テセウスの船4話ネタバレあらすじ感想・考察!上野樹里が再登場!鈴(貫地谷しほり)の犯人説は消えそう。5話あらすじも!

 

成瀬
どうもこんにちは。成瀬です。

『テセウスの船』4話を見たのでネタバレと考察を書く。

 

(ネタバレだけ感想だけを読みたい人は目次から飛んでね!)

『テセウスの船』を無料で全話見る方法!
Paraviの30日間無料体験期間なら『テセウスの船』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中(30日以内)に退会すれば料金は一切かかりません!

【テセウスの船】感想一覧

原作漫画 1話 2話 3話 4話 5話 6話

 

 

スポンサードサーチ

日曜劇場『テセウスの船』基本情報

1月19日に放送スタートした。
モーニングにて連載されていた東元俊哉の同名漫画を竹内涼真主演で実写ドラマ化。
平成元年に起きた謎の連続毒殺事件で容疑者として逮捕された男の息子である主人公が、事件直前にタイムスリップして驚愕の真実にぶちあたる!

created by Rinker
¥660 (2020/02/27 12:17:17時点 楽天市場調べ-詳細)

トライアル期間中は無料で見れます!

スタッフ・キャスト

原作 東元俊哉「テセウスの船」
脚本 – 高橋麻紀
プロデューサー – 渡辺良介、八木亜未
演出 – 石井康晴、松木 彩、山室大輔
主題歌 – Uru 「あなたがいることで」

田村心 – 竹内涼真
佐野和子 – 榮倉奈々
車椅子の男 – 安藤政信
田村鈴 – 貫地谷しほり
佐々木紀子 – 芦名星
長谷川翼 – 竜星涼
田中正志 – せいや(霜降り明星)
徳本卓也 – 今野浩喜
佐野鈴 – 白鳥玉季
佐野慎吾 – 番家天嵩
田村由紀 – 上野樹里(特別出演)
金丸茂雄 – ユースケ・サンタマリア
石坂 秀夫 – 笹野高史
井沢 健次 – 六平直政
木村 さつき – 麻生祐未
佐野 文吾 – 鈴木亮平

 

スポンサードサーチ

ドラマ『テセウスの船』4話 あらすじ

再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。生き残った姉は行方知れず。自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことに心は深く後悔する。
最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。
拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。
音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。しかし、大きな困難が待ち受けるのだった。

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/)

ここからネタバレあらすじ

再び現代にタイムスリップした心(竹内涼真)だったが、父・佐野(鈴木亮平)が冤罪で逮捕される未来は変わっていなかった。
それどころか母(榮倉奈々)と兄は一家心中で死亡。
過去を変えるどころか改悪してしまった。

 

最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった未来も変わっているのかもしれないと、彼女の実家を尋ねる心。
由紀は生きていた。
しかしこの世界の由紀は心と出会っておらず、心のことを知らなかった。

 

由紀は週刊誌の記者として働いて、音臼小事件について調べていた。
心のことは佐野死刑囚の息子として知っていた。

 

心は逮捕されている父・佐野を訪ねて面会。
佐野は心が来ることを信じてずっと待っていた。
涙の再会を果たした2人。

 

そんで佐野は心が消えてからのことを語り出す。
心が未来へ帰ってすぐ、金丸(ユースケサンタマリア)が死んだ。
真犯人に殺されたのだろう。

 

事件当日。
佐野は事件を止めるために学校中の飲み物を捨てて水道水以外飲むなと呼びかけた。
しかし事件は起きた。
会場に用意されていたはっと汁の中に青酸カリが入れられていた。
そして佐野の家から青酸カリが発見された。

 

佐野の冤罪は絶対に証明するという心。
しかし佐野はもう諦めている。
鈴(貫地谷しほり)が結婚し出産する。
心にも自分のために生きて欲しいと願う佐野。

 

佐野から姉・鈴の居場所を聞いた心は会いに行く。
鈴は整形し名前も変えていた。

 

そして身分を隠して、事件の被害者である同級生のみきお(安藤政信)と結婚。
みきおは事件の後遺症で車椅子生活を余儀なくされており、小学生教員だった木村さつき(麻生祐未)に養子として引き取られている。
鈴は償いの思いも込めてみきおと結婚。
殺人犯の家族としてではなく、穏やかな生活を送りたいと願っている・・・。

 

