ドラマ「共演NG」1話ネタバレあらすじ感想レビュー!山口紗弥加の怪演で全て吹っ飛ぶw2話あらすじも!

 

成瀬
こんにちは。成瀬です。

「共演NG」1話を見たのでネタバレと感想を書きます。

ネタバレだけ感想だけを読みたい人はそれぞれ目次から飛んでね!

ドラマ「共演NG」感想一覧
1話感想  2話感想  3話感想  4話感想

 

スポンサードサーチ

ドラマ「共演NG」基本情報

秋元康企画・原作のテレビ東京とFCCの共同制作ドラマ。
恋愛関係のもつれから25年前に破局して以来、共演NGとなっていた実力派俳優と人気女優がドラマ共演することになり、互いに火花を散らしつつも25年前のとある映像がきっかけで思わぬ展開に発展していく過程を描く。
新設された「ドラマプレミア10」枠にて2020年10月26日から放送開始した。

スッタフ・キャスト

企画・原作 – 秋元康
演出・脚本 – 大根仁
脚本 – 樋口卓治
音楽 – 堀込高樹
主題歌 – Novelbright「あなたを求めただけなのに」

遠山英二 – 中井貴一
大園瞳 – 鈴木京香
遠山雪菜 – 山口紗弥加
古川しおり – 猫背椿
マーク野本 – リリー・フランキー
前島豊 – 小野塚勇人
出島徹太郎 – 里見浩太朗
小松慎吾 – 堀部圭亮
演 – 古村勇人
篠塚美里 – 若月佑美
内田梢 – 小野花梨
平田 – 中村無何有
佐久間純 – 細田善彦
加地祐介 – 小澤廉
木藤 – 政修二郎
市原龍 – 斎藤工
与謝野・M(マウリシオ)・リリカ – 瀧内公美
中川 – 橋本じゅん
戸沢寛治 – 岩谷健司
是枝育夫 – 迫田孝也
池田匠 – 岡部たかし
佐々木信也 – 森永悠希
楠木美和- 小島藤子
立木琴音 – 山谷花純

 

スポンサードサーチ

ドラマ「共演NG」1話 あらすじ

かつて「結婚したい男」No.1を3年連続で獲得した人気俳優・遠山英二(中井貴一)と「上司にしたい女優」No.1を誇る大園瞳(鈴木京香)という大物人気俳優の2人が弱小テレビ局・テレビ東洋の大型連続ドラマ「殺したいほど愛してる」でW主演することに。
しかし、実はこの2人、25年前、英二の二股交際が原因で破局して以来の“共演NG”だった。
奇跡の共演に世間の関心も高く、テレビ東洋としては異例の豪華制作発表を行うことになったのだが…。
当日、会場のホテルには多くのマスコミが詰めかけ、2人の到着を待ちわびていたが…
会場へ向かう車中で、英二は、瞳との共演に難色を示し始める。
英二が所属する「マーク企画」社長・マーク野本(リリー・フランキー)は「今さら…」と慌ててなだめる。
一方、瞳も英二の名前が自分より先にクレジットされていることに文句を言い始める。
瞳が所属する「オフィスフレンズ」社長・古川しおり(猫背椿)は「演技で食ってやればいいのよ」と取りなすが、瞳は「あいつの逃げ癖は天才的」などと罵倒が止まらない。
しまいにはお互いに相手より先に会場入りしたくないと言い出す始末…。
会場で待つテレ東のドラマ部長・戸沢寛治(岩谷健司)やプロデューサー・是枝育夫(迫田孝也)、APの楠木美和(小島藤子)は予定時刻になっても到着しない主演2人を待ちながら、焦り始める。
25年経っても、互いへの恨みは根深く、2人のバトルは再会する前からゴングが鳴り始める。
果たして、2人はどんな再会を果たすのか…?無事、制作発表は終わりを迎えることができるのか…?
さらに、この危険な組み合わせを実現させたこのドラマのショーランナーで脚本を務める市原龍(斎藤工)には、ある企みが…。

(公式HP引用 https://www.tv-tokyo.co.jp/kyouen_ng/)

ここからネタバレあらすじ

制作発表は入りの様子まで生配信されることになっていた。
入り直前でそれを知った遠山英二(中井貴一)大園瞳(鈴木京香)は焦る。
2人が乗る車は軽く接触してしまった!

