テセウスの船2話ネタバレあらすじ感想考察!真犯人は鈴(貫地谷しほり)説を推す!3話あらすじも!

 

成瀬
どうもこんにちは。成瀬です。

日曜劇場『テセウスの船』2話を見たのでネタバレと感想を書く。

(ネタバレだけ感想だけを読みたい人は目次から飛んでね!)

『テセウスの船』を無料で全話見る方法!
Paraviの30日間無料体験期間なら『テセウスの船』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中(30日以内)に退会すれば料金は一切かかりません!

【テセウスの船】感想一覧

原作漫画 1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話(最終回)

春ドラマ情報はこちら↓

2020年4月期・春ドラマ一覧!出演者情報や期待値など!【半沢直樹/ハケンの品格/アンサングシンデレラなど】

2020.02.20

 

スポンサードサーチ

日曜劇場『テセウスの船』基本情報

1月19日に放送スタートした。
モーニングにて連載されていた東元俊哉の同名漫画を竹内涼真主演で実写ドラマ化。
平成元年に起きた謎の連続毒殺事件で容疑者として逮捕された男の息子である主人公が、事件直前にタイムスリップして驚愕の真実にぶちあたる!

created by Rinker
¥660 (2020/09/18 19:16:07時点 楽天市場調べ-詳細)

トライアル期間中は無料で見れます!

 スタッフ・キャスト

原作 東元俊哉「テセウスの船」
脚本 – 高橋麻紀
プロデューサー – 渡辺良介、八木亜未
演出 – 石井康晴、松木 彩、山室大輔
主題歌 – Uru 「あなたがいることで」

田村心 – 竹内涼真
佐野和子 – 榮倉奈々
車椅子の男 – 安藤政信
田村鈴 – 貫地谷しほり
佐々木紀子 – 芦名星
長谷川翼 – 竜星涼
田中正志 – せいや(霜降り明星)
徳本卓也 – 今野浩喜
佐野鈴 – 白鳥玉季
佐野慎吾 – 番家天嵩
田村由紀 – 上野樹里(特別出演)
金丸茂雄 – ユースケ・サンタマリア
石坂 秀夫 – 笹野高史
井沢 健次 – 六平直政
木村 さつき – 麻生祐未
佐野 文吾 – 鈴木亮平

 

スポンサードサーチ

『テセウスの船』2話 あらすじ

平成元年にタイムスリップした田村心(竹内涼真)は、木村さつき(麻生祐未)の計らいで事件が起きる音臼小学校の臨時教員として働くことに。
そして、心は父・文吾(鈴木亮平)と村で起こる事件を阻止していくことで父が逮捕される過去を変えようと決意する。
由紀(上野樹里)の事件ノートによると3日後に田中義男(仲本工事)の家が火事になる。
田中家の警戒に向かうと、そこで気味の悪い少女二人の絵が描かれたノートを発見する。
これも音臼小事件に関連しているのでは…という心の不安は的中し、鈴(白鳥玉季)が行方不明になったと村は大騒ぎになる。
想定外の事件に心は動揺し、父・文吾との仲に亀裂が入る…。

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/)

ここからネタバレあらすじ

音臼小学校の臨時教員として働くことになった心(竹内涼真)。
小学校の児童たちもいい感じだったが、児童たちは長谷川翼(竜星涼)という若者にも懐いていた。
しかし翼は心を嫌っている。

 

そんな中、小学校のウサギが殺されるという事件が起きた。
金丸(ユースケサンタマリア)は心を疑うが決定的な証拠がない。

 

ある日、心は佐野(鈴木亮平)と一緒に田中義男(仲本工事)の家を訪ねる。
未来ノートに3日後に田中の家が火事になると書かれていたからだ。
田中の家には翼がいた。
翼は心が来るなり「泥棒」暴言を吐いて出て行ってしまった。

 

田中さんの家で手がけりを探す心。
田中さんは身体と目が不自由で世話をしにいろんな人が家にやってくる。
詩を書くのが趣味の田中さんは、詩が降りてきたとき、部屋にいる人に詩を書き留めてもらっていた。
詩の書かれたノートを見せてもらった心。
そこでおぞましい絵を見つけてしまった。
2人の人物の1人が黒く塗りつぶされた恐ろしい絵だ。
さらにウサギのような動物が塗りつぶされた絵も見つかった。

 

心はその絵を描いたのは翼だと考え、翼への警戒心を強める。

 

次の日、心は翼からお菓子をもらう児童たちを注意。
翼に懐いている児童たちは心へ不信感を覚える。
千夏の姉で、鈴の友だちの明音ちゃんもその1人だ。
しかし鈴は心に懐いている。
明音と鈴は喧嘩をしてしまった。

 

鈴と明音が行方不明になる事件が発生。
ノートには明音が疾走する日は明日になっている。
慌てて鈴と明音ちゃんを探す大人たち。

 

鈴と明音を探す中、心は「なんで鈴まで」と呟いてしまう。
「鈴までってどういうことだ?」
「未来ではいなくなるのは明音だけのはず。いなくなるのも明日のはずだった」と正直に話す心。
佐野は鈴の命がかかっているのだからと、未来のことが書かれたノートを見せてくれと頼む。

 

しかしノートを見せると佐野が逮捕されることがバレてしまう。
そんな未来を知ったら佐野が絶望してしまう。
心はノートを見せることを拒むが、それが何か企んでいるのではないかと佐野を疑わせてしまった。

 

吹雪の中、翼を発見した心。
「明音ちゃんを探してたんだよ」
と、どこか怪しい様子の翼。
明音ちゃんが小さい時におしめを変えてやっていたと言い出す翼。竜星涼なのに気持ち悪い。

 

鈴が帰ってきた。
鈴は明音と約束をしていたのだが、約束の場所にいつまでたっても明音が現れないから帰って来たのだという。
金丸はいまだに心を疑っている。
今度は佐野もかばってくれない。

 

心は明音を探しに吹雪の中を出ていく。
そんな心を尾行する金丸。
一晩中、明音を探し回った心。(よく自分も遭難しないよね、土地勘ないのに)

 

次の日も明音を探すが、翼が仕事を無断欠勤していることを知って悪い予感がよぎる。
翼の家を訪ねてみると、婚約者の佐々木紀子(芦名星)が出てきた。
紀子は翼の居場所は知らないと言う。

 

田中の家にあった絵を手がかりにする心。
登校中の音臼小学校の児童・加藤みきおに絵に心当たりはないか聞いてみる。
みきおは絵に描かれたカザグルマの場所を教えてくれた。

 

カザグルマは山小屋の上につけられている風車と一致。
心は佐野と一緒に山小屋に行ってみる。
そこには明音の姿があった・・・・!!!!
まだ息もある。

 

しかし明音を見つけた心の前に金丸が現れた。
金丸は心が犯人だと思っている。
犯人だからこそ明音の居場所がわかったのだと確信している。
心を公務執行妨害で逮捕しようとする金丸。

 

そこで無線が入る。
長谷川翼が死亡した。

 

疑っていた真犯人が死んだ。
じゃあ真犯人は?
ウサギを眺める麻生祐未、キーボードを打つ六平直政、子どもの写真を燃やす芦名星。
いったい犯人は誰なのか!?!?

 

スポンサードサーチ

ドラマ『テセウスの船』2話 感想・考察

煽り展開が最高(´・ω・`)
これ原作を読んでなかったらもっと楽しんでドラマ見れてただろうな。

でもやっぱりドラマだからマンガだったら気にならなかった部分が気になってしまった。
例えば、音臼村の土地勘ゼロの心が吹雪の中で遭難しないところとかめっちゃ違和感w

そんで明音ちゃんがいた山小屋もどうして今までソコを探さなかったんだろう?って違和感を感じてしまった。
みんな子どもが1人で行きそうな場所を探していたのかな?
誘拐の可能性を考えたなら山小屋は1番に思いつきそうだけど🤔

そして次回は心がノートを亡くすみたいですw
ハラハラするからいいんだけど、なかなかドジな主人公だね(΄◉◞౪◟◉`)

※以下、原作マンガの内容につて少し書いてます。
核心をつくネタバレはしてませんが、2話の時点での原作との相違点は書いているのでご注意ください。
原作のネタバレ感想と考察はこちら。

 

翼(竜星涼)死亡

竜星涼くん、2話で退場とは早すぎる。
でもめっちゃキモチ悪かったし竜星涼くんのスゴさは実感した。
日曜劇場で爪痕は残せたんじゃないかな?🤔

1話で上野樹里が死に2話で竜星涼が死ぬ。
【毎週死にます】のキャッチコピーつけてもいいかもしれないw

ところで、原作では翼くんは明音ちゃんと一緒に死ぬんですけど、ドラマでは明音ちゃんはまだ生きてるんですよね。
これって原作と内容をだいぶ変えてくれるんじゃないんですかね!?!?!
だったら楽しめるのでスゴく嬉しいんですけど・・・どうなんでしょう(´・ω・`)

それか子どもを殺す描写は可哀相だからカットしたとか?
小学校で起こる無差別殺人で子どもが死ぬのは仕方ないとして、明音ちゃんが幼女好きの男と2人で死ぬシーンはテレビ的にNGだったんかなぁ🙄と想像しています。
ラストで翼くんの婚約者の佐々木紀子(芦名星)が明音ちゃんの写真を処分してたじゃないですか?
あれはまあ・・・そういうことです。
原作ではもっと可哀相な写真だった。
本当に竜星涼はよく変態翼くんの役を引き受けたよ🙄

しかしワタシは原作と展開を変えてくる説に一票!
その方がみんなが楽しめるし🤔

犯人が原作と違うと仮定してワタシは真犯人は鈴説を推しておく!
実は原作でも鈴が犯人だと疑ってたんだよねー。
未来の鈴は貫地谷しほりだしサイコパスの貫地谷しほりさんが見たい(΄◉◞౪◟◉`)

ってことで、原作との違いも注目しつつ、次回も期待します!

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ『テセウスの船』3話 あらすじ

田村心(竹内涼真)は、音臼村で起こった一連の事件の容疑をかけられ、刑事の金丸(ユースケ・サンタマリア)に逮捕されてしまう。
逮捕される瞬間に未来の出来事が書かれたノートは辛うじて投げ捨てた心。父・文吾(鈴木亮平)が後に殺人を犯すことは決して誰にも知られてはいけない。
しかし、やがて釈放された心の元に、ノートと共に捨てたはずの免許証が届く。誰の仕業か!? まさか、ノートも拾われたのか!?
不安が募る心に追い打ちをかけるように、真犯人がまた奇妙な絵で新たな犯行を予告する! 果たして、次なるターゲットは!?
追い詰められた心を心配する和子(榮倉奈々)。心は、家族を救うため、残酷な未来を打ち明けるべきか激しく葛藤するのだった。

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/)

1話感想はこちら↓

テセウスの船1話ネタバレあらすじ感想!父親は犯人ではない!?竹内涼真がリポビタンDのCMぽくて笑ったw2話あらすじも!

2020.01.19