テレ朝SPドラマ2019年版『白い巨塔』第三夜ネタバレ感想・考察と四夜あらすじ。スピーディーすぎてもはやダイジェスト。

 

『白い巨塔』第三夜見ました\(^o^)/

話がスピーディーすぎて重みを感じられなかった‥。
今回はじめて『白い巨塔』を見た人たちはどう感じてるのか気になるレベルです🙄

それでは、『テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル白い巨塔』第三夜のネタバレあらすじと感想を書いていきます。
(ネタバレだけ、感想だけを読みたい人は目次から飛んでね!)

 
2003年版との比較はこちら→『白い巨塔』2019年岡田准一版と2003年唐沢寿明版のキャスト比較。歴代白い巨塔について語る!【ネタバレあり】
 

2019版『白い巨塔』のネタバレと感想はこちら。第一夜 第二夜 第三夜 第四夜 第五夜

 

スポンサードサーチ

『テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル白い巨塔』とは?

浪速大学に勤務する財前五郎と里見脩二という対照的な人物を通し、医局制度などの医学界の腐敗を鋭く追及した山崎豊子による社会派小説を岡田准一主演でドラマ化。5夜連続で放送される。
過去に1回の映画化、5回のドラマ化をしている。

過去の映像作品一覧

  • 1966年映画化 (財前五郎 – 田宮二郎 -、東貞蔵 – 東野英治郎、里見脩二 – 田村高廣)
  • 1967年テレビドラマ化 全26回。(財前五郎 – 佐藤慶、里見脩二 – 根上淳、東貞蔵 – 山形勲)
  • 1978年テレビドラマ化 全31回。(財前五郎 – 田宮二郎 、里見脩二 – 山本學、東貞蔵 – 中村伸郎 )
  • 1990年テレビドラマ化 2夜連続のスペシャルドラマ。(財前五郎 – 村上弘明、里見脩二 – 平田満 )
  • 2003年テレビドラマ化 全21回。(財前五郎 – 唐沢寿明、里見脩二 – 江口洋介、東貞蔵 – 石坂浩二)
  • 2007年韓国にてテレビドラマ化 全20回。(チャン・ジュンヒョク【財前五郎】 – キム・ミョンミン、チェ・ドヨン【里見脩二】 – イ・ソンギュン)

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スポンサードサーチ

スッタフ・キャスト

原作 – 山崎豊子
監督 – 鶴橋康夫、常廣丈太
脚本 – 羽原大介、本村拓哉、小円真

財前五郎 – 岡田准一
里見脩二 – 松山ケンイチ
花森ケイ子 – 沢尻エリカ
東貞蔵- 寺尾聰
鵜飼裕次 – 松重豊
大河内恒夫 – 岸部一徳
柳原雅博 – 満島真之介
佃友弘 – 八嶋智人
亀山君子 – 美村里江
野坂奈津美 – 市川実日子
財前又一 – 小林薫
財前杏子 – 夏帆
黒川キヌ – 市毛良枝
東政子 – 高島礼子
東佐枝子 – 飯豊まりえ
船尾徹 – 椎名桔平
佐々木庸平 – 柳葉敏郎
佐々木よし江 – 岸本加世子
佐々木庸一 – 向井康二
関口徹 – 斎藤工
国平幸一郎 – 山崎育三郎

 

