スペシャルドラマ『大誘拐2018』のあらすじとキャスト。映画『大誘拐 RAINBOW KIDS』のネタバレ感想も!

 

スペシャルドラマ『大誘拐2018』が放送されるということでこの機会に映画版『大誘拐 RAINBOW KIDS』見ました。
ここでは『大誘拐2018』のキャストやあらすじと映画『大誘拐 RAINBOW KIDS』の感想を書いていこうと思います。

 

スポンサードサーチ

『大誘拐2018』とは?

12月14日(金)19時57分~21時55分放送に放送される東海テレビ開局60周年記念スペシャルドラマ。
原作は天藤真で1979年、第32回日本推理作家協会賞を受賞をした推理小説。
100億円の身代金をめぐる、スケールの大きな衝撃のエンタテインメント作品で1991年には映画化もされた昭和の名作である。

 

スポンサードサーチ

スペシャルドラマ『大誘拐2018』あらすじ

愛知県に住む、日本有数の大富豪・柳川とし子(富司純子)が誘拐された。
誘拐犯は3人組。リーダー格は元ヤクザで刑務所から出所したばかりの若者、戸並健一(岡田将生)だ。メンツをかけて捜査に乗り出す愛知県警。たたき上げの刑事、井狩大五郎(渡部篤郎)に陣頭指揮が任された。
届いた犯人側の要求は「身代金100億円」。さらに「記者会見を開いて身代金への返答をしろ」。記者会見に臨んだ井狩は毅然とした態度で告げる、「100億円の要求は法外だ」と。前代未聞の金額に、誘拐された大富豪・とし子の親族はうろたえ、記者会見によって、事件は広く世間に知れ渡ってしまう。凶悪な犯罪者による大胆不敵な誘拐事件。日本中の誰もがそう思い注目した。まさに空前の「大誘拐」だ。

そして犯人側の要求は続く。「とし子の全財産を整理して、100億円はすべて現金で用意しろ」、「100億円の引き渡しをテレビで生中継せよ」。SNSやメディアを活用した“劇場型”だ。

井狩を筆頭に、現代のハイテクを駆使して捜査する警察組織。一方、その裏で繰り広げられるのは、健一をリーダーとする誘拐犯3人組と大富豪・とし子との知られざるストーリー。

手に汗握る駆け引きの末に迎える、衝撃の結末! 刑事・井狩が最後に見たモノとは!?
そして、健一率いる誘拐犯たちがたどり着く場所とは!?
(公式ホームページより http://tokai-tv.com/daiyukai2018/)

 

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

原作 天藤 真 『大誘拐』
脚本 宅間 孝行
演出 木下 高男

戸並 健一 岡田 将生
柳川 とし子 富司 純子
三宅 平太 中尾 明慶
秋葉 正義 森田 甘路
柳川 国二郎 長谷川 朝晴
田野 可奈子 国生 さゆり
柳川 大作 棚橋 弘至(新日本プロレス)
田宮 英子 平岩 紙
ミナちゃん 岡本 玲
吉村 紀美 伊原 六花
中村 くら 榊原 郁恵
刀禰本部長 杉本 哲太
井狩 大五郎 渡部 篤郎

 

スポンサードサーチ

映画版『大誘拐 RAINBOW KIDS』とは?

1991年1月15日に公開。監督は『独立愚連隊』『日本のいちばん長い日』などの岡本喜八。
北林谷栄、風間トオル、緒形拳など出演。

 

スポンサードサーチ

映画版『大誘拐 RAINBOW KIDS』スッタフ・キャスト

監督・脚本:岡本喜八
原作:天藤真
プロデューサー:森知貴秀、水野洋介

柳川とし子(刀自):北林谷栄
戸並健次:風間トオル
秋葉正義:内田勝康
三宅平太:西川弘志
柳川国二郎:神山繁
柳川可奈子:水野久美
柳川大作:岸部一徳
柳川英子:田村奈巳
串田(柳川家の使用人):天本英世
安西(柳川家の運転手):奥村公延
吉村紀美:松永麗子
邦子(隣村の娘):岡本真実
『東京』(和歌山県警):嶋田久作
鎌田(和歌山県警刑事部捜査一課長):橋本功
古参(和歌山県警):常田富士男
高野(ヘリパイロット):本田博太郎
テレビ和歌山報道局長:上田耕一
長沼(「テレビ和歌山」チーフアナウンサー):松澤一之
ラジオ和歌山社長:藤木悠
ナレーター:寺田農
佐久間(和歌山県警刑事部長):竜雷太
テレビ和歌山社長:中谷一郎
中村くら:樹木希林
井狩大五郎(和歌山県警本部長): 緒形拳

 

映画版『大誘拐 RAINBOW KIDS』感想・考察

とりあえず1番に言いたいのはみんな若い!!!!
風間トオルさん、緒形拳さん、橋本功さん、樹木希林さんみんな若い‥。
そして今も十分男前だけど若い頃の風間トオルめちゃくちゃかっこいいね。

コメディータッチな誘拐劇

誘拐という行為をここまで愉快に表現している映画は今まで見たことがなくて面白かったです。

刑務所から出所した戸並健次が仲間の秋葉正義と三宅平太と共に大富豪・柳川とし子を誘拐するところから話は始まります。
まず、誘拐されているのに誘拐犯の3人に注文つけちゃうおばあちゃんが可愛すぎて。

そんな可愛いおばあちゃんが自分を誘拐した誘拐犯たちを操り、子供たちからは100億円を奪い取るという結果だけ聞けば腹黒い行いをやってのけます。
しかし作中では誰も傷ついていないし悪い人は出てきません。そこが一層、爽快感がありました

その上、誘拐犯たちは良心を取り戻したようで、誘拐後はおばあちゃんの家で雇ってもらうなど大胆な行動に。
ここがただ悪知恵で誘拐犯たちを操ったのとは違うところですね。

この誘拐犯たちはおばあちゃんの指示がなくては間違いなく捕まっていたでしょうし
ちょっと間抜けな誘拐犯たちをおばあちゃんが救ったと言っても過言じゃないと思います。
結果的にみんな救われてるし利害の一致ということで。

おばあちゃんと誘拐犯たちのやり取りはクスッと笑える部分もあり、こんなに温かい気持ちになる誘拐物映画はありません。
昔の映画ですが新感覚でした。改めて映画の素晴らしさに出会えた気がします。

1991年版の大誘拐はこちら!大誘拐 RAINBOW KIDS

 

『大誘拐2018』への期待値

舞台は愛知県のようでそこから映画版とは違いますね。
今回のスペシャルドラマは東海テレビの60周年記念なので舞台が愛知県なのでしょうけど映画の関西弁のコメディさが面白かった分、そこらへんから不安。

そして気になったのがSNSやメディアを活用した“劇場型”ってどういうこと?
SNSを使うって・・・題名は同じ『大誘拐』でも全くの別物になる予感。

しかし脚本は『花より男子』などの宅間孝行さんということで個人的に期待値は高いです!

映画版が評価が高いこともあり初めから高いハードルで大変だとは思いますが私は岡田将生さん好きなのでだいぶ贔屓目で見れると思います。
12月14日が待ち遠しいです。