【和田家の男たち】1話ネタバレあらすじ感想レビュー!子猫の相葉くんと恋バナがしたいおじいちゃん。2話あらすじ

 

成瀬
こんにちは。成瀬です!

『和田家の男たち』1話を見たのでネタバレとレビューを書きます😌

ネタバレだけ感想だけ読みたい人は目次から飛んでね!

ドラマ『和田家の男たち』各話感想
1話感想 2話感想 3話感想 4話感想 5話感想 6話感想

 

スポンサードサーチ

【和田家の男たち】基本情報

ネットニュース記者の息子、テレビ局報道マンの父、新聞記者の祖父と、それぞれ異なったメディアに携わっている三世代のマスコミ一家「和田家」が織り成すホームドラマ。
2021年10月22日からテレビ朝日系の金曜ナイトドラマにて放送スタートした。

放送開始日 2021年10月22日
放送枠 テレビ朝日系「金曜ナイトドラマ」
公式HP https://www.tv-asahi.co.jp/wadake/
配信 ティーバー

 

スタッフ・キャスト

脚本 – 大石静
音楽 – ワンミュージック
監督 – 深川栄洋

和田優 – 相葉雅紀
和田秀平 – 佐々木蔵之介
和田寛 – 段田安則
和田りえ – 小池栄子
志麻さと美 – 石川恋
印田吾郎 – 駒木根隆介
三ツ村翔星 – 正門良規
滝口剛 – 岡部たかし
井上智子 – 宮澤美保

 

スポンサードサーチ

【和田家の男たち】1話 あらすじ

コロナ禍で14年勤めた会社が突然倒産し、生活費を稼ぐためデリバリーサービス『クイデリ』の配達員を始めた和田優(相葉雅紀)。ある日、配達先で、数年間疎遠になっていた父・秀平(佐々木蔵之介)と、秀平の父、つまりは祖父の寛(段田安則)と再会する!
優が10歳の頃、母のりえ(小池栄子)と再婚する形で優の父親となった秀平。26年前にりえが事故で亡くなってからは、父子2人で暮らしてきたが、社会人になったのをきっかけに優が独立してからは、なんとなく頻繁に連絡をとらなくなっていたのだ。

優が職を失ったことを知った秀平は、寛をひとりにしておくことへの不安もあり、「ここで3人で暮らさないか?」と提案を持ちかける。平日は帰宅が遅い秀平からの「うちのことをやってくれたら、今のバイト代の3倍は出す」という申し出にちょっぴり心が揺れた優は、そのまま押し切られる形で寛の家へと移り住むことに…。

こうして、数年来疎遠だったテレビ局報道マンの父、幼い頃に数回しか会ったことのない元新聞記者の祖父との共同生活が始まった優。初日の食卓から、さっそく寛と秀平が「報道のあり方」についての議論を交わすのを目の当たりにする中、優には大学時代のゼミの後輩・三ツ村翔星(正門良規)から、ネットニュース『バズとぴ』のライターをやらないかという誘いが舞い込む。数日前に寛から教えてもらった“すき焼きの裏技”についての記事で好感触を得た優は、寛と秀平に仕事が決まったことを意気揚々と報告するが…?
取材の対象的に、まったく交わることなどないと思っていた優と秀平だったが、ある出来事が意外な繋がりを導き出すことになり…!?

(公式HP引用https://www.tv-asahi.co.jp/wadake/)

ここからネタバレあらすじ

優(相葉雅紀)は、【バズとぴ】の取材で那須高原のアルパカを見に行く。

 

アルパカの可愛い写真も撮れて取材はうまくいったが、途中で雨が降ってきたので急いで帰宅。

 

優が帰宅すると、祖父・寛(段田安則)が1人で泣いていた。

 

「女にフラれたんだ」
まずいところを見たと、見ないフリをする優だったが、どうしても恋バナがしたい寛。

 

「あんたがいてよかった。誰もいなければ、1日泣いていただろう。子猫のようだな、本当にあんたは」

 

優は寛にアルパカの写真を見せて癒そうとする。
バカバカしくてまた泣き出す寛。

 

