【ルパンの娘2】7話ネタバレあらすじ感想レビュー!美雲のじぃちゃんを殺したのはナターシャ?8話あらすじも!

成瀬
こんにちは。成瀬です。

遅くなりましたが、ドラマ「ルパンの娘2」7話を見たのでネタバレと感想を書きます!

『ルパンの娘』を無料で見る方法!
FODプレミアムの無料トライアル期間なら『ルパンの娘』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません。Amazonアカウントを持っていれば簡単に無料トライアルできちゃいます!

ドラマ『ルパンの娘』第1シリーズ 各話感想リスト
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話(最終回)
ドラマ『ルパンの娘』第2シリーズ 各話感想リスト
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話(最終回)

 

スポンサードサーチ

「ルパンの娘 第2シリーズ」基本情報

横関大原作小説『ルパンの娘』を深田恭子主演でドラマ化。
2019年7月11日から9月26日まで放送された『ルパンの娘』の続編にあたる。
主要キャストは続投。橋本環奈が新キャラ・北条美雲役で出演する。

トライアル期間中は無料で見れます!

スッタフ・キャスト

原作 – 横関大 『ルパンの娘』『ルパンの帰還』『ホームズの娘』
脚本 – 徳永友一
主題歌 – サカナクション「モス」

三雲華 – 深田恭子
桜庭和馬 – 瀬戸康史
北条美雲 – 橋本環奈
円城寺輝 – 大貫勇輔
三雲悦子 – 小沢真珠
三雲渉 – 栗原類
三雲マツ – どんぐり
三雲巌 – 麿赤兒
三雲尊 – 渡部篤郎
桜庭典和 – 信太昌之
桜庭美佐子 – マルシア

 

スポンサードサーチ

「ルパンの娘」第2シリーズ 7話 あらすじ

ついに三雲華(深田恭子)と北条美雲(橋本環奈)が対決! 華は美雲を倒して忘却スプレーで自分と会った記憶を消すことに成功した。しかし “Lの一族” が追い詰められている事に変わりはないと心配で仕方がない。それなのに尊(渡部篤郎)や悦子(小沢真珠)たちはどこふく風。美雲に自分たちのアジトを突き止められるわけがないと自信満々だ。

翌朝、職場にやって来た美雲に和馬が昨日の出来事について探りを入れると、美雲は覚えていないという。もちろんウソだ。彼女は忘却スプレーが体内に吸い込むのを防ぎ、記憶を維持していたのだ。

そんな時、反社会組織の幹部が襲われた強盗殺人事件が発生。現場からは密輸した金塊が盗まれ、 “Lの一族” のものとみられる犯行声明カードが残されていた。和馬と美雲は直ちに捜査を開始する。

その頃、本町小学校では学芸会の演目が『Lの一族』に決まり、杏(小畑乃々)は伝説の鍵師マツ(どんぐり)役を演じる事になっていた。悪い事をする泥棒なんて演じたくないと泣き出す杏に、尊たちは “Lの一族” はダークヒーローで正義の味方なのだと教え出す。尊たちの話に目を輝かせる杏だったが、テレビから“Lの一族”が強盗殺人事件を犯したというニュースが流れてきて…。

強盗殺人事件を追う和馬と美雲は、事件に意外な“男”が絡んでいる事を知った。和馬たちが探し出した“男”は、殺害したのはナターシャ(太田莉菜)という殺し屋だと告げる。

職務終了後、美雲は和馬の跡をつけていた。GPS発信器を和馬に取り付けることで、華たちが住むマンションを暴き出すつもりなのだ。そのとき、尊がボディーガードとして頼んでいた円城寺輝(大貫勇輔)が、美雲の前に現れて…。

(公式HP引用 https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume2020/index.html)

ここからネタバレあらすじ

和馬(瀬戸康史)のボディーガードをしていた円城寺(大貫勇輔)は、着けてきた美雲(橋本環奈)をミュージカルで撒いて誤魔化す。
しかしミュージカルが楽しすぎてGPSを持ったままアジトにバレてしまった!

 

美雲に”Lの一族”のアジトがバレた!
その日はなんとか誤魔化して帰ってもらったが、このままでは全てバレてしまう。
華(深田恭子)は和馬と杏と離れて暮らすことを決意。
杏は桜庭家に預けて、和馬ともしらばく会うわないことになった。

 

尊(渡部篤郎)はアジトの引越しを決意し、新しいアジトを探しはじめる。
良さげなアジトを探した尊だが、杏は落ち込んでいた。
「杏に秘密を抱えたままで母親なんて務まるはずがない。
この先わたしと一緒にいても杏と和くんは幸せになれない。
これからもずっと杏と和くんとは離れて暮らす」

 

そんな華に思い出話をする尊。
まだ華が小さい頃、華は大きくなったら尊と結婚すると言っていた。
「その時に誓ったんだ。この小さな手が大きくなって行ってやがて離れ、いつかまた別の人の元に行く。
そんな日が来るまでは決して自分からは手は離さない。
子どもはすぐ躓いたり転んだりするからな。温かい親の手が必要だ。たとえ、どんな親であろうとな」

 

そして尊は、引っ越しを止めると宣言。
このまま逃げるのはエルの一族らしくない。
「Lの一族を守ってみせる。このニセモノを使ってな」
“Lの一族” を偽って強盗殺人事件を起こしているニセモノを利用することにした尊。

 

和馬は美雲に、今追っている強盗殺人事件が解決したら全てを話すと約束する。
「Lは生きてる。この事件が解決したら全てを君に話すよ。だから今は捜査に戻ってくれ」

 

そんな中、華の誕生日がやってきた。
いきなり【記憶を消すスプレー】の効果が切れたことに気がつく悦子(小沢真珠)。
思い出したのは悦子だけではなく、今までスプレーを吹きかけた敵たちも記憶を取り戻していた。
ニュースでは華が倒した敵たちが、Lの一族が生きていることを証言。
世間にLの一族が生きていることがバレてしまった!

