トップナイフ9話ネタバレあらすじ感想!不意打ちの片岡鶴太郎に笑うw黒岩は保くんロス。10話最終回あらすじも!

 

成瀬
『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』9話を見たのでネタバレと感想を書く。

今回は黒岩と今出川にスポットが当てられました(´・ω・`)

保くんロスに陥りそう😢

(ネタバレだけ感想だけを読みたい人は目次から飛んでね!)

『トップナイフ』を無料で全話見る方法!
Huluの無料トライアルで『トップナイフ』が全話無料で見れちゃいます!
無料期間中に退会すれば料金は一切かかりません!

 

『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』感想一覧

1話 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話(最終回)

春ドラマ情報はこちら↓

2020年4月期・春ドラマ一覧!出演者情報や期待値など!【半沢直樹/ハケンの品格/アンサングシンデレラなど】

2020.02.20

スポンサードサーチ

ドラマ『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』基本情報

天海祐希主演の医療ドラマ。
「手術の天才」が集う東都病院・脳神経外科を舞台に、“手術はすべて成功して当たり前”という世界で葛藤する深山瑤子(天海祐希)ら医師の姿を描くリアル・ドクターストーリー。

トライアル期間中は無料で見れます! 

スッタフ・キャスト

原作 – 林 宏司『トップナイフ』
脚本 – 林宏司
音楽 – 横山克、鈴木真人
演出 – 大塚 恭司

深山瑤子 – 天海祐希
黒岩健吾 – 椎名桔平
小机幸子 – 広瀬アリス
西郡琢磨 – 永山絢斗
来島達也 – 古川雄大
今出川孝雄 – 三浦友和

 

スポンサードサーチ

ドラマ『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』9話 あらすじ

深山 (天海祐希)たちは転院してきた深刻な脳腫瘍の患者が今出川(三浦友和)の妻・里美(有森也実)であることを知る。

実は今出川は、最初から妻に最高の治療を受けさせることが目的で、黒岩(椎名桔平)と西郡(永山絢斗)を東都総合病院に呼び入れていたのだ。今出川はすでにキャリアを捨てる腹をくくっていて……。
一方、保の学校に忘れ物を届けに行った黒岩は、同級生からのいじめを無反応にやりすごしている保の姿に、かつての自分に似た“息子”の一面を見る……。

その日の午後、深山と黒岩、西郡は、三人の技術を結集して里美のオペを遂行すべく計画を詰めていた。そんな三人に頭を下げた今出川は、深山に自分の後任を任せようと思っていることを打ち明ける。

一方、病室で里美の様子を見ていた幸子(広瀬アリス)は、脳腫瘍が引き起こす“譫妄状態 せんもうじょうたい”のせいでさっきまで今出川を夫だと認識できずに罵倒していた里美が、ころっと普通の状態に戻っている様子にショックを受ける。これまで今出川の元に怒鳴り声の電話がかかってきていたのは、錯乱状態の里美の電話だったのだと気づいた幸子は、優しく里美に接する今出川の心中を察する。

翌日、解体工事中の現場で鉄筋が頭を貫通した少年・添野徹が緊急搬送されてくる!絶体絶命の事態に深山と西郡が緊迫のオペに挑む!そんな中、徹の母親・良美は焦燥しきった様子だが……。

(公式ホームページ引用 https://www.ntv.co.jp/topknife/)

ここからネタバレあらすじ

黒岩(椎名桔平)は、アメリカに戻らず日本に残るつもりでいた。
黒岩は自分の半生を深山(天海祐希)に話して聞かせる。
黒岩は母親に捨てられ、飲んだくれの父親に育てられた。
奨学金で地方の医学部へ進み、その後留学。
死に物狂いで努力をしてトップナイフまで上り詰めた。

 

しかし後日。
黒岩の愛人が再び現れた。
愛人は保を返して欲しいと言い出す。
なんと、黒岩は保と親子関係ではなかった。
DNA鑑定は愛人が回し者をよこして偽造していたのだった。
保と別れる決意をした黒岩。
「いいか、ナメられるなよ。男はナメられたら終わりだ。お前がどこに行っても誰とやりあっても俺がついてる」と言葉をかける。

