コーヒーが冷めないうちにのネタバレ感想・考察。本当に4回泣けるの?

 

 

 

大ヒット上映中ということで見てきました。

今回は映画『コーヒーが冷めないうちに』のあらすじやネタバレ有り感想、本当に4回泣けるのか、など書いていきます。

 

『コーヒーが冷めないうちに』とは?

原作は劇団音速かたつむりの脚本家兼演出家として活動していた川口俊和が手掛けた舞台作品。2017年に本屋大賞にノミネートされ、 シリーズ累計発行部数85万部突破と大ヒット。

Amazon 楽天 kindle eBookJapan

2018年9月21日に公開された日本映画。主演は有村架純。監督はドラマ『Nのために』『リバース』『アンナチュラル』などを手がけた塚原あゆ子
2018年9月22日 – 23日の全国週末興行成績では観客動員が15万6000人、興行収入2億300万円を記録し、映画ランキング初登場2位となった。

 

スタッフ・キャスト

原作 – 川口俊和「コーヒーが冷めないうちに」「この嘘がばれないうちに」
監督 – 塚原あゆ子
脚本 – 奥寺佐渡子

キャスト
時田数 – 有村架純
新谷亮介 – 伊藤健太郎
清川二美子 – 波瑠
賀田多五郎 – 林遣都
時田流 – 深水元基
平井久美 – 松本若菜
高竹佳代 – 薬師丸ひろ子
平井八絵子 – 吉田羊
房木康徳 – 松重豊
夏服の女 – 石田ゆり子

 

あらすじ

 

時田数(有村架純)は過去に戻れると噂の「フニクリフニクラ」という喫茶店で働いている。
過去に戻るには【過去に戻って、どんな事をしても、現実は変わらない。】【過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ。】【過去に戻れるのは数がコーヒーを淹れた時だけ】などいくつかのルールがあった。
渡米した幼馴染(林遣都)と喧嘩別れしてしまった女性(波瑠)や、若年性アルツハイマーに侵された妻とその妻(薬師丸ひろ子)を優しく献身的に寄り添う夫(松重豊)、実家を飛び出して何度も訪ねてくる妹(松本若菜)を無視し続けるスナック経営の常連客(吉田羊)などが、過去に戻るべく喫茶店「フニクリフニクラ」を訪ねてくる。
【過去に戻って、どんな事をしても、現実は変わらない】と分かっていても客たちは過去に戻りたいと訪れた。そんな彼らに待っていた過去とは?過去は変わらなくても、人の気持ちは変わる。

以下全文ネタバレあり注意

ネタバレ有り感想

めちゃくちゃ泣けると聞いて見に行ったので、少々期待はずれでした。
普通に泣けましたけど、4回も泣かなかったし、どこに4回泣ける場面あるのか教えて欲しい。

とりあえず新谷くん役の伊藤健太郎くん、初めて見たけどイケメンですね。来年か再来年あたりブレイクしそう。

私の泣いたシーン

まずは私の泣いたシーン。
薬師丸ひろ子さん演じる高竹佳代と松重豊さん演じる房木康徳の若年性アルツハイマー夫婦の話。
ここはみんな1番泣くシーンなんじゃないでしょうか。
旦那さんの房木さんがまだ病気が進行する前の奥さんに手紙をもらいに過去に戻るのですが、そこでの夫婦のやり取りが素敵だし、手紙の内容にも涙。

あとは数ちゃんとお母さんの石田ゆり子さんのシーン。
お母さんは数ちゃんのために幽霊になったんだ、と思ったら泣けました。

泣かせようと必死感

全体的に泣かせようと必死感が出ていてあまり泣けないシーンが多かった。
策略にハマり泣いたシーンも脚本や演出というよりかは薬師丸ひろ子と松重豊の二人の演技に引き込まれて泣かされた感じだし、数ちゃんとお母さんのシーンも私が母娘の話に弱いだけだし。

悪いけど吉田羊の話はあんまり泣けなかったです。
何故あんなに妹を避けていたのか謎だし手紙も読まないとか謎すぎるし、不慮の事故で死んでしまって反省している、って設定からして微妙。
確かに妹はかわいそうだけど吉田羊には感情移入もできなかった。
死んだ人に思いを伝えられず後悔していたりもっと一緒に過ごしたかったという気持ちはわかるけどそこまで泣けない。

この映画はファンタジー作品

終盤とか不思議すぎてちょっと意味わかんなかった。
いきなり知らない子供がタイムリープしてきて、有村架純にコーヒーを入れるところ。
仕組みは理解できたけど、新谷くんが『よし、○月○日に数ちゃんを呼ぶから子供生まれたらその日に過去に戻らせよーっと』念じただけでしょ?
それで本当に娘がタイムスリップしてくるってファンタジーすぎ。
まあ元々過去に戻ることができる、ってファンタジーな設定だしそんなものだよね。深いこと考えたらダメ。
そもそも【過去に戻ってどんなことをしても現実は変わらない】んじゃなかったの?
未来の人間が過去へ来て過去でコーヒーを入れてさらに過去に戻すことは、過去を変えてるってことじゃないのかな?まあこの映画は深く考えるものではない。

 

さいごに

結論。
涙もろいので普通に泣いたけど、途中は少し退屈でもう少しテンポいい話の進み方をして欲しかったです。
そういう風に作られているので涙もろい人は泣いてしまうシーンが多いと思いますが、ひねくれている人は素直に泣けないかもです。
あとファンタジーものが苦手な人にはおすすめ出来ません。

観る前は何年か前にあった松坂桃李の「ツナグ」っていう映画に似てるなーって思ったけど、余裕でツナグの方が好みかな。

ぶっちゃけ本作と同じく有村架純と吉田羊が出演してるビリギャルの方が泣けました。

https://iroirokansou.net/2018/09/30/映画ビリギャル感想とネタバレあらすじ%E3%80%82有村架/