【ハンオシ5話感想】婚姻届に判を捺しただけですが5話ネタバレあらすじ。百瀬は明葉を好きになるのか?6話あらすじも

 

成瀬
こんにちは。成瀬です!

ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』5話を見たのでネタバレとレビューを書きます😌

ネタバレだけ感想だけ読みたい人は目次から飛んでね!

 

スポンサードサーチ

【婚姻届に判を捺しただけですが】基本情報

『FEEL YOUNG』にて連載されている『婚姻届に判を捺しただけですが』を清野菜名主演でドラマ化。

放送開始日 2021年10月18日
放送枠 TBS系「火曜ドラマ」
公式HP https://www.tbs.co.jp/hannoshi_tbs/
配信 Paravi/ティーバー

トライアル期間中は無料で見れます!

スタッフ・キャスト

原作 – 有生青春『婚姻届に判を捺しただけですが』
脚本 – 田辺茂範、おかざきさとこ
演出 – 金子文紀、竹村謙太郎 他
音楽 – 末廣健一郎、MAYUKO
主題歌 – あいみょん「ハート」

大加戸明葉- 清野菜名
百瀬柊 – 坂口健太郎
百瀬美晴 – 倉科カナ
牧原唯斗 – 高杉真宙
麻宮祥子 – 深川麻衣
百瀬旭 – 前野朋哉
小杉深雪 – 中川翔子
坂原証 – 笠原秀幸
藤井ひかり – 小林涼子
井上陸 – 森永悠希
舛田康弘 – 岡田圭右
大加戸初恵 – 木野花
森田聡 – 田辺誠一
百瀬透 – 小倉久寛
大加戸葉子 – 杉本彩
大加戸丈治 – ルー大柴
百瀬すみれ – 朝加真由美

 

スポンサードサーチ

【婚姻届に判を捺しただけですが】5話 あらすじ

美晴(倉科カナ)が離婚届を残していなくなってしまった…。
身寄りのない美晴の行き先がわからず、同級生たちに連絡をとる百瀬(坂口健太郎)を、明葉(清野菜名)は心配そうに見つめることしかできない。
美晴の行方が気がかりなまま時間だけが過ぎる中、不動産屋の前に美晴の姿が! 家に帰りたくないという美晴に、百瀬は「しばらくはうちにいればいい」と提案するのだった。
だが、偽装結婚中の2人には美晴がいることで生活に大きな変化が…。同じベッドで寝ることになり、緊張した時間を過ごす明葉をよそに 、百瀬は美晴への想いをポツリポツリと話し始めるのだった。
百瀬と一緒にいたいと思うようになった明葉の願いも虚しく、美晴との同居生活で2人の関係にも影が差し始めてしまい…!

(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/hannoshi_tbs/)

ここからネタバレあらすじ

美晴(倉科カナ)は、明葉(清野菜名)百瀬(坂口健太郎)旭(前野朋哉)と別れたい理由を話す。

 

自然妊娠は難しいと言われた美晴に旭は「俺はどっちでもいいよ。このまま妊活続けても。そうじゃなくても、美晴が後悔ないほう選んで」と言ったらしい。

 

旭は今までもそうだった。
美晴の気持ちばかり気にして、自分がどうしたいか言ってくれなかった。

 

「私たち夫婦なんだよ。夫婦にとって子どもを作るのは大事なことでしょう?ちゃんと向き合うことじゃないの?」

 

美晴の両親は不満があるのに言わずに過ごして離婚した。
美晴はお互いの気持ちをなんでも話して、ちゃんと向き合える夫婦になりたかった。

 

「兄貴とはなれないの?」
「やっぱり間違いだった。理想の家族を作るために結婚相手選ぶのって」
「そんなことないと思います。始まりはどうであれ、夫婦になってから相手を好きになることだって」
「私もそう思ってた。でも、旭くんへの気持ち分かんなくなっちゃったの。だから旭くんとはもう一緒に暮らせない」

 

百瀬と明葉は、部屋が見つかるまでの間、明葉を泊めてあげることにした。

 

居候が始まり、美晴と雑談中の明葉は、美晴の両親は父親のせいで離婚したことを知る。
だから父と似ても似つかない旭と出会った時「この人だ」と思ったと言う美晴。

 

「美晴さんのお父さんってどんな人だったんですか?」
「不器用で口数が少なくて、自分の気持ちを伝えることが苦手な人だったかな」

 

それって百瀬さんじゃん!
もしかして美晴さん百瀬さんのこと好きになってた…ってコト!?

