【MIU404】3話ネタバレあらすじ感想!人生はピタゴラ装置。九重(岡田健史)の成長が楽しみ。4話感想も!

成瀬
こんにちは。成瀬です。

【MIU404】3話を見たので、ネタバレと感想を書きます!

ネタバレだけ感想だけ読みたい人はそれぞれ目次から飛んでください!

『MIU404』感想一覧
1話感想 2話感想 3話感想
ドラマ『MIU404』を無料で見る方法!
Paraviの無料体験期間中なら『MIU404』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません!

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ【MIU404】基本情報

TBS系ドラマ「金曜ドラマ」にて2020年6月26日から放送されている連続ドラマ。
綾野剛と星野源のW主演。
また、ドラマ「アンナチュラル」の脚本・野木亜紀子、プロデュース・新井順子、演出・塚原あゆ子が再タッグを組んだことでも話題に。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

脚本 – 野木亜紀子
音楽 – 得田真裕
主題歌 – 米津玄師「感電」
プロデュース – 新井順子
演出 – 塚原あゆ子、竹村謙太郎、加藤尚樹

伊吹藍 – 綾野剛
志摩一未 – 星野源
九重世人 – 岡田健史
陣馬耕平 – 橋本じゅん
桔梗ゆづる – 麻生久美子
糸巻貴志 – 金井勇太
謎の女 – 黒川智花
我孫子豆治演 – 生瀬勝久

3話ゲスト

毛利忠治 – 大倉孝二
向島進 – 吉田ウーロン太
成川岳 – 鈴鹿央士
真木カホリ – 山田杏奈
犯人 – 岡崎体育
男 – 菅田将暉

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ【MIU404】3話 あらすじ

西武蔵野署管内でイタズラの通報が頻発している。西武蔵野署の刑事・毛利(大倉孝二)と向島(吉田ウーロン太)によると、イタズラ通報は“通報したプレイヤーが警察から逃げ切ったら勝ち“というネット上のゲームのルールを模倣した愉快犯の遊びであるという。これまでそのイタズラ通報に対応した警官全員が犯人に逃げ切られていると聞いた伊吹(綾野剛)は「足で負ける気はしない」と、犯人逮捕に名乗りを挙げる。

後日、伊吹と志摩(星野源)が管内をパトロールしていると、入電中に通話が切れるというこれまでのイタズラと同じ手口の通報が入り…。

(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/)

ここからネタバレあらすじ

イタズラ通報の犯人逮捕に名乗りを上げた伊吹(綾野剛)だったが、追いかけっこで敗北。
伊吹によれば犯人は4人いて角を曲がるごとに入れ替わっていたと言う。

 

志摩(星野源)は見守り自販機の内蔵カメラからイタズラ通報の犯人を割り出す。
顔つきは子ども。おそらく高校生だろう。

 

とても足の速い4人だったこともあり、付近の高校の陸上部に聞き込みを行うことになった。
アンナチュラルでおなじみ毛利(大倉孝二)向島(吉田ウーロン太)が聞き込みに向かう。
バジリカ高校の校長に違和感を覚える毛利。
何を聞いてものれんに腕押し状態の返答で話にならない。

 

バジリカ高校には陸上部がないとのことだったが、調べたところ去年廃部になっていた。
卒業した生徒がドーナツEPと言う薬物を売りさばいていたからだ。
イタズラ犯の成川岳(鈴鹿央士)たちは薬物には関与していなかったが、連帯責任で部を廃部にされ走る場所を奪われた。
むしゃくしゃした成川は仲間と後輩を誘ってイタズラ通報を繰り返していた。

 

4機のみんなの頑張りによって、自販機の内蔵カメラに映っていた4人がバジリカ高校の元陸上部だということは特定できた。
しかしそれだけでは逮捕はできない。
しかも相手は未成年。慎重に聞き込みを行わなくてならない。
九重(岡田健史)は未成年でも厳しく対処するべきだと言う。
しかし桔梗(麻生久美子)は少年法の大切さを述べる。

 

「大人がバカなんですよ。若い人が何も考えてないと思ってる。そういう意味では相手が未成年でも厳しく対処するべきだと思います」
「もちろん相手が未成年だとしても取り返しのつかない犯罪もあってそれ相応の罰は受けてもらう。だけど救うべきところは救おうというのが少年法」
「その少年自身が未成年を笠に着て好き放題にしていてもですか?」
「私はそれを彼らが教育を受ける損失した結果だと考えてる。社会全体でそういう子供たちをどれだけ救い上げれるか、5年後、10年後の治安はそこにかかってる」

 

伊吹は彼らは懲りずにまた電話をかけてくると言う。

 

