【科捜研の男】2019年冬ドラマ・1月スタートドラマまとめ【3年A組 今から皆さんは、人質です】

 

2019年の1月にスタートする冬ドラマについて、続々と発表されてきているので個人的期待値を含めてまとめていこうと思います。

放送前に期待していなかったドラマほど面白かったりするので私の意見はあまり参考にせず読んでください(笑)

 

トレース〜科捜研の男〜

初回放送1月7日
フジテレビ系 月曜 午後9:00〜9:54

公式ホームページ

スッタフ・キャスト

原作 – 古賀慶「トレース~科捜研法医研究員の追想~」
脚本 – 相沢友子
演出 – 松山博昭、相沢秀幸、三橋利行
プロデューサー – 草ヶ谷大輔
主題歌 – 関ジャニ∞「crystal」

キャスト
真野礼二 – 錦戸亮
沢口ノンナ – 新木優子
虎丸良平 – 船越英一郎
海塚律子 – 小雪
相楽一臣 – 山崎樹範
水沢英里 – 岡崎紗絵
市原浩 – 遠山俊也
猪瀬祐人 – 矢本悠馬
沖田徹 – 加藤虎ノ介
江畑清志 – 篠井英介
沢口カンナ – 山谷花純

あらすじ

23年前の6月、当時小学生だった真野礼二は学校から帰宅後に、自宅で何者かに惨殺された家族の変わり果てた姿を発見する。葬儀で真野はこの事件の真相を自らの手で解明することを涙ながらに誓い、警視庁科学捜査研究所の法医科に所属する法医研究員となる。他の研究員とは異なり、推論や憶測ではなく、あくまでも鑑定結果を第一と考える。時に見解の違いから警察とぶつかることも多いのだが、警察が事件とは無関係であると判断した証拠品であっても、自身の中で納得が得られなければ、真野はあらゆる方法を駆使し徹底した鑑定を行う。そして、鑑定を行うことで被害者が現場に遺した無念を明らかにしていくことになる。(ウィキペディア引用)

期待値(個人的な意見)

科捜研の女と間違えそうなタイトル‥間違えて視聴者も増えるといいですね。
船越英一郎さん好きなので楽しみですが、プライベートでの出来事はもう大丈夫なんですかね?
ともあれ元気に仕事できてるようで良かった。

 

初めて恋をした日に読む話

TBS 火曜 午後10:00〜10:54

公式ホームページ

スタッフ・キャスト

原作 – 持田あき 『初めて恋をした日に読む話
脚本 – 吉澤智子
演出 – 福田亮介

キャスト
春見順子 – 深田恭子
八雲雅志 – 永山絢斗
由利匡平 – 横浜流星
山下一真 – 中村倫也

あらすじ

恋も受験も就職も失敗した32歳のアラサー女子・春見順子(深田恭子)は、やる気も希望も何もなくクビ寸前な三流予備校で講師をする日々を送っていた。そんな彼女のもとに突然、おバカ学校のピンクの髪をしたイケメン不良高校生・由利匡平(横浜流星)が「俺を東大に入れてくんない?」とやって来て――!? 名前を書けば入れるおバカ高校の生徒が東大合格なんて…ましてや東大受験に失敗した順子が人を東大に合格させるなんて…絶対に無理! そんな中、東大出のエリート商社マンで幼馴染の従兄弟・八雲雅志(永山絢斗)が海外赴任から帰ってくるなり、順子に突然のプロポーズ!? さらに匡平の高校の担任教師が、順子と同級生でかつて唯一順子に告白をしてきてくれた山下一真(中村倫也)で…。

順子の気付かぬところで恋のフラグが立っている!? 匡平の東大受験という転機を迎えて、人生を取り戻し、ドキドキでキュンキュンな驚きの出来事がいくつも待ち受けていようとは思いもせずに…。いちいち残念な32歳しくじり鈍感女子は、運命の恋に巡り会うことができるのか!?(公式ホームページ引用

期待値(個人的な意見)

とりあえず、永山絢斗と横浜流星と中村倫也に取り合われるってことですよね!?
羨ましくて死にそう。
それだけで見る価値はあるし、深キョンは個人的に好きなので楽しみです。
アラサー女子の恋愛ドラマって割と面白い作品が多いのでそこも期待しています。