 

その頃、残業中の百瀬は、麻宮祥子(深川麻衣)から「結婚した本当の理由って、既婚者だって安心させて好きな人を略奪するためだったりして」と言われて不機嫌になっていた。
図星!?

 

翌日。百瀬は兄の旭に会いに行く。

 

「美晴は中途半端な気持ちで離婚を言い出すやつじゃないって」
「そうだけど」
「美晴が俺への気持ちが分からなくなったら無理して夫婦でいても意味ないだろ。美晴にはいつも笑ってて欲しいんだ。美晴が笑っててくれれば俺は・・」
「別の人の隣で笑ってる美晴見て、それで兄貴は満足なの?苦しくないの?それでいいの?」

 

言いたいことだけ言って帰る百瀬。
(視聴者から見れば全てカウンターの言葉だったが・・・)

 

帰宅した百瀬は具合が悪そう。
すごい熱だ!
看病してやる明葉。

 

百瀬は旭と明葉の結婚式の前日も熱が出たと言う。

 

「美晴は兄と結婚して幸せだとずっと思っていました。だから僕は、そんな美晴の笑顔を見てるだけでいいと。でも、離婚届けを置いて家を出たと聞いたとき、思ってしまったんです。”兄が美晴を幸せに出来ないなら僕がって”自分でもどうしたらいいか分からないんです。美晴と兄に離婚して欲しくないっていう気持ちも本当ででも逆の気持ちも。明葉さんは、どう思いますか?美晴と兄貴はこのまま離婚してもいんでしょうか?」
「私は、お兄さんと美晴さんには、仲のいい夫婦でいて欲しいと思っています。」
「そうですよね」

 

そうすれば、私は百瀬さんと夫婦でいられるから。

 

「でも、2人が納得した上で離婚を選ぶなら、それは悪いことじゃないんじゃないですか?それで本当に幸せになれるなら」

 

部屋を出た明葉は泣きながら婚姻届けを見つめる。
「あーあ、もう終わっちゃうんだ。あんなに離婚したかったのに」

 

そんな中、旭が病院に搬送された。
隣の家が火事になって猫を助けようとして怪我をしたらしい。

 

怪我は腕だけで元気そうな旭だったが、美晴は旭をビンタ。

 

「もっと自分のこと大切にしてよ。なんでそんなにお人好しなの?私のことだってそうよ・・・もっと自分の気持ち優先してよ」

 

旭は美晴を引き寄せてハグ。

 

「もう泣くな!俺の隣で笑ってろ!俺への気持ちが分からないなら分からないままでいいよ。でも分からないから別れるんじゃなくて、わかるために俺は美晴と夫婦でいたい。俺の隣で笑ってる美晴をこれからもずっと見ていたんだ」

 

美晴、号泣。
そんな2人を突っ立て見ている百瀬。

 

次の日。
美晴は自宅へ帰って行く。

 

「私が旭くんを選んだのは、理想の家族を作るためっていうのもあるけど。私、旭くんがちゃんと好きだわ」
「ごちそうさまです」
「兄貴とちゃんと向き合えてよかったね」

 

これで不毛な恋を終わらせて・・・!
祈る明葉。

 

「美晴さん。確認なんですけど、もしかして本当はお父さんみたいな人のこと好きになってた、とか?」
「明葉ちゃん、何事も白黒つけようとしちゃダメよ」

 

美晴が帰った後、明葉にお礼を言う百瀬。

 

「百瀬さん、大丈夫ですか?ほんとは美晴さんのこと。自分が幸せに」
「美晴が笑顔でいてくれれば僕はそれで満足ですから。美晴がこれから先もずっと笑顔でいられるように、僕はこれからも遠くからずっと見守ってるつもりですから」

 

よっしゃー!!!
百瀬さんのスイッチ消えたー!!!
ん、元の不毛に戻っただけか?

