【Diner ダイナー/アルキメデスの大戦】2019年7月に公開されるオススメ映画一覧【天気の子】

 

毎月恒例となっている来月公開される映画の個人的な期待値とあらすじなどを紹介していきます!

ずっと楽しみにしていた蜷川実花監督の『Diner ダイナー』と新海誠監督の『天気の子』がやっと観れるので楽しみにしていた7月です😌

やはり7月は夏休みに入ることもあってアニメ映画が多いですね🤔
今回は『トイ・ストーリー4』や『ペット2』の紹介は省かせていただきます。

Diner ダイナー

2019年7月5日公開予定。
平山夢明の小説『DINER ダイナー』を藤原竜也主演で映画化。
『さくらん』『ヘルタースケルター』の蜷川実花がメガホンを取る。

スッタフ・キャスト

原作 – 平山夢明『DINER ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
監督 – 蜷川実花
脚本 – 後藤ひろひと、杉山嘉一、蜷川実花

ボンベロ – 藤原竜也
オオバカナコ – 玉城ティナ
スキン – 窪田正孝
キッド – 本郷奏多
ブロ – 武田真治
カウボーイ – 斎藤工
ディーディー – 佐藤江梨子
ブタ男 – 金子ノブアキ
マテバ – 小栗旬
マリア – 土屋アンナ
無礼図(ブレイズ) – 真矢ミキ

映画『Diner ダイナー』あらすじ

ようこそ、殺し屋専用のダイナー<食堂>へ
そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用のダイナー<食堂>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。

「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒まで俺に従う。」
日給30万の怪しいアルバイトに手を出したオオバカナコは、ウェイトレスとして売られてしまう。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる――!

(公式ホームページ引用 http://wwws.warnerbros.co.jp/diner-movie/about.html)


成瀬
予告を見るだけで伝わってくる蜷川実花監督らしい世界観!
蜷川実花さんの写真好きなので、それだけで観るの確定です😌

監督の過去2作品とは打って変わってファンタジーチックなストーリーなのも気になってます。

 

 

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION

2019年7月12日公開予定。
『ポケットモンスター』の劇場用映画第22作目の作品である。
1998年に公開された劇場版ポケットモンスター第1作目『ミュウツーの逆襲』を全編フル3DCGで描くリメイク作品。
キャッチコピーは「最強とは何か――」「原点にして最高峰」。

スッタフ

原案 – 田尻智
監督 – 湯山邦彦、榊原幹典
脚本 – 首藤剛志
音楽 – 宮崎慎二
音響監督 – 三間雅文

映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』あらすじ

「清らかな心と、会いたいと強く願う気持ち」その二つをもつ冒険者の前にだけ姿を表すという幻のポケモン・ミュウ。
全てのポケモンの”はじまり”と言われ、世界中のポケモン研修者が行方を追うなか、ついに一人の科学者がミュウの化石を発見し、それを元に神をも恐れぬ禁断の行為に手を染めてしまう。

「ここはどこだ‥‥。わたしは誰だ‥‥。」

最強のポケモンをつくりたいという人間のエゴによって、この世に産み落とされた伝説のポケモン。その名もミュウツー。
存在する理由も分からないまま、最強の兵器としての実験を繰り返されるミュウツーは、その心の中に、自分を生み出した人間に対する憎悪の念を宿していくーーーー。

「これは、わたしを生み出した人類への、逆襲だ!」

(公式ホームページ引用)

成瀬
ポケモン世代としては嬉しいリメイク!
昨年亡くなられた石塚運昇さんもプレスコ手法で出演しており、石塚さんの遺作の1つとなりました。

 

天気の子

2019年7月19日公開予定。
大ヒット映画『君の名は。』の新海誠監督が手がける、3年ぶりの劇場用アニメーション映画である。
『君の名は。』に引き続きRADWIMPSが音楽を担当している。

スッタフ・声の出演

原作・脚本・監督 – 新海誠
音楽 – RADWIMPS
主題歌 – RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」「グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子」

森嶋帆高 – 醍醐虎汰朗
天野陽菜 – 森七菜
須賀圭介 – 小栗旬
夏美 – 本田翼
冨美 – 倍賞千恵子
天野凪 – 吉柳咲良
安井 – 平泉成
高井 – 梶裕貴

映画『天気の子』あらすじ

「あの光の中に、行ってみたかった」
高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高。
しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、
怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。
彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。
そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。
ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。
彼女には、不思議な能力があった。
(公式ホームページ引用 https://www.tenkinoko.com/)

成瀬
『君の名は。』から3年かあ🙄
前作を越すのには難しいかもしれませんが、予告を見る限りめちゃくちゃ面白そう!!!