次の日。
秀平(佐々木蔵之介)は、【バズとぴ】にアップされたアルパカの写真を凝視。

 

「他にも写真はある?」

 

その写真には秀平が追っていた国土開発大臣と密談相手が写っていた。
この写真の前で国土開発省の内部告発者にインタビューをすればスクープとなる。

 

次の日。
秀平の番組で、国土開発省の密会現場がアルパカの写真と共にスクープされた。
勝手に写真を使われたことでショックを受ける優。
どうして写真を送った時に話してくれなかったんだろう。

 

秀平が帰宅すると、優は「どうして話してくれなかったのか」と問い詰める。

 

「何も言わないなんて・・・親子なのに!」
「親子だから家族だからは関係ない。優が知るべきことはただ1つだ。俺はプロで、優は素人だってことだ」

 

秀平に突き放されたのはこれで2度目だ。
母が死んだ時、秀平は母が死んだ理由を教えてくれなかった。

 

 

スポンサードサーチ

【和田家の男たち】1話 感想・レビュー

おもしろかった〜。

相葉くんって本当にザ・一般人役が似合うよな🤦‍♀️
貴族とか探偵とかより圧倒的に一般人役が合う。
国民的スターなのに😂

だけどこの優くん。
37歳にしてはちょっと幼い(΄◉◞౪◟◉`)
20代前半のような頼りなさがある。
おじいちゃんに子猫扱いされる理由もわかる。

パパが何も言わずに写真を使ったのは、まあ仕方ないよな。
大臣の密会疑惑なんて家族にも言えないことだよ🙄
撮影者を捏造されたんなら腹立つけど、引用元を記載してくれてるんだからいいじゃん。

しかし一般人が写り込んでるのにネットに写真上げるのはよくないよね😩
不倫や浮気などやましいことをしてる人はもちろん、ネットに顔を晒されるの嫌な人いっぱいいると思うよ
それに旦那や家族にDVされて逃げてる人とかも中にはいるだろうし。
「バズとぴ」さん、プライバシー意識どうなってんの🤦‍♀️

そこら辺ちょっと気になったけど、全体的に雰囲気は好きなドラマでした。

どうしてもフラれた話を聞いてほしいおじいちゃんがツボ☺️
このおじいちゃん、基本的に自己チューだけど憎めないよね。
一緒に暮らすのは勘弁だけど、ドラマ見てる分にはかなりおもしろい。

あ、あと53歳の佐々木蔵之介さんと64歳の段田安則さんが実の親子役なのはビックリでした。
みんな血が繋がってないとか、そういう事情があるのかと思ってた。
そこまで気にならなかったので別にいいですけど。

そんなこんなで【和田家の男たち】1話おもしろかったです。
次回も楽しみ!

 

 

スポンサードサーチ

【和田家の男たち】2話 あらすじ

ある日、和田優(相葉雅紀)のもとに結婚式の招待状が届く。差出人は3年前に「話がつまらない」という理由で優に別れを告げた元カノだった。
数日前に祖父の寛(段田安則)が「オンナにフラれた」と涙していたことを思い出した優は、寛と彼女・冬木亜蓮(草刈民代)とのなれそめを聞く。優はそのことを記事にするも、上司の三ツ村翔星(正門良規)から「ハイターゲットに向けた記事はいらない」とあっさりボツに!

元カノの結婚式に出席することに、寛と父の秀平(佐々木蔵之介)からアレコレ言われながら迎えた披露宴当日――優は会場で戸倉ほのか(宮澤エマ)と出会う。なんと、披露宴の途中にもかかわらず帰る、というほのかとともに会場を抜け出した優。自宅まで送ってもらう車の中で“マスコミ三世代”に感心され、「かっこいいお爺様とかっこいいお父様にもお目にかかりたい」というほのかに圧倒された優は、和田家に遊びに来たいという頼みを受け入れてしまう。
次の週末、和田家にやってきたほのかは、持ち前の知識と積極性で寛と秀平とあっという間に打ち解けた上、優に好意を示し、急接近するが…!?

(公式HP引用https://www.tv-asahi.co.jp/wadake/)

秋ドラマ感想一覧