シャーロック8話ネタバレあらすじ感想!前世殺人の伏線回収!長谷川京子のミステリアスさが世界観にハマる!9話あらすじも!

成瀬

「シャーロック」8話を見たのでネタバレと感想を書く。

ゲストのハセキョーさん。臨床犯罪学者 火村英生の推理のキャラと被ってた(΄◉◞౪◟◉`)

『シャーロック』を無料で視聴する方法!
FODプレミアムなら1ヶ月無料で『シャーロック』が見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません。

『シャーロック』感想一覧
1話感想  2話感想  3話感想  4話感想  5話感想  6話感想  7話感想  8話感想  9話感想

 

スポンサードサーチ

月9ドラマ『シャーロック』基本情報

2019年10月7日にスタートした2019年10月期の月9ドラマ。
世界一有名なミステリー小説『シャーロック・ホームズ』を原作にしたミステリーエンターテインメントである。
主演はディーン・フジオカ、相棒役は三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典が務める。

無料トライアル期間中なら無料で見れちゃいます! 

 スッタフ・キャスト

原作 – アーサー・コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ』シリーズ
脚本 – 井上由美子
プロデュース – 太田 大
演出 – 西谷 弘、野田悠介、永山耕三
主題歌 – DEAN FUJIOKA『Shelly』

誉 獅子雄 – ディーン・フジオカ
若宮 潤一 – 岩田剛典
江藤 礼二 – 佐々木蔵之介
小暮 クミコ – 山田真歩
レオ – ゆうたろう

8話ゲスト

亜蘭世津子(あらん せつこ) – 長谷川京子

ビジネススクール「SUTTON」の校長。

北山彩(きたやま あや) – 谷村美月

亜蘭の秘書。世津子が運営するビジネススクールの卒業生。
亜蘭のことを尊敬してやまない。

誉万亀雄(ほまれ まきお) – 高橋克典

獅子雄の異母兄。獅子雄と敵対関係にあり、神経質で切れ者。
常に上から目線で獅子雄をバカにしているが、肉親として愛している。
原作におけるマイクロフト・ホームズに相当する人物。イニシャルもM.Hと共通している。

 

スポンサードサーチ

『シャーロック』8話 あらすじ

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)に、江藤礼二(佐々木蔵之介)が、経産省のエリートを含む男性二人の心中事件の動機解明を依頼に来た。心中など現代には存在しないと関心を示さない獅子雄に、江藤は現場に残されていた二枚のライオンの写真を見せた。一枚は吠えていて、もう一枚は死んでいる。若宮潤一(岩田剛典)が、なぜライオンの写真なのか?と疑問を投げると、江藤はライオンではなく“獅子“だと獅子雄をあおる。

さらに、写真の裏には暗号らしき文面が書かれていることも伝え、獅子雄は事件解明に乗り出すことに。発見された遺体は、経産省勤務の柴田雅樹(久保田悠来)と永田町のテーラーに勤務している三崎雄一(佐伯大地)。現場に残された写真と文面を読み解いた獅子雄は、あるビジネススクールに行き着き、校長の安蘭世津子(長谷川京子)と面会するが…。

(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/sherlock/introduction/index.html)

ここからネタバレあらすじ

殺された柴田雅樹(久保田悠来)と三崎雄一(佐伯大地)が毒を飲んで死亡。
心中かと思われたが、部屋にはライオンの写真が残されていた。
ライオンの写真の裏には【僕は日本のリーダーにはなれなかった。先に旅立つ。あちらで待っている。赤い蛭が空から繰り返す降って来る。 setbvrlax smjzvwy】と遺書のような文が書かれていた。

 

獅子雄はアルファベットの部分がヴィジュネル方陣という暗号文だとすぐに気がつく。
ヴィジュネル方陣とは、フランスの外交官ブレーズ・ド・ヴィジュネルによる多表式の換字式暗号である。

 

ヴィジュネル暗号は、2つの暗号から1つの文字を割り出す。
暗号文の最初の文字はSだ。ただ鍵となる暗号が分からない。

 

鍵は普通暗号文と別ルートで受け渡すが、今回は遺書の中に忍ばせてあった。
【赤い蛭】だ。
暗号文を解読すると【SUTTON ARAN SECRECY】となる。

 