 

東京喰種 トーキョーグール【S】

2019年7月19日公開予定。映倫区分はR15+指定となる。
石田スイ原作の『東京喰種トーキョーグール』を2017年に続いて2作目の実写映画。
霧島董香役は清水富美加から山本舞香に変更された。

スッタフ・キャスト

原作 – 石田スイ「東京喰種トーキョーグール」
監督 – 川崎拓也、平牧和彦
脚本 – 御笠ノ忠次
音楽 – 小田朋美、菊地成孔
主題歌 – 女王蜂「Introduction」

金木研(カネキ) – 窪田正孝
霧島董香(トーカ) – 山本舞香
亜門鋼太朗 – 鈴木伸之
永近英良(ヒデ) – 小笠原海
西尾錦(ニシキ) – 白石隼也
西野貴未 – 木竜麻生
小坂依子 – 森七菜
笛口雛実(ヒナミ) – 桜田ひより
芳村 – 村井國夫
イトリ – 知英
マーガレット – マギー
ダンカン
四方蓮示 – 栁俊太郎
ウタ – 坂東巳之助
月山習 – 松田翔太

映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』あらすじ

不慮の事故により、人を喰らわらないと生きられない【喰種】と人間のハーフになってしまったカネキ(窪田正孝)。
葛藤を抱えながらも、トーカ(山本舞香)や喰種たちが集う喫茶店あんていくの仲間たちと、ささやかながらも幸せな毎日を送っていた。そんなある日突然現れた男・月山習(松田翔太)により、【喰種レストラン】に招待されるのだが、彼は美食家<グルメ>と呼ばれる、史上最悪の喰種だったーーーー。
カネキの香りにただならぬ執着をみせ、喰らうためにはどんなことにも厭わない月山。その魔の手は、次第に周りにも及び始め‥‥。
果たして、大切な仲間を守り抜くことができるのか!?
喰種VS喰種の壮絶なバトルが、いま、始まる!!!
(公式ホームページ引用 http://tokyoghoul.jp/)

成瀬
第1作目もそこまでヒットしたイメージがないのですが、続編するんですね。
清水富美加の出家問題もあり黒歴史感しかなかったのに😩
ですが、漫画原作の実写映画の中では原作読者としても納得の出来だったので二作目も期待しています!

 

五億円のじんせい

2019年7月20日公開予定。
『ソロモンの偽証』やテレビドラマ『3年A組 今から皆さんは、人質です』などに出演した若手俳優・望月歩の初主演映画。
善意の募金5億円で心臓手術に成功した17歳の少年のお金と人生と向き合う旅を描く。

スッタフ・キャスト

監督 – 文晟豪
脚本 – 蛭田直美
主題歌 – ZAO

高月望来 – 望月歩
橘明日香 – 山田杏奈
丹波 – 森岡龍
熊谷 – 松尾諭
加奈子 – 芦那すみれ
田沼 – 吉岡睦雄
透 – 兵頭功海
千春 – 小林ひかり
若いホームレス – 水澤紳吾
日雇い仕事の手配師 – 諏訪太朗
千春の母親 – 江本純子
土屋 – 坂口涼太郎
ホームレスの男 – 平田満
高月麻理恵 – 西田尚美

映画『五億円のじんせい』あらすじ

幼い頃に、善意の募金の五億円により心臓手術に成功し、命を救われた17歳の少年、高月望来(たかつきみらい)。健康に成長した望来は、五億円にふさわしい自分であろうとして周囲からの期待を引き受け、マスコミに晒されるという、窮屈な青春を送っていた。

ある日、とある出来事をきっかけに、SNSで自殺を宣言したところ、”キヨ丸“という見知らぬアカウントから「死ぬなら五億円返してから死ね」というメッセージが届く。望来は家を飛び出し、五億円の”借金“を返して自由になるための旅に出る。自分を押し殺して生きてきた少年が初めて自分で見つけたやりたいこと、それが「五億円返して死ぬ」ということだった。

計算したところ、高校生でもできる時給1000円のアルバイトをした場合、1日8時間365日働いても五億円が貯まるまでに171年もかかる。漫画喫茶も、ビジネスホテルも、17歳の望来を泊めてくれない。未成年の自分は一人でも何もできない…。はたして望来は五億円を稼ぐことができるのか?そして五億円を手にしたとき、本当に死を選んでしまうのか?
(公式ホームページ引用 https://gyao.yahoo.co.jp/special/5oku/)

成瀬
ソロモンの偽証や3年A組に出演していた望月歩くんの初主演映画!
イケメン俳優って感じではありませんが演技力と存在感があるので注目してる若手俳優さんです🤔
映画の内容も設定も面白そうなので期待!

 

アルキメデスの大戦

2019年7月26日公開予定。
三田紀房による漫画『アルキメデスの大戦』を実写映画化。
『永遠の0』などの山崎貴監督がメガホンを取る。主演は菅田将暉。

スッタフ・キャスト

原作 – 三田紀房『アルキメデスの大戦』
監督・脚本・VFX – 山崎貴

櫂直 – 菅田将暉
田中正二郎 – 柄本佑
尾崎鏡子 – 浜辺美波
大里清 – 笑福亭鶴瓶
大角岑生 – 小林克也
宇野積蔵 – 小日向文世
永野修身 – 國村隼
嶋田繁太郎 – 橋爪功
平山忠道 – 田中泯
山本五十六 – 舘ひろし

映画『アルキメデスの大戦』あらすじ

これは、帝国海軍という巨大な権力に立ち向かい、数学で戦争を止めようとした男の物語。

1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。
しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。その艦の名は、【大和】…。

(公式ホームページ引用 https://archimedes-movie.jp/)


成瀬
数学で戦争を止めようとした男の物語。
大ヒット映画『永遠の0』や『DESTINY 鎌倉ものがたり』の監督がメガホンを取るので期待してますが、山崎貴監督は『海賊とよばれた男』というわたし的レビュー2点の作品も作っているので油断できない‥。