【シロクロ考察】シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。5話ネタバレあらすじ感想!コアラ男は佐藤二朗?6話あらすじも

 

成瀬
どうもこんにちは。成瀬です。

「シロクロ」5話のネタバレと感想を書く。

4話の内容がチープすぎて感想を書く気も失せてましたが、ちゃんと継続視聴してます(´・ω・`)

流星くんはもちろん清野菜名ちゃんも好きなので最終回までちゃんと見るよー!
感想を書き続けるかは分かりませんがw

(ネタバレだけ感想・考察だけを読みたい人は目次から飛んでね!)

『シロクロ』を無料で視聴する方法!
Huluの無料トライアルで『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません!

【シロクロ】感想一覧

1話 2話 3話 5話 6話 7話 8話 9話 10話(最終回)

春ドラマ情報はこちら↓

2020年4月期・春ドラマ一覧!出演者情報や期待値など!【半沢直樹/ハケンの品格/アンサングシンデレラなど】

2020.02.20

スポンサードサーチ

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』基本情報

驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと彼女を操る男・飼育員さんの“令和の最凶バディ”が「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロつける、アメコミのような痛快さと先の読めない謎が加速する新時代のシニカルミステリー。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

脚本 – 佐藤友治、蛭田直美
演出 – 遠藤光貴
主題歌 – ビリー・アイリッシュ 「bad guy」
チーフプロデューサー – 岡本浩一

川田レン / ミスパンダ – – 清野菜名
森島直輝- 横浜流星
門田明宏 – 山崎樹範
東山楓 – 吉田美月喜
小園武史 – 中田圭祐
前川雪乃 – 祷キララ
神代一樹 – 要潤
佐島あずさ – 白石聖
加賀佳恵 – 椿鬼奴
加賀春男 – 升毅
川田麻衣子 – 山口紗弥加
Mr.ノーコンプライアンス – 佐藤二朗
森島哲也 – 田中圭(友情出演)

 

スポンサードサーチ

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』 5話あらすじ

7年前にショッピングモール爆破事件を起こした死刑囚・浜口が、護送中に連れ去られた。護送車のドライブレコーダーや現場に居合わせた人が撮影した映像には、ミスパンダと飼育員が護送車を襲撃する様子が映っていた。マスコミは、ミスパンダが浜口を連れ去った可能性が高いと報道。警察は、ミスパンダを追う。
7年前、あるショッピングモールで発生した爆破事件は、多くの死傷者を出す大惨事だった。犯人として浜口が逮捕された。しかし、浜口は死刑確定後に無罪を主張。近々、再審請求が認められる見通しだった。

ミスパンダへの疑惑が深まる中、パンダちゃんねるから動画が配信される。ミスパンダは、拘束された浜口を彼の顔を水槽に浸けて残酷に責め立てる。そして「パンダ国民投票を実施しまーす!」と宣言。48時間以内にインターネットを通じた投票の結果で浜口が“クロ”か“シロ”かを決めるという。もし“クロ”なら、ミスパンダは浜口を殺しかねない。そんな状況で“クロ”への票がどんどん増えていく――。
レン(清野菜名)は、門田(山崎樹範)の診察に行かなくなっていた。門田はレンを訪ね、なぜ病院に来なくなったのかと問い詰める。レンは門田から、10年前の火事の幻覚を見るようになって症状が悪化したのは直輝が原因と言われる。レンは門田に反発し、自分の気持ちを直輝に伝えたいと訴える。

一方、直輝は佐島(佐藤二朗)に、何者かがミスパンダになりすましていると知らせる。浜口を連れ去り、国民投票を募っているミスパンダは、偽者だったのだ。直輝は、偽のミスパンダが浜口を誘拐した手口が、あずさ(白石聖)がコアラ男に誘拐された8年前の事件に似ていると指摘する。
レンは初めて、自分から直輝を呼び出す。「直輝さんのことが…好きです!」レンは勇気を振り絞って、直輝に思いを伝える。レンの告白に、直輝は――? そして、偽ミスパンダと偽飼育員さんの正体は、一体誰なのか?

偽ミスパンダが現れたことを知り「ボコボコにしてやるから!」と張り切るミスパンダ。パンダちゃんねるが配信され、ミスパンダの隙を突いてキリンの面をかぶせられた浜口(谷田部俊)が逃げ出す映像が流れる。それは、直輝が偽ミスパンダと偽飼育員さんをあぶり出すための嘘の映像だった。
神代とあずさは、陽一(結木滉星)と恭子(三倉茉奈)にインタビューをする。弟を殺した浜口を許せないと、強い口調で語る陽一と恭子。彼らは、空手の有段者でもあった。神代は直輝に、偽ミスパンダと偽飼育員さんの正体は陽一と恭子かもしれないと伝える。

偽ミスパンダによる配信が始まり、締め切りより早く国民投票の結果を発表すると言い出す。投票の結果は“クロ”が多数。「浜口さんはクロに決定しました!」と宣言する偽ミスパンダ。必死で無実を訴える浜口の姿を映し、配信は途切れる。
配信された映像を手掛かりに、直輝はミスパンダを連れて偽ミスパンダのいる倉庫へ向かった。2人は、偽ミスパンダと偽飼育員さんと対面し、本物VS偽者の戦いに。偽ミスパンダを追っていたミスパンダは、ナイフで刺されて死んでいる浜口を発見する。そこにはすでに警察が来ていた。