 

25年ぶりの再会を果たした遠山と大園!
伝説の破局会見を行った大園と遠山が25年ぶりに揃うということで、たくさんの芸能記者が集まった。

 

制作発表開始。
記者歴の長い中川(橋本じゅん)がズバズバ質問を切り込む。
会見慣れている遠山と大園はなんとか切り抜けるが・・・25年前の破局会見の映像を流されてしまった。
公開処刑にあった大園は涙目で俯く。
流石にこれはマズイということで制作発表は中断された。

 

大園のマネージャーはテレ東に抗議。
しかしテレ東も宣伝会社に任せっきりなので、知らないことだった。

 

遠山も怒っている。
「俺はいいんだよ、あんな映像見せられた彼女の気持ちも考えてよ。彼女に謝ってよ。傷ついたのは彼女だからさ」
しかし大園はそんな遠山が気に入らない。
穏便に済ませようとして、自分に火の粉がかからないようにしているだけだという。
「昔からそう。私のためとか言って。なにさっきの?”大丈夫?”って大丈夫なわけないじゃない!大丈夫じゃない人間に大丈夫?とかよく聞けるわね!25年前と全然変わってない」
「そういう君も全然変わってないね!人の善意を踏みにじって追い詰めてくるところとか。すぐ喧嘩ふっかけてくるところとか。こっちが良かれと思ってるのになんだってんだよ!」

 

ヒートアップしていく2人。
「逃げただけじゃない!!!」
「逃げてない!愛してたさ!愛してた!殺したいほど愛してた!」
「私だって愛してたわよ!」
なんとこの様子は動画に撮られ配信されていた。

 

大パニックに陥るスッタフ。
制作発表は中止となる。
控え室に集まったドラマ出演者たちにも中止を伝えるが・・・実はこのドラマの共演NGは主演2人だけではなかった。

 

大物俳優の出島徹太郎(里見浩太朗)とバイプレイヤーの小松慎吾(堀部圭亮)は元師弟関係で仲違いして共演NG。
篠塚美里(若月佑美)内田梢(小野花梨)は元同じアイドルグループの先輩後輩でSNSで大ゲンカして共演NG。
戦隊モノ出身の佐久間純(細田善彦)と2.5次元出身の加地佑介(小澤廉)はイケメンキャラ被りで共演NG。
このドラマは共演NGアベンジャーズが揃っていた!

 

そして遠山と大園が別れた理由は・・・遠山の浮気が原因だった。
「君の本当の気持ちを聞かせてくれないか?」
「そう、じゃあ言うわ。あのくらいの子がちょうどいいんじゃない?今の私にはあなたは不釣り合いよ。役者としても男としてもね。さよなら」
こうして2人は別れたのだった・・・。

 

そして遠山は、年下のアイドルメンヘラ雪菜(山口紗弥加)
制作発表を見た雪菜は家で暴れていた。
「あんなババアのどこを愛してたってわけ?どこを?殺したいほど愛してたって聞いてるの!答えなさいよー!!!!」

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「共演NG」1話 感想・レビュー

いろいろ思うことはあったんだけど、最後の山口紗弥加で全て吹っ飛んだw
これぞ本物の怪演(΄◉◞౪◟◉`)

最近の秋元さん制作ドラマと言えば「リモートで殺される」がひどすぎたのだけど、あれよりかは遥かにおもしろかった。
というか、中井貴一と鈴木京香が出ているだけだいぶ面白い。
松田優作さんのモノマネをする中井貴一とか「う●こ野郎」を連発する鈴木京香とか・・・おもしろすぎでしょ\(^o^)/

小ネタはおもしろいんだけど、やっぱりバズらせ方はひどいよね。
バズるってか炎上商法に近い。
大勢のマスコミの前で過去の黒歴史映像を流すとかイジメやん😩

バズらせ屋のリリカって人はネットフリックスで一発当てた斎藤工の手下だよね?
ってことは斎藤工が黒幕ってこと?
一体なにを企んでるんだろうか・・・🤔

共演NGアベンジャーズたちは、元師弟関係と元アイドル同士は分かるんだけど、2.5次元と戦隊モノの共演NGってのがよくわかんなかった🙄
あと、2.5次元俳優の追っかけしている友達がいるんだけど、キャラのファンより俳優のファンの方が圧倒的に多いです。
これ。一歩間違えたら2.5次元ファン激怒するんじゃないの?

まあそんな感じで理解できない部分もありましたが、1話の掴みは十分。
展開や結末も気になるし、最後まで視聴予定です\(^o^)/

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「共演NG」2話 あらすじ

テレビ東洋の新ドラマ『殺したいほど愛してる』 の制作発表は遠山英二(中井貴一)と大園瞳(鈴木京香)のバトルが生配信されるという前代未聞の展開を迎え、終了した。
先行きが不安なまま、ついに本読みの日を迎えるが…。
助監督・佐々木信也(森永悠希)とAP・楠木美和(小島藤子)らスタッフは英二と瞳以外の、共演NGのキャストが全員集合することに頭を抱えていた。
時代劇の大御所・出島徹太郎(里見浩太朗)とニューヨーク帰りの小松慎吾(堀部圭亮)による元師弟対決。売れっ子アイドル・内田梢(小野花梨)と元アイドル女優・篠塚美里(若月佑美)による元同グループアイドル対決。戦隊モノでブレイクした佐久間純(細田善彦)と2.5次元で人気の加地佑介(小澤廉)によるイケメンキャラかぶり対決…。一触即発の現場は果たしてうまくいくのか!?
さらに、ショーランナー・市原龍(斎藤工)から英二と瞳に、とんでもない提案が?
そして…ついに出島と小松が激突!果たして、英二と瞳はどうするのか?

(公式HP引用 https://www.tv-tokyo.co.jp/kyouen_ng/)