スポンサードサーチ

『白い巨塔』第三夜 あらすじ

教授選でついに悲願を達成した財前五郎(岡田准一)は満ち足りた日々を送っていた。一方、擁立していた菊川昇(筒井道隆)が破れた東貞蔵(寺尾聰)は、退官後の行き先が決まらぬまま、浪速大学を去ることに…。
ある日、鵜飼裕次(松重豊)が財前にドイツの国際医療外科学会からの招待状を渡す。それは、講演と新しい術式のデモンストレーションの依頼で、鵜飼にとっても財前にとっても喜ばしいことだった。
権力を手に入れるため、ひたすら上を目指す財前とは対照的に、患者のことを第一に考え、診察を続ける里見脩二(松山ケンイチ)のもとに、繊維問屋を営む佐々木庸平(柳葉敏郎)と妻・よし江(岸本加世子)がやって来る。糖尿病が悪化したため、薬を見直したいと言う佐々木だが、里見は検査を重ねるうちに、糖尿病ではなく膵臓がんを疑う。里見は医者としての腕を信頼している財前に相談し、執刀も依頼する。
信頼する里見から優秀な外科医だと紹介されたものの、尊大な態度をとる財前に怖気づく佐々木。しかし、里見の後押しもあって、とうとう手術を受ける決心をする。
翌日、財前がドイツに出発するまでに手術をすることになった佐々木が入院してくる。総回診の際、担当医の柳原雅博(満島真之介)が、肝機能の数値と炎症反応が気になるのでPET検査をしたほうがいいと進言するも、財前は「必要ない」と一蹴。その様子を見ていた佐々木とよし江は、思わず里見に不安な気持ちを吐露する。里見は、万全を期すため、必ずPET検査をするよう財前に依頼し、約束を取り付けるが…。
佐々木の手術の日――。順調に手術が進む中、モニターを確認していた柳原が、肝に腫大と、妙に白い部分を発見する。柳原は、生検に出すべきか相談するが、またも財前に一蹴されてしまう…。
後日、無事に手術が成功したはずの佐々木の容態が急変。柳原は慌てて財前を探すが連絡が取れない! 焦った柳原は里見に助けを求めるが…。
一方、柳原からの連絡を無視し続ける財前は、愛人・花森ケイ子(沢尻エリカ)のバーで開かれている自身の壮行会に出席していた。そして翌朝、意気揚々とドイツへ旅立つ。ここから茨の道を歩むことになるとは知らずに……。

(公式ホームページ引用 https://www.tv-asahi.co.jp/)

ここからネタバレありあらすじ

財前は野坂に、妹の手術を執刀するかわりに残りの7票を自分に入れるよう取引する。
2票差で財前は教授選を勝利した。

 

野坂は菊川派から「7票を取りまとめてくれたのか」と問いただされるが「約束通り尽力させていただいた」と白を切る。
どちらにもまとめて7票渡さなかったのは、どっちが勝っても言い逃れができ、どっちが転んでも損しない計算されたものだった。

 

ともあれ財前は勝利し、東は浪速大学を去る。
東は菊川を勝たせれかったことで船尾からは絶縁を言い渡され、退官後の就職先もなかなか決まらないでいた。

 

繊維問屋を営む佐々木庸平の手術を、里見から依頼された財前。
自らの診断と腕を過信し、佐々木の担当医をすることになった柳原の意見にも耳を貸さなかった。
教授である財前には逆らえないため柳原は従うしかない。

 

財前の尊大な態度は、柳原だけではなく佐々木夫婦の不安も煽った。
佐々木の妻・よし江は里見に相談する。
里見は事情を聞き、財前に万全を期すためPET検査をするよう財前に依頼し、約束を取りつけた。

 

しかし財前はPET検査を行わずに手術を行う。
手術中、モニターを確認していた柳原が、肝に腫大と白い部分を発見する。
しかし財前は「もともと脂肪肝があるからだ」と柳原の意見を無視し、手術を終えてしまう。

 

後日、手術を成功したはずの佐々木の容態が急変した。
柳原は慌てて財前を探すが連絡が取れない。

 

財前は国際医療外科学会からの依頼で、講演と新しい術式のデモンストレーションへドイツへ出向くところだった。
柳原事情を聞いた里見は、財前を追って空港まで走るが、間に合わず‥。
財前はそのままドイツへと旅立ってしまう‥‥。

 

成瀬
教授選を勝利、佐々木庸平の手術終了までが第三夜の内容でした。

二夜から言ってますが、すんごいライトな『白い巨塔』ですよね😩
内容を知ってる者からすれば、スピーディーすぎてダイジェストを見てる気分だったw

 