死亡した2人が通っていたビジネススクール「SUTTON」の校長・亜蘭世津子(長谷川京子)に秘密があると睨んだ獅子雄!
早速「SUTTON」に潜入する。
獅子雄は亜蘭世津子と対面して、彼女に既視感を覚える。
どこかで会ったことがあるような気がする。

 

殺された柴田と三崎の聞き込み調査を行う獅子雄と若宮。
「SUTTON」で亜蘭の秘書を務める女性・北山彩(谷村美月)と亡くなった経産省勤務の柴田が親しかったことが分かる。

 

柴田の葬儀に参列した獅子雄は、兄の万亀雄(高橋克典)と再会する。
兄はエリート官僚。SUTTONについて知っているようだ。
万亀雄は「条件は聞くだけ。余計なことはしない。約束を破ったら探偵ごっこはやめてもらう」という前置きで「SUTTON」について話しはじめる。

 

SUTTONビジネススクールは元々はイギリスのエリート養成塾。
新しい日本のリーダーを育てるために日本にも1997年に持ち込まれた。
当時は塾生わずか20人だった。
以降の入塾スタイルは、卒業生の紹介でしか入れない。さらにその卒業生は1人しか紹介できないというものだった。
つまり塾生は20人を超えることはない。
この狭き門が功を奏して、SUTTONからは数々のエリートが排出された。

 

しかし今のSUTTONの生徒数は20人どころではなかった。
2010年に別の経営者が買い取って入塾ルールが変わったのだ。この新校長が亜蘭世津子。
彼女は卒業生が紹介できる人数を1人から2人に増やした。
生徒は増え続け、わずか数年で開校当初の面影もない金儲けの学校に成り下がった。

 

いわゆるネズミ講。マルチのスタイルだ。
高学歴のエリートを集めて高い授業料を取る。入学金は300万。
優秀な生徒は講師に引き上げて羨望を煽る。
エリートはプライドを刺激されると弱い。高いものほど見返りがあると思いこむ。
そういうビジネスだった。
経産省も調査に入ったと万亀雄は言う。

 

獅子雄はエリートの柴田がマルチに引っかかるとは思えなかった。
おそらく柴田は経産省のスパイだろう。
しかしそれに万亀雄は答えなかった。
「約束は守れよ」と残して万亀雄は帰っていく。

 

江藤(佐々木蔵之介)が「上が腰を引けてるから手を引いた方がいいかもしれない」と言い出した。
経産省は柴田がSUTTONのスパイだったことを知られたくないのだろう。

 

獅子雄は若宮と江藤に推理を話す。
柴田に手を下したのはおそらく、亜蘭の秘書の北山。
殺された2人とは同期であるのに冷たい態度だった。
それに心中現場にライオンの写真があったことを知っていた。
そしてあの暗号文を置いたのも北山だと獅子雄は言う。

 

しかし暗号文はSUTTONを悪くいう内容だった。
目的は、経産省に警告して手を引かせること。
「もう1つの目的は亜蘭に直接たしかめる」そう言い獅子雄は行動に移る!

 

まずはレオ(ゆうたろう)に頼んで亜蘭に伝言を渡してもらう。
【ある人が言いました。
「クレタ人は嘘つきだ」
さて、問題です。
A.クレタ人は嘘つきだ。
B.クレタ人は嘘つきではない。
正解は、明日の授業で】

 

そして亜蘭を訪ねる獅子雄。
セミナーハウスに招待された。

 

「「クレタ人はいつもうそをつく」とクレタ人がそう言ったなら、彼も嘘をついてるわけだから彼も嘘をつくということ自体が嘘になる。答えはどっちを選んでも不正解。」

 

正解を出す亜蘭。
獅子雄は亜蘭にヴィジュネル暗号を作ったのは亜蘭だと言う。
あの暗号は亜蘭にたどり着くものでしかなかった。
死んだ柴田が残すならもっと具体的なことを書くはずだ。
しかし亜蘭は答えない。

 

獅子雄は自由研究を発表したいと言い出し「亜蘭の人生」を語り出す。
亜蘭は柴田を気に入っていた。
しかしある日、柴田がスパイだと気づいてしまった。
怒り狂った亜蘭は柴田の同期である北山を使って柴田を殺害した。

 

北山はそれを否定する。
亜蘭は「獅子雄には妄想癖がある。休憩しよう」と言い、チョコレートを差し出す。
死んだ柴田の胃にはチョコレートが入っていた。
きっとこのチョコレートにも毒が入っている・・・・。

 

