キワドい2人最終回ネタバレあらすじ感想レビュー!チープすぎる結末に唖然。山田くんの熱演には心打たれた。個人的満足度も

 

成瀬
こんにちは。成瀬です。

『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』6話(最終回)を見たのでネタバレと感想を書きます。

ネタバレだけ感想だけを読みたい人はそれぞれ目次から飛んでね!

『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』感想一覧
1話  2話  3話  4話  5話  6話(最終回)
ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』を無料で見る方法!
Paraviの無料体験期間中なら『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません!

 

スポンサードサーチ

『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』基本情報

横関大による小説『K2 池袋署刑事課 神崎・黒木』をドラマ化。
主演はHey! Say! JUMPの山田涼介。
テレビドラマ版では、バディとなる二人が異母兄弟となるなど、原作から大きく改変されている。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

原作 – 横関大 『K2 池袋署刑事課 神崎・黒木』
脚本 – 吉田康弘、皐月彩
プロデューサー – 中島啓介、塩村香里
演出 – 山室大輔、村尾嘉昭
主題歌 – Hey! Say! JUMP「Your Song」

神崎隆一 – 山田涼介
黒木賢司 – 田中圭
氏原彩乃 – 関水渚
諸星一朗 – ジェシー(SixTONES)
石館美空 – 奥山かずさ
木村ともこ – 江口のりこ
末長光一 – 八嶋智人
澤登哲也 – 六角精児
野島義明 – 中林大樹
神崎賢造 – 椎名桔平

 

スポンサードサーチ

『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』6話(最終回) あらすじ

神崎隆一(山田涼介)は、自分が犯罪者の息子だという衝撃の真実を知り自暴自棄になっていた。
いっぽう、22年前の 「ファミレス立てこもり事件」 の捜査を担当していた副署長・澤登哲也(六角精児)の身に危険が迫っていることを知った黒木賢司(田中圭)は、澤登の元に駆け付ける。するとそこには、行方をくらませていた父・神崎賢造(椎名桔平)の姿があった。しかし、22年前の事件の真相を澤登に迫る賢造は、隠れていた捜査員たちに囲まれてしまい――。

異母兄弟でないと知った神崎と黒木は、家族の絆を取り戻すことはできるのか !?
そして、兄弟バディが選んだ最後の決断は――。

(公式HP引用 https://www.tbs.co.jp/kiwadoifutari_TBS/)

ここからネタバレあらすじ

神崎賢造(椎名桔平)に呼び出された副署長・澤登哲也(六角精児)
澤登に危険が迫っていることを知った黒木賢司(田中圭)は駆けつける。

 

容疑者として疑われている椎名桔平は、隠れていた捜査員たちに撃たれてしまう。
駆け寄る黒木。
椎名桔平は丸腰だった。

 

父親は真犯人でなかった!!!
椎名桔平は気を失う直前に、神崎隆一(山田涼介)に伝えてほしいと黒木に伝言をたのむ。
「お前の父親は警察官だ」

 

なんとか一命をとりとめた椎名桔平。
運ばれた病院に駆けつける神崎。
自暴自棄になっている神崎は黒木の胸ぐらを掴み激怒する。
「あんたの父親だろ!あんたの家族だろ!・・・僕はどうすればいいんだ」

 

数日後。
椎名桔平が寝たきりなのをいいことに、警察は椎名桔平を容疑者として報道。
父親の無実を信じている田中圭はムシャクシャして呑んだくれていた。
バーで椎名桔平の悪口を言っていた若者と喧嘩になり、木村ともこ(江口のりこ)に現行犯逮捕されてしまう。

 

一方、山田涼介も現在の状況に心の整理がつかず病んでいた。
そんな山田涼介と田中圭を仲直りさせたい彩乃(関水渚)は、涙ながらに山田涼介を説得。
兄弟の思い出を回想しながら、田中圭を迎えに行く山田涼介。

 

仲直りした兄弟は、父親の無罪を晴らすために捜査を開始。
父親は誰かをかばうために逃げ回っていた可能性が高い。
22年前のことを聞いて回ることにした。

 

当時、井原(高橋努)が所属していた暴力団関係者から話を聞くことに成功。
世間では、井原が一方的に事務所で発砲したと知られているが、実際に先に発砲したのは暴力団側だった。
井原の拳銃の腕は訓練を受けた腕前だったらしい。
ここで田中圭は椎名桔平の言葉を思い出す。

 

「お前の父親は警察官だ」
当時、暴力団と癒着している警察官がいるという噂があった。
井原をそれをあぶり出すための潜入捜査官だった。
それがバレた制裁に井原の内縁の妻が犠牲となった。

 

潜入捜査は違法だ。
警察は井原の死を利用し、暴力団の構成員として処理して、違法を隠蔽したのだ。
椎名桔平は潜入捜査の事実を知っていた数少ない人物だった。

 

田中圭には山田涼介に井原とその内縁の妻・松原ひかりの写真を見せる。
そこには先日、井原の墓にいた女性が写っていた。
山田涼介の実の母親は生きていた!
2人は、真犯人は井原の妻・ひかりで、椎名桔平は彼女を庇っていたのではないかと考える。

