【ルパンの娘2最終回】ネタバレあらすじ感想レビュー!今さら華が盗まれた子どもだと!?これは酷い最終話\(^o^)/

成瀬
こんにちは。成瀬です。

遅くなりましたが、ドラマ「ルパンの娘2」9話(最終回)を見たのでネタバレと感想を書きます!

『ルパンの娘』を無料で見る方法!
FODプレミアムの無料トライアル期間なら『ルパンの娘』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません。Amazonアカウントを持っていれば簡単に無料トライアルできちゃいます!

ドラマ『ルパンの娘』第1シリーズ 各話感想リスト
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話(最終回)
ドラマ『ルパンの娘』第2シリーズ 各話感想リスト
1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話(最終回)

 

スポンサードサーチ

「ルパンの娘 第2シリーズ」基本情報

横関大原作小説『ルパンの娘』を深田恭子主演でドラマ化。
2019年7月11日から9月26日まで放送された『ルパンの娘』の続編にあたる。
主要キャストは続投。橋本環奈が新キャラ・北条美雲役で出演する。

トライアル期間中は無料で見れます!

スッタフ・キャスト

原作 – 横関大 『ルパンの娘』『ルパンの帰還』『ホームズの娘』
脚本 – 徳永友一
主題歌 – サカナクション「モス」

三雲華 – 深田恭子
桜庭和馬 – 瀬戸康史
北条美雲 – 橋本環奈
円城寺輝 – 大貫勇輔
三雲悦子 – 小沢真珠
三雲渉 – 栗原類
三雲マツ – どんぐり
三雲巌 – 麿赤兒
三雲尊 – 渡部篤郎
桜庭典和 – 信太昌之
桜庭美佐子 – マルシア

 

スポンサードサーチ

「ルパンの娘」第2シリーズ 9話(最終回) あらすじ

華(深田恭子)と和馬(瀬戸康史)、杏(小畑乃々)たち家族に再び平穏な日々が訪れていた。生死をさまよっていた和馬は無事に生還、母親の華が大泥棒一家“Lの一族”だと知ってしまった杏も受け入れてくれた。そして世間に生きていることがバレてしまい追い詰められていた“Lの一族”も、ナターシャ(太田莉菜)や大柄な男(岡元次郎)たち盗賊団を本物の“Lの一族”に見せかけるという尊(渡部篤郎)のアイデアで窮地を切り抜けることができたのだ。

北条美雲(橋本環奈)もまた、うるさかった隣人が引っ越したことで静かな生活を取り戻していた。そこに予期せぬ来客。訪れたのは今まで仇として追いかけてきた尊だった。尊の様子から自分に頼みごとがあるのだと推理する美雲。さらに“Lの一族”ではなくわざわざ自分に頼みに来るということは“家族に言えない秘密”があるのではないか? と鋭く畳みかける。相変わらずの美雲に尊はさっそく願い事を申し出るのだが…。

その頃、悦子(小沢真珠)は宝を大放出してしまったことによる“お宝不足”で息も絶え絶えになっていた。そこに渉(栗原類)から新たなお宝“グレース・ケリーの愛したカルティエのダイヤモンドリング”が提案される。悦子は飛びつくが、渉は美雲にプレゼントするのだと言い張る。

そんな時、華と和馬のマンションに円城寺輝(大貫勇輔)が現れた。円城寺は華に1日だけフィアンセのふりをして欲しいと頼む。円城寺は突然帰国した父の豪(市村正親)に、許嫁であった華とまだ結婚していないことを叱られたのだという。突然の無理難題な申し出に戸惑う華と和馬だったが、豪はとんでもなく怖い男のようで…。

豪と会った華と円城寺は、結婚式の日取りやドレスをどうするのか問い詰められる。そして円城寺家で花嫁に贈ると決められているリングを華のために盗み出すよう円城寺は言い渡される。それは尊たちの狙っている“グレース・ケリーの愛したカルティエのダイヤモンドリング”だった。

尊は昔からライバル関係だった豪からリング争奪戦を申し込まれ受けて立つ。その条件は三雲家と円城寺家でリングを盗み合い、三雲家が先に盗んだら華の許嫁の件を豪が取り消し、円城寺家が勝ったら華を円城寺家に嫁がせるというもの。かくして世紀の泥棒合戦が始まった!

(公式HP引用 https://www.fujitv.co.jp/Lupin-no-musume2020/index.html)

ここからネタバレあらすじ

Lの一族と円城寺家の“グレース・ケリーの愛したカルティエのダイヤモンドリング”争奪戦がはじまった。
ハイレベルな戦いを繰り広げたが、Lの一族の勝利!

 

円城寺(大貫勇輔)は、華(深キョン)を思ってワザと負けた。
華の悲しむ顔は見たくなかった。

 

「それでお前は幸せなのか?」
「幸せさ。愛する人が今日も元気に笑っている。幸せに暮らしている。それだけで僕の心は満たされるんだ。でも、パパのおかげで自分の気持ちにケリをつけることができたよ。ありがとう」

 

何やらパパ・円城寺豪(市村正親)も同じような経験があるらしい。
しかし勝負した相手の男はリングを闇ルートに流した。
ワザと負けたものを受け取りたくないと。
その相手の男とはなんと尊(渡部篤郎)だった!
パパが愛した女性とは悦子(小沢真珠)

 

「これからも輝と仲のいい幼なじみでいてくれ」
親子ミュージカルスタート!

 

円城寺パパは息子のためにダイヤモンドリング争奪戦を持ちかけていた。
尊たちが勝負に乗ってくるように脅し文句もつける。
「華ちゃんに何もかも話そう、私の知っているLの一族の秘密を」

 

勝負が終わり和解する円城寺パパと尊。
円城寺パパはLの一族のことも心配しているらしい。
「彼女はまだ見つかっていないのか?」
今探していると言う尊。

 

「あのことはまだ華ちゃんには言ってないのか?」
「言えるわけがない。華が盗まれた子供だったなんて」

 

北条美雲(橋本環奈)は、てんとう虫号の映像を解析。
そこにはナターシャの姿が!
「申し訳ありません、玲様」
ナターシャと三雲玲は仲間だった!

 

 

スポンサードサーチ

「ルパンの娘」第2シリーズ 9話(最終回) 感想・レビュー

で、三雲玲って誰なん?
いきなり華の出生の謎まで絡んでくるし、こんなモヤモヤする終わり方ある!?

まさかの映画の宣伝回\(^o^)/
「続きはHuluで!」となんら変わりのない方法ですよ、これ。
ぶっちゃけあれより酷いかもw

今まで面白かっただけにちょっと残念。
同じ映画化でもコンフィデンスマンJPはちゃんとスッキリ終わったのになぁ。

てか、華が盗まれた子どもってどういうこと!?
そんな伏線今まで全くなかったよね🙄
それにおばあちゃんの若い頃は華にソックリだったはずなんだけど😂

だけどこの新設定は「ルパンの娘」だから許せる。
私たちの想像の斜め上を行くぶっ飛んだ展開は今までも楽しんできた。
それはいいんだけど・・・やっぱりドラマ内で終わらせて欲しかったな。

前回の感想で「三雲玲の正体は映画館での予感」と書いたけど、まさかその通りとはw
ちょっとはドラマ内で明らかにしてくれると思ってた。

まあでも映画は見に行きますよ。
来年春だっけ?
それまでに色々忘れてそうだけど😂

ってことで、「ルパンの娘2」最終回はビミョーだった。
あ、ミュージカルシーンは圧巻でした😌