【ラジエーションハウス2】1話ネタバレあらすじ感想レビュー!五十嵐と杏の約束が思い出せない。2話あらすじも!

 

 

ドラマ『ラジエーションハウス』各話感想リスト1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話

 

スポンサードサーチ

ドラマ『ラジエーションハウスII ~放射線科の診断レポート~ 』基本情報

2019年4月8日から放送されたフジテレビの月9の続編。
レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を写し出す放射線技師である主人公【五十嵐唯織】が、患者の視えない病を診つけ出し、命を救っていくストーリー。

トライアル期間中は無料で見れます!

放送開始日 2021年10月4日
放送枠 フジテレビ月9

 

スタッフ・キャスト

脚本 – 大北はるか
原作 – 横幕智裕(原作)、モリタイシ(漫画)『ラジエーションハウス』
プロデュース – 中野利幸
演出 – 鈴木雅之
主題歌 – MAN WITH A MISSION『Remember Me』

五十嵐唯織 – 窪田正孝
甘春杏 – 本田翼
広瀬裕乃 – 広瀬アリス
軒下五郎 – 浜野謙太
威能圭 – 丸山智己
悠木倫 – 矢野聖人
黒羽たまき – 山口紗弥加
小野寺俊夫 – 遠藤憲一
辻村駿太郎 – 鈴木伸之(劇団EXILE)
田中福男 – 八嶋智人
灰島将人 – 髙嶋 政宏
大森渚 – 和久井映見

 

スポンサードサーチ

「ラジエーションハウス2」1話 あらすじ

五十嵐唯織(窪田正孝)は、「写真には必ず真実が映る」と信じる診療放射線技師。アメリカで最も権威ある放射線科医・ピレス教授から才能を認められた唯織は、ずっと思いを寄せていた幼なじみの甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤務する甘春総合病院に採用された。

医師免許も持つ唯織は、その天才的な読影能力を発揮すると、新人放射線技師の広瀬裕乃(広瀬アリス)や、放射線技師長の小野寺俊夫(遠藤憲一)ら『ラジエーションハウス』の仲間たちと力を合わせ、数々の患者の命を救った。

ピレス教授から、人工知能を使った読影補助ソフトの開発プロジェクトに誘われた唯織は、渡米を決意し、仲間たちに別れを告げた。杏は、そんな唯織に「あなたが手出しできないくらい優秀な放射線科医になってみせます。だから……必ず戻ってきてください」と約束する――。

その約束から2年後。プロジェクトがひと段落した唯織は、日本に帰国し、甘春総合病院への復帰を望んでいた。だが、甘春総合病院は、院長だった大森渚(和久井映見)が研究目的で唯織と同じワシントン大学に移ると、後を引き継いだ新院長の灰島将人(髙嶋政宏)が病院の合理化を実施。放射線科医はいらないと言い出して、読影はすべて外部の『遠隔画像診断センター』に委託してしまう。それに伴い、ラジエーションハウスも規模を縮小され、黒羽たまき(山口紗弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)、悠木倫(矢野聖人)は、甘春総合病院を辞めてそれぞれ別の病院などに転職していた。

ある日、ヴァイオリニストの宝生真凛がリサイタル中に倒れるという事態が起きる。客席にいた灰島は、彼女を甘春総合病院へと救急搬送する。
一方、ラジエーションハウスで田中福男(八嶋智人)らと働く裕乃は、最近様子がおかしかった小野寺が認知症予備軍と診断されたことを知り、たまきや軒下らに助けを求める。小野寺が今まで通りに仕事を続けていくためには周りのサポートが必要、と考えたからだった。しかし、たまきたちの反応は冷たく……。
同じころ、唯織は、杏の父親でもある元院長の正一(佐戸井けん太)を訪ねていた。そこで唯織は、杏がすでに甘春総合病院にいないことを知る。

そんな折、仕事を終えて帰路についた杏は、妊娠中の森迫由美(森カンナ)が腹痛に襲われ苦しそうにしているところに遭遇する。由美は、かつて唯織たちがその命を救った世界的な写真家・菊島亨(イッセー尾形)の娘だった。そこに唯織が現れ……。

