【七人の秘書4話】ネタバレあらすじ感想レビュー!絶妙にイライラするw5話あらすじも!

成瀬
こんにちは。成瀬です。

遅れましたが「七人の秘書」4話を見たのでネタバレと感想を書きます。

ネタバレだけ感想だけを読みたい人は目次から飛んでね!

ドラマ『七人の秘書』感想一覧
1話感想  2話感想  3話感想  4話感想  5話感想

 

スポンサードサーチ

ドラマ「七人の秘書」基本情報

2020年10月22日から放送スタートするテレビ朝日系「木曜ドラマ」枠の連続ドラマ。
様々な組織に溶け込み目立たぬことを信条とする秘書たちと元締めが社会的に理不尽な目に遭っている弱者を救うべく、あらゆるネットワークを駆使してお金や権力に溺れた非情な権力者たちを一掃し、理不尽だらけの日本社会を影で操りながら変えていく姿を描く。
主演は木村文乃。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

脚本 – 中園ミホ、香坂隆史、林誠人
演出 – 田村直己
音楽 – 沢田完
主題歌 – milet 『Who I am』『The Hardest』

望月千代 – 木村文乃
照井七菜 – 広瀬アリス
長谷不二子 – 菜々緒
朴四朗(パク・サラン) – シム・ウンギョン
風間三和 – 大島優子
鰐淵五月 – 室井滋
萬敬太郎 – 江口洋介
霧島和夫 – 小林隆
鈴木二葉 – 杉田かおる
安田英司 – 藤本隆宏
安田幸世 – とよた真帆
一原福造 – 橋爪功
北島剛次 – 木下ほう
西尾忠彦 – 大和田伸也
三好麻里 – 松本若菜
南勝子 – 萬田久子
望月一男 – マキタスポーツ
白鳥六郎 – リリー・フランキ
小杉映子 – 永瀬莉子
粟田口十三 – 岸部一徳

 

スポンサードサーチ

ドラマ「七人の秘書」4話 あらすじ

警視庁警務部長・北島剛次(木下ほうか)のもとに、警視正・山根幸四郎(金井勇太)のスマートフォンと、そのスマホでスカートの中を盗撮されたという女子高生・小杉映子(永瀬莉子)が提出した被害届が届く。山根が財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の後援会会長の息子だと知った北島は、粟田口に恩を売るため、この被害届をもみ消してしまう…。
そんな中、帰宅途中の映子が見知らぬ男たちに襲われる。たまたま通りかかった都知事秘書・風間三和(大島優子)は映子を助け、萬敬太郎(江口洋介)が店主のラーメン店「萬」へ連れていく。そこで映子は、警察から「被害届が出ていない」と言われたこと、それ以降誰かに見張られていることを話し始める。そっと話を聞いていた北島の秘書・長谷不二子(菜々緒)は、事件を隠蔽した警察組織に大激怒。「これ以上怖い思いをしたくない」と、泣き寝入りしようとする映子を諭し、一緒に戦うことを誓う。
映子の記憶から、盗撮に使われたのが山根のスマホだと確信した不二子は、東都銀行常務秘書・望月千代(木村文乃)ら裏仕事の仲間たちと山根を懲らしめることに…!
盗撮マニアの常習性を利用することにした秘書軍団は、表向きはクリーンな警察キャリアの山根を現行犯で捕まえる作戦を開始。三和と東都銀行頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)がオトリになり、山根との接触を計るが…?
“七人の秘書”たちが、卑劣な盗撮犯に鉄槌を下す――!

(公式HP引用 https://www.tv-asahi.co.jp/7-hisho/)

ここからネタバレあらすじ

照井七菜(広瀬アリス)がオトリになり、盗撮犯・山根(金井勇太)との接触を測る・・・が、鰐淵五月(室井滋)を盗撮していた別の盗撮犯を捕まえることになってしまった!

 

捕まえた盗撮犯から、盗撮について詳しく聞く七人の秘書たち。
この盗撮犯は盗撮をただ単に楽しんでいるだけではなく、他の盗撮マニアに画像を褒められることが快感なのだという。
そしてマニアは盗撮画像を絶対に消さないとも言っていた。

 

マニアは盗撮した画像を消去しないと聞いた秘書たちは、山根のパソコンのデータを調べてみることにした。
山根がジムのプールで泳いでいる最中に、パソコンにハッキングするサラン(シム・ウンギョン)と七菜。
途中で見つかりそうになったので、望月千代(木村文乃)の泳ぎで山根の視界を遮った。

 

山根のスマホのデータをコピーはできたが、中には画像は残っていなかった。
今は山根の昇進をかけた大事な時期。
念入りに消去しているようだ。

 

「どんなに偉い人間も本当に大事な情報はデジタルではなく自分の手帳に書き写す」

 

