アンサングシンデレラ11話(最終回)ネタバレあらすじ感想!このラストは田中圭のスケジュール問題?個人的評価と満足度も!

 

成瀬
こんにちは。成瀬です。

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』11話(最終回)を見たのでネタバレと感想を書きます。

ネタバレだけ感想だけを読みたい人は目次から飛んでください!

【アンサング・シンデレラ】感想一覧
1話 2話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話(最終回)

 

スポンサードサーチ

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』基本情報

荒井ママレによる漫画『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』を石原さとみ主演で連続ドラマ化。
病院薬剤師の主人公が、自身と薬剤部のメンバーを中心として、医師、看護師、外部の薬剤師などの医療に関わる役割の人物との間に起こる問題に向き合っていく物語である。
薬剤師を主役にした連続ドラマは日本初。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

原作 – 荒井ママレ『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり』
脚本 – 黒岩勉
演出 – 田中亮、相沢秀幸
エンディング – DREAMS COME TRUE「YES AND NO」

葵みどり – 石原さとみ
相原くるみ – 西野七瀬
刈谷奈緒子 – 桜井ユキ
羽倉龍之介 – 井之脇海
工藤虹子 – 金澤美穂
販田聡子 – 真矢ミキ
七尾拓 – 池田鉄洋
荒神寛治 – でんでん
瀬野章吾 – 田中圭
小野塚綾 – 成田凌
豊中瑠衣 – 臼田あさ美
久保山竜也 – 六角慎司

 

スポンサードサーチ

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』11話(最終回) あらすじ

葵みどり(石原さとみ)が瀬野章吾(田中圭)の承認を得て抗がん剤治験薬の投与を始めてから2年が経過した。

その頃、みどりは萬津産婦人科医院で働いていた。そこに小野塚綾(成田凌)が訪ねて来る。喫茶店に行くと、小野塚は萬津総合病院薬剤部に簑島心春(穂志もえか)が研修に来ていることからみどりに話し出す。心春の指導担当が相原くるみ(西野七瀬)と聞いたみどりは嬉しそう。だが、瀬野が不在なので自分が救急薬剤師を任されていると話す小野塚に、みどりの顔が曇る。みどりは瀬野に行った治験薬の投与に責任を感じていた。小野塚は萬津総合病院に戻って来るよう促すが、みどりは今の仕事が大事だと断る。そんな時、みどりは産婦人科から呼び出された。

みどりが病院に戻ると、妊娠35周目の向坂千歳(土村芳)が家でお腹を打って倒れたと、母の世津子(朝加真由美)に連れて来られていた。幸い母子ともに大事はなかったが、てんかんの既住を持つ千歳が立ちくらみで転倒したと聞いたみどりは、抗てんかん薬をきちんと服用しているかと尋ねる。千歳と世津子は服用していたと答えた。

そんな萬津産婦人科医院の常勤医師は、道場健太郎(前原滉)。まだ研修を終えたばかりの道場は、てんかん合併の妊婦を小さな産婦人科で診ることに自信がない。みどりは、スタッフは道場を信じていると励ます。

入院した千歳はこっそり抗てんかん薬を捨てた。それを同室の星名優(入山法子)が見てしまう。しかし、服薬を確認するみどりに、千歳は飲んでいると嘘をついて…。

(公式HP引用 https://www.fujitv.co.jp/unsung/index.html)

ここからネタバレあらすじ

向坂千歳(土村芳)は、抗てんかん薬をこっそり捨てていた。
千歳は抗てんかん薬を捨てれば普通の妊婦になれると思っていた。
千歳の母親がてんかんを過剰に心配するので、それが千歳の負担になっていた。

 

「千歳さんは誰のために出産するんですか?自分が普通って証明するためじゃないですよね?」
「この子のためです・・」
「これからはきちんと薬を飲んで赤ちゃんのために出産に備えましょう」

 

葵(石原さとみ)の言葉に涙する千歳。
こうして千歳は抗てんかん薬を飲むようになった。

 

千歳と母・世津子(朝加真由美)、医師、看護師、葵で面談が行われる。
医師や看護師は、てんかんの持病があっても出産は可能だと説明するが、世津子は何かと反発。
持病のある千歳は普通の母親のようにはなれないと言う。
我慢の限界の千歳は、1人で出産し子どもを育てると宣言。

 

それから母親は千歳のお見舞いに来なくなった。
そしてなぜか葵が千歳の着替えを取りに行くw
母親は千歳がてんかんだと分かってから、丈夫に産んであげられなかったことを悔いていた。
もし千歳の娘に持病があったら娘にも同じ思いをさせてしまうことになる。

 

「今は一緒にいないことがあの子のためなんだと思います」
母親は千歳と別々に暮らすと決めていた。
そして葵に千歳の着替えとお守りを託す。
病院に戻った葵は千歳に着替えとお守りを渡すが・・・千歳は破水。

 

急遽、天皇切開を行うことに。
しかし子宮弛緩剤のリトドリンがない。
葵の機転でテルブタリンを使うことに!

