映画『コーヒーが冷めないうちに』ネタバレ感想・レビュー!突如はじまるラブラブシーンに唖然。2回しか泣けなかった。

 

成瀬
映画「コーヒーが冷めないうちに」を見たので感想・レビューを書く!

 

スポンサードサーチ

映画『コーヒーが冷めないうちに』基本情報

原作は劇団音速かたつむりの脚本家兼演出家として活動していた川口俊和が手掛けた舞台作品。
2017年に本屋大賞にノミネートされ、 シリーズ累計発行部数85万部突破と大ヒットした。

2018年9月21日に公開された。
主演は有村架純で、監督はドラマ『Nのために』『リバース』『アンナチュラル』などを手がけた塚原あゆ子
2018年9月22日 – 23日の全国週末興行成績では観客動員が15万6000人、興行収入2億300万円を記録し、映画ランキング初登場2位となった。

スタッフ・キャスト

原作 – 川口俊和「コーヒーが冷めないうちに」「この嘘がばれないうちに」
監督 – 塚原あゆ子
脚本 – 奥寺佐渡子

キャスト
時田数 – 有村架純
新谷亮介 – 伊藤健太郎
清川二美子 – 波瑠
賀田多五郎 – 林遣都
時田流 – 深水元基
平井久美 – 松本若菜
高竹佳代 – 薬師丸ひろ子
平井八絵子 – 吉田羊
房木康徳 – 松重豊
夏服の女 – 石田ゆり子

 

スポンサードサーチ

映画「コーヒーが冷めないうちに」あらすじ

時田数(有村架純)が従兄(いとこ)で店主の時田流(深水元基)と切り盛りする、とある街のとある喫茶店「フニクリフニクラ」。そこには、不思議な都市伝説があった。それは店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることができるというもの。ただし、そこにはめんどくさい……非常に面倒くさいいくつかのルールがあった。

1. 過去に戻って、どんな事をしても、現実は変わらない。

2. 過去に戻っても、喫茶店を出る事はできない。

3. 過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ。
コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければならない。

4. 過去に戻れる席には先客がいる。席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ。

5. 過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない人には会う事ができない。

「ここに来れば過去に戻れるってほんとうですか?」

今日も不思議な噂を聞いた客がこの喫茶店に訪れる。
アメリカに行ってしまった幼馴染の賀田多五郎(林遣都)とケンカ別れをしてしまった三十路直前の独身キャリアウーマン清川二美子(波瑠)。
若年性アルツハイマーに侵された妻・高竹佳代(薬師丸ひろ子)と、そんな高竹を優しく見守る夫・房木康徳(松重豊)。
故郷の妹(松本若菜)を裏切って、一人スナックを営む喫茶店の常連客・平井八絵子(吉田羊)。数に次第に惹かれていく常連客の大学生・新谷亮介(伊藤健太郎)。
過去に戻れるという【ある席】にいつも座っている謎の女(石田ゆり子)……。

どんなことをしても現実は決して変わらない。
それでも過去に戻り、会いたかった人との再会を望む客たち。
そこで彼らを待っていたものとは?
そして、主人公・時田数に隠された真実とは?

-1杯のコーヒーが冷めるまでの、ほんの短い時間でも、人生は変わる-
(公式ホームページ引用 http://coffee-movie.jp/index.html)

スポンサードサーチ

映画「コーヒーが冷めないうちに」ネタバレ有り感想

4回泣けるというキャッチコピーでハードル上げすぎ!!!!

全く泣けなかった!!!!!!

まあ2回くらいは泣いたけど・・・4回も泣く場面あった?(΄◉◞౪◟◉`)??

とりあえず新谷くん役の伊藤健太郎くん!初めて見たけどイケメンですね!来年か再来年あたりブレイクしそう!
何やら今月から始まる「今日から俺は」っていうドラマに出演するらしいので楽しみ😌

私の泣いたシーン

まずは私の泣いたシーンを紹介する。

薬師丸ひろ子さん演じる高竹佳代と松重豊さん演じる房木康徳の夫婦の話。

ここはみんな1番泣いたシーンではないだろうか。

薬師丸さん演じる高竹さんは若年性アルツハイマーを患っていて、旦那である房木さん(松重さん)のことを覚えてません。
自分も”房木”であることを忘れていて旧姓で名乗っています。

そんな高竹さんは「フニクリフニクラ」の過去に戻れる【ある席】を狙っている。
どうやら手紙を渡したい人がいるらしい。

その相手とはもちろん房木さん。
高竹さん自身は誰に手紙を出したいのか覚えていないんだけど、房木さんが過去に戻って確かめました。

松重さんの表情・・・・本当にすごい。
本当に元気な妻と再会できて嬉しくて仕方がない旦那さんの顔をしている。

こんなの絶対泣くでしょう😭😭😭😭

あとはもう一箇所泣いたシーンがある。

数ちゃんとお母さん(石田ゆり子さん)の再会シーン。
母娘の話に弱い人種は必ず泣けるよ。
石田ゆり子さんが数ちゃんに向かって「大好き」というシーンではボロボロ泣いた。

泣かせようと必死感

全体的に泣かせようと必死感が出ていた。

「さあ今から泣ける話をしますよ。泣いてください」って感じでいい話を流されても全く泣けないんだよなぁ😭
まあ2回は泣いたけどさあ。

吉田羊さんと波瑠ちゃんのエピソードで泣ける部分あった?

そんで、なんだかんだ話もダイジェストだしさぁ。
過去に戻る4人の話の尺がこんなにも短いのに、数ちゃんとカレシのラブラブイチャコラシーンを長々と見せつけられるってなんなんwww
「さあ今から泣ける話をしますよ」という雰囲気の中、突如はじまるイチャイチャシーン、まじ何アレ。

登山シーンとかカレシの実家に帰るシーンとかいらねえよ。
おつき合いからの妊娠で、数ちゃんが自分の母親について思い出す心境に持っていきたかったのだろうけど、長ぇよ。
カレシの大学の友達とのパーリーテイムだけで十分だったわ。

喫茶店の映画を見にいったのにわたしは何を見せられていたのだろうか(΄◉◞౪◟◉`)

成瀬
いろいろ文句を言ったが、控え目に言って伊藤健太郎みたいなカレシが欲しい!!!数ちゃん羨ましい!!!

 

スポンサードサーチ

まとめ 個人的評価

満足度100点満点中40点

映画は関係ないが、後ろの席のおっさんがうるさかったので5点原点します。本当は45点くらいで半分よりちょっと下って感じです。
つまり何が言いたいかというと、映画館でおしゃべりする奴!滅びろ!

ここまで主に文句しか綴っていませんが、わたくし、涙脆いことに定評があります。
なのでしっかり泣かせていただきました😌

逆を言えばそんなわたしでも4回は泣けなかったです。
きっと涙もろくない人が見れば1回も泣けないと思う。
そんくらいちょっと滑ってた。

観る前は何年か前にあった松坂桃李主演『ツナグ』に似てるな〜と思っていました。
断然、向こうのが好み。

そんで有村架純ちゃんと吉田羊さんで泣ける映画と言えば『ビリギャル』!
まさかのビリギャルの方が泣けます🤗

そんな感じで、ちょこっと期待外れな映画でした^^