(公式HP引用 fujitv.co.jp/radiationhouse2/introduction/index.html)

ここからネタバレあらすじ

妊婦の由美(森カンナ)が倒れた。
由美は胎児への影響を心配してレントゲンを拒否。

 

五十嵐(窪田正孝)に説得され、なんとか検査を受けることになった。
由美は大腿骨嚢腫。
出産まで車椅子で安静するにことになった。

 

しかし、由美は出血してしまった。
執刀できる医師がいなかったので、五十嵐が執刀しようとするが‥杏(本田翼)が自分に執刀させて欲しいと頼む。

 

大変難しい手術だったが、なんとか成功!
由美は後日、無事に出産もできて一件落着。

 

手術を成功させた杏を見た五十嵐は感動。
「ありがとうございます。あの約束を守ってくれて。僕なんか手出し出来ないくらい素晴らしい手術でした。」

 

灰島(髙嶋政宏)の患者バイオリニストの宝生真凛(田中みな実)は、ワレンベルク症候群なのではないかと五十嵐が気がつく。
早期発見で大事にはならなくて済んだ。

 

そして認知症予備軍かと思われた小野寺俊夫(遠藤憲一)は、ウェルニッケ脳症で認知症ではなかったw

 

杏も甘春総合病院に戻ってきて、全員再集結!

 

スポンサードサーチ

「ラジエーションハウス2」1話感想レビュー

五十嵐と杏の約束がなかなか思い出せんかったwww

「あなたが手出しできないくらい優秀な放射線科医になってみせますだから……必ず戻ってきてください」

戻ってくるのが約束だったんですね〜🙄

この2人には深い絆があるから大切な約束なんだろうけど、単なる職場の同僚と交わした約束だったら2日で忘れそうw
案の定、視聴者の大半は忘れてたんじゃないかな(΄◉◞౪◟◉`)

五十嵐には手出しできないほどの優秀な放射線医になっていたらしいけど‥本当にそうか見極めるのは次回以降かな。
なんだかんだピンチを五十嵐に助けてもらってそうな気がしてならない。

1期から言い続けていたけど、どうして五十嵐は医師として就職しないの?
そのほうが杏ちゃんの助けになれるのに‥‥。

気になるけど、まあいいや。
実は医師の資格も持ってますってカッコイイもんな、なんだかんだ。

1話はメンバーの再集結がメインで楽しかった。
このドラマ。医療系ドラマとしてはそんなに面白くないけど、技師メンバーのやり取りが面白いからつい見てしまう。

成瀬
そんな感じで軽く見るにはちょうどいいドラマかな。

 

スポンサードサーチ

「ラジエーションハウス2」2話あらすじ

唯織(窪田正孝)たちのもとへ、陸上大会中にてんかん発作を起こして転倒し、頭部を強打したという12歳の小学生のCT検査依頼が入る。その小学生・速川走太(長野蒼大)は、ともに陸上のオリンピック選手だった一郎(眞島秀和)と叶恵(入山法子)を両親に持ち、ひとつ下の妹・花恋(白鳥玉季)とともに数々の大会で優勝するなど、日本陸上界の未来を担う才能として注目されている選手だった。

走太は、てんかんの治療中で、以前から甘春総合病院の脳外科に通院していた。走太のCT画像を読影した杏(本田翼)は、薬物療法が上手くいかなくなっているため、外科手術を選択する可能性に言及する。そこで唯織は、少しでも治療の選択肢を増やすために、詳しい検査をしてはどうかと提案するが……。

同じころ、裕乃(広瀬アリス)は、庭木の手入れ中に転落したという患者・柳田哲平(きたろう)の検査を担当する。だが柳田は異常もないのに、いちいち大げさに騒ぎ立て、裕乃を困惑させる。「世の中には、どうしても治したくても、治せない人だっているのに…」。そんな世の中の不条理に憤りも覚える裕乃だったが……。

(公式HP引用 fujitv.co.jp/radiationhouse2/introduction/index.html)