しばらくして、伊吹の言う通りまたイタズラ通報が行われた。
現地に急ぐ4機。
1人は確保できたが、他の3人は逃亡。追いかける4機。

 

そんな中、イタズラ通報の電話係のマネージャー(山田杏奈)が不審者(岡崎体育)に襲われた。
スタンガンを持って近寄ってくる男に怯えるマネージャー。
急いで110番するが、散々イタズラをしているので信じてもらえない・・。
しかし電話担当者は微かな違和感をおぼえて4機に伝える。

 

マネージャーが襲われたと連絡を受けた伊吹は、追いかけていた勝俣(前田旺志郎)にそのことを伝える。
勝俣はイタズラを謝罪。
どうかマネージャーを助けて欲しいと頭を下げる。
もを捕まえた。
しかし成川だけは取り逃がしてしまった。

 

岡崎体育はこの付近によく現れる不審者。
どんどん犯行がエスカレートしている危険な人物だ。
マネージャーが危ない!
捜索する伊吹と志摩!
廃工場で発見!
スタンガンで反撃されるが、なんとか現行犯逮捕!

 

後日。
捕まった元陸上部員たち家庭裁判所送りとなった。
しかしネットには彼らの個人情報が拡散されている、
本来受けるべき罰より重い罰を受けている。

 

1人逃亡した成川は未だ見つかっていない。
成川はドーナツEPを売りさばいていた先輩に会いに行く。
しかし現れたのはチンピラ風の菅田将暉だった・・・。

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ【MIU404】3話 感想・レビュー

3話もおもしろかったです。深かった。
岡崎体育のハマり具合に驚いていたら、菅田将暉の登場にもっと驚いた(΄◉◞౪◟◉`)

書きたいことはたくさんあるんだけど、とりあえず菅田将暉のことから書いとこうかw
あの勿体ぶった演出から「既存の登場人物か?」と思わせておいて、キャスティング的な驚かせ方してくるのほんとにズルい(´・ω・`)
これは驚くよな🤔全視聴者が沸いたと予想。

そんで岡崎体育さん。
チャーリー・タナカのイメージが強かったんですが、犯人役が似合いすぎて笑った。
演技が上手くなったんか役が合ってたんかよく分かんないけどwこれはハマり役😂

何気ない会話も全て伏線

志摩のピタゴラ装置の話とか桔梗の少年法の話とか、いちいち名言が多いな〜と思っていたけど、最後まで見終えてから見返してみるとさらに深いものに感じる・・・

「自分の道は自分で決めるべきだ。でも人によって障害物は違う。正しい道に戻れる人もいれば取り返しのつかない人もいる。誰と出会うか出会わないか。この人の行く先を変えるスイッチは何か。その時が来るまで誰にも分からない。」

「私はそれを彼らが教育を受ける損失した結果だと考えてる。社会全体でそういう子供たちをどれだけ救い上げれるか、5年後、10年後の治安はそこにかかってる」

この2つ。
どっちも九重(岡田健史くん)に向けて言ってる言葉なんだよね。
伊吹をダメな警察官だと言い、未成年でも厳しく処罰するべきだと思っている九重。
そんな九重は、成川をただ1人逃している。

成川は元陸上部員の中でも1番心に闇を抱えている人物だったけど、追いかけたのが九重だったから1人だけ逃げっちゃたんだと私は思ってます。
伊吹たちは彼らにマネージャーが襲われたことを伝えている。
一方で九重は「成川!」と叫ぶだけ。
こんなの身元がバレてるって知らせてるだけやん。帰れねーわ。

ここで冒頭の志摩の「誰と出会うか出会わないか」って言葉を思い出した。
伊吹や志摩が追いかけていたら成川も戻って来れたかもしれないな(´・ω・`)

ドラマ的には九重の成長も楽しみにしてます。
なぜあそこまでツンツンしているのか分かりませんが、どう見てもベジータポジション。(キャリアのエリートだしなw)
最終回では伊吹に懐いている未来が見える😌

ところで九重は未成年に恨みでもあるのかな?
「未成年を笠に着て好き放題にしていてもですか?」とかなんとか言ってたし、過去に犯罪に巻き込まれたのだろうか。
まあどっちにしも九重はことはもう好きです←

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ【MIU404】4話 あらすじ

拳銃使用による殺人未遂事件が発生する。被害者は元ホステスの青池透子(美村里江)で、加害者男性も含め現場から立ち去った。

通報を受けた伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、透子が駆け込んだ付近の薬局店へ急行する。店主の証言では、透子は店内で銃創の応急処置をした後、大金の入ったスーツケースを持って姿を消したという。

透子が過去に裏カジノ事件に関与していた事を知る桔梗(麻生久美子)の指示で、伊吹と志摩は透子の行方を追うが…
(公式HP引用 )