おっさんずラブ-in the sky-2話ネタバレ感想!まさかの親子関係で修羅場突入!千葉雄大がデレた。3話あらすじも!

 

 

成瀬
どうもこんにちは。成瀬です。
『おっさんずラブ-in the sky-』2話を見たので感想・レビューを書く。

映画『おっさんずラブ~LOVE or DEAD~ 』ネタバレあらすじ・感想・レビュー!爆笑とツッコミの嵐!全腐女子が泣く

2019.08.25
おっさんずラブ感想一覧
1話感想 2話感想

 

スポンサードサーチ

『おっさんずラブ-in the sky-』基本情報

2016年からテレビ朝日系列において放送されている人気ドラマ『おっさんずラブ』の第二シリーズ。
今度の舞台は「天空ピーチエアライン」という航空会社!
主要キャストは田中圭、吉田鋼太郎のほかに、新たに千葉雄大、戸次重幸が加わる。

登場人物についてはこちらをどうぞ。

 

スポンサードサーチ

『おっさんずラブ-in the sky-』2話 あらすじ

新人CA・春田(田中圭)が、転職初日に見つけてしまった大量のデッサン…
それを描いたのは、なんと同じ寮に住む兄貴分の整備士・四宮要(戸次重幸)だった!
動揺する春田だが、四宮は、春田以外の職場の仲間たちを描いた他のデッサンを見せ、
「絵を描くのが趣味なんだ」だと爽やかに説明する。

一方、副操縦士・成瀬(千葉雄大)が春田にキスをした理由が、“男と別れるため”だったと知り、「俺を巻き込むのはやめてくんね?」と問い詰める春田だが、
その裏で、成瀬がパワハラ疑惑をかけられ、パイロット資格はく奪の窮地に立たされていることを知る。

そんな中、春田を巡る恋の乱気流を目撃してしまった機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)は
胸にかすかな痛みを抱えていた――。
いつにない自分の状態に疑問を抱き、「まさか乗務に影響のある病気では…」と
至急診療室に駆け込むが、なんと医師から「恋の病では…?」と告げられる。

そんな黒澤の想いなど露知らず、春田と広報部員の橘緋夏(佐津川愛美)は、
ひょんなことからデートに出かけることに!

しかしデートの約束をした翌朝、春田は突然、黒澤から“空港の中心”に呼び出される。
美しい飛行場の夜景を背に、黒澤は絶叫。
「ぶっちゃけ、春田君のこと、好きになってもいいですかーーーーーー!?」

ご搭乗の皆さま、ただいま激しい恋の乱気流が発生しております。
心のシートベルトを、しっかりお締めください――。
(公式ホームページ引用 https://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove-inthesky/)

ここからネタバレあらすじ

パワハラ疑惑をかけられてパイロット資格剥奪の窮地に立たされている成瀬(千葉雄大)
成瀬は懲罰委員会にかけられることになった。

 

春田(田中圭)は、成瀬からパワハラを受けたというCA・有栖川(木﨑ゆりあ)の話を聞く。
どうやら有栖川は仕事でミスをしてしまい、それをキツく叱った成瀬のことをパワハラだと言っているようだ。
有栖川にも問題があると分かった春田は、会議室へ走る!

 

成瀬の窮地を救うべく動いていたのは春田だけではなかった。
シノさん(戸次重幸)もお偉い方さんたちに「成瀬は誤解されやすい性格ですが、飛行機に関しては人一倍熱い男です。」と意見していた。
成瀬はパイロットの仕事だけではなく整備士の仕事も把握していて、成瀬のおかげで事故を防げたこともあると言う。

 

そこへ飛び込んできた春田!
有栖川を連れて行き、パワハラは誤解だと言う。

 

そして入社間もない新人にも関わらず、春田は語り出す。
「まあ、でも成瀬も悪いとは思います。
こいつ今はなんでも1人で解決しようとして周りを全然信用しないプライドだけ高いただの格好つけマンです。
でも、めちゃくちゃ勉強家だし、空も大好きで、誰よりも安全のことを考えてて。」

 

こないだまで小さなスポーツシューズの会社にいた春田は、成瀬をそこにいた頑固な職人に似ているという。
「要するにじじいなんすよ、こいつ。
人付き合いとかそういうのは苦手だけど、仕事に対するハートは熱くって。
将来すっごいパイロットになるんじゃないかな?っていう・・・。
だからその、よろしくお願いします。」
頭を下げる春田。

 

役員の皆さんは黒澤キャプテン(吉田鋼太郎)に意見を求める。

 

技術や知識はほっといても自然と身につく。
パイロットというのは結局は人と向き合う仕事だ。
人とぶつかって解り合って乗り換えてそして前に進んでいく。

 

「もし君に足りないものがあるとすれば、その覚悟なんじゃないか?」
そう成瀬に声をかけるキャプテン。
そして「彼はパイロットとしては類い稀な人材です。ここは私に任せていただけないでしょうか」と頭を下げる。
役員の皆さんも了承。

 

こうして成瀬は、パイロット資格はく奪を免れた。
春田ともいい感じになる。

 

ひと段落して、キャプテンはシノさんを呼び出した。
「1つ。気になってることを聞いてもいいか?」
飛行機の不具合かと思ってメモを取り出すシノさん。
「なるほど。そんな風にさっと描くんだ。
そんな風に春田くんを描いてるんだね。
君は春田くんにほの字なんだろ?」

 

あれは春田に惚れている人間が描いている絵だ。
彼の目をごまかしても自分には分かる。

 

「キャプテン・・・もしかして春田のこと?」
「何を言ってるんだ!!!慎みなさい!!!!」

 

めっちゃ否定するキャプテン。
しかしすぐに認める。

 

「好きだ。」
「え?」
「おかしいか?」

 

