【共演NG最終回】ネタバレあらすじ感想レビュー!オチまで不倫で笑ったw橋本じゅんの正体が謎。特別編あらすじも!

 

成瀬
こんにちは。成瀬です。

「共演NG」6話(最終回)を見たのでネタバレと感想を書きます。

ネタバレだけ感想だけを読みたい人はそれぞれ目次から飛んでね!

スポンサードサーチ

ドラマ「共演NG」基本情報

秋元康企画・原作のテレビ東京とFCCの共同制作ドラマ。
恋愛関係のもつれから25年前に破局して以来、共演NGとなっていた実力派俳優と人気女優がドラマ共演することになり、互いに火花を散らしつつも25年前のとある映像がきっかけで思わぬ展開に発展していく過程を描く。
新設された「ドラマプレミア10」枠にて2020年10月26日から放送スタートした。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スタッフ・キャスト

企画・原作 – 秋元康
演出・脚本 – 大根仁
脚本 – 樋口卓治
音楽 – 堀込高樹
主題歌 – Novelbright「あなたを求めただけなのに」

遠山英二 – 中井貴一
大園瞳 – 鈴木京香
遠山雪菜 – 山口紗弥加
古川しおり – 猫背椿
マーク野本 – リリー・フランキー
前島豊 – 小野塚勇人
出島徹太郎 – 里見浩太朗
小松慎吾 – 堀部圭亮
篠塚美里 – 若月佑美
内田梢 – 小野花梨
平田 – 中村無何有
佐久間純 – 細田善彦
加地祐介 – 小澤廉
木藤 – 政修二郎
市原龍 – 斎藤工
与謝野・M(マウリシオ)・リリカ – 瀧内公美
中川 – 橋本じゅん
戸沢寛治 – 岩谷健司
是枝育夫 – 迫田孝也
池田匠 – 岡部たかし
佐々木信也 – 森永悠希
楠木美和- 小島藤子
立木琴音 – 山谷花純

 

スポンサードサーチ

ドラマ「共演NG」6話(最終回) あらすじ

出島徹太郎(里見浩太朗)の役者魂を目の当たりにし、役が抜けず涙が止まらない大園瞳(鈴木京香)と遠山英二(中井貴一)の姿を見ていた遠山雪菜(山口紗弥加)は、2人に疑惑の目を向け、怒りをにじませていた…。

一方『殺したいほど愛してる』の撮影は終盤に差し掛かっていたが、また新たな問題が。最終話の台本のラストシーンが白紙のまま原稿が届かないのだ。現場スタッフは準備もできずに困惑…。しかも、アイドル女優・内田梢(小野花梨)はストーカー被害に悩まされ、新たなトラブルが発生する。

そんな中、英二と瞳は、それぞれの所属事務所社長のマーク野本(リリー・フランキー)、古川しおり(猫背椿)から意外な報告を受け驚く。

さらに、プロデューサーの元に届いた一枚の写真が最大のピンチを招く事に…。

そんな混乱を抱えたまま、ラストシーンの撮影ギリギリのタイミングで、ようやく市原龍(斎藤工)から台本が届く。しかし、そこに書かれていた場面は、英二には絶対に許すことができない「過去の事実」にそっくりの内容だった――。

果たして市原が最後に仕掛ける企みとは…?25年ぶりの共演となった英二と瞳のドラマは、無事クランクアップの日を迎えることができるのか?

(公式HP引用 https://www.tv-tokyo.co.jp/kyouen_ng/)

ここからネタバレあらすじ

英二(中井貴一)瞳(鈴木京香)は、それぞれの事務所の社長・マーク野本(リリー・フランキー)古川しおり(猫背椿)から結婚すると報告される。
驚きつつ祝福する英二と瞳。

 

市原(斎藤工)から最終話の台本が届いた。
最終話では、浩子(大園瞳)は亡くなった譲治(遠山英二)の妻にソックリだったということが明かされる。
譲治の妻は手首を切って自殺。
そしてラストシーンは雨の中の車中で撮影される。

 

過去の出来事とソックリのドラマの展開に戸惑う英二。
瞳は市原に物申す。
「私たち役者は与えられたことを演じるのが仕事です。
どんな役もどんなセリフも仕事として受けた異常、脚本に書かれた通りに演じる。
けど、そこに過去のプライベートまで重ねられてしまったらもう演技ではありませんし・・・」
「偶然ですよ」

 

確かに今回のドラマは、大園と遠山が付き合っていたという25年前のプライベートありきで作られている。
それは2人も承知の上。
その2人の恋愛ドラマとなるとどうしたって過去のことを想像する。
仮に想像が当たっていたとしても、それはフィクションなんだから演じるべきだと市原は言う。

 

「最初に言いましたよね。遠山英二と大園瞳が25年の時を経て再開した時、何が起こるのか何を見せてくれたのか。それを1番気にしてるのは僕なんです。見せてください。お二人の最高の演技を」

 

そんな中、英二が家に帰ると雪菜(山口紗弥加)が手首を切って倒れていた。
自殺を疑う英二だが、ミキサーを治そうとした事故だったらしい。

 

「わたしね、大好きなの。”殺したいくらい愛してる”。
今までの遠山英二の演技で1番好き。
いつもり全然かっこいいの。
でも、それって大園さんがいるからなんだよね。
悔しいけど、似合ってるもん・・・・。
でも、英二さんを思う気持ちはわたしの方が上。絶対に負けない。
だって遠山英二の1番のファンはわたしなんだもん」
「ありがとう」
「最後まで頑張ってね。あのドラマは2人じゃなきゃできないんだからね」

 

雪菜の応援もあり、英二はラストシーンを演じきることを決意。
ただし条件付き。
1つは自家用車のポルシェを使わせてもらうこと。
もう1つはヨコハマでのロケにしてもらうこと。

