【日本沈没―希望のひと―】6話ネタバレあらすじ感想!田所以外に学者はいないの?7話あらすじも。

 

成瀬
どうもこんにちは。成瀬です。

【日本沈没―希望のひと―】6話を見たのでネタバレと感想を書きます!

ネタバレだけ感想だけを読みた人は目次から飛んでください☆

【日本沈没―希望のひと―】 各話感想
1話感想 2話感想 3話感想 4話感想 5話感想 6話感想 7話感想

 

スポンサードサーチ

【日本沈没―希望のひと―】基本情報

2023年の東京を舞台に、日本の沈没という未曾有の危機を前に奮闘する人々を描くドラマ。
原作は小松左京の『日本沈没』、主演は小栗旬。
主要人物のほとんどがオリジナルキャラクターで構成されている。

放送開始日 2021年10月10日
放送枠 TBS日曜劇場
公式HP https://www.tbs.co.jp/nihon_chinbotsu_tbs/
配信 Netflixティーバーparavi(ダイジェスト)

トライアル期間中は無料で見れます! 

キャスト・スタッフ

原作 -小松左京『日本沈没』
脚本 -橋本裕志
演出 -平野俊一、土井裕泰、宮崎陽平
主題歌 -菅田将暉「ラストシーン」

天海啓示 – 小栗旬
常盤紘一 – 松山ケンイチ
椎名実梨 – 杏
相原美鈴 – 中村アン
石塚平良 – ウエンツ瑛士
山田愛 – 与田祐希(乃木坂46)
世良徹 – 國村隼
天海佳恵 – 風吹ジュン
天海香織 – 比嘉愛未
椎名和子 – 宮崎美子
生島誠 – 風間杜夫
東山栄一 – 仲村トオル
長沼周也 – 杉本哲太
里城弦 – 石橋蓮司
田所雄介 – 香川照之
天海衛 – 吉田鋼太郎(特別出演)
ナレーション – ホラン千秋

 

スポンサードサーチ

【日本沈没―希望のひと―】6話 あらすじ

日本未来推進会議に天海(小栗旬)が戻って来た。首都東京の復興に向けて、取り組む決意を誓い合う。
国民も日常を取り戻しつつあり、政府でも、復興に向けた議論が進められていた。
その復興計画をめぐり、東山総理(仲村トオル)と里城副総理(石橋蓮司)は再び対立。
関東沈没を経て、東山も里城に立ち向かう覚悟を決めていた。
しかし、東山主導のもと、未来推進会議が進めていた復興計画に突如ストップがかかる。里城が東山の覚悟を上回る奇策を講じてきたのだ。

そんな中、天海は田所博士(香川照之)に呼ばれる。
そこで伝えられたのは日本沈没、という事実。
1億2千万人の命を救うために、動かなくてはいけなくなる。
ただ、里城だけはその事実をいまだに認めていない。天海は独断で、国民の命を救うためにできることをやろうとするが、高い壁に阻まれる。

そんな中、衝撃の出来事が起こる!

(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/nihon_chinbotsu_tbs/)

6話ネタバレあらすじ

日本沈没説が浮上し、天海(小栗旬)たち日本未来推進会議は、国民の移民先を探す。
石塚(ウエンツ瑛士)のツテでオーストラリアに移民受け入れの交渉に行くが、断られてしまった。

関係が良好なオーストラリアから断れたことで、現実の厳しさを実感する天海。
オーストラリアには若い官僚が噂に振り回されただけだと、官房長官から火消しの電話を入れてもらって何とかなった。

総理は、札幌への都市分散と全ての復興工事の中止を決めた。
すぐに沈むものに無駄な金はかけられない。
復興予算は全て移民計画に回すらしい。

問題は移民を受け入れてくれる国をどう探すか・・・。
天海はいいアイデアを思いつく。
世界には日本企業の力を求めている国がたくさんある。
もし、優れた国の企業が丸ごと移転するなら発展途上の国からは歓迎されるかもしれない。

「日本企業の海外移転を条件に移民受け入れ作業を進展させられないか」というのが天海の提案。
例えば、生島自動車のような世界的な企業ならば先進諸国にとって強い交渉材料になる。

「しかし、企業側がそれに乗ってくれるかどうか」
「我々が乗ってくれるようにするんです!そうでもしない限り突破口が開けません」

真面目に話し合う天海と総理に余裕の里城(石橋蓮司)

「里城先生には何かお考えが?」
「日本は沈みませんよ」
「田所博士の予測を否定されるのですか?」
「沈没しなかったことについて考えるのも政治です」

天海の言うように日本企業を海外に売り飛ばした挙句、沈まなかったなんてことになったら目も当てられない。

里城は田所のインタビューの記事を天海たちに見せる。
まだ日本沈没は公表していないのに、新たな沈没が始まる事を匂わせる発言をしていた。

さらにDプランズ社が海外の土地を買いあさってる事を指摘。

「田所博士から情報が漏れてるんじゃないのかね?」

そんな中、椎名実梨(杏)は天海の家を訪ねる。
椎名は復興作業が中断されていることを疑問に思っていた。

「私の推測ですが、また沈没の恐れがあるんじゃないですか?前回よりも遥かに大きな第二波が・・・・私はこの国の危機に向き合うあなたの力になりたいんです」
「君のその気持ちは本当にありがたい。だけど、俺は・・・」

答えられないことなら何も言わなくてもいい。
だけど、何も言えないということは、沈没の恐れがあるということではないのか?
勘のいい椎名に何も言い返せない天海はビールを飲むしかなかった。

その頃、長沼(杉本哲太)は田所が日本沈没の機密情報をDプラン社に知らせた証拠を掴む。
やはり田所は詐欺師だったと言う里城。
日本沈没はDプランズを儲けさせるための狂言だと。
「もう答えは出たんです。日本は沈まないんです!」

次の日。田所の研究室に、東京地検が向かっていると情報が入る。
Dプランズ社から収賄を受け取ったとして任意連行される田所・・・・!!!
この先、誰がスロースリップの研究をする?

