【2020年冬ドラマ】1月期スタートドラマ一覧!期待値キャストなど。【テセウスの船/絶対零度】

こんにちは!成瀬です。

2020年冬ドラマの情報が早くも発表されはじめたのでまとめていきます。

成瀬
この記事は情報が発表され次第、随時更新予定です。

 

 

スポンサードサーチ

2020年冬ドラマ早見表

 

月曜 【フジ月9/沢村一樹主演】『絶対零度』
火曜 未定
水曜 【テレビ東京ドラマホリック/中島裕翔主演】『僕はどこから』
木曜 未定
金曜 【TBS金曜ドラマ/伊藤英明主演】『病室で念仏を唱えないでください』
土曜 【NHK土曜21時/柄本佑主演】『心の傷を癒すということ』
【NHK土曜23時30分/前田敦子主演】『伝説のお母さん』
日曜 【NHK大河ドラマ/長谷川博己主演】『麒麟がくる』
【日曜劇場/竹内涼真主演】『テセウスの船』
【日曜ドラマ/清野菜名・横浜流星W主演】『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』

【フジ月9/沢村一樹主演】『絶対零度』

フジテレビ系で断続的に放送している刑事ドラマシリーズ4度目の連続ドラマ化。
主演はSeason3に引き続き沢村一樹。
1月6日放送開始予定。

スッタフ・キャスト

脚本 – 浜田秀哉
音楽 – 横山 克
企画 – 稲葉直人
プロデュース – 永井麗子、関本純一
演出 – 石川淳一、品田俊介 他

井沢範人 – 沢村一樹
山内徹 – 横山裕
小田切唯 – 本田翼

 

【テレビ東京ドラマホリック/中島裕翔主演】『僕はどこから』

市川マサによる同名漫画をHey! Say! JUMPの中島裕翔主演で実写ドラマ化。
共演には間宮祥太朗。
特殊な能力を持つ青年&エリートヤクザの青春異能クライムサスペンス!

スッタフ・キャスト

原作 – 市川マサ『僕はどこから』
監督 – 瀧悠輔、熊坂出、大内隆弘
脚本 – 髙橋泉

竹内薫役 – 中島裕翔
藤原智美役 – 間宮祥太朗

『僕はどこから』あらすじ

文章を書き写すことで、他人の思考をコピーできる小説家志望の青年・竹内 薫。
認知症を患う母と二人暮らしをしながら、今日も一心不乱に原稿に向かっている。
薫の前には類まれなる能力を持ちながらも、その能力ゆえに「自分独自の作品」が作れないという大きな壁が立ちはだかっていた。必死に母を介護しながら自分の夢と現実にもがく薫になおも降りかかる「母の事故」という悲劇。
自分の存在意義を見失い、母の入院費用さえままならない薫は一人呟いた…

――僕は…僕はどこから…来るんですか…

絶望に暮れる薫の所に元同級生の講談会系東宮寺組最年少組長・藤原智美が現れる。

――お前まだ…他人の頭で考えること出来るな?

――お前に、すげぇ景色、見せてやるよ

智美が莫大な報酬と共に提示したのは、とある家庭の息子を一流大学に入学させる、いわゆる替え玉受験の仕事。薫はその異能を活かして成功直前までこぎつけるが、予想だにしない大きな流れに飲み込まれることになる。

薫の先に待つものは光か闇か…
人生に追い詰められた薫が、智美の導きで“自分さがし”を決意するとき、
大いなる犯罪の幕が上がる――!!

(公式ホームページ引用 https://www.tv-tokyo.co.jp/bokudoko/)

スポンサーリンク


 

【TBS金曜ドラマ/伊藤英明主演】『病室で念仏を唱えないでください』

僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマである。
主演の伊藤英明は『孤独の賭け~愛しき人よ~』以来、12年ぶりにTBSドラマの主演を務める。
原作はビッグコミック増刊号で現在も連載中のこやす珠世による同名漫画。

スッタフ・キャスト

原作 – こやす珠世『病室で念仏を唱えないでください』
脚本 – 吉澤智子
編成 – 渡瀬暁彦
演出 – 平野俊一、岡本伸吾、泉正英
プロデューサー – 峠田浩

松本照円(照之) – 伊藤英明
濱田達哉 – ムロツヨシ
児嶋眞白 – 松本穂香
三宅涼子 – 中谷美紀

 

【NHK土曜21時/柄本佑主演】『心の傷を癒すということ』

2020年1月18日(土)から2月8日(土)まで放送される。
阪神・淡路大震災発生時、自ら被災しながらも、他の被災者の心のケアに奔走した若き精神科医・安克昌氏の生涯を描くオリジナルヒューマンドラマ。

スッタフ・キャスト

制作統括 – 城谷厚司
プロデューサー – 京田光広、堀之内礼二郎、橋本果奈
演出 – 安達もじり、松岡一史、中泉慧

安和隆 – 柄本佑
安終子 – 尾野真千子
安哲圭 – 石橋凌
朴美里 – キムラ緑子
安智明 – 森山直太朗
安壮介 – 上川周作

湯浅浩二 – 濱田岳
谷村英人 – 趙珉和
ジャズ喫茶のママ – 濱田マリ

北林医師 – 浅香航大
新島看護師 – 平岩紙
永野良夫 – 近藤正臣

『心の傷を癒すということ』あらすじ

ジャズピアノはプロ級の腕前、レコードと読書をこよなく愛する“はにかみ屋”の若手精神科医・安和隆(柄本佑)。自分の居場所を探し続ける青年時代を送ってきたが、明るい妻・終子(尾野真千子)と出会い、同じ在日としての悩みを共にできたことでようやく心穏やかな日々を送る。第一子が誕生した直後、阪神・淡路大震災が起きる。精神科医としてできることは何か・・・模索の日々が始まる。和隆は被災者に寄り添い話を聞き続ける中で、精神科医にできることは、被災者を治療することではなく、治癒力を回復させる手助けをすることだと気づいていく。その後、精神科医として見た被災地の様子を一冊の本にまとめ、学芸賞を受賞。明るい兆しが見えはじめた、39歳のある日、がんが発覚する。