 

しかしスポンサーは自動車会社。
無茶な条件に頭を悩ますスタッフたち。
しかし部長・戸沢(岩谷健司)が市原に電話してスポンサー対応をお願い。
「ドラマはな!あんたの頭の中で作ってるんじゃない!現場で作ってんだよ!」
部長の熱弁に感動するスタッフたち。

 

ロケの件は、与謝野・M(マウリシオ)・リリカ(瀧内公美)がなんとかしてくれるらしい。
「わたしだって現場サイドですよ☆」
3ヶ月間で仲間意識が芽生えたみたい(笑)

 

ラストシーンのロケ当日。
ついに市原が現場に現れた。
市原は車椅子だった。5年前に事故にあったらしい。
「そんな訳で現場に来れずにすみません。やっぱりいいですね・・・撮影現場。いいなぁ」

 

ヒッチコックの言葉を引用する市原。
現場の雰囲気は昂まる。
そしてとうとう本番。

 

雨の中の車内で譲治と浩子は話す。
「あなたの気持ちを聞かせてくれませんか?」
「偽りのない本当の気持ちを言うわ。殺したいほど、愛してる。」
「僕も本当の気持ちを言う。殺したいほど、愛してる」
車内で熱いキスを交わす2人。

 

こうしてクランクアップ!

 

数日後。
瞳は韓国に旅立つ。
日韓共同の恋愛ドラマの出演が決まった。
出演を決めたのは、英二が家の前まで台本の読み合わせにきたあの日。

 

空港まで見送りに来た英二。
「大園瞳なら大丈夫だよ、元気で」
去り際に瞳は英二に質問。
「ねえ、また共演の話が来たらどうする?」
「断るよ。この先、俺たちはずっと共演NGだ。これ以上共演すると今度こそ本当に好きになってしまうから」

 

頷いて去って行く瞳。
だけど・・・もう1度振り返ってダッシュ。
そして英二に濃厚キス!
「殺したいほど、愛してる。さようなら、うんこ野郎」
「行ってこい、クソ女」

 

今度こそ本当に行ってしまった瞳。
英二は仕事の依頼の電話を受けながら、ふとテレビのニュースに目を向ける。
内田梢(小野花梨)池田匠(岡部たかし)が刺された!
2人を刺したのは池田の妻。
内田と池田は不倫関係にあり、腹を立てた妻が2人を刺した。
内田へのストーカー行為は妻の仕業だった。

 

【殺したいほど、愛してる】最終回は無事に放送できるのか!?

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「共演NG」6話(最終回) 感想・レビュー

けっこう綺麗にまとめられて面白い最終話だった。
んで、最後は笑った\(^o^)/

雪菜の件はちょっと強引に感じたけど、気持ちは伝わってきた。
嫉妬する気持ちも旦那を応援する気持ちもあるっていう複雑な心境。
怪演が目立つ山口紗弥加さんだけど、やっぱり細かい演技も上手だね😌
ご都合展開も山口紗弥加の演技に救われた感がある。

そしてラストには爆笑でした(΄◉◞౪◟◉`)
いきなり出て来た内田梢へのストーカー話はそういうことねw
しかも相手は監督かよ😂

篠塚の不倫騒動の時、仲の悪かった内田が味方してくれたのはそういうことかぁ〜🙄
不倫経験があったらそりゃあ結託するよな。

けど、内田は加地とデキてるのかと思ってた。
3話で内田は加地に耳打ちしたり親密そうだったよね🤔
もしかしてラストのオチは後付けなんだろうか!?
まあ面白かったからいいですけど。

とりあえず、加地くんだけ見せ場が少なくて気の毒w

ずーっとリモート出演だった斎藤工がやっと現場にやってきた。
まさかの車椅子で驚いたよ・・・(´・ω・`)
部長は市原が現場に出て来ないことを怒っていたけど、アレってあの場でいうセリフではなかったよね😂
スポンサー対応は別にショーランナーの仕事じゃないし、「現場に出て来ないんだから何とかしろ!」って無茶難題言ってるようにしか見えなかったw

市原の件はまあいいとして、橋本じゅんは何だったんろうか。
わたしはあの記者は市原たちとグルだったと思ってた。
そこら辺は来週の特別編で明らかになるんですかね?
どっちにしても「特別編は動画配信サービスで!」じゃなかったところは好印象!
来週も楽しみです\(^o^)/

 

スポンサードサーチ

ドラマ「共演NG」特別編 あらすじ

遠山英二(中井貴一)、大園瞳(鈴木京香)W主演の連続ドラマ『殺したいほど愛してる』は、紆余曲折を経て無事クランクアップ。新たな不倫の証拠写真を受け取ってしまった是枝育夫(迫田孝也)、戸沢寛治(岩谷健司)は、内心ドキドキしていたが、特に報道されることもなく、ショーランナーの市原龍(斎藤工)がもみ消してくれたんだろうと考えていた。
そんな中、テレビ東洋にスポーツ関東の中川(橋本じゅん)が現れ、「市原に独占インタビューをしたい」と意外な依頼をするのだった。
市原へのインタビューは、最終回の放送当日に行なわれることに。なぜ2人をキャスティングしたのか…?なぜ他のキャスティングまで共演NGだらけだったのか…?
異例となった制作発表会見の意図は…?絶妙なタイミングで不倫スキャンダルが発覚した理由は…?そして、最終回のラストシーンに込めた想いとは…?
インタビューを通して、今まで伏せられてきた市原の企みの「謎」と、その「真意」がすべて明らかになっていく。

(公式HP引用 https://www.tv-tokyo.co.jp/kyouen_ng/)