萬敬太郎(江口洋介)はそう言う。
山根も盗撮画像を印刷して保存している可能性がある。
わずかの可能性をかけて探ってみることにする秘書たち。
しかし、山根の住んでいるマンションはセキュリティーが高い・・・。

 

そんな中、警視総監と警視庁警務部長・北島剛次(木下ほうか)が山根を食事会に誘う。
秘書の不二子(菜々緒)は、山根に報告。
しかしその日は、盗撮マニアたちが集う会の集会日だった。

 

警視総監たちとの会合当日。
不二子は山根に「本日の会合は延期になりました」と伝える。
山根は激怒。秘書である不二子に八つ当たりする。
しかしこれでマニアの集いに顔が出せる。

 

マニアの集いでは、自分の盗撮写真を見せ合う会だ。
山根もプリントアウトしてファイリングした自分の盗撮写真をマニアたちに見せる。
そこに警察がやってきた!

 

会場の職員に扮した秘書たちは山根を誘導。
山根が逃げ入った部屋では、北島と警視総監が食事をしていた。
追ってきた警察が「盗撮犯」として山根を捕まえようとするが、白を切る山根。
持っている写真も「押収したものだ」と言い春。
しかし警視総監は怪しんでいる。
山根の持っていたアルバムの写真の中に、山根が写り込んでいるの発見!

 

「ここに写っているのは君じゃないのか?」
山根は署に連行され、逮捕。実刑を下された。

 

「あれほど自粛しろと言ったのに・・・」
口を滑らせた北島も懲戒免職にされた。

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「七人の秘書」4話 感想・レビュー

面白いんだけど、絶妙にイライラするドラマだよね(΄◉◞౪◟◉`)

毎回、成敗方法がイマイチなんだよなぁ😩
警視総監が気づかなかったらどうするつもりだったんだろw
今までで1番ありえない成敗シーンだったかもしれん🙄

4話は菜々緒のメイン回でしたね。
私は七人の中では、不二子推しなので、菜々緒メイン回を楽しみにしていたのだけど、これはなかなか辛い過去だった。
あれってセクハラ通り越して強●未遂では。
山根よりも不二子をイジメたクソ男を成敗して欲しかったです・・・。

あとね、今回で実感したんだけど、登場人物たちの考え方に古さを感じてる。
例えば、菜々緒がJKに言っていた「一度逃げたら逃げ癖がつく」っていう言葉。
この場合、逃げることが間違いってわけでもないと思うんだけどな。
セクハラやひどい仕打ちに耐えながら頑張ってる不二子は偉いとは思うけど、自分と同じことをJKに求めるのはどうかと。

まあ、でも。結果的に盗撮犯を成敗できたのでこれでよかったんだけどね\(^o^)/

そんな感じで「七人の秘書」4話。
イライラしつつも、秘書たちのやり取りは楽しんでみてます(´・ω・`)
文乃ちゃんの過去、そして江口さんと岸部一徳さんの対決は楽しみ★

 

スポンサードサーチ

ドラマ「七人の秘書」5話 あらすじ

東都銀行の常務秘書・望月千代(木村文乃)は、幼い兄妹が東京都知事・南勝子(萬田久子)の乗った車に泥だんごを投げつけながら「僕たちの家を返せ!」と怒鳴っているところに出くわす。それを制止し、2人を家まで送っていくことにするが、着いたところは児童養護施設だった。千代が職員に話を聞くと、以前、勝子が老朽化した施設を“ハイクオリティーな児童施設”に新設すると公約したものの、突然その計画を撤回。しかし土地はすでに都のものになっているため、子どもたちはこの施設で暮らせなくなるという。しかも、どうやらこの決定には裏で財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)が絡んでいるようで…。
富裕層だけが得をして、子どもたちが泣きを見る、そんな都知事のやり方に憤った千代が秘書軍団にこの話をすると、都知事秘書・風間三和(大島優子)は、「そんなのよくあることでしょ?」と一蹴。三和の追い打ちをかけるような余計なひと言にカッとした千代と険悪ムードに…。さらに三和は、子どもたちを助けたいというほかのメンバーとも対立してしまい…?
そんな中、ラーメン店「萬」に粟田口がやって来る。表情を一変させた店主の萬敬太郎(江口洋介)に千代らの緊張感が高まる中、粟田口は自分の知り合いたちの悪事を暴き、世間から葬っているのが萬ではないかと疑いの目を向けて…?
一方、裕福な家庭に育ちながらも闇を抱えて生きてきた三和は、そんな自分を認めてくれた萬のために、粟田口と自分のボス・勝子をぶっ潰す決意を固める。秘書軍団は手始めに勝子の弱点を探し始めるのだが…?

(公式HP引用 https://www.tv-asahi.co.jp/7-hisho/)