逃げようとするミスパンダと直輝の前に、SITを率いる警視庁捜査一課の刑事・三津谷(高橋努)と坂下(江口のりこ)が現れる。ミスパンダと直輝は、大人数を相手に大乱闘を繰り広げる。2人は、やっとの思いでその場を逃れる。「飼育員さん、あたしたち、はめられたの?」とミスパンダ。偽ミスパンダと偽飼育員さんは、直輝たちに居場所を特定するヒントを与えておびき寄せ、浜口殺しの罪をなすりつけようとしたのだった。

ミスパンダは、浜口殺害容疑で指名手配されてしまう。世間では、ミスパンダへのバッシングが高まる。一方、レンとリコを実験材料に論文を発表しようとしていた門田が自宅で惨殺される――!

(公式HP引用 https://www.ytv.co.jp/shirokuro/index.html)

ポイントでネタバレ

5話で起こったことをポイントで整理。

  • 7年前のショッピングモール爆破事件を起こした死刑囚・浜口が連れ去れた。
  • 連れ去った犯人は爆破事件の被害者遺族。
  • 偽ミスパンダの動画配信の手がかりから居場所を突き止めたミスパンダと直輝。
  • しかしすでに浜口は死亡。偽ミスパンダは消えた。タイミングよく警察が登場。ミスパンダは罪をなすりつけられてしまう。
  • 全国に指名手配されたミスパンダ!
  • レンとリコを実験材料に論文を発表しようとしていた門田(山崎樹範)は自宅で死亡。

 

 

スポンサードサーチ

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』5話 感想・考察

佐藤二朗!!!!
黒い!!!!

そんで今回は2人も死亡(΄◉◞౪◟◉`)
こんな人が死ぬドラマだったけ?

死刑囚の浜口と精神科医の門田(山崎樹範)が死亡・・・。
浜口が殺されてしまったのも衝撃だったけど、門田が殺されたのもなかなかの衝撃だった(´・ω・`)

門田を殺したのはGOBANのマスター・加賀(升毅)な気がするんだけどどうだろう?
パソコンも破壊されていたので、論文を消去したかったのかな〜と予想。
レンとリコの秘密を守るためが故の行動だったんじゃないかと🤔

コアラ男の正体も気になります。
安直な考えだけど、怪しい奴とか佐藤二朗しかいないので佐藤二朗が黒幕の気がしてるw
あずさの誘拐事件は自作自演の可能性もあるよな〜。

あずさの兄貴の一郎?も今までモブだと思ってたけど急に存在感出して来たじゃん。怪しいw
佐島家(佐藤二朗の一家)が自殺自演で誘拐を演出。(あずさは知らない)
その秘密を知った田中圭が殺されたって説を推しとく。

しかしコアラ男の正体も門田が殺されたナゾも気になるけど、そこまでのめり込めるドラマでもないんだよな〜。
かるーく見て「おおー!そうなのか!」と感心するのにちょうどいい感じ。
まさしく前クールの『チート』みたいな🙄
読売テレビ制作のドラマってなんだかだいたいそんな感じだよね。
深夜ドラマ好きにはたまらない内容なんだけど、待機してまで見るって感じでもない。

ということで深く考察する気はないけど最終回までちゃんと見るよ!
考察は「テセウスの船」で忙しいので〜!

 

スポンサードサーチ

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』6話あらすじ

ミスパンダが浜口死刑囚を殺害した容疑で指名手配され、ミスパンダと行動を共にする飼育員さんも警察に追われる。何者かがミスパンダと飼育員さんになりすまし、殺人を犯した。直輝(横浜流星)は一刻も早く、偽のミスパンダと飼育員さんを突き止めなくてはならない状況に陥る。Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は、今後の関係を断つと直輝に告げ、ミスパンダの殺処分を命じる。
門田(山崎樹範)が殺され、レン(清野菜名)は大きなショックを受けていた。春男(升毅)と佳恵(椿鬼奴)は、そんなレンが心配でならない。直輝はレンから、“助けてください”というメールを受け取る。

神代(要潤)は、7年前のショッピングモール爆破事件で弟を亡くした遺族・陽一(結木滉星)と恭子(三倉茉奈)を訪ねる。神代が「浜口が殺されてどう思いました?」と聞くと、陽一は「浜口を殺してくれたミスパンダには感謝しています」と答える。陽一と恭子には、浜口が殺害された時間にアリバイがなかった…。ミスパンダを正義の味方ともてはやしていた世間の声は一転し、ミスパンダへのバッシングが高まる。直輝は警察の追手を逃れながら、偽ミスパンダと偽飼育員さんが誰なのかを探っていた。
神代から情報を得た直輝は、陽一と恭子に対する疑惑を深め「人殺ししましたよね?」と彼らに迫る。
レンのもとに、あずさ(白石聖)が訪ねてくる。あずさはレンに直輝との関係を問い詰める。
そんな中、ミスパンダが逮捕されたというニュースが流れ――!

(公式HP引用 https://www.ytv.co.jp/shirokuro/index.html)