(引用元 https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/411467.html)

 

【NHK土曜23時30分/前田敦子主演】『伝説のお母さん』

2020年2月1日にスタートする。
総合毎週土曜よる11時30分から11時59分まで。NHKよるドラ枠にて放送。
主人公は伝説の魔法使い・メイ。
ドラゴンクエストやファイナルファンタジーを彷彿とさせるロールプレイングゲームを舞台に、待機児童にワンオペ育児などの無理ゲーな問題山積みの子育てを“ファンタジーなのにリアル”に描く。

スッタフ・キャスト

原作 – かねもと「伝説のお母さん」
脚本 – 玉田真也、大池容子
主演 – 前田敦子
制作統括 – 松川博敬、篠原圭
プロデューサー – 上田明子
演出 – 村橋直樹、佃尚能、二見大輔

『伝説のお母さん』あらすじ

かつて闇の力で世界を支配しようとした魔王を撃退し、世界の平和を取り戻した「伝説の勇者一行」。
この聖戦に参加した伝説の魔法使い・メイ(前田敦子)は、訪れた平穏な日々の中、めでたく第1子を出産。
専業主婦としてワンオペ育児に奮闘する日々であった。そんなある日、魔王の封印が解かれ復活したという知らせが届く。国王は伝説の一行に魔王討伐の命を下す。しかし、彼女は言う。

「無理です、だって……保育所が空いてないんです!!」

はたしてメイは数々の障壁を乗り越えて「育児」と「世界平和」の両立を実現することができるのか!?
(引用元 https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/414066.html)

成瀬
「腐女子、うっかりゲイに告る。」や「だから私は推しました」などで話題のよるドラ。
今度の舞台はRPG!あっちゃんの魔法使い役楽しみです😌

 

【NHK大河ドラマ/】『麒麟がくる』

2020年(令和2年)1月から放送予定のNHK大河ドラマ第59作。
放送開始は2020年1月5日の予定。
明智光秀の生涯を描く。主演は長谷川博己。

スッタフ・キャスト

脚本 – 池端俊策 / 前川洋一 / 岩本真耶
制作統括 – 落合将
音楽 – ジョン・グラム
語り – 市川海老蔵

明智光秀 – 長谷川博己
駒 – 門脇麦
菊丸 – 岡村隆史
牧– 石川さゆり
明智光安 – 西村まさ彦
織田信秀 – 高橋克典
平手政秀 – 上杉祥三
土岐頼芸 – 尾美としのり
斎藤義龍/高政– 伊藤英明
帰蝶/濃姫 – 沢尻エリカ
織田信長 – 染谷将太
望月東庵 – 堺正章
斎藤道三/利政 – 本木雅弘
煕子– 木村文乃
深芳野 – 南果歩
稲葉良通 / 一鉄 – 村田雄浩
藤田伝吾 – 徳重聡
今川義元 – 片岡愛之助
太原雪斎 – 伊吹吾郎
土田御前– 檀れい
藤吉郎 – 佐々木蔵之介
徳川家康 – 風間俊介(幼少 – 岩田琉聖)
足利義輝 – 向井理
足利義昭 – 滝藤賢一
三淵藤英 – 谷原章介
細川藤孝 / 幽斎 – 眞島秀和
松永久秀 – 吉田鋼太郎
伊呂波太夫 – 尾野真千子

 

【日曜劇場/竹内涼真主演】『テセウスの船』

平成元年に起きた謎の連続毒殺事件。
容疑者として逮捕された男の息子である主人公が、事件直前にタイムスリップして驚愕の真実にぶちあたる!
モーニングにて連載されていた東元俊哉の同名漫画を竹内涼真主演で実写ドラマ化。

スタッフ・キャスト

原作 東元俊哉「テセウスの船」
脚本 – 高橋麻紀
プロデューサー – 渡辺良介、八木亜未
演出 – 石井康晴、松木 彩、山室大輔

田村心 – 竹内涼真
佐野和子 – 榮倉奈々
田村由紀 – 上野樹里(特別出演)
佐野文吾 – 鈴木亮平

『テセウスの船』あらすじ

平成元年に起きた謎の連続毒殺事件…
犯人は、父親──!?
事件直前にタイムスリップした息子は
驚愕の真実にぶちあたる!

“俺の父親は、本当に犯人なのか!?”

事件によって失われてしまった
家族の笑顔を取り戻すため
父の無実を信じて立ち上がる息子。

時代を超えた“父と子の絆”に奇跡は起こるのか──!?

『この謎に、涙する』
(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/)

成瀬
原作漫画の大ファンなので実写化はかなり楽しみ^^
内容がファンタジーすぎて不安だが。

【漫画】テセウスの船を読んだ感想と考察。犯人は誰?【ミステリー】

2018.09.29

 

【日曜ドラマ/清野菜名・横浜流星W主演】『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』

驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと彼女を操る男・飼育員さんの“令和の最凶バディ”が、「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロつける、アメコミのような痛快さと先の読めない謎が加速する新時代のシニカルミステリー。

スッタフ・キャスト

プロデューサー – 福田浩之

清野菜名
横浜流星

 

その他、随時更新予定。