【実写ドラマ岸辺露伴は動かない】1話「富豪村」ネタバレあらすじ感想!高橋一生に岸辺露伴は似合わない。2話あらすじも!

成瀬
こんにちは。成瀬です。

ドラマ『岸辺露伴は動かない』1話を見たのでネタバレと感想を書きます。

ネタバレだけ感想だけを読みたい人はそれぞれ目次から飛んでね!

↓2話の感想はこちら↓

岸辺露伴は動かない2話「くしゃがら」ネタバレ感想レビュー!世にも奇妙な物語的な不思議空間に引き込まれる。3話あらすじも!

2020.12.29

 

スポンサードサーチ

特集ドラマ『岸辺露伴は動かない』基本情報

荒木飛呂彦による大人気マンガ『ジョジョの奇妙な冒険』Part4『ダイヤモンドは砕けない』の登場人物である漫画家・岸辺露伴を主人公にしたスピンオフ作品『岸辺露伴は動かない』を実写ドラマ化。
2020年12月28日から30日にかけて3夜連続放送される。主演は高橋一生。
『岸辺露伴は動かない』から「富豪村」と「D・N・A」を、短編小説集から北國ばらっどによる「くしゃがら」を原作とする。

 

『岸辺露伴は動かない』スッタフ・キャスト

原作 – 荒木飛呂彦『岸辺露伴は動かない』、荒木飛呂彦(原作)・北國ばらっど(小説)『岸辺露伴は叫ばない 短編小説集』所収「くしゃがら」
脚本 – 小林靖子
音楽 – 菊地成孔
演出 – 渡辺一貴
撮影 – 山本周平
照明 – 鳥内宏二
録音 – 高木創
美術 – 磯貝さやか
編集 – 鈴木翔

岸辺露伴 – 高橋一生
泉京香 – 飯豊まりえ
平井太郎 – 中村倫也

1話ゲスト

一究 – 柴崎楓雅
泥棒A– 中村まこと
泥棒B– 増田朋弥
救急隊員– 坪根悠仁
大学教授– 佐々木睦
刑務官の声– 櫻井孝宏

 

スポンサードサーチ

特集ドラマ『岸辺露伴は動かない』1話「富豪村」あらすじ

周囲から隔絶された山奥に豪邸が立ち並ぶ「富豪村」。
所有者はいずれも各界で成功した大富豪ばかりで、20代でこの村の土地を所有して成功しているという。
ただし、ある条件をクリアしないと買うことが許されないらしい。
真偽を確かめるべく露伴(高橋一生)は、編集者の泉京香(飯豊まりえ)と共に富豪村に赴く。
そこで課されたのは奇妙な試験だった。それは「マナー」。
マナーに寛容はない。「正しい」か「正しくない」か…。

(HP引用 https://www.nhk.jp/p/ts/YM69Q8456J/episode/te/RY5RKGJPVG/)

ここからネタバレあらすじ

マナーを試される露伴(高橋一生)泉京香(飯豊まりえ)

 

京香は出されたお茶のティーカップの取っ手に指を突っ込んで持ってしまった。
マナー違反だ。

 

一究(柴崎楓雅)は、土地の売り主が2人に会うことはもう無いと告げる。
しかし諦めきれない泉は再トライを希望。

 

「失敗するごとに大切なモノを1つ失うことになります」
再トライは危険なものだったが、泉は了承。

 

そんな時、泉に恋人・平井太郎(中村倫也)から電話がかかってくる。
犬のマロンが危篤に陥ったらしい。
大切なモノが1つ失われる!?

 

さらに電話に出てしまったことでまたもやマナー違反。
電話越しに太郎が車と衝突する音が聞こえた。

 

泉はパニックに陥り、太郎のもとへ向かおうとする。
だけど今は再トライ中。
泉は廊下で気を失ってしまった・・・。

 

露伴はヘブンズ・ドアーを使って一究を本にして読む。
【僕は正門からの案内人 山の神の意思を伝える人 この山に入る時敬意無きマナー違反者は自身の大切なものをひとつ失う それは神聖なる土地の掟 1つ得るかひとつ失うか それは山の神からの罰 土地に敬意を払う者は成功の得 否なる者はひとつずつ失う】

 

「まずい。禁足地だったのはただの迷信じゃない・・・」

 

【他人の心を読もうとするなんて相手の敬意に欠けるマナー違反】

 

まずいぞ・・・。
マナー違反として利き手をダメにされた露伴。
目覚めた一究は露伴に帰ることを勧めるが・・・。
「だが断る!」
露伴は再トライにチャレンジ!