 

 

スポンサードサーチ

【日本沈没―希望のひと―】6話 感想・レビュー

田所以外にスロースリップの研究する学者おらんの?😂

序盤では否定されてた田所説だけど、マジで関東沈没したんだから後継者もっと増えててもいんじゃない?こんなことってある?

まぁ、ちょっと研究が当たったからって調子に乗りすぎだし、田所が嫌われるのも分かるけどw

ドラマ的にウザい里城だけど「日本が沈まなかった時のことを考えるのも政治」っていう意見は分からんでもないな。

うちら視聴者は、当然日本は沈没するもんだと思ってますけど、「ホントに沈むんか?」っていう思いがあるのも当然。
コロナ禍の世界になってもコロナを甘く見て飲み会を開くバカ、遊び歩くバカ、著名人にもたくさんいたもんね。

このドラマは超ファンタジーだとけど、毎回いろいろ考えさせられてます。

誰もが想像しなかったコロナ禍の世界になったんだから、日本沈没もありえない出来事ではないよね。
日本は地震大国だし沈没とまではいかなくても、日本に住めなくなる可能性はなくもない。

地方在住のわたしは余裕ぶっこいて見てたけど、関東沈没から日本沈没編に突入したので、もう他人事じゃないわ🙄
英語の勉強もっとがんばろうとか、焦る焦る〜😂

天海と椎名の関係性

ところで、杏ちゃんって偽装不倫とかに出てる頃より可愛くなってません?
離婚して綺麗になったような気がするわ。

このドラマでの椎名さんの役割って、記者としてというよりも主な視聴者である一般人目線だと思うんだよね。
関東沈没説の時、狂言だの騒ぎまくっていた政治家たちの中、椎名さんは唯一、家族を泣きながら心配していた。
椎名さんにはイチバン共感できるし、応援したくなる😌

今回、天海の家に上がって料理を作るシーンがあったけど、天海と椎名さんにはくっついて欲しい気持ちとくっついて欲しくない気持ちがある

個人的に恋愛より友情の方が尊いものだと思っていて、男女のバディモノだと思って見ていたら恋愛モノでしたってパターンは苦手。

だけど、香織のクソっぷりを見てると椎名さんと幸せになってくれ!っていう思いもある
だって小栗旬と杏って絵面が最強すぎません?

てかさ、天海が香織にフラれた理由がマジで分かんないんだけど?
仕事が忙しくて家族をないがしろにしてたから?
それだけで、エリート官僚と別れるか????

やっぱどう考えても香織側に問題があるよなぁ。
実際、新しい男いたもんな🙄

そんでやっぱ、オッサン達の言い争いばかり見せられると疲れるんすわ😩
前回は天海と常盤の友情に癒されたけど、今回は天海と椎名の関係に癒された。

これから2人の関係が進展するかは分かんないですが、椎名が「私はこの国の危機に向き合うあなたの力になりたいんです」って言ってくれたのには救われたなぁ😌

今となっては日本未来推進会議のみんなは仲間だけど、敵だらけだった天海の唯一の味方になってくれたのが椎名さんですよ。
やっぱもう天海にとって椎名さんはかけがえのない存在だよな😳

どっちに転んでもいいけど、2人の関係性には注目してます。

ってことで、【日本沈没―希望のひと―】6話は、田所以外の学者がいなくて唖然。
次回はジェンキンス教授が再登場して日本沈没を否定するらしい。
しばらくオッサンが言い争うだけのドラマが続くんか・・・?

なんか説明セリフばっかで飽きてくるよなぁ〜🙄
CGは金かかるしケチってんのかな?
まあ知らんけど、もう7話なんでそろそろ沈没してくださいよw

 

 

スポンサードサーチ

【日本沈没―希望のひと―】7話 あらすじ

日本沈没の機密情報を漏洩した疑いで、田所博士(香川照之)が東京地検特捜部に連行された。
国家機密とされていた日本沈没も里城副総理(石橋蓮司)主導のもと、なかったことにされようとしていた。

追い討ちをかけるように、著名なジェンキンス教授(モーリー・ロバートソン)も日本沈没を否定。企業の協力も得ることができず、天海(小栗旬)は、窮地に追い込まれる。

一方、Dプランズから政府に接触があり、海外の土地購入の話を持ちかけてくる。秘密裏に動くべく、その土地を東山総理(仲村トオル)は購入を決断。
そんな中、天海は椎名(杏)の協力を得ながら、田所を陥れたい人物を特定しつつあった。
その人物とは……?

そして、すべてが明らかになった時、世界との駆け引きが始まる。
はたして、日本人総移民の希望を見出すことができるのか。

(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/nihon_chinbotsu_tbs/)