ドラマ「共演NG」3話ネタバレあらすじ感想レビュー!この会見はサレ妻のメンタルが死ぬ。4話あらすじも!

成瀬
こんにちは。成瀬です。

「共演NG」3話を見たのでネタバレと感想を書きます。

ネタバレだけ感想だけを読みたい人はそれぞれ目次から飛んでね!

ドラマ「共演NG」感想一覧
1話感想  2話感想  3話感想  4話感想

 

スポンサードサーチ

ドラマ「共演NG」基本情報

秋元康企画・原作のテレビ東京とFCCの共同制作ドラマ。
恋愛関係のもつれから25年前に破局して以来、共演NGとなっていた実力派俳優と人気女優がドラマ共演することになり、互いに火花を散らしつつも25年前のとある映像がきっかけで思わぬ展開に発展していく過程を描く。
新設された「ドラマプレミア10」枠にて2020年10月26日から放送開始した。

トライアル期間中は無料で見れます!
 

スッタフ・キャスト

企画・原作 – 秋元康
演出・脚本 – 大根仁
脚本 – 樋口卓治
音楽 – 堀込高樹
主題歌 – Novelbright「あなたを求めただけなのに」

遠山英二 – 中井貴一
大園瞳 – 鈴木京香
遠山雪菜 – 山口紗弥加
古川しおり – 猫背椿
マーク野本 – リリー・フランキー
前島豊 – 小野塚勇人
出島徹太郎 – 里見浩太朗
小松慎吾 – 堀部圭亮
篠塚美里 – 若月佑美
内田梢 – 小野花梨
平田 – 中村無何有
佐久間純 – 細田善彦
加地祐介 – 小澤廉
木藤 – 政修二郎
市原龍 – 斎藤工
与謝野・M(マウリシオ)・リリカ – 瀧内公美
中川 – 橋本じゅん
戸沢寛治 – 岩谷健司
是枝育夫 – 迫田孝也
池田匠 – 岡部たかし
佐々木信也 – 森永悠希
楠木美和- 小島藤子
立木琴音 – 山谷花純

 

スポンサードサーチ

ドラマ「共演NG」3話 あらすじ

遠山英二(中井貴一)と大園瞳(鈴木京香)が演じたドラマ「殺したいほど愛してる」の衝撃シーンは監督・スタッフ全員が手応えを感じる最高のシーンになった。第1話の試写を見た英二も手応えを感じ、まんざらでもない様子。ドラマ部長・戸沢(岩谷健司)も「確実に2ケタ行く!」とご機嫌だったが…。

そんな中、若手の共演NGアベンジャーズが揃う撮影現場では、戦隊モノ出身・佐久間純(細田善彦)と2.5次元俳優・加地佑介(小澤廉)がぶつかり合い、売れっ子アイドル・内田梢(小野花梨)が遅刻した事で、元同グループの先輩・篠塚美里(若月佑美)がキレる事態に。
相変わらず不協和音が続いていた。

数日後、なんと出演者同士の不倫スキャンダルが発覚!お泊りデート現場を写真週刊誌に撮られてしまったのだ。不倫ドラマの出演者が私生活で不倫というスキャンダルに、世間は大いに盛り上がり、容赦ないバッシングを両者に浴びせる。

プロデューサー・是枝育夫(迫田孝也)は2人を守るためにも降板させるべきと訴えるが、ショーランナーの市原龍(斎藤工)は是枝に前代未聞の「謝罪会見」の要求を突きつける。
是枝から話を聞いた英二と瞳はどんな決断を下すのか!?

(公式HP引用 https://www.tv-tokyo.co.jp/kyouen_ng/)

ここからネタバレあらすじ

佐久間純(細田善彦)篠塚美里(若月佑美)の不倫スキャンダルが週刊誌に撮られた。
降板もやむ終えない不祥事だが、市原龍(斎藤工)がスポンサーを説得し、キャスティング変更なしとなった。
しかしそれには条件があった。
佐久間と篠塚、遠山英二(中井貴一)大園瞳(鈴木京香)を4人で謝罪会見すること。

 

マスコミに大バッシングを受ける篠塚を見た大園は、25年前の自分を思い出し、2人をフォロー。
会見を嫌がっていた遠山も、なんだかんだ2人をかばう。
篠塚に謝罪を求めるマスコミに「謝る必要はない」と言う遠山。