 

課題はトウモロコシ。
手で食べるべきか、悩む露伴。
だけど悩んでいるうちに料理が冷めてしまう。それこそマナー違反だ。

 

「お召し上がりにならないのですか?」
「食べる。この岸辺露伴をナメるなよ」

 

露伴はトウモロコシを手づかみで噛り付いた。

 

「なるほど。しかし片手というのは(笑)」
「それより、君。足元大丈夫か?」

 

露伴はヘブンズ・ドアーで一究に【畳の縁を踏む】と書き込んでおいた。

 

「イカサマだ!わたしがこんな初歩的なミスをするわけがない!」
「君の主人が決めるんだろう?」

 

露伴の利き手が動き出す。
どうやらトウモロコシは手づかみで正解だったらしい。
だけど正しくは両手で食べなくてはならない。
露伴のマナー違反を指摘する一究。

 

「マナーの本質とは相手を不快にさせない。思いやる気持ちにあるんだ。
君にそれがあったとは言えないよな?1つの違反に1つの代償だったよな?」

 

その頃。太郎とマロンも復活。
マナーに厳しい神は露伴の勝ちを認めた。
それでも一究は納得できない。

 

「全てのマナーにおいて最大のマナー違反。それは、マナー違反をその場で指摘することだ」

 

崩れ落ちる一究。
床を叩いて悔しがる。
露伴はこれ以上の再トライはしなかった。

 

泉京香も目覚めて一件落着。
だけど露伴は富豪村のことはマンガにしないと言う。

 

「あんなものを描いて読者が村に行ったらとんでもない。それこそマナー違反だ。僕が敬意を払うとしたら読者だけだ」

 

 

スポンサードサーチ

『岸辺露伴は動かない』1話「富豪村」感想・レビュー

岸辺露伴ではなかったけど、ちゃんと面白かった。

ジョジョの中では3部と5部の次に4部が好きなわたし。
そんなジョジョ4部「ダイヤモンドは砕けない」の中でも露伴は特に好き。
で・・・申し訳ないけど、高橋一生に岸辺露伴は似合わない。

けど、合わないってのは悪い意味ではなく、高橋一生バージョンの露伴も受け入れられるくらいのよさはあった。
独特の雰囲気っていうか、実写ならではの良さっていうか。
露伴ですら自分のものにしてしまう演技力。さすが高橋一生さん。

内容は原作とほとんど一緒だったけど、イギリス女王のマナー違反のウンチクとか露伴的最大のマナー違反とか、それっぽいことを並べて子どもを論破するシーンが付け加えられていたなぁ。
世にも奇妙な設定なのでなんとも言えないけど、あの子も主人に言われてやってるのにあんなに論破されて気の毒だった。床叩いて悲しがってたよ😰

あの子にマナー違反をその場で指摘させてたのは神々じゃんか。
あんだけ言われて露伴の味方する神々・・・性格悪🙄

だけど、子どもにも容赦しないとこは露伴ぽかったなぁ。
マナーの本質である思いやる気持ちは露伴が1番持ってなさそうだけどね(΄◉◞౪◟◉`)

あ、そうそう!
看守の声が櫻井孝宏でビックリ。
アニメ版露伴の声優をわざわざ呼ぶ徹底ぶり。
これはアニメへのリスペクトも忘れてなくて好感度アップ!(わたしはアニメは見てなくて原作派なんですけど)

イメージと違う部分はあったけど、ここまで丁寧に作ってもらったら大満足としか言いようがないです😌

実はわたし、高橋一生さんのこと好きでも嫌いでもなかったんですけど、2020年は彼の評価が爆上がりでしたね・・・。
「ロマンスドール」「スパイの妻」「竜の道」「岸辺露伴は動かない」全て良かった。
来年の「天国と地獄〜サイコな2人〜」にも期待です\(^o^)/

とりあえず3日連続でこのクオリティのドラマが観れるのは嬉しい。
明日は小説が原作の話みたい。
小説の方は未読なので新鮮な気持ちで見れそうで楽しみ!

 

スポンサードサーチ

『岸辺露伴は動かない』2話「くしゃがら」あらすじ

露伴は同僚の漫画家・志士十五から奇妙な相談を受ける。担当編集者から「くしゃがら」という言葉は使用禁止だと言われたのだ。しかしネットにもどんな辞書にも意味は載っていない。使うなと言われると使いたい。だが意味を知らないと使えない。「好奇心」の魔物にむしばまれ、十五は心身に異常をきたす。露伴が彼を「本」にするとそこには袋とじページが。袋とじの中に何かが蠢(うごめ)いていて…。

(HP引用 https://www.nhk.jp/p/ts/YM69Q8456J/episode/te/RY5RKGJPVG/)