 

そんな折、椎名桔平が目を覚ました。
椎名桔平は山田涼介に真実を話す。
井原は警察官で潜入捜査をしていたこと。
死ぬ直前、井原が椎名桔平に山田涼介の父親側代わりになって欲しいと頼んでいたこと。
「あいつはあの時、覚悟してたんだと思う。隆一、お前と離れ離れになることを」

 

椎名桔平は山田涼介と井原の妻・ひかりを守るはずだったが、ひかりは遺書を残して消えた。
そしてしばらくして、殺された上田から電話があった。
「ひかりから脅されている」と言っていた。
もう1人の被害者も同じだった・・・。

 

ひかりが犯人かと思われたが、真犯人は澤登哲也(六角精児)だった。
当時、暴力団と癒着していた警察官とは澤登で、ファミレスで井原に致命傷を負わしたのも澤登だった。
上田から松原ひかりが生きていることを知らされた澤登は、この事件が再び明るみになることを恐れた。
上田と安藤を殺害し、その罪を椎名桔平になすりつけようとした。
あの日、椎名桔平に射殺し全てを終わりにしようとした。

 

しかし椎名桔平は一命をとりとめた。
焦った澤登は、今度はひかりに罪をなすりつけることにした。
「証拠でもあんのかぁ?」
開き直る六角精児に証拠を突きつける田中圭。

 

椎名桔平は、井原との写真を大切にとっていた。
そこには六角精児も映っていた・・・。
六角精児が井原が潜入捜査官だと知らないはずがない!

 

「どれだけ嘘を重ね、どれだけの人を犠牲にした?」

 

六角精児逮捕で一件落着かと思いきや、拳銃を持った松原ひかりが現れた。
警察を許せないと言う松原ひかり。
夫の仇である六角精児を射殺しようと銃を構える。

 

松原ひかりは、22年経って事件のことをやっと忘れられるようになったらしい。
しかし街で息子の山田涼介を見かけた。
息子が警察官になったと知ったひかりはショックを受ける。

 

「あなたの本当の父親は警察官に見殺しにされたのよ?」
「それでも僕の本当の父親は警察官だった!2人の父が僕を警察官にしてくれたんだ!僕はそのことを誇りに思っている」

 

井原はこんなこと望んでいないと言う山田涼介。
「お父さんは僕たちの幸せを願ってた。だから僕たちを神崎賢造に託したんだ」
「あの人の後を追えばよかった・・・」
山田涼介は母親に歩み寄る。
「過去は変えられない。だけど未来は変えることができる。また新しい思い出を作ることができるんだ。僕たちはまだやり直すことができるんだ。家族として。お母さん・・・それはあなたが生きていてくれたからだよ」

 

涙で抱き合う2人。

 

こうして事件は解決。

 

スポンサードサーチ

『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』6話(最終回) 感想・レビュー

びっくりもスッキリもしないラスト。
よくも悪くもアイドルドラマだった。
でも、山田くんの熱演には心打たれたよ(´・ω・`)

自暴自棄からの仲直り。
アッサリ証言者が現れて、椎名桔平も目を覚ます。
色々明らかとなり、黒幕をやっつける。
そして最後はしんみり。
言っちゃ悪いけど、チープすぎでは(΄◉◞౪◟◉`)?

六角精児さんの黒幕演技は見応えあったけど、話が安っぽすぎて🙄
権力で押さえ込んでいた真実の割にはアッサリ真相分かっちゃったよね。
元ヤクザさんも結構簡単に吐いてくれたしw
山田くんに怒鳴られたくらいで話しちゃうってよくヤクザやってられたなw
なんだか警察の闇を描くにはチープすぎる内容だったなぁ。
これが学園ドラマとかだったら許せるんですけどね😂

それに神崎黒木の兄弟愛もよく分かんなかったなぁ
「Diver」でも言ったけど、コロナ禍の影響で連ドラの回数が短く、物語に入り込めない私がいる。
兄弟の思い出を回想されてもそんなに感情移入できなかったw
あと4話あればもうちょっと入り込めてたのかなぁ😩
だけどこの感じだと、10話ドラマでも感動できてたか分かんないけど(΄◉◞౪◟◉`)

 

スポンサードサーチ

ドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』個人的評価&満足度

毎回恒例。ドラマ最終回を終えての満足度を書いておきます。
あくまで個人の意見です。

個人的満足度 100点満点中65点

わたし的にはビミョーでした。
1話はコメディぽくて普通に好きだったんだけどね。

ちょっと方向性間違えたんじゃないかな?
「MIU404」の後ってこともあるし、山田くんが犯人に熱弁するシーンはいらなかったように思う。
山田くんの熱演と音楽で雰囲気には浸れるけど、ストーリー的にはチープなものが多かったし🤔
しんみりシーンは無しにしてコメディーに徹して欲しかったと個人的には思っています。

まあでも、見ていてストレスを感じたりはなかったし、話も分かりやすかったので軽く流してる分にはよかったです。
そんな感じで個人的満足度は普通よりちょっと上の65点くらいで!
文句しか言ってないけど意外と満足してますw