チョコレートを食べる前に獅子雄は真相を話す。
ヴィジュネル暗号は獅子雄をおびき寄せるために書かれたものだ。
亜蘭は前世殺人事件で出てきたビデオテープに写っていた少女だった!!!!
亜蘭は獅子雄が前世殺人の捜査に関わっていたこと、さらにビデオテープを入手したことを知って暗号でメッセージを送ったのだ。

 

つまりSUTTONの影の支配者は守谷。
真実を知って崩れ落ちる北山。

 

獅子雄の合図を受けて江藤たち警察が突入してくる!
そして亜蘭は毒入りチョコを食べてしまった。

 

「クレタ人は嘘つきよ」と言い残して絶命する。

 

その後、事情聴取をされる北山。

 

北山は柴田を好きだった。
しかし柴田は三崎とつき合っていると知ってしまう。
その頃、北山は亜蘭から柴田がスパイだと知らせる。
亜蘭の洗脳を受けている北山は柴田にチョコレートを渡す。
痴情のもつれもあり北山は柴田を許せなかった。

スポンサードサーチ

『シャーロック』8話 感想・考察

6話の前世殺人のビデオテープの女の子は亜蘭世津子(長谷川京子)だった!!!!!

ってことで堀田真由ちゃんが長谷川京子に成長!!!!
喋り方はちょっと似てたで(΄◉◞౪◟◉`)

ハセキョンのミステリアスさは安定だよね。
シャングリラ十字団を思い出したよw

それにしても8話は難しかった。
みんなヴィジュネル暗号とかクルタ人が嘘つきだとか嘘つきじゃないとか意味わかった?
私は難しくて全くわかんなかった。
置いてけぼりで話が進んでいくアウェイな6話でした😌
とりあえず江藤も分かってないようで安心したw

絶命直前のハセキョンが「クレタ人は嘘つきよ」と言っていたのはどういう意味なんだろうか?
パラドックス系は頭がこんがらがって意味が分かりません🙄

「私はゲームを冒涜しない。これはあの方の教えだから。この黒には毒は入っていない。」

「クレタ人は嘘つきよ」

全て嘘だよってことですかね!?

ハセキョンが死亡したことにより守谷の正体も「じゅんちゃん」殺人事件の全貌も分からず仕舞い。
9話は有名イタリアンレストランで事件に巻き込まれるみたいです。
守谷の件は最終回までお預けなのかな🤔

 

スポンサードサーチ

『シャーロック』9話 あらすじ

謎の宿敵、守谷壬三に繋がっていた安蘭世津子(長谷川京子)に目の前で死なれた誉獅子雄(ディーン・フジオカ)の衝撃は小さくないようだ。そんな獅子雄を、若宮潤一(岩田剛典)、江藤礼二(佐々木蔵之介)は小暮クミコ(山田真歩)の誕生日をダシに外へ連れ出そうと計画。若宮はベッドで毛布に包まる獅子雄に声をかけるも断られるが、絶対に来いと先に出た。

若宮、江藤、クミコが集ったのは、とある有名イタリアンレストラン。獅子雄がなかなか来ないことに苛立つ若宮。そこに、ソムリエの加藤茂(田邊和也)に案内されて獅子雄がさっそうと登場し、いつものように嫌味を告げながらオーダーへ。身銭を切る江藤は一番安いコースを促すが、獅子雄はアラカルトを頼みだす。ところが店の看板料理が用意できないと加藤に言われてしまう。

その時、加藤が個室の客、高津みずえ(遊井亮子)に呼ばれる。個室には料理評論家、大石万作(升毅)とカメラマンもいた。取材で来ているのに、看板料理がないことに不満をもらすみずえは、シェフの古賀智志(大友康平)が不在なのかと問う。すると、加藤は店の体制はいつもと同じだと答えた。大石も料理に文句をつけだすと、その声に、客の不破凛子(島かおり)、達彦(綾田俊樹)は不快な表情。別の客、中原聖子(峯村リエ)も、大石に声を落として欲しいと注意した。ギスギスした店内で、若宮は盛り上がって来たと獅子雄をうかがう。予約も取りにくい有名店の味が変わり、名物料理が出せないのはなぜか?その謎を推理してみようと言う若宮。すると、獅子雄は、今日、店がオープンする前に異常事態が起こったと指摘して・・・。

(公式ホームページ引用 https://www.fujitv.co.jp/sherlock/introduction/index.html)