 

後妻業

初回放送1月22日
フジテレビ 火曜 午後9:00〜9:54

スタッフ・キャスト

原作 – 『後妻業 』黒川博行
脚本 – 関えり香

キャスト
武内小夜子 -木村佳乃
柏木亨-高橋克典
本多芳-伊原剛志
中瀬朋美-木村多江

あらすじ

資産家の老人を狙って遺産相続目当ての結婚詐欺を行う、後妻業を生業とする関西弁の悪女・武内小夜子をはじめとする登場人物たちが、大阪を舞台に大人のラブサスペンスを繰り広げる。

期待値(個人的な意見)

原作がしっかりしていることもあり、めちゃくちゃ楽しみです。
僕のやばい妻にはどハマりしていたので木村佳乃さんが主演というのにも期待値大。

 

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

初回放送1月10日
フジテレビ 木曜 午後9:00〜9:54

公式ホームページ

スタッフ・キャスト

脚本 – 倉光泰子

キャスト
氷見江 – 竹内結子

あらすじ

緻密な戦略を持ち、嘘すらも正義に変える力を持つ氷見江は法廷ではなく、様々なジャンルのスキャンダルや社会的トラブルの裏側を専門に扱う危機管理専門の弁護士。社会的窮地に陥ったクライアントをほぼ100%に近い確率で救ってきた敏腕スピン・ドクターでもある。氷見には「危機にある女性の最後の砦」という信念があり、どんな危機的状況に陥っても決して諦めることを知らない。どれほどの逆境に陥ろうとも決して匙を投げることはせず、あらゆる手段を講じてでも逆境を覆すことを疎かにしない氷見は、スキャンダルによって社会的ダメージを受けて苦しむ世の女性の心に真摯に向き合い、時には人心掌握術を駆使して打開策を切り開いていく。(ウィキペディア引用)

期待値(個人的な意見)

スキャンダルによって苦しむ女性を助ける弁護士ドラマらしいです。
まだ詳しいことがよくわからないので随時更新します。

 

メゾン・ド・ポリス

TBS 金曜 午後10:00〜10:54

公式ホームページ

スッタフ・キャスト

原作 – 加藤実秋 『メゾン・ド・ポリス』シリーズ
演出 – 佐藤祐市

キャスト
牧野ひより – 高畑充希
夏目惣一郎 – 西島秀俊
高平厚彦 – 小日向文世
藤堂雅人 – 野口五郎
迫田保 – 角野卓造
伊達有嗣 – 近藤正臣

あらすじ

柳町北署の新人刑事・牧野ひより(高畑充希)は念願かなって刑事課に配属されて2年目、やる気に満ち溢れていた。そんなある日、所轄内で人が焼かれる動画が投稿サイトにアップされるという事件が発生。捜査本部は5年前に起きた焼殺事件の模倣犯と見て捜査を開始。ひよりは事件の手がかりを探るべく、「デスダンス事件」と呼ばれたその5年前の事件を担当していた元刑事・夏目惣一郎(西島秀俊)から話を聞くため、高級住宅街にある古びた洋館を訪れる。

この洋館には、館のオーナーであり元警察庁のキャリア・伊達有嗣(近藤正臣)、ジャージ姿で新聞を読んでいる現場主義の元所轄の熱血刑事・迫田保(角野卓造)、キザな口調でひよりに近寄ってくる元科学捜査のプロ・藤堂雅人(野口五郎)、管理人として家事全般を担当する元警務課勤務・高平厚彦(小日向文世)、そして高平の下で雑用係をしている元警視庁捜査一課の敏腕刑事・夏目が暮らしていた。ここは元警察官のおじさんばかりが共同生活を送るシェアハウスだったのだ。

ひよりは夏目に話を聞きにきたのだが、当の夏目は口を割ろうとせず藤堂や迫田のペースで事が進んでいく。警察を退職した、いまや一般人のおじさんたちが捜査に介入しようとすることにひよりは慌てるが、「上には私が一声かけておきましょう」という伊達の謎の一言で話は進んでいってしまう。

こうしてひよりとおじさんたちの不思議な捜査会議が始まった。老眼、腰痛、高血圧だが捜査の腕は超一流のくせ者おじさんたちと共に、ひよりは事件を追っていくことになるのだが──。(公式ホームページ引用