スポンサードサーチ

『白い巨塔』第三夜感想・考察

スピーディーに話が進み、話に深みが全く感じられなかった🙄

柳原の葛藤は分かるけど、描写が少なすぎて感情移入ができない‥。
2003年版では若かりしき頃の伊藤英明を胸が締め付けられる思いで見てたのに・・・。

財前と里見の関係性も薄いし、東の嫉妬心も中途半端。
もっとバチバチドロドロな群像劇を見れると思っていたら、蓋を開けてみれば財前の成り上がりからの転落を淡々と描いただけのドラマでした。
まだ三夜目なので断言はできないですけどね。

どうせ映像化するなら連続ドラマで描けばよかったのでは?

沢尻エリカの喋り方がブルゾンちえみに似てる件

1話から財前とケイ子の絡みに魅了されてましたが、エリカ様‥喋り方ブルゾンちえみに似てません?
いい女は自然とああいう喋り方になってしまうのかな🤔

個人的に沢尻エリカさんは日本で1番可愛いと思ってるので画面に映るだけで満足なんですけどね。
それにしても岡田准一と沢尻エリカって顔面偏差値高すぎカップルでしょ🙄不倫だけどw

 

スポンサードサーチ

『白い巨塔』第四夜あらすじ

ドイツで手術のデモンストレーションを行う財前五郎(岡田准一)が現地の医師たちに絶賛されている頃、日本では、ICUでの治療の甲斐なく佐々木庸平(柳葉敏郎)が死亡していた。死因が肝不全だと知り、膵臓がんだと思っていた妻のよし江(岸本加世子)と息子の庸一(向井康二)はがく然…。里見脩二(松山ケンイチ)は、そんな二人に病理解剖を勧める。
財前のミスを疑い、真実を知りたいと強く願う庸一の後押しで、後ろ向きだったよし江も解剖を了承。病理学科の教授・大河内恒夫(岸部一徳)が解剖を担当することになる。
解剖の結果、血管内リンパ腫が原因で肝不全となり、血液凝固障害を起こしたため死亡したことが判明。よし江と庸一は、手術の前後ともに、財前は「膵臓以外に問題がない」と言っていたと柳原雅博(満島真之介)に詰め寄る。もともと財前の傲慢な診察態度に疑問をもっていた二人は、彼を裁判で訴えることを決意する。

そんな中、財前が帰国。空港で訴訟についてのコメントを求める記者たちに囲まれ、もみくちゃになっている財前を連れ出した義父の又一(小林薫)は、その足で医学部長・鵜飼裕次(松重豊)の自宅へ向かう。教授選で財前を推薦したがために自分の立場が危うくなったと激昂する鵜飼に、財前は、すべては遺族の誤解で、自分に後ろめたいことはないとキッパリ宣言。又一も金に糸目はつけないので、何とか降りかかる火の粉を払ってほしいと土下座する。
翌朝、柳原を呼び出した財前は、恩師の大河内が解剖を担当したと聞き、自分の立場が悪くなると激怒。さらに、柳原にカルテの改ざんまでほのめかす。また、里見のもとを訪れた財前は、遺族に自分を窮地に陥れる病理解剖を勧めた彼にも食ってかかり、同期の二人に溝ができてしまう…。
よし江と庸一は財前を訴える裁判を起こすために、弁護士・関口徹(斎藤工)の事務所を訪れる。一方、病院と財前の代理人となった弁護士・国平幸一郎(山崎育三郎)は関口に破格の金額を提示し、示談にしないかと持ちかける。
真実と自分の将来を天秤にかけ、裁判を前にどんどん追い込まれていく柳原…。
そして、ついに、純粋に真実を知りたいと願う遺族と、保身にすべてをかける財前の長い闘いが始まる…!

(公式ホームページ引用 https://www.tv-asahi.co.jp/)

成瀬
第四話からはついに医療裁判!
斎藤工と山崎育三郎もついに登場!