おカネの切れ目が恋のはじまり1話ネタバレあらすじ感想!陽キャの三浦春馬に違和感😢ガッキーは推せる!2話あらすじも!

成瀬
こんにちは。成瀬です。

遅れましたが、「おカネの切れ目が恋のはじまり」1話を見たのでネタバレと感想を書きます!
ネタバレだけ感想だけを見たい人は目次から飛んでください!

「おカネの切れ目が恋のはじまり」感想一覧
1話 2話 3話 4話(最終回)
 

スポンサードサーチ

ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」基本情報

2020年9月15日から10月6日までTBS系「火曜ドラマ」枠で放送されるテレビドラマ。
火曜ドラマのオリジナル作品は約3年ぶり。
清貧女子の九鬼玲子と浪費男子である猿渡慶太が出会い、ひょんなことから玲子の実家に慶太が住み込んで繰り広げられる“じれキュン”ラブコメディ。
キャッチコピーは「この恋、計算できません。」

スッタフ・キャスト

脚本 – 大島里美
演出 – 平野俊一、木村ひさし
音楽 – 大間々昂
エンディング – Mr.Children「turn over?」

九鬼玲子 – 松岡茉優
猿渡慶太 – 三浦春馬
早乙女健 – 三浦翔平
板垣純 – 北村匠海
聖徳まりあ – 星蘭ひとみ(宝塚歌劇団)
牛島瑠璃 – 大友花恋
猪ノ口保 – 稲田直樹(アインシュタイン)
鮎川美月 – 中村里帆
鮫島 – 八木優希
鶴屋春人 – 河井ゆずる(アインシュタイン)
猿渡 菜々子 – キムラ緑子
鴨志田芽衣子 – ファーストサマーウイカ
白兎吉明 – 池田成志
九鬼サチ – 南 果歩
猿渡富彦 – 草刈正雄

 

スポンサードサーチ

ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」1話 あらすじ

中堅おもちゃメーカーの経理部で働く主人公・九⻤玲子(松岡茉優)は、モノも恋にも一途な“清貧せいひん女子”。
そんな玲子に訪れた「お迎えの日」。1年越しの片思いの相手「1680円の豆皿」をようやく買いに行くことにしたのだ。手作りした豆皿専用のコースターを部屋に配置して、愛しの豆皿と結ばれようとした瞬間、目の前で女性連れの派手な装いの男が、購入してしまい…。

その男は、なんと玲子が勤める会社の御曹司・猿渡慶太(三浦春馬)だった。
そんな折、慶太の度を越した浪費ぶりに社長である父・猿渡富彦(草刈正雄)が激怒し、お金の勉強のために異動させ、慶太は経理部にやってきた。

最悪な再会の中、玲子は慶太の指導係に任命されてしまう。
悪びれもなく浪費する慶太は、玲子とは、まさに正反対のタイプの人間。慶太の浪費っぷりに目を見張る玲子。
穏やかだった玲子の日常が一変する。
さらに、あることがきっかけで慶太は玲子の家に住み込むことになり、玲子は慶太の意外な一面を知ることになる。
“根は悪い人じゃないかもしれない”
玲子は、経理部でも、プライベートでも正しいおカネの使い方を教えることになる。
まず、玲子が渡したのは、お小遣い帳。
次に、玲子が慶太を連れて行ったのは、公認会計士の早乙女健(三浦翔平)のお金に関する公開講座。
そこで慶太は、早乙女を一心に見つめる玲子を目の当たりにする。

そんなある日、会社のグッズを不正にフリマアプリに出品しているユーザーを見つける。
同じころ、玲子は、営業部の後輩・板垣純(北村匠海)のある“ほころび”を見つけて、気になり、調べ始める。そして、慶太も手伝っていくうちに、衝撃的な事実が判明する…。

(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/KANEKOI_tbs/)

ここからネタバレあらすじ

猿渡慶太(三浦春馬)は、フリマアプリに非売品のグッズを出品しているのが板垣純(北村匠海)なのではないかと疑う。

 

「真面目なガッキーがこんなしょーもない小遣い稼ぎするなんてなぁ」
そういう猿渡に玲子(松岡茉優)は、お金の悩みの1番の切なさを語る。

 

1番の切なさは人に相談できないこと。
恥ずかしくて後ろめたくて頼れなくて。
だから1人で抱え込んでもっと苦しくなる。
(ここで回想。玲子の父親は横領で逮捕されたのか?)