 

「彼女がここで謝罪する必要はないんじゃないですか?彼女が謝罪するのなら奥さんのために奥さんに対して謝るのであってこの場でするものじゃないです」
「世間が納得しないですよ!」
「世間じゃなくてみなさんが納得しないんじゃないんですか?」

 

マスコミに責められる4人を別室のモニターで見ている共演者たち。
出島(里見浩太朗)が立ち上がった!
続いて共演者全員が出てきて、佐久間と篠塚のために謝罪。

 

丸く収まった・・・かのように見えたが、炎上!
しかしドラマの配信回数はテレ東1位に!

 

さらにこの件で現場は一致団結。
出島が仕切って全員で酒を飲み交わす。
大園もご機嫌。
そして酔っ払いすぎた大園を家まで送り届ける遠山であった・・・。

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「共演NG」3話 感想・レビュー

仲の悪かった共演者たちが協力している姿には心打たれたけど、こんな会見したら間違いなく炎上するよね(´・ω・`)

まず。先に言っておくと、私は芸能人が不祥事を起こしたら干されるのは仕方ないのかな〜と思っています。
それが有名人の宿命っていうか・・・だからこそ多額のギャラをもらえるんじゃないかと。
スポンサーのあるテレビに出れなくなるのは仕方のないことなんじゃないかなって

もちろん、だからと言ってネットで叩いたり中傷していいってわけじゃないですよ。
謝罪も求めないし、わざわざネットで叩いたりもしないけど(←私はね!)、テレビに出れなくなるのは仕方ないことだし可哀想だとも思いませんね🙄

それより佐久間の奥さんがかわいそすぎる(΄◉◞౪◟◉`)
出演者総出で不倫女を庇うような会見を見せられたら、サレ妻のメンタルは死ぬ。

てか、大園さんが篠塚を庇う理由もよく理解できなかった。
大園は25年前に浮気された側だよ?
篠塚は雪菜側の女だよ?
よく味方できるよなぁ・・・優しい人なんだね。
役者さんって感受性豊かで共感性の高い人が多いらしいし、マスコミにバッシングされてるってだけで可哀想になったのかなぁ(´・ω・`)

共演者たちも甘すぎw
明日は我が身ってことで非難する人はいないんですかね。

だけどやっぱり、グッとくる展開ではあった。
大園が篠塚を抱きしめるシーンとか、仲の悪かったムカつく後輩までが篠塚を庇ったのはジーンと来たなぁ😢
会見で庇うまではやり過ぎだけど、裏での出来事だったら素直に感動してたと思う。

そもそもドラマの出演者が不倫会見に同席する時点でファンタジーなので、グダグダ言うべきことではないですねw
それに不倫してたカップル同士が揃って会見ってのもあり得ないですもんね😩
東●くんと唐●さんが揃った時点で大炎上だもん😂

とりあえず、こんな芸能界のタブーな話題に踏み込んだテレ東さんと秋元さんは凄いですw
ぶっちゃけこういう話題は大好きなので楽しませてもらってます\(^o^)/
次回も楽しみ!

 

 

スポンサードサーチ

ドラマ「共演NG」4話 あらすじ

ドラマの撮影現場に雪菜(山口紗弥加)が突然現れ、英二(中井貴一)は激しく動揺する。しかも、瞳(鈴木京香)の神経を逆なでするような態度を見せて…。一方、撮影は順調に進み、『殺したいほど愛してる』の放送はプロデューサーの是枝育夫(迫田孝也)と部長の戸沢寛治(岩谷健司)が「社長賞確実!」と期待するほどの話題作になっていた。ところがその好調っぷりとは裏腹に、撮影中の瞳は明らかに様子がおかしい。段取りの確認をすれば上の空で、セリフを忘れ、あからさまにイライラしてる…原因は現場に現れた雪菜にあると睨んだスタッフは、「嫉妬!?」「元カノVSイマ嫁全面戦争勃発!?」と噂する。
そんな中、重要なシーンの撮影である事件が起きてしまい…
水面下では市原龍(斎藤工)の新たな企みが進行していた―。

(公式HP引用 https://www.tv-tokyo.co.jp/kyouen_ng/)