保の大学で聞き耳を立てていると、神保が楠田に自首を勧めていた。

 

自首直前の楠田を窓から突き落とし、神保の髪の毛を握らせた。
飛び降り自殺に見せかければ罪を全てなすりつけれる。
ペラペラと真相を自供した弓塚。
最後に神保を殺害しようとするが・・・安堂が現れた!

 

弓塚は安堂を挑発。
「女房をぶっ殺した時、本当は娘も殺してやろうと思ってたんだ。でもやめたよ。その方がお前が苦しむと思ったからね。分かるよ、あんたの気持ち。俺のことぶっ殺したいんだろ。女房がされたようにしたいんだろ」

 

煽られた安堂は「ああ、ぶっ殺してやるよ」と凶器を握る。
「あなたはそんな人じゃないはずです」
「俺はこういう人間だった。俺のDNAは猛獣型の性格だってよ!ずっとコイツをぶっ殺したいって思ってた」
「アキさんはそんなことを望んでないはずです」
「殺された人間の気持ちまでDNAで分かるってか?」
「分かりません。でも分かります、勘です。DNAが全てじゃないって教えてくれたのはあなたじゃないですか。瑞希さんの元に戻りましょ」

 

安堂を煽り続ける弓塚。
しかし安堂は挑発には乗らず、弓塚を逮捕した。

 

ちなみに安堂が神保の居場所が分かった理由は、神保のPCのパスワードを当てて神保が直前まで見ていたマップの位置を特定したから。

神保のPCのパスワードは神保のDNA型だった。

スポンサードサーチ

【らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜】1話 感想・レビュー

どう見ても怪しいヤツが犯人でした(΄◉◞౪◟◉`)

しかし特に真新しさは求めていなかったのでよし。
この枠でこのメンバーなのでこんな感じのドラマだと思ってました。

火サスとか科捜研寄りの話でしたね。
こういうのは事件内容より、バディのバックボーンや信頼関係が重要なので事件内容についてはツッコまないでおきますw

ヤスケンさんの演技がとてもよかった。
少々オーバーだけども昭和のよきオッさん感が漂ってて好き。
奥さん亡くなったところと最後のシーンはジーンときました。

最後、犯人に煽られてカっとなって殺そうとするも相方に止められるシーン。
めちゃくちゃベタだけど泣きそうになった(΄◉◞౪◟◉`)
猛獣系と変人系って・・・いいコンビよな🤦‍♀️

だけど主役の2人の演技がムリな人は脱落でしょうね。
めっちゃ面白いってほどのドラマでもなかったし😩

科捜研とかを好きな年齢層高めの人をターゲットにしてんのかな〜って思ってたけど、なぜか主題歌はBTS(笑)
主演の田中圭も明らかに若い子をターゲットにしているし、よく分かんないドラマですね。
まあでも田中圭もBTSもオバサンたちにも人気あるよな🤔

あとは、倉科カナのウィッグが気になったくらいかな〜。
ひと目でカツラって分かるけど、どうしてあんな頭してたの?🙄

そんな感じで色々思うところはあったけど、
私はヤスケンさんが好きなので継続視聴しようと思います٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

スポンサードサーチ

【らせんの迷宮〜DNA科学捜査〜】2話あらすじ

安堂源次(安田顕)は娘の瑞希(古川凛)に「DNA婚活パーティ」を勧められ、嫌々ながらも乱原流奈(倉科カナ)と参加することに。会場にはなぜか神保仁(田中圭)の姿が。恋愛遺伝子の研究のために特別に見学させてもらっているという。パーティではDNA分析がきっかけで結婚した相性98%の遠山友蔵(笹野高史)・鮎子(中越典子)夫妻がゲストとして登場。仲の良さを見せつけるが、数時間後、鮎子は何者かに殺害されてしまう――。

(公式HP引用 https://www.tv-tokyo.co.jp/rasen/)

秋ドラマ感想一覧