【姉ちゃんの恋人6話】ネタバレあらすじ感想!みゆきの好感度爆上がり。元カノ登場に恐怖。7話あらすじも!

成瀬
こんにちは。成瀬です。

遅れましたが、「姉ちゃんの恋人」6話を見たのでネタバレと感想を書きます!

ネタバレだけ感想だけを読みたい人はそれぞれ目次から飛んでください★

ドラマ「姉ちゃんの恋人」各話感想リスト
1話 2話  3話  4話  5話  6話  7話  8話  9話(最終回)
「姉ちゃんの恋人」を無料視聴する方法!
FODプレミアムなら2週間無料で「姉ちゃんの恋人」が見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません。

スポンサードサーチ

ドラマ「姉ちゃんの恋人」基本情報

2020年10月27日からフジテレビ系「火曜21時枠」で放送開始された連続ドラマ。
ハロウィーンからクリスマスにかけて女手ひとつで弟3人を養う“肝っ玉姉ちゃん”が職場の男性と恋に落ちながらも懸命に生きていくさまを描くラブ&ホームコメディ。

無料トライアル期間中なら無料で見れちゃいます!
 

スッタフ・キャスト

脚本 – 岡田惠和
音楽 – 眞鍋昭大
主題歌 – Mr.Children「Brand new planet」

安達桃子 – 有村架純
吉岡真人 – 林遣都
浜野みゆき – 奈緒
安達和輝 – 髙橋海人(King & Prince)
中野藤吉 – やついいちろう
武内省吾 – 那須雄登(美 少年 / ジャニーズJr.)
臼井 – スミマサノリ
安達優輝 – 日向亘
安達朝輝 – 南出凌嘉
岸本沙織 – 紺野まひる
川上菊雄 – 光石研
吉岡貴子 – 和久井映見
市原日南子 – 小池栄子
高田悟志 – 藤木直人

 

スポンサードサーチ

ドラマ「姉ちゃんの恋人」6話 あらすじ

真人(林遣都)から過去の出来事について聞かされ、激しく動揺する桃子(有村架純)。しかし、自責の念で苦しむ真人が悪い人間だとはどうしても思えない。桃子は真人を抱きしめ、つらい気持ちに寄り添おうとするが、真人はそんな桃子の優しさを汚してしまうことを恐れ、桃子の思いを拒絶する。

家に帰ってきた桃子の泣きはらした顔を見た和輝(髙橋海人)たちは、真人との間に何かあったことを察する。すると翌日、3兄弟は偶然にも河川敷で真人と鉢合わせしてしまう。4人はそこで初めて言葉を交わし、真人は素直で姉思いの優しい弟たちに好意を抱くが、一方で、別の感情も湧き上がる。

そんな真人の気持ちは理解できるものの、それでも真人への想いを簡単に捨て去ることができない桃子は、ある決意を持って真人にメールを送り…。

(公式HP引用 https://www.ktv.jp/anekoi/)

ここからネタバレあらすじ

河原で3兄弟と出会ったマナト(林遣都)
何かあったのかと聞かれたマナトは「何もない」と答えて、兄弟たちとお茶する。

 

「姉ちゃんのどこが1番スキですか?」

偶然、通りかかった桃子(有村架純)が盗み聞きしようと近寄る・・・と坂から転げ落ちてしまった。
支えるマナト。
質問の続きが聞きたい桃子。
気まずいマナトは仕事の時間だと退散。

桃子はみゆき(奈緒)と恋バナ。
みゆきはマナトの素性に驚き、桃子の恋を反対する。
「必要なんだよ、あんたには反対する人が。こういう時、親だったら絶対反対するの」

 

親だったら嫌われても悪役になっても桃子を思って反対する。
だから桃子には反対する存在が必要だと言う。
おじさんが困っている今、それをやるのは自分しかいないと言うみゆき。

 

「そうい人を納得させるには幸せになるしかないんだよ。
だから私は反対する。そんなヤツやめとけ。
悔しかったら私に”だから言っただろ”って言われないようにしな!」

 

マナトへの思いを捨てきれない桃子は決意して、マナトにメール。
観覧車に乗ってゆっくり話をすることにした。
桃子は「事件についての本当のことを聞かせてほしい」とお願いする。

 

「ここに乗ってる時だけ弱い気持ちも話してください」

 