 

その頃、和馬と美雲は、事件に元刑事・巻栄一(加藤諒)が絡んでいることを掴んだ。

 

和馬と再会した巻は、すぐに事件について語りはじめた。
巻はムショで仲良くなった暴力団員と出所したら仲間になる約束をしていた。
出所したその足で、運び屋の仕事に向かった巻。
しかし待ち合わせ場所に行くと、すでに仕事相手は死んでいた。
殺したのはナターシャ(太田莉菜)という女だった。
殺害現場を見ていたことがバレてしまった巻は、ナターシャに殺されかけるが、間一髪のところで逃げ延びた。

 

「本当に殺したのはあなたじゃないんですね?」
巻は和馬に、逃げたと見せかけてナターシャを尾行し、アジトを突き止めたと話す。
巻は2人をアジトのある建物に案内。

 

しかし、巻が話していたことはウソ。
巻は自分の命欲しさにナターシャに、”Lの一族”の元カレである和馬を売っていた。
監禁されてしまった和馬と美雲!
だが、美雲は「桜庭先輩のピンチにはLがやって来る」とLの一族の登場を待つ。
「もう逃がしません」と和馬と自分を手錠でつなぐ。

 

ナターシャは邪魔な美雲を殺そうとナイフを投げる。
が、和馬が庇って胸にナイフが突き刺さる!
和馬ピンチ!

 

和馬を救うため、ナターシャのアジトに乗り込むことにしたLの一族。
Lのコスチュームに着替えた華。
そんな時に、華の誕生日を祝うため、杏が帰ってきてしまう。
杏にLの一族のことがバレてしまった・・・。

 

スポンサードサーチ

「ルパンの娘」第2シリーズ 7話 感想・レビュー

娘に正体がバレて、和くんは死にかける。
超クライマックス!!!!

まるで最終回直前のような展開なんだけど・・・まだ7話だよ?
低視聴率で打ち切りってわけじゃないよね?
前シリーズもそんなに視聴率はよくなかったのに、11話までやってその上シーズン2までやってる。
たぶん視聴率とか気にするタイプのドラマじゃないはず。

でもさ・・・このまま最終回までシリアスターンが続く予感もしている。
個人的にぶっ飛んでる回の方が好みなので、数話またいでのシリアス展開は勘弁してほしい。
まあルパンの娘は先が読めないドラマです。
どう展開が転ぶのかも楽しみに視聴します\(^o^)/

後半は華がウジウジしすぎてちょっとしんどかったんだけど、前半の円城寺さんは最高だった
ミュージカルを楽しみすぎてGPS持ったまま帰ってきちゃうってwwww
ドジすぎて最高😌
でも今回は円城寺さんくらいしか面白いシーンがなかったなぁ。

で、和くんは死にかけてるけど大丈夫?
自分を庇って死にかけられたら、美雲もますます惚れるなぁ・・・。
一度だけではなく二度も命を危機を救われるなんてこれで惚れない女はいない😳
でも相手はエルの恋人だし・・・複雑!

だけど予告で美雲はタケルパパと対面してたよね?
早くも誤解は解けるのか!?
ナターシャとかいう人が美雲のおじいちゃんを殺害した犯人なのか!?

シリアス展開は続きそうだけど、なんだかんだ次回も楽しみです\(^o^)/

 

スポンサードサーチ

「ルパンの娘」第2シリーズ 8話 あらすじ

三雲華(深田恭子)は娘の杏(小畑乃々)に自分たちが“Lの一族”だと知られてしまった。一方、盗賊団が抱える殺し屋ナターシャ(太田莉菜)の凶刃に倒れた桜庭和馬(瀬戸康史)は警察病院に運び込まれる。典和(信太昌之)と美佐子(マルシア)、娘の杏、そして事件現場から付き添った北条美雲(橋本環奈)に見守られる和馬。しかし、実は生きていて強盗殺人を犯したと世間を騒がせている“Lの一族”である華たちが和馬のもとへ駆けつけることはできない。ただ祈ることしかできない華たちだったが、その願いも虚しく和馬は心肺停止状態に…。絶体絶命の窮地に追い詰められた“Lの一族”。渉(栗原類)は、なぜ自分たちが“Lの一族”であることを杏に教えたのだと尊を責める。しかし、尊は何も告げずに三雲家を出て行ってしまう。

病院から戻った美雲は猿彦(我修院達也)に、和馬の窮地になぜ“Lの一族”が現れなかったのかと疑問をぶつける。「所詮は泥棒。逃げることしかできない」のだと憎まれ口をききながら襖を開ける猿彦だったが、目の前には尊の姿が。祖父の仇と身構える美雲に、尊は宗真(伊吹吾郎)の死の真相を知る人物を連れて来たと言う。巌(麿赤兒)だ。巌が語る事件の真相とは!?

ナターシャたちのアジトを訪れる何者か。それは美雲だった。美雲はナターシャたちに、“Lの一族”の居場所を知りたくないか? と持ちかける。「Lに復讐がしたい」のだと…。

(公式HP引用 https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume2020/index.html)