 

玲子はガッキーが過去に提出した領収書から彼の横領に気がつくーーーー。
朝早く高速バス乗り場に急ぐ玲子と猿渡。
ガッキーはグッズ転売の犯人ではなかった。
新幹線のチケットを購入し領収書を入手。その後すぐに金券ショップで売って夜行バスで出張先に向かっていた。
差額の金をちょろまかすプチ横領をしていた。

 

ガッキーが営業先に持っていく定番のお土産は”ショコラひよこ”だった。
東京駅構内でしか買えない限定品。
しかしそれが半年ほど前から違うものになった。
玲子はそれが気になり、ガッキーの出張日に高速バス乗り場に向かったのだった。

 

ちなみに会社の非売品グッズをフリマアプリに出品していたのは部長の娘だった。
インスタに同じ写真を発見した玲子。
部長は娘にインスタをブロックされていたので気づかなかったようだ。

 

新幹線なら往復4時間のところを夜行バスで往復15時間。
疲れ果てているガッキー・・・。
「1万のためにそこまでするの!?」
金持ちの猿渡には理解できない。
だけどガッキーは新幹線代だけではなく、定期代までちょろまかしていた。
女の子の家に泊まったりネカフェに泊まったりして電車賃を節約していたらしい。

 

「俺とは違ってエースなんだからさ、期待されてるんだから!もっとかっこよくいてくれよ!」
金で困る奴がいるはずないと思っている猿渡。
しかし玲子はガッキーには事情があるはずだと言う。
「板垣さんご自身がボロボロになってしまったら本末転倒じゃないでしょうか?」

 

ガッキーの実家は商売がうまく行っていなかった。
大学の奨学金の返済も残っていて、弟や妹はまだ小さい。
「それだけで・・・毎日胃が痛いくらいお金のことばっかり考えて・・・」

 

ガッキーは仕事以外にデータ入力の副業もやっていた。
「もう人生って何なんですかね?頭の中は金!金!金!一生お金に振り回されて死んでいくんだ!」
「ガッキー!!!そんなやぶれかぶれ辞めよーよ!ポジティブ大事だよ!!!ポジ・・」
空気の読めない猿渡に被せ気味に、玲子はガッキーを朝食に誘う。

 

3人は180円のソバを食べにいく。
「私、好きなんです。ガッキーさんの出す領収書」
ガッキーの領収書は細かすぎるほど細かくて説明もきちんとしてある。曖昧さは微塵もない。
だから玲子はガッキーの領収書は1日の最後に回す。
「清くて美して癒されるから。ガッキーさん、お金を嫌いにならないでください。これだけ毎日。近くにあるものだからこそ仲良くしたいじゃないですか。きっとあると思います。ガッキーさんなりのお金との仲良くなり方が」

 

美味しい蕎麦を食べて幸せな気分になるガッキーと玲子。
猿渡は玲子から貰ったお小遣い帳をつける。

 

その日の帰り道。
玲子は猿渡に「1680円の豆皿」についてたずねる。
浪費家の猿渡は玲子が欲しかった豆皿をマヨの皿にして使い終わったから捨てたと言う。
「ほころびだらけなんです・・・ほころびだらけなんですよ!!!何もかも!!!」
玲子は猿渡の金銭感覚を治す決意をする!

 

まずは猿渡のジャケットの取れかけのボタンを治してあげた玲子。
「俺、いいことあるかも!」
会社でバッタリ会った父・猿渡富彦(草刈正雄)に報告する猿渡。

 

しかし!!!!!
玲子はテレビなどでコメンテーターとして活躍するイケメンすぎる公認会計士・早乙女健(三浦翔平)の講座後、出待ちで大量の差し入れを渡す貢ぐ女だった!!!!

 

「ほころびまくってんのそっちでしょ!!!!」

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」1話 感想・レビュー

遠慮せずに言わせてもらうけど、ドラマ的には普通だった。
この枠らしいテンポと展開だな〜という感じ🤔

「恋つづ」「わたナギ」と同じ感じテイストのドラマだよね!
まあ分かっていたけどさ・・・わたし的にはあんまり得意なジャンルじゃないですね。

だけど「わたナギ」よりかは楽しめる気がしている。
あのドラマは楽しくはあったんだけど、共感する部分があんまりなくて😩
あれは庶民のドラマじゃなかったよね🙄

あのデカさの部屋に住み家政夫を雇える財力を持ったOLに感情移入はできない・・・・私たちが感情移入できるのは会社の交通費をちょろまかす奨学金借金地獄で苦しんでる社畜だよ(΄◉◞౪◟◉`)

ってことで、私はもう北村匠海くんのガッキーに感情移入しています。
あと3話は全力でガッキーの応援する!!!!
世の中には親の金で大学に行く奴もいるのに、奨学金返済どころか家にお金まで入れるガッキー・・・健気すぎる🙄
そんなこんなで猿渡にはイラっときちゃったよ😭
700万円を遊びで使うようなボンボンには一生分からないであろう悩み。

なんだかな・・・言いにくいけど、この役は春馬くんに合ってない気がしている。
佐藤健が恋つづに出演したように、新たな一面の開花を狙ったんだろうけど、やっぱり私はクールな春馬くんが好きだな😭
去年の「トゥーウィークス」の方が春馬くんっぽい。
あのドラマはあんまり面白いとは思えなかったんだけど、春馬くんに対しての文句は1つもなかった。
ってか、春馬くんを眺めるためにドラマ完走したくらいだったもん😳

ここまで陽キャな三浦春馬はめずらしいんじゃないだろうか🤔
まだ1話なので分からないけど、残り3話で猿渡の成長は見れるのかな(´・ω・`)
まあこれ以上は春馬くんのことは言うのはやめとこ。悲しくなる。

このドラマのことは例のこととは切り離してレビュー書きたいなと思っています。
このキャストだったら何があっても視聴してただろうドラマだし🤔

ってことで、残り3話。
楽しんで視聴します!

成瀬
1番びっくりしたのは元カノの婚約者が梶裕貴だったことかな😂
声優詳しくない人は分かんないかもですけど・・・進撃の巨人のエレンですよ!
アニメと実写のエレンが共演かぁ😌

 

スポンサードサーチ

ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」2話 あらすじ

玲子(松岡茉優)は、慶太(三浦春馬)の“ほころび”を繕うために、仕事も私生活でもおカネの使い方を徹底的にチェックしていた。
しかし、あまりにもかけ離れた価値観でなかなか噛み合わない。
そんな中、玲子は偶然鉢合わせた営業部の純(北村匠海)と、慶太の話で意気投合。
一方、純は玲子への好意を確信する。

慶太は元カノのまりあ(星蘭ひとみ)の婚約相手・山鹿(梶裕貴)が社長の富彦(草刈正雄)にモンキーパスの赤字事業である「わくわくスポーツランド」のリニューアルを提案していることを知り、対抗心が芽生える。
そして、あるアイディアを思いつき、玲子、純、早乙女(三浦翔平)も巻き込み、6人でテニスコンペを開催することに!
しかし、そこで慶太のおせっかいが玲子の怒りを買ってしまう。
しかも山鹿の裏の顔まで判明してしまい…。

(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/KANEKOI_tbs/)