マナトは事件について語りはじめた。
マナトは、酔っ払ってわけがわからなくなって暴行事件を起こしたわけじゃない。
当時の恋人が乱暴されそうだったので守るためにやった。
だけど、恋人は乱暴されそうになった事実はないと証言した。
マナトはショックだった。
自分の頭がおかしくなったのかと思った。
でも、母は「彼女の親が世間の目を気にして乱暴されそうになったことを隠したのではないか」と言っていた。

 

「驚いたけど、ちょっと嬉しかったんだ。
俺の頭がおかしくなったんじゃないんだって。
俺がそれに乗っかることで彼女を守れたことになるんだな、って。
そう思って。そうだよな・・・守れるんだなって。だから否定しなかった。
でもやっぱりそれで自分の人生が終わっちゃうのは怖かったし刑務所行くのも怖かった。
後悔もした。たくさんした。違うって、俺はそうじゃないって言いたかったけど・・・。
諦めもした。もうどうせ元には戻れないしどうでもいいとも思った。
でも親に悪いなって・・・申し訳ないなって思って・・・
ごめん。そう言うこと・・・ごめん、うまく喋れない」

 

自分の気持ちを吐露するマナト。
マナトの話を聞いて桃子は泣きそうなる。

 

「あの・・・撤回します。さっき言ったこと、撤回します。
“恋人になれないの、分かりました”って言ったけど、撤回します。
もっと。もっと。もっと好きになっちゃいました。ごめんなさい。なっちゃいました」

 

桃子はマナトの涙を拭って手を握る。

 

「一緒に泣こう。で、一緒に笑おう。ね?わたしの恋人になってください」

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「姉ちゃんの恋人」6話 感想・レビュー

いや〜よかったよかった
めっちゃよかった。
感動した😭

マナトよかったね😭
桃子、マナトを受け入れてくれてありがとう。
これから幸せになってほしいけど・・・・次回予告に元カノ登場(΄◉◞౪◟◉`)

これっぽちも理解できなかった例の証言も親の仕業だとかなんとか。
だから元カノさんも悪い人じゃないのかなぁ😫
だとしてもマナトは桃子と幸せになるからほっといてくれ。
ホント・・・嫌なこと起きないでくれよ。

みゆきの好感度は爆上がり。
反対しつつホントは誰よりも応援してるって・・・こんないい友達いる?
久々にウルっときた(´・ω・`)
みゆき本当にいいやつ。
ってことで、そろそろ桃子もみゆきの話を聞いてやってくれ😂

最初は気持ち悪いくらいいい人ばかりな世界観に違和感だったんですけど、今回は全てが心地よかった。
弟たちもみゆきもオジさんも、藤木直人も、小池栄子も、気持ち悪いくらいにいい人の職場の人々もみんなよかった。

あと個人的に、悟志がマナトに言った「あると思うんだ人間には逃げてもいい時って。むしろ我慢せずに逃げろって時もあると思う。でもマナトにとってそれは今じゃない。絶対に逃げちゃダメだ。乗り越えるんだ」って言葉が好きだったな〜。

ただ逃げるなって言うのと説得力が全然違う。
説教感が全くないし、ホントいい上司だわ。
たまにノリについて行けないけど・・・マナトは事件前は陽キャだったし大丈夫そうw

そんな感じで、脱落しなくてよかったなと思えた回でした。
今回は苦手なノリも少なかったし良い回だった。
次回からもこれくらいのバランスでお願いしたい。

 

スポンサードサーチ

ドラマ「姉ちゃんの恋人」7話 あらすじ

過去を知ってもなお、自分を好きだと言ってくれる桃子(有村架純)の気持ちを受け入れ、恋人として付き合うことを決めた真人(林遣都)。貴子(和久井映見)は涙を流して喜び、新たな一歩を踏み出した息子を祝福する。桃子もまた、和輝(髙橋海人)たち3人の弟に真人への恋が実ったことを報告。桃子の幸せそうな笑顔に、弟たちも自分のことのように大喜びするが、真人の過去を知った和輝は後日、一人で真人のもとを訪ねて…。

日南子(小池栄子)、悟志(藤木直人)、菊雄(光石研)、そしてホームセンターのメンバーも、2人のことを祝福。みゆき(奈緒)もまた、桃子が選んだ道を応援する。そんな中、みゆきは意を決して和輝との関係を桃子に打ち明けることに。和輝が密かにみゆきに想いを寄せていて、みゆきもその気持ちを受け入れようとしていることを知った桃子は、驚きを隠せず…。

一方、かわいい部下の幸せを喜ぶ日南子の悟志への恋にも進展が…!?

(公式HP引用 https://www.ktv.jp/anekoi/)