 

 

スポンサードサーチ

【婚姻届に判を捺しただけですが】5話 感想・レビュー

はぁ(΄◉◞౪◟◉`)
美晴うぜぇ・・・・🙄

5話も明葉が可哀想すぎでした。
辛いって分かってたのに、なんで百瀬のこと好きになっちゃたのかなぁ。

てか、百瀬を好きになる要素、外見が坂口健太郎なこと以外にある!?

借金のことはもう全く悩んでないみたいw
それどころか離婚するのは泣くほど嫌😂

旭も可哀想だったけど、私からしたら「ないわー」と思う部分もあるんだよなぁ😩
不妊治療を「どっちでもいい」はあり得ないっすわ。

いくら美晴のこと考えててもあの言い方はNG。
美晴じゃなくてもこれは喧嘩になってたな。

美晴はシンプルにめんどくさい。
『理想の家族を作るための結婚』は、お見合いや婚活してる人にも当てはまるので否定はしませんが、自分で決めて結婚したんなら腹括れよ🙄旦那の弟に打ち明けるとかマジですか😂

まぁ、仲直り出来たのはよかったです。
美晴も自分の気持ちに気づけてよかったじゃん。
これ以上、弟夫婦に面倒ごと持ち込まないでネ!

美晴自身の問題は片付いたけど、ドラマ的には、美晴に夢中の百瀬がどうやって明葉を好きになるかが難題。
あんまり深い内容にはならない気もするけどw

そもそも明葉が百瀬を好きになった理由もよく分かんないしな🤦‍♀️
けど、明葉が百瀬を好きになるよりか、百瀬が明葉を好きになる方が現実味はある。
誰にも言えない悩みを親身になって聞いてくれたのはデカイよね。

しかし、人が人を好きになるのって理屈じゃない。
好きになる理由とか深く考えずに見た方がいいかもしれないですね。
ラブコメってそんなもん٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

そして最後の百瀬の表情が気になります!
あれは一体どういう意味!?怖いんだけど😭

そんで百瀬はいつカッコよくなるんだろうか?
坂口健太郎大好き人間としてはしんどいです。
初めは嫌いだった菅波先生は回を追うごとによくなったんけどな。
こっちはムリかも・・・😭

あ、そうそう。
田辺誠一社長の離婚回避の方法、既視感あると思ったら「あなそれ」の涼ちゃんじゃないですかw
奥さん何で離婚したいんだろ?
そこまで気になる案件ではないが😂

ってことで、【婚姻届に判を捺しただけですが】5話は、美晴と旭の離婚危機問題を解決!
次回は明葉の両親登場!
杉本彩とルー大柴とはすごい濃い両親ですねw
次回は楽しくなりそうな予感!

 

スポンサードサーチ

【婚姻届に判を捺しただけですが】6話 あらすじ

百瀬(坂口健太郎)の不毛な恋を目の当たりにし、明葉(清野菜名)は自分の入り込む隙間なんてこれっぽっちもないことを思い知る。それでも百瀬と一緒にいたい明葉は、偽装夫婦という関係を死守せねばと意気込んでいた。
そんな中、母の葉子(杉本彩)と父の丈治(ルー大柴)が突然家にやって来て大慌て! 両親の登場で、明葉と百瀬を繋いでいた借金問題にも急展開が訪れる。  一方、仕事では明葉が大ファンと公言している作家・丸園ふみ(西尾まり)から本の装丁の依頼が舞い込んできた! チャンス到来と仕事に打ち込む明葉だが、なぜか雑念が増えていくばかり。仕事が上手くいっているとは言い難い状況で…。
さらに、明葉が先輩の深雪(中川翔子)から頼まれた合コンがキッカケとなり、唯斗(高杉真宙)が百瀬になぜ

(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/hannoshi_tbs/)