 

解体工事中の現場で鉄筋が頭を貫通した少年・添野徹が緊急搬送されてきた。
深山と西郡(永山絢斗)が緊急オペを行う。
難しい手術だがなんとか終了。
運よく主要部分が損傷していなかった。

 

病室で今出川(三浦友和)の妻・里美(有森也実)が暴れはじめた。
なんとか落ち着いたが、今出川は黒岩に弱音を漏らす。
今出川は家庭を顧みず仕事ばかりだった。
いま、妻が暴れているのは長年の恨みなのではないか?
そういう今出川に黒岩は医師として「それはありえない」と言う。
医師としては分かっていても夫としてはそう思えない今出川。

 

里美が普通の状態に戻っている時に手術の説明をする。
里美は手術は今出川に執刀して欲しいと頼む。

 

鉄筋が頭を貫通した少年・徹が目を覚ました。
普通に話せるほど回復した。
シングルマザーの母親(鈴木杏)も一安心。
しかし徹は深山を呼び出して事故の経緯を話す。

 

「僕の怪我は事故じゃないんだ。殺そうとしたんだよ、あいつが」
徹は自分の怪我は母親のせいだと言う。

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』9話 感想・レビュー

9話で1番おもしろかったのは片岡鶴太郎が本人役で出演してたことかなw

今出川と黒岩メイン回でしたね。
トップナイフと呼ばれていても人は人。
登場人物紹介欄には手術以外は全て自分を優先している性格とありますが、黒岩先生には人情深い印象しかないw
6話の左手を切断した元高校球児の話でもそうだったしね(´・ω・`)

それにしてもDNA鑑定をバーで出会った知り合いに頼むなんて黒岩先生もツメが甘いね。
まさか愛人がそこまでするとは思ってなかったんでしょうけど、そういうことはちゃんとした人に頼まないと。

しかし「世界のクロイワ」とか呼ばれてて自己チュー貫いてるのに子どもに情がうつる黒岩先生・・・かわいい(΄◉◞౪◟◉`)
いろいろツッコミ入れちゃいましたが保くんに別れを告げるシーンではちょっとウルっときた😢

今出川の件は最終回に持ち越し。
ついでに鈴木杏の息子の件も次週に持ち越し。
最終話まで2つの患者を一気に進行するスタイルを貫くみたいですw

そんで小机が大人しくて見やすい回だった。
西郡も前回から空気(´・ω・`)
最終回ではそろそろ西郡が敬語になるんじゃないかと期待していますw

 

スポンサードサーチ

ドラマ『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』10話(最終回)あらすじ

いよいよ今出川いまでがわ(三浦友和)の妻・里美さとみ(有森也実)のオペが始まろうとしていた。まずは西郡にしごおり(永山絢斗)と幸子さちこ(広瀬アリス)が開頭した状態の里美に話しかけながら脳のチェックをしていく。今出川も参加し、順調にオペが進むが……。

一方、深山みやま(天海祐希)は、鉄筋が頭部を貫通する事故から奇跡的に回復に向かっている中学生・とおる(田中奏生)から、「母親に殺されそうになった」と打ち明けられ、驚きを隠せない。

そんな中、手術室では里美のオペにトラブルが発生!全身痙攣を起こした里美のもとに深山と黒岩くろいわ(椎名桔平)が合流する―。
徹の被害妄想は脳の損傷による“譫妄せんもう”が抱かせている可能性があるという深山の説明に、思いつめた表情で聞く、徹の母・良美よしみ(鈴木杏)。

さらに、徹は見舞いに来た良美のことを“お母さんを乗っ取った宇宙人”だと言い出す……!深山は血液の逆流で脳出血を起こす危険のある徹に、再びオペをすることを決断。しかし、オペを前に突然徹の容態が急変する……!!

(公式ホームページ引用 https://www.ntv.co.jp/topknife/)