期待値(個人的な意見)

退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れた主人公の新人刑事が、ワケありの“おじさま”たちに振り回されながら事件を解決していく一話完結のドラマと聞いて期待しかないです。
まず、1話完結のドラマってだけで気軽に見れるし、設定が斬新でいい。

高畑充希と西島秀俊とかなんてとと姉ちゃん。
キャスティングの面でも楽しみです。

 

3年A組 今から皆さんは、人質です

2019年1月スタート
日テレ 日曜 午後10:30〜

公式ホームページ

スッタフ・キャスト

脚本 – 武藤将吾
演出 – 小室直子、鈴木勇馬、水野格
音楽 – 松本晃彦
主題歌 – ザ・クロマニヨンズ『生きる』

柊一颯 – 菅田将暉
茅野さくら – 永野芽郁
逢沢博己 – 萩原利久
秋庭凛 – 秋田汐梨
石倉光多 – 佐久本宝
浅見沙也 – 若林薫
甲斐隼人 – 片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
魚住華 – 富田望生
里見海斗 – 鈴木仁
宇佐美香帆 – 川栄李奈
須永賢 – 古川毅(SUPER★DRAGON)
景山澪奈 – 上白石萌歌
瀬尾雄大 – 望月歩
金沢玲央 – 新條由芽
立野寛人 – 森山瑛
河合未来 – 搗宮姫奈
中尾蓮 – 三船海斗
熊沢花恋 – 堀田真由
西崎颯真 – 今井悠貴
小宮山愛華 – 日比美思
兵頭新 – 若林時英
諏訪唯月 – 今田美桜
不破航大 – 飛田光里
辻本佑香 – 大原優乃
真壁翔 – 神尾楓珠
花岡沙良 – 横田真悠
光永葵 – 西本銀二郎
堀部瑠奈 – 森七菜
柳本稔 – 高尾悠希
水越涼音 – 福原遥
結城美咲 – 箭内夢菜
武智大和 – 田辺誠一
森崎瑞希 – 堀田茜
市村浩一 – ベンガル
坪井勝 – 神尾佑
佐久間現 – バッファロー吾郎A
郡司真 – 椎名桔平
宮城遼一 – 細田善彦
五十嵐徹 – 大友康平
相楽文香 – 土村芳
相楽孝彦 – 矢島健一

あらすじ

鳴り響く爆発音。騒然とする生徒たち。
『教師=生徒』の関係は一言で『犯人=人質』へ変貌を遂げる。
この瞬間から教師と29人の人質生徒による、
『最後の授業』が始まった―――。
最後の授業……、それは数ヶ月前に自ら命を落とした『ある一人の生徒の死の真相』について。
遺書もなく、何かを告げることもなく、突然この世を去ったかつての学園のスター生徒。
29人の生徒は1人の教師に人質に取られ、自ら蓋をし、目を背けていたその『真実』と向き合うことに。
なぜ、生徒は突然命を落としてしまったのか。
なぜ、教師は「人質」というセンセーショナルな方法を取って最後の授業を行うのか……。

謎と事件が連鎖的に絡み合う、一人の教師の『最後の授業』!
たった10日間という日々を描き、死ぬ気で生きる人々を紡ぐ超限定的連続ドラマ!
誰も想像していない衝撃的学園ミステリーがここに開幕!
―――この真相を知るまで、誰も卒業なんかできない。(公式ホームページ引用

期待値(個人的な意見)

菅田将暉主演ってことで一応1番期待してます。
設定も面白そうだし、10日間という立てこもりの日々を連続ドラマとして描くって斬新すぎて。
まだ発表されてないキャスティングなどは随時更新していきます。

 

まとめ

と、まだ発表されていないことも多いですが、2019年の冬ドラマの情報が解禁されてきましたね。
追加キャストなどは随時更新していく予定です。

今の時点で気になるドラマは『3年A組 今から皆さんは、人質です』と『メゾン・ド・ポリス』『後妻業』の3つです。
しかしここで挙げた作品はそこまでハマらないという前例があるので、まだ一概に言えません。

私は期待を持っていない作品の方に実はどハマりしたりしちゃう傾向にあるようです。