自分でも自分が分からない。
それくらい春田が好きだとキャプテンは言う。
それでどうして春田に告白しないのかシノさんに問う。
だが、シノさんは春田に気持ちを伝える意思はないと言う。
そしてキャプテンの恋路の邪魔をする気もないと。

 

その頃、春田は橘緋夏(佐津川愛美)とおでんを食べていた。
そこで緋夏から「どっか行く?」と誘われる。
「デート?」
「デート・・・かなあ?」
いい感じの2人。

 

シノさんから告白のOKをもらったキャプテンは春田を空港の中心に呼び出す。

 

「春田くん。聞こえますか?
ぶっちゃけ、春田くんのことが気になって仕方ありません。
春田くんのこと好きになってもいいですか?」

 

「え?え?」

 

「春田くんのことを好きになってもいいですか?」

 

頭を抱える春田。
意味の分からない春田は手を頭上に組んで悩む。
それを○だと思ったキャプテンは大喜び。

 

「やったーーーーーーーー」

 

翌日。春田はソワソワしながら、緋夏とのデートに出かける。
運悪く野球ボールが頭上に当たって怪我をした春田は、緋夏の家で手当てをしてもらう。
いい感じになってキスしようとするが・・・・襖からキャプテンが覗いていた・・・!
戸惑う春田。

 

「言ってなかったよね・・・私のお父さん」

 

キャプテンと緋夏は親子だった!!!!!

成瀬
素朴な疑問なのだが、入社間もないCAが副操縦士に向かって「こいつ」とか言っていいの?
 

 

スポンサードサーチ

『おっさんずラブ-in the sky-』2話 感想・レビュー

  • 好きな人の名前を検索してしまう
  • 不意に涙が出てしまう

黒澤キャプテン。
かなり重症の恋の病にかかっている様子です🤔

恋の病にかかってる最中のキャプテンと、成瀬を救うときに真面目なことを言ってたキャプテン。
ギャップが最高(΄◉◞౪◟◉`)

告白のシーン可愛すぎてリピート再生している。

まさかの緋夏とキャプテンが親子!!

キャプテンと緋夏が親子であることが判明した。

フツーにびっくりした!!!

苗字が違うので考えてもなかった展開だった🤔
まさかのキャプテンと緋夏が親子!!!!
父親と娘が同じ人を好きだなんて、なんという修羅場!!!!!

そんで緋夏ちゃん。
シノさんとも何か関係がありそう。
シノさんは緋夏に遠慮しているように見えるんだよね。
やっぱり春田と緋夏ちゃんが両想いであることに気づいていて、春田の幸せを思って身を引いているのかな?

2話の時点での推しを発表する。

断然、黒澤キャプテンを推していく気です。

しかし、2話を見て成瀬の可愛さに萌えた・・・・😌💕

あのプライドが高くてツンツンしている成瀬が・・・笑った!!!
その後の「笑ってない」も可愛すぎる。

これで心動かされない女子いるの?レベルで可愛かったです。

もちろんシノさんも捨てがたい。
1番春田に近いにも関わらず、自分の気持ちを抑えて春田と緋夏の恋を応援する姿は切ない。
シノさん・・・・フツーに推せる😩

と、もう全員好き!レベルで見てます。
最終的に誰と春田がくっついても満足すると思う。

でもやっぱりふとした瞬間に牧くんが恋しくなる・・・。

前作と比べて「インザスカイ」に足りないのはやっぱり笑いだと思うんだよね。
そこそこ面白いドラマに仕上がっていると思う。しかし笑いは前作の足元にも及んでない。
また部長と言い合う牧くんの姿が見たいものです・・・・🤔

 

スポンサードサーチ

『おっさんずラブ-in the sky-』3話 あらすじ

新人CA・春田創一(田中圭)と広報部員・橘緋夏(佐津川愛美)が
自宅でキスをしようとしたその時…
ふすまをあけて入ってきたのは、
先日春田にぶっちゃけ絶叫告白をしたばかりの、キャプテン黒澤武蔵(吉田鋼太郎)!?

なんと緋夏と黒澤は“親子関係”であることが発覚。
衝撃を受ける春田だが、
それ以上に黒澤も「愛する娘と、愛する春田は、恋仲なのか!?」という信じがたい事態に慟哭する。
――ここに春田を巡る“父娘”の仁義なきラブバトルが幕を開けるようとしていた…。

そんな中、春田は新路線就航便での機内アナウンスという大役を担うことに。
ひとり屋上で練習をしていると、またも副操縦士の成瀬竜(千葉雄大)が若い女性と
言い争う姿を目撃してしまう。
社員寮に帰宅後、おせっかいにも成瀬に説教しようと近寄る春田だが、「ウザい」と冷たく言い放たれ…。

翌日、整備士・四宮要(戸次重幸)は、卒業生が母校の後輩たちに“仕事”について授業をする…
という広報部からの企画依頼を受け、アシスタントを務めることになった春田と共に、
20年以上ぶりに高校へ繰り出すことに。
授業を終え、四宮とはぐれた春田が校舎を彷徨っていると、どこからかピアノの音色が…。

そっと音楽室の扉を開けた春田は、ピアノを奏でる四宮を発見。
「俺も弾きたい~!」と、無邪気にピアノで遊び始めた春田を優しく見つめる四宮――。
そしていつしか、春田の指に、四宮の指が重なって…?

そんな中、ついに迎えた新路線就航の日。
春田はオフィスでたまたま、成瀬が隠していた“ある秘密”を知ってしまう。
降り出した雨の中、駆け出す春田…。
やがて、雨に濡れて立ち尽くす成瀬の姿を見つけた春田は思わず、
成瀬を強く抱きしめて――?

(公式ホームページ引用 https://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove-inthesky/)