 

出産はなんとか無事に成功。
目を冷ますと、千歳の横には母親がいた。
帰ろうとする母親に、赤ちゃんがいるところに連れて行って欲しいと頼む。
「私が普通だったらもっと大きく産まれたのかな」
「そんなことはない」
母親は千歳を抱きしめる。

 

その後。
千歳は無事に退院。
病院の看護師たちは、優秀な薬剤師の葵はもっと大きな病院でたくさんの患者を助けるべきだと言う。

 

実は医師と看護師たちは販田(真矢ミキ)部長から葵を説得するように言われていた。
販田たちを葵に萬津総合病院薬剤部に戻ってきて欲しい・・・。
「瀬野さんのことは残念だったけど・・・」
そう言う看護師たちに、葵は言う。

 

「わたしはまだここで働きたいです。産婦人科はお母さんと赤ちゃんの両方の役に立てるし新しい命が生まれる場所だから必ず家族とも深く関わってきますよね。わたしが尊敬していた薬剤師さんは家族の人までしっかり見る人だったからここならその人に近づけるんじゃないかと思っています!」

 

そして続ける。
「みんなちょっと勘違いしてると思うんですけど・・・」

 

ちょうどよく瀬野(田中圭)が登場!
瀬野が死んだと思っていた看護師たちは大喜びw
瀬野は2年間の闘病生活を終え退院していた。
来月から薬剤師としても復帰するらしい。

 

瀬野は葵にも萬津総合病院薬剤に戻るよう言うが、葵は産婦人科で修行がしたい。
「さおりさんのような理想な薬剤師になれたら戻ろうと思います!」

 

エンディング。
しっかり先輩薬剤師の相原(西野七瀬)
羽倉(井之脇海)工藤(金澤美穂)は結婚して子どが生まれた。
そして・・・葵も萬津総合病院薬剤に復帰!

 

 

スポンサードサーチ

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』11話(最終回)感想・レビュー

すごい最終回だったな〜。
まさか最後の最後まで瀬野さんの話を引っ張るとはw
てんかん親子の話は最終回にするべき話だったの?

とりあえず、瀬野さんが死んでなくてよかった\(^o^)/
闘病シーンもリハビリシーンも特になしには驚いたけどね。
まさかの2年経ったら元気になってましたパターンとはw

これは田中圭のスケジュール的な問題!?
すごい珍しい癌だったんじゃないの?
元気になったのはよかったけどさ・・・・ちょっと拍子抜けした(΄◉◞౪◟◉`)

わたし、このドラマは嫌いじゃなかったんですよね。
ツッコミどころやイライラするシーンは多かったけど、それなりに入り込めたし、回によってはいい話もあった。
それが9話からずーっとイライラ。
これは・・・・癌の話はしなかったほうがよかったかもしれないね・・・・。

そもそも原作では瀬野さんはピンピンしてんでしょ?
わざわざ癌設定にする必要あった?
このドラマは、寂しさを紛らわすために不要な薬を処方してもらう患者とか、月経困難症の女の子の話とか死に直結しない話だけで十分だった。

てんかん親子の話は、悪い話ではなかったけど、最終回ぽくはなかったかな。
お母さんが何が言いたいのかよく分からなかったし😂
医師や看護師が薬飲めば問題ないって言ってんのに、「この子はてんかんだから普通の母親にはなれない」って、一体どうして欲しかったの?🙄

気持ちは分からなくもないけど、謎の八つ当たりに感じてイライラしちゃった(΄◉◞౪◟◉`)
言いたいことの要点がまとまってなくて会話にならない。ただのクレーマーじゃん。
本当にあの産婦人科のお医者さんと看護師さんたちいい人たちだったなぁ🙄
本当に何が言いたかったのだろうか?娘に子どもおろせってこと?
塩対応されてもいいレベルの毒親だよ、あれ。

しかも娘も未婚の母だしビックリ。
きっと色々あったんだろうけどさ・・・あんな毒親抱えてるんだからいい相手見つけないと。

あ、入山法子さんの役はよかった。
あんな優しい人と同室になれたことが千歳の唯一の救い!

石原さとみの喋り方は相変わらずだったなー。
「千歳さんは誰のために出産するんですか?自分が普通って証明するためじゃないですよね?」の言い方(΄◉◞౪◟◉`)

こんなイラっとした喋り方されたら、千歳さんが泣いてる理由がわかんない。
抗てんかん薬を飲まなかったことを悔いているのか、ただ単に石原さとみの喋り方が怖かったのか・・・。
わたしが患者だったら後者だわwww

ってことで、最終回まで石原さとみさんの喋り方は気になりました。
ちなみにわたしは石原さとみさんのことは大好きです←

 

スポンサードサーチ

『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』 個人的評価&満足度

毎回恒例。ドラマ最終回を終えての満足度を書いておきます。
あくまで個人の意見です。

個人的満足度 100点満点中65点

何度も言うけど、このドラマは嫌いじゃない。
2話とか6話とか7話は好きでした。

だけどやっぱり、癌とか命に直結する話はしない方が良かったんじゃないかな、と(´・ω・`)

特に瀬野さんを無理に癌にする必要はなかった。
助かったのはよかったけどさ・・・・闘病シーンやリハビリシーンなしでいきなり元気になりました!って何じゃそりゃですよ。
一体どんな薬使ったの?

そんな感じで、納得できない部分があったのでドラマ全体の評価は普通よりちょっと上の65点くらいにしときます!
ツイッターを覗いてみたらなかなかの不評でしたが、わたし的にはアタリ回もあったのでこの点数で!