心は佐野の冤罪を晴らすために、音臼小事件の被害者の会に参加することを思いつく。
音臼村の人たちから事件当時の様子の聞き出し、佐野を無罪にする証拠を集めようというわけだ。
しかし会への参加の仕方がわからない。
週間記者の上野樹里に頼ることにした。

 

犯人を恨んでいる被害者が佐野を無罪にする証拠をくれるわけがない。
当然ながら上野樹里は猛反対。
しかし心の熱意に押されて被害者の会に参加できるように手配してくれた。

 

心は被害者に参加することを姉の鈴に報告。
だが2人の会話を木村さつきが見ていた・・・。

 

そして被害者の会の当日。
上野樹里も駆けつけてくれた。
しかし緊急事態発生。
来ないと言っていたはずの木村さつきが会場に来ている・・!
ここで心が佐野の冤罪の証拠を求めると鈴の正体がバレてしまう。
急いで鈴に電話をする心。

 

「行って、心。お父さんの無実を証明してくれる人を探してきて。心の言った通り。お父さんの無実が証明されればまた笑ってくらせる。今度は私たちが頑張る番。私は大丈夫だから」

 

姉の了承は出たが、姉の幸せを崩していいのかと悩む心。
そして悩んだ結果・・・・心は被害者の会へ顔を出すことを諦める。

 

「姉がもがいて苦しんでやっと手に入れた幸せを奪うわけにはいかない。」

 

鈴の結婚がなくなれば佐野も悲しむ。
そう言う心の代わりに上野樹里が被害者の会へ乗り込む!
マイクを奪い取り、情報を求める上野樹里。
しかし被害者から水をかけられてしまう。

 

「当時は事情があって言えなかった情報をお持ちの方がいらしたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いします」

 

数日後。
上野樹里の熱弁のおかげか、事件当時のことを証言してくれるという人が現れた!
佐野の弁護士に連絡が入ったという。
これで佐野の冤罪がはらせるかもしれない。

 

一方で鈴の元に木村さつきから連絡が入る。
手元には不気味な絵と青酸カリが・・・!

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ『テセウスの船』4話 感想・考察

やっぱり麻生祐未の老け方だけ違和感w
鈴木亮平の老けメイクは榮倉奈々よりかは自然だったかな。
次回は芦名星も老けメイクで登場!😂

そんな感じで内容よりも未来の皆さんの姿に目がいってしまいますが、4話は感動シーンが多かったですね!

父息子の再会。
姉弟の再会。
記憶を失った妻との再会。

さすがの由紀(上野樹里)も知らない男に馴れ馴れしくされて不審がってましたが、根は心優しい由紀のまんま(´・ω・`)
心さんの気持ちを瞬時に理解して代わりに被害者の皆さんに佐野の冤罪を訴えたシーンはグッときた。

誰が犯人でもいいから、最終的には心さんと由紀は結ばれて幸せになってほしい。

鈴が犯人説が薄れてきた

サイコパスの貫地谷しほりが見たいからという理由で鈴犯人説を推してましたが、4話の鈴を見てるとそんな気が一切しませんねw

何より自分の幸せより父の冤罪を晴らすと決意した鈴の気持ちをニセモノだとは思いたくない。

でもでも。木村さつき、みきお(安藤政信)が犯人だとしたらそれっぽすぎて全くおもんないよなぁ(΄◉◞౪◟◉`)

しかし今のところ原作との相違点も大して見つからないし、これは原作と犯人同じなんじゃねーの?と不安が生まれてきた。

とは言え、まだ4話。
5話から原作の展開とガラッと変わるかもしれません。

 

スポンサードサーチ

ドラマ『テセウスの船』5話あらすじ

タイムスリップした平成元年から再び現代へ戻った田村心(竹内涼真)は、歴史が変わってしまうまでは妻だった記者の岸田由紀(上野樹里)の協力を得て、父・文吾(鈴木亮平)の無実を証明できるという証言者の松尾から連絡を受ける。それは心にとって、父の冤罪を晴らす唯一の希望の光だった。
その頃、木村さつき(麻生祐未)に「正体を知っている」と脅されていた村田藍(貫地谷しほり)。文吾の娘だと夫の木村みきお(安藤政信)に隠し続けてきた藍は、さつきのある謀略に協力させられる。果たして、さつきの魂胆とは何なのか?
そして、心は突然、松尾から証言はできないと連絡を受ける。父を救う唯一の希望を失いたくないと、心は由紀に励まされながら必死で松尾に証言を願うが…